国際高専:国際高等専門学校

Education 特色ある教育

国際高専が目指すもの

国際理工学科 学びのフレームワーク

国際高専の5年間(3つのステージ)

Boarding School

白山麓キャンパスで学ぶ

New Zealand : Otag Polytechnic

ニュージーランドへ留学

Collaboration with University Students

大学生と一緒に学ぶ

国際理工学科カリキュラムマップ

カリキュラムの中心「エンジニアリングデザイン教育」

積み上げた知識を元に課題解決をするだけではなく、様々な価値観の中で新たな価値の創出を目指すのが「エンジニアリングデザイン教育」です。ユーザーの行動や気持ちを感じとり、そこから新しいサービスやモノを生み出す 「デザインシンキング」を用いて、これまでの常識にとらわれない思考を育み、イノベーションの創出に挑みます。

エンジニアリングデザイン
CDIO & Design Thinking

授業で習ったことを応用しながら、チームでイノベーション創出に取り組む

CDIO

国際高専ではカリキュラムに、世界標準の工学教育CDIOを導入しています。
CDIOは、Conceive(考える)、Design(設計する)、Implemen(t実行する)、Operate(運用する)の頭文字。「工学の基盤知識となるサイエンス」と「実践・スキル」のバランスを重視し、質の高い工学教育を実現します。
「エンジニアリングデザイン」では、さらにユーザー視点に立った新たな価値創出の手法である「デザインシンキング」を取り入れ、新たな価値の創出を目指す課題発見・解決型の活動にチームで取り組みます。

デザインシンキング

デザインシンキング

松下 臣仁 金沢工業高等専門学校 教授

国際理工学科長
松下臣仁

経歴

イリノイ工科大学大学院修士課程(デザイン方法論)修了 マイクロソフト認定教育イノベーター 2016 2016年度 第63回日本デザイン学会春季研究発表大会 一般セッション グッドプレゼンテーション賞受賞
「在住外国人を対象とした行政サービス提供の充実化への取組」

Marker Studeo

Maker Studio

社会実装に向けたプロトタイプを作成する様々な機械や道具が準備されています。

デザインシンキングの実践

ラーニングエクスプレス

ラーニングエクスプレス

海外の学生と一緒に東南アジアの村でホームステイし、地域の問題の解決策を考えます。

小水力発電アイデアコンテスト

小水力発電アイデアコンテスト

東海北陸の7高専が参加し、小川や用水路を生かした小水力発電装置のアイデアを競います。

また、国際高専では、SDGsの17の目標を基に身近な社会課題と地球規模課題をむすびつけたプロジェクトを社会実装プロジェクトを推進しています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALSEducation Leaders of Global Innovation

By providing a variety of learning environments, we will give students opportunities to tackle a wide range of increasingly complex problems. Students will spend their first two years of technical college at a new campus which we are building in the foothills of Hakusan, historically one of the most famous mountains in Japan. Students spend their 3rd year in New Zealand. After completing their New Zealand Studies, they will study at our Ogigaoka Campus during their 4th and 5th year. After that, students can choose to transfer to Kanazawa Institute of Technology and spend study further at Ogigaoka Campus and can then complete their bachelor's degree and advanced degree at Yatsukaho Research Campus.
The different advantages of each location meet the needs at each stage of the program to maximize educational opportunities for our students.

Opening April, 2018: Hakusan Campus.

Opening April, 2018: Hakusan Campus.

Learning at ICT

Intensive Japanese Language Instruction for International Students

Learning at ICT

After You Graduate

Our Five Year Program will provide a sure foundation for a rich variety of career opportunities.
Many career paths will be possible. Going into industry immediately after graduating from ICT is one option. Transferring to a university in Japan and going to a university oversees is another. Choosing the 5 + 4 path and transferring to KIT as a junior makes it possible to continue learning at a more advanced level.

Recent graduates have gone on to attend:

  • Kanazawa Institute of Technology
  • Kanazawa University
  • Toyama University
  • Toyohashi University of Technology
  • Nagaoka University of Technology
  • Saint Michael's College
  • Rochester Institute of Technology
  • Washington State University
  • Northeastern University

Recent graduates have gone to work at:

  • Daikin Industry
  • Canon
  • Toray Industries
  • Fujitsu
  • Kyocera
  • Daihatsu Motor
  • Honda Motor
  • Subaru
  • West Japan Railway
  • Tokai Japan Railway
  • Yamaha Motor Electronics
  • Komatsu

HOMEEducation

PAGETOP