国際高専:国際高等専門学校

FAQ: Education よくある質問:教育

国際高専とはどのような学校ですか

国際高等専門学校は、5年制の高等教育機関です。
中学校卒業後の15歳の段階から、英語を用いて「STEMによる専門基礎教育」、「エンジニアリングデザイン教育」、「課外活動プログラム」の3つの柱からなる教育によって、視野を広げること、思考力を高めること、チームで教え、学び合うことの喜びを体得出来る教育環境とシステムを構築しています。
1・2年次における寄宿学校では、「夜の学校(ラーニングセッション)」があり、授業の予習・復習やプロジェクト活動により、習熟度に応じた学習支援を行います。3年次は現地学生と共に学ぶニュージーランド留学、4・5年次は金沢工業大学の学生と共に学ぶ教育・研究プロジェクト、さらには卒業後シームレスに学びを継続出来る金沢工業大学への特別推薦制度があります。

5+4とは何ですか

国際高専の5年間と金沢工業大学(学部3年次・4年次+大学院修士課程2年間)の4年間をシームレスに繋ぐ9年間一貫の教育システムです。
国際高専が掲げる「グローバルイノベーター」の育成は、金沢工業大学と一体となって目指す高いレベルの研究者や技術者をイメージしたものです。国際高専卒業後には当然多様な進路が開かれますが、可能な限り、教育システムが準備されている金沢工業大学への進学を推奨します。
金沢工業大学では4年間(学部3年次・4年次+大学院修士課程2年間)に、半年から1年間の国内外の企業等でのCOOP教育(産学連携による実践的なキャリア教育)や留学を希望する学生に提供するプログラムの準備を進めています。

CDIOとは何ですか

CDIOとは、Conceive(発想する)・Design(設計する)・Implement(実行する)・Operate(運用する)の略で、工学系大学の教育プログラムがエンジニアリングの実務から離れ、エンジニアリングサイエンスが中心となりすぎているとの現状認識から、その改革を目的として平成12(2000)年に米国のMIT(マサチューセッツ工科大学)とスウェーデンの3つの大学が協力して発足したプロジェクトです。
このプロジェクトは、CDIOイニシアチブと呼ばれ、「工学部卒業生は、チームで仕事をする今日的な環境下で複合的な付加価値をもたらすエンジニアリング・システムを発想‐設計‐実行‐運用ができなければならない。」と表明し、これを実現するための教育プログラムの構築を実践している世界の大学に参加を呼びかけているものです。
日本では平成22(2010)年に国際高専が、翌年の平成23(2011)年に金沢工業大学が国内の大学として初めて加盟したものです。 本校はCDIOにもとづいた教育のミッションとして、

  1. 高度に組み合わされたCDIO活動を盛り込み、相互に支援し合う各教育領域を中心としたカリキュラムを編成する
  2. 「設計」-「製作」-「テスト」を行う豊富な学生プロジェクトを組み込む
  3. アクティブで体験的な学習方式を盛り込む
  4. 授業を教室および近代的学習実験環境の双方で行う
  5. しっかりした評価プロセスを通じ常に改善を行う

を実践しCDIOが示すさらに高いレベルの教育を目指しています。

デザインシンキングとはどのようなものですか

人間中心設計を基本とした創造的な問題解決法です。「イノベーション」が思いがけない幸運やたった一人の天才の成果によるのではなく、着想→発想→設計→実現のイノベーション創出のモードの中で、価値創造を追い求める多様なメンバーによる「共創活動」を通じてクリエイティビティを高め、人々が本人でさえ気付いていない内なるニーズを明らかにし、ニーズを需要に変え、より高い顧客価値、新たなユーザー体験の創造を目指すものです。
国際高専では、エンジニアリングデザイン教育において、問題発見解決プロジェクトを行いながら、学生達が主体的に地域・環境・社会トレンド等の様々な情報を統合し、「洞察」「観察」「共感」の三つの要素を起点に、チームでアイデアを生み出し、考える力を鍛える手段として導入します。

理工系リベラルアーツ教育とは何ですか

理工系リベラルアーツとは、グローバルな社会で指導的な役割を担って活躍する科学者、技術者が持つべき基礎的素養を指しています。
エンジニアリングデザイン教育は、多様なニーズ、多様な情報、多様な科学・技術知の選択と統合の中で最適解をチームで求めていくプログラムです。学生には、加速度的に進展する高度な科学技術に翻弄されることなく、使命感と倫理観をもって「人」に寄り添う科学・技術の担い手になることを求めています。
与えられる課題に「正解」はありません。学生自身が考え抜く中で、自分の「正解」を求め、チームとしての「正解」に統合していきます。こうしたプログラムの中で育まれる様々な能力によって構成される基礎的素養を理工系リベラルアーツ教育と表現しています。

エンジニアリングデザイン教育とはどんなプログラムですか

このプログラムでは最初に、イノベーションを導く考え方であるデザインシンキングによって、本人でさえ気付いていない内なるニーズを明らかにするため「洞察力」「観察力」「共感力」という互いに相乗効果を持つ三つの能力を開発し、「着想」に結び付けます。そして、CDIOが示す「発想する-設計する」行動をチームで実践してパーソナルスキル、インターパーソナルスキル、さらにはシステム構築の知識とスキルを、ステップを踏んで段階的に高めていくことを目指す理工系PBL(Project Based Learning)教育です。
国際高専オリジナルのエンジニアリングデザイン教育は、本校教育の中心軸となるものです。この位置付けの中で、最も大切にしていることは、エンジニアリングデザイン教育によって、知識の必要性、技術の必要性、能力の必要性等の気付きが学生にもたらされることです。それと同時に、チームの重要性を学生相互が認め合う中で、自分が得意とすること、また不得意とすることについての自覚に基づいた自学自習、さらには学び合う・教え合う、自主的・主体的な活動に発展していくことです。

夜の学校とは何ですか

白山麓キャンパスでの2年間で数理を中心として普通高等学校の3ヶ年分に相当する学習を完成する計画です。このため、月曜日~金曜日の19:30~21:30には、ラーニングセッションが行われます。
学習内容の確実な定着と、次回授業に積極的に参加する上での重要な全学生必修の課外学習です。
もちろん、担当教員がいます。しかし、教室における授業の延長ではなく、学生同士がチームで学び合い、教え合うことを教員がサポートする形式です。
授業が英語で行われていることから、英語のサポートも習熟度に合わせて行います。また放課後には、エンジニアリングデザイン活動や学生が自主的・主体的に取り組むさまざまなチーム活動を行う時間もあります。

STEM教育とは何ですか

STEMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)の略で、科学技術の急速な進展に対応した教育として、米国のオバマ前大統領が提唱されたものです。従来型の教育で別々に捉えていた数学・物理・化学・生物・情報といった科目を英語で総合的に学び、理工学的思考力を身に付ける新しい教育の方法です。
国際高専ではさらに、エンジニアリングデザイン教育や課外活動プログラムの中で、先の科目群が示す知識がどのように生かされ、使われているかを理解し、知識やスキルが統合化されることを目指しています。

プロジェクトデザイン教育とはどんなプログラムですか

金沢工業大学のプロジェクトデザイン教育では、チーム活動を主体とするアクティブラーニングを行い、これまでに獲得した知識を応用して、問題解決に取り組みます。この教育で取り扱うテーマは「身近なテーマ」から「社会的なテーマ」そして「企業からのテーマ」「専門的なテーマ」へと、学年に応じて複雑性や制約条件が増します。学年に応じたテーマに対して「問題発見プロセス」「解決策創出プロセス」「検証プロセス」という3つのプロセスの理解と、各々のプロセスに必要とされる様々な手法、ツールの使い方を修得します。専門分野の異なる学生でチームを構成し、多面的な視点からの思考・深い思考など「学生自ら考える」「考えた結果を実行する」等、CDIO各々の流れに沿って実質的な学習が行われます。
これまでに獲得した知識、専門力を応用して「解決策を創出する」「解決策を実現する」ことに加えて「解決策の有効性を検証する」という実践力を育成する理工系PBL(Project Based Learning)で金沢工業大学のオリジナル教育です。

エンジニアリングデザイン教育とプロジェクトデザイン教育に違いはありますか

国際高専のエンジニアリングデザイン教育はデザインシンキングが、金沢工業大学のプロジェクトデザイン教育はCDIOが、プログラムの骨格を形成しています。いずれも、イノベーションを得ることを目的としたチームによる共創プログラムです。
この二つの教育のもっとも大きな違いは、チームのあり方です。国際高専では、学生を中心とするチーム内でアイデアを生み出し、考える力を鍛えることが主眼となります。学生主体の活動が主となりますが、地域や社会人の参加、意見を求めることで、より多角的視野をもってモノ・コトを捉える共創の態度も養います。
金沢工業大学では、1年次・2年次のPDⅠ・Ⅱは、やはり学生を中心とするチームで考える力を鍛えることを主眼とする取り組みです。しかし、3年次・4年次及び大学院1年次・2年次におけるPDⅢ・Ⅳは、CDIOの「C. 発想する、D. 設計する」のみならず、社会実装を視野に入れた「I. 実現する、O. 運用する」を実践するものです。金沢工業大学では、このために企業との共同研究、地域社会の問題解決等の社会実装研究を中心に世代・分野・文化を超えたチームによって、問題・発見・解決を目指す取り組みを進めています。

入学するにあたってのメリットは何ですか。

近未来の社会が求める人材像を「グローバルイノベーター」と定義し、育成プログラムを模索し、国際高専と金沢工業大学が共同で構築したのが、5+4によるスクールシステムです。
近未来の社会が「グローバルな社会」、「高度な情報化社会」、「高度な知識社会」であることは疑いのないことです。人工知能の出現によって社会に大きな変革が訪れることも必然です。こうした社会において、大切なのは「自ら考え行動出来る」ことです。そして、人としての高いレベルでの思考力こそが、未来社会が最も必要とする能力であると考えます。デザインシンキングによる「考える力の育成」を、感性が最も研ぎ澄まされると思われる15歳からスタートすることに大きなメリットを感じています。国際高専の教育には、未来社会をしっかりと受け止め、リーダーとして活躍できる素養を育成するのみならず、金沢工業大学・大学院と接合することで、さらなる高度化に向けた進路も準備されています。

入学するにあたって、事前に身につけるべき事は何ですか。

理数科目は専門分野を学び、研究を深めていく上で必要ですので基礎をしっかり身につけておいてください。また、本校での英語授業のための事前準備は、中学校3年間で学習した内容を整理し理解をしておくことです。日頃の学習が大切です。時間をみつけて英語で書かれた読み物に親しむことをお薦めします。

グローバルイノベーターとは将来どのような仕事をするのですか

国際高専が目指す「グローバルイノベーター」とはグローバルな社会で指導的な役割を担って活躍する「技術者」をイメージしています。
国際高専のエンジニアリングデザイン教育には、デザインシンキングやCDIOが示すイノベーションを導く新しい手法が組み込まれています。学生は日常的に、「1. 洞察・観察・共感」「2. 着想」「3. 発想」「4. 設計」を繰り返し、「イノベーター」としての訓練を重ねて行きます。活躍の舞台が増々グローバル化する近未来において、与えられた舞台で多様な文化や価値観を持つ人々と協働して、新たな価値を作り出せる「イノベーター」こそが求められる人材と考えます。

エンジニアリングコンテキストはどのような授業内容ですか

エンジニアリングコンテキストでは、人々の生活環境を取り巻く、加速度的に進展する高度な科学技術やエネルギー環境、社会環境、ビジネス等の変化ついて理解を深める活動を行います。これらを踏まえた上で、そのような変化に翻弄されることなく、「人」や「環境」に寄り添う科学・技術の担い手になるべく「使命感」や「倫理観」を育む倫理教育を実施し、STEM(「科学」「技術」「工学」「数学」)統合の意義、ビジネスデザインやアントレプレナーシップ等について学びます。これらの活動では、多様なニーズ、情報、科学・技術知の選択と統合の中で最適解を導き出すために必要となるスキルや考え方の基本的素養をケーススタディを通じて涵養します。また活動を通して、学習の記録やレポート等を作成していくことで個々の基礎学修スキルの向上も図ります。そしてエンジニアリングコンテキストで身につけた知識や考え方を、エンジニアデザインの問題発見・解決活動の中で活用します。

ブリッジイングリッシュとはどのような授業内容ですか

本校では数学、科学、工学の科目も英語で学びます。突然英語でそれらの科目を学習することに戸惑わないように、また、授業への理解を深めるために行われる準備授業のことです。数学、科学、工学を英語で学ぶ際に必要となる語彙や表現方法を学習するものです。

コンピュータスキルズとはどのような授業内容ですか

コンピュータスキルズでは、ドローイング、プレゼンテーション、レポート資料作成に必要となるコンピュータ・リテラシー、確率・統計・モデリング等のシミュレーション、センサー・マイコンを用いたプログラミング基礎、情報発信の為のWebデザイン・アプリケーション開発等の基礎的知識とスキルの向上を図ります。コンピュータスキルズで身につけたスキルや知識は、エンジニアリングデザインの中でプロトタイプ制作や発表時に応用します。

英語力はどれくらい必要ですか

入学時に英検準2級以上といったレベルの指定はありませんが、中学校でも英語に興味を持って学んでいてほしいと思います。3年次のニュージーランド留学までにはIELTS(アイエルツ/英語能力テスト)6.0レベルの英語力を身につけることを目標としています。

留学生や帰国生は英語の授業はレベル別なのでしょうか、
日本語があまり得意ではないですが、日本語や日本の文化を学べますか

英語を母国語或いは第一言語とされている方は、第二言語(外国語)として、次の日本語プログラムの授業を受けます。1年次に「日本語ⅠA(5単位)」、「日本語ⅠB(2単位)」、2年次の前学期に「日本語Ⅱ(2単位)」、後学期に「日本語コミュニケーション(3単位)」の授業を用意しています。また キャンパスの内外で、さまざまな体験活動を行います。茶道や華道、武道、太鼓や音楽、お祭りへの参加など、地域での生活体験、伝統文化や芸能、ものづくり、研修旅行など、日本の文化に触れる機会が数多くあります。

帰国生や留学生に対する英語の授業は一般生(国内生)と異なっていますか

留学生や帰国生に対する英語は母国語としての英語です。英語を主として学んでこなかった方(日本に住み、日本語で生活を行ってきた方など)が受講する英語とは異なります。英語を母国語或いは第一言語とされている方は、第二言語(外国語)として、日本語プログラムの授業を受けます。

What kind of school is International College of Technology?

International College of Technology (ICT) is an institution of higher education with a five-year program.
We provide 15-year-old students who have completed junior high school with an educational environment and system based on “STEM professional fundamentals,” “Engineering design” and “Extracurricular activities.” Our program broadens students’ perspectives, enhances their thinking skills, and allows them to experience the joy of learning, both from instructors and through group activities.
In their first and second years in boarding school, students attend night school (“learning sessions”), where they receive support for preparation and review of their lessons and project activities according to their level. In their third year, they study in New Zealand along with local students, and in their fourth and fifth years, they study with KIT students while working on an education and research project. Our special recommendation system allows our students to continue to study at KIT after they graduate from ICT.

What is 5+4?

It refers to the nine years of integrated education consisting of five years at ICT and four years at KIT (3rd year and 4th year of undergraduate study and two years of a graduate school Master’s course).
ICT and KIT aim to produce high-level researchers and engineers, who will be “global innovators.” While there are many possible paths to take after graduating from ICT, we recommend that students take the course at KIT, which provides a continuous education system.
The KIT program consists of two years (3rd year and 4th year) of undergraduate school and two years of graduate school. During these four years, COOP education (practical career education in collaboration with industries and universities) is provided at a company in Japan or abroad for six months to one year. Overseas study programs are also available.

What is CDIO?

CDIO stands for Conceive, Design, Implement and Operate.
Realizing that the present education at engineering universities has been focusing on engineering science that has drifted away from practical engineering, MIT (Massachusetts Institute of Technology) and three universities in Sweden established a project for the renovation of engineering education in 2000.
This project, called “CDIO Initiative,” has a commonly shared premise that engineering graduates should be able to “Conceive – Design – Implement – Operate complex value-added engineering systems in a modern, team-based engineering environment.” Universities all over the world that provide engineering education are being encouraged to join the project. In Japan, ICT joined in 2010 and KIT joined in 2011; they were the first Japanese institutions to join.
ICT’s educational missions are based on CDIO;

  1. A curriculum that includes highly interwoven CDIO activities and mutually supporting courses
  2. Integration of student projects created through the process of Design, Build and Test
  3. An emphasis on active and experiential learning
  4. Classrooms and laboratories furnished with advanced equipment
  5. Constant improvement of the curriculum through an assessment process

What is design thinking?

It is a human-centered creative problem-solving method. Innovation is not the result of unexpected good luck or one genius; it is created by means of the process of Idea, Conceiving, Designing and Implementing through collaborative activities carried out by people seeking to create value. This method improves creativity, clarifies hidden problems that people do not become aware of by themselves, changes problems to actions, and creates higher customer value and new experiences for users.
In ICT’s engineering design education, students take the initiative in integrating various types of information such as regional and environmental information and social trends for their problem-solving project, and generate ideas with team members based on three factors: insight, observation and empathy. These activities foster thinking power.

What are the liberal arts for science and engineering?

The liberal arts for science and engineering are the fundamental cultural knowledge that scientists and engineers who will play a leading role in the global society should have.
The purpose of engineering design education is for students to find the best solution with a team through selection and integration of a variety of needs, information and scientific and technical knowledge. We strive to foster innovators who can keep pace with the rapid progress of science and technology while maintaining a strong sense of human values and a clear mission.
There are no right answers for assignments. Students will find their right answers while thinking through by themselves, and their answers will be integrated into the team’s answer. Science and engineering liberal arts are what we call the collected fundamental knowledge comprised of various competencies cultivated from these programs.

What is the engineering design education program like?

We develop the three competencies of insight, observation and empathy to clarify students’ inner needs, which even they are not aware of. This is done by means of design thinking, which leads to idea. Students practice conceiving and designing with a team. Through this process they acquire personal skills, interpersonal skills and system structuring knowledge and skills, while enhancing their competence through graded steps. This is the Project Based Learning (PBL) education offered at science and engineering universities.
As the core of education at ICT, engineering design education makes students realize the importance of knowledge, technology and competence. In addition, students understand the importance of teamwork, and become aware of what they are good at and what they are not good at. This awareness encourages them to carry out independent learning and teaching activities together.

What is the night school?

The study program focused on mathematics and science is completed in two years rather than three years, which is how long it takes to complete at a normal high school. Accordingly, there are learning sessions from 7:30pm to 9:30pm every weekday from Monday to Friday. This is very important extracurricular study which all students are required to do in order to make sure they understand the lessons and participate in classes with a positive attitude.
Of course, teachers are present at the night school. However, the study is not an extension of classroom lessons. Students learn and teach as part of a team, and the teachers support them.
Since the lessons are carried out in English, language support is provided as needed. In addition, there are engineering design activities and team activities that students can participate in voluntarily and independently.

What is STEM education?

STEM stands for Science, Technology, Engineering and Mathematics. It was advocated by American Ex-President Obama as a type of education geared towards the rapidly progressing fields of science and technology.
This new educational system involves the comprehensive study in English of subjects such as Mathematics, Physics, Chemistry, Biology and Information, which have up until now been regarded as discrete subjects, as an integrated system. It allows students to acquire scientific thinking skills.
At ICT, we aim to give students an understanding of how knowledge of the STEM subjects is used in the education program of engineering design and extracurricular activities, and of how knowledge and skills are integrated.

What is the project design education like?

KIT’s project design education focuses on active learning based on team-based problem-solving activities using knowledge that students have acquired so far. The themes used in this program range from familiar topics at the beginning to social topics, and then to later-year themes such as topics presented by companies and professional themes. The complexity and restrictions increase with each year of study.
Students are required to understand the three processes of “problem finding”, “solution finding” and “validation”, and how to use the methods and tools required for each process. Studying in a group of students from different disciplines allows students to think from multifaceted perspectives and deepen their thinking, which in turn helps them to work independently and implement the results of their thinking according to the flow of CDIO.
KIT has an original Project Based Learning (PBL) system involving “solution finding”, “solution implementation” and “validation of the efficacy of the solution”, which is carried out using knowledge and expertise that have been acquired through the program.

Is there a difference between engineering design education and project design education?

Engineering design education at ICT focuses on design-oriented thinking, and project design education at KIT focuses on CDIO. Both are team-based activity programs for the purpose of innovation.
The largest difference between these two educations is the concept of teams. ICT aims to foster the ability of students to think through group activities. Most of the activities are student-centered, but the participation of local residents and working people, who contribute their ideas, fosters a collaborative attitude and multifaceted perspectives among the students.
KIT focuses on developing students’ thinking skills through team-based activities in PD I and II of the first and second years. In the third and fourth years of the undergraduate school and the first and second years of the graduate school, PD III and IV are carried out based on Conceive (C) and Design (D), as well as Implement (I) and Operate (O), which take social implementation into consideration.
KIT promotes activities carried out by teams consisting of members who transcend the boundaries of generation, field of study and culture, which will be implemented in society. These activities include collaborative research with companies and problem-solving for local communities.

What is the advantage of enrolling at ICT?

We define “global innovators” as personnel who will be in demand in the society of the near future. In order to produce global innovators, ICT and KIT are establishing the 5+4 school system.
There is no doubt that the society of the near future will be “global,” “highly information-oriented” and “knowledge-oriented”. It is also inevitable that artificial intelligence will lead to great innovative changes. In such a society, it is important to think and act by oneself. In addition, there will be a great demand for high-level thinking. The students’ ability to think is developed by means of Design Thinking. We feel it is effective for our education to start at the age of 15, when our students’ sensibility is at its peak. ICT produces graduates who can adapt to the society of the future and play an important role as a leader. KIT and its graduate school provide high-level education in combination with the ICT education program.

How should students prepare themselves for entering the school?

For science and mathematics, it is important to acquire the fundamental knowledge, because it will be necessary to study specialized fields and carry out detailed research. In addition, as preparation for English classes, please be sure to understand the curriculum that was covered in your three years of junior high school. Daily study is important. We also recommend that you read books written in English.

What kind of work will global innovators do in the future?

ICT aims to produce “global innovators” who will play a leading role as engineers in the global society.
ICT’s engineering design education includes design-oriented thinking and a new method that leads to innovation by CDIO. Students repeat 1) Insight, observation and empathy, 2) Innovation, 3) Conceive and 4) Design, and undergo training as innovators. In the near future, when globalization will accelerate, there will be a demand for innovators who are capable of cooperating with people of various cultures and with different values, and who can create new values.

What are classes in Engineering Context like?

In Engineering Context, students carry out activities to understand changes in scientific technology, which is progressing at an accelerated pace, the energy environment, the social environment, and the business environment in which we live. We strive to foster innovators who can keep pace with the rapid progress of science and technology while maintaining a strong sense of human values and a clear mission. Students also learn the significance of STEM (Science, Technology, Engineering and Mathematics), business design and entrepreneurship. The skills and ideas that are necessary to find optimum solutions are cultivated through case studies by means of integration and selection of diversified needs, information, and knowledge of science and technology. Fundamental study skills such as those required to record and report activities are also developed.
Students will use the knowledge and ideas that they will have acquired in Engineering Context to find and solve problems in engineering design.

What is Bridge English?

At ICT, mathematics, science and engineering are taught in English. The Bridge English lessons are designed to help students understand their classes; they will be taught useful terminology and expressions.

What is the Computer Skills course like?

In this course students are taught the computer literacy that is necessary for drawing, presentations and report-making; simulation of probability, statistics and modeling; fundamental programing using sensors and microcomputers; and fundamental knowledge and skills for web designing and application development for the transmission of information.
The skills and knowledge acquired in the classes are used for prototype-making and presentations in engineering design.

What level of English proficiency is required?

We do not specify a particular level of English proficiency such as the Eiken English Language Proficiency Test Grade pre-2 . It is our hope that junior high school students will be enthusiastic about learning English. Our objective is for students to have reached level 6.0 in IELTS (International English Language Testing System) before studying in New Zealand for their third year at ICT.

Are international students and returnees assigned to an English class according to their level of English?
I am not good at Japanese, so can I study Japanese language and culture?

Students who do not speak Japanese will study Japanese as their second language as follows.
First year: Japanese IA (5 credits), Japanese IB (2 credits)
Second year: Japanese II (2 credits) in the first semester, Japanese communication (3 credits) in the second semester.
In addition, international students are expected to participate in various activities on and off campus. There are many opportunities to engage in Japanese cultural activities such as the tea ceremony, flower arrangement, martial arts, Japanese drum and Japanese music, and to experience regional life by participating in festivals, experiencing performing arts, making crafts, and going on study tours.

Are courses for international students and returnees different from those for Japanese students?

Courses in English language arts are available for international students and returnees; the classes are different from those for students who live in Japan and use Japanese in their daily lives. Students who do not speak Japanese will study Japanese in their second-language (foreign-language) classes.

HOMEFAQFAQ : Education

PAGETOP