国際高専:国際高等専門学校

Dining 食事について

食事について

食事は生活の楽しみの1つであると同時に、健康のうえでもとても重要なものです。
全寮制で過ごす1、2年生は、白山麓キャンパス内の「Golden Eagle Cafeteria」で3度の食事を取ります。食事は朝・昼・夕の3食に加え、夕食時に準備される夜食(軽食)を必要に応じて部屋に持ち帰ることができます。
メニューの考案や調理など、カフェテリアの運営は多くのインターナショナルスクールや大学などで実績のある「シーザースキッチン」が担当します。宗教やアレルギーなどによる食事制限については、個別に対応しますので学校にご相談ください。

 

食事はセルフサービスのカフェテリア形式。メニューは日替わりで洋食から和食、エスニックまで、世界各国のさまざまな料理があり、食文化の多様性を体験します。

「Golden Eagle Cafeteria」は教職員や研究所のスタッフも利用するため、学生はさまざまな世代の人と共に食事を楽しむことができます。

今月のメニュー

 

食事の一例

Dining

Food is not only an enjoyable part of life, but also important for human health. For their first two years, students will eat three times a day at the Golden Eagle Cafeteria within the Hakusanroku campus. There is breakfast, lunch, dinner and a late-night snack that students may take to their room if they wish. Meals are provided by CEZARS KITCHEN, which serves meals to many international schools and universities. We adjust to individual allergies and religions so please contact us if you have any concerns.

 

Meals are self-served cafeteria style. The menu changes daily, and students experience a wide range of western, Japanese, and ethnic foods.

Teachers and researchers also eat at the Golden Eagle Cafeteria. Student have the chance to interact with people of different generations.

Menu

HOMECampus LifeDining

PAGETOP