国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル

November 24, 2021 WHAT HAPPENS WHEN THE AIR GETS COOL?

みなさんこんにちは!白山麓高専事務室の間加田侑里です。
今回は白山麓に住んで四年目になるポーリン・ベアード先生からの素敵なポエムをお送りします。ご覧ください。

Hello everyone! This is Yuri Makada from the Hakusanroku office.
Today, I would like to share a wonderful poem written by Professor Pauline Baird who has been living at the foot of Mt. Hakusan for four years. I hope you enjoy it.

November 22, 2021 How to Get a Motorcycle License in Japan

Hello everyone! This is Apirak, a Learning mentor. I've been living at the foot of Hakusanroku for a year and a half. The transportation to get down to the town is just only a bus that takes 40-ish minutes. However, that's not the point why I started thinking about getting a motorcycle license in Japan. Therefore, I enjoy modifying and riding. I like the feeling when the wind hits my helmet when the sun leads to a place that I have never been before, so that has become one of my goals to ride a motorcycle all around Japan.

 みなさんこんにちは!ラーニングメンターのアピラクです。白山麓に住み始めて1年半経ちました。白山麓から市街への交通手段は、約40分掛かるバスのみです。しかし私が日本でバイク免許の取得を考えたポイントは交通手段だけではありません。バイクの改造や乗ることが楽しいからです。太陽の光に導かれて行ったことのない場所へ行き、ヘルメットに風が当たる感覚が好きで、今ではバイクで日本一周をすることが私の目標の一つとなりました。

Before I did that, I started researching how to get a motorcycle license and delivered my Thai motorcycle license to JAF (Japan Automobile Federation) for translation. The step to getting a license is pretty simple and easy. 
First, fill out the document and send it to JAF (Japan Automobile Federation) for translation. (Download here: https://english.jaf.or.jp/driving-in-japan/drive-in-japan/foreign-nationals-license) Second, go to the Driver's license center (運転免許' 'センター) for submit your document and make an appointment for the next test.  Third, pass a pre-test. The officer will be testing that you know how to lift and walk with a motorcycle perfectly. Fourth, pass a real test. The officer will ask you to do a paper test (You need to pass 7 of 10 questions) and the hard one is a ride test. If you pass both of the tests, now the road is waiting for you.

それらを行う前に、まずはバイクの免許の取得方法を調べ、タイのバイクの免許証をJAF(日本自動車連盟)に届けて翻訳をして頂きました。
免許取得までのステップはとてもシンプルで簡単です。
1. 書類を記入しJAF(日本自動車連盟)に翻訳を依頼します。
(ダウンロードはこちら:https://english.jaf.or.jp/driving-in-japan/drive-in-japan/foreign-nationals-license )
2. 運転免許センターへ行き、書類提出と次回の試験予約をします。
3. 予備テストに合格します。このテストではバイクを持ち上げることが出来るか、バイクを支えながら歩けるかどうかが重視されます。
4. 本試験に合格します。筆記試験(10問中7問正解する必要があります。)と技能試験を受けなければなりません。技能試験はかなりの難関です。どちらとも合格すれば、いよいよ旅の始まりです。

 

Alright, everything seems perfect, now we will take a look at the path. The picture below shows you an example of the trail and mission that you have to do.
さて、これで全てが完璧に見えますが、次は技能試験の内容を見てみましょう。下の写真は技能試験のコースとミッションです。

By following the letter, A to H is the mission that you have to ride through:
A) L-curve (less than 5 seconds)
B) S-curve (less than 5 seconds)
C) Small Bridge: The dimension of the bridge is 30 centimeters wide and 15 meters long. The mission we don’t have to speed up for it. They want to test your stability on a motorcycle so you have to ride on it for more than 10 seconds.
D) Crosswalk: Slow your bike and check carefully to be sure that it doesn't have pedestrians.
E) Stand riding: Stand on the motorcycle and ride through the bump’s road for more than 7 seconds.
F) Slalom: Ride through a path restricted by traffic cones at least 7 seconds.
G) Flashing red and yellow signal light: Remember that the flashing red, you must stop and check but flashing yellow, you have to slow your speed and proceed with caution.
H) Multi-Lane change: Always keep in mind that every time you want to change a lane, you have to turn a signal on and check if the car is behind you.

For me, I don’t have to take a full track test because I have experience on motorcycles for over 5 years. So, the track is pretty short BUT they have the things under the iceberg that failed me for the third time.

A~Hまで乗り越えなければならないミッションです。
A) L字カーブ(5秒以内)
B) S字カーブ(5秒以内)
C) 一本橋: 橋の寸法は幅30センチ、長さ15メートルです。スピードではなくバイクの安定性が求められるテストで、10秒以上掛けて渡らなければなりません。
D) 横断歩道: バイクの速度を落とし、歩行者がいないかをよく確認します。
E) 立ち乗り: これは複数の突起が設置された路面を立ち乗りの状態で7秒以上掛けて走行します。
F) スラローム: 等間隔に設置された障害物を左右にバイクを傾けながら交互に交わし、少なくとも7秒間掛けて走行します。
G) 赤と黄色に点滅する信号: 赤信号は必ず停止し、黄色点滅信号は注意しながら交差点を走行します。
H) 車線変更: 車線変更をする際には、方向指示器を点滅させ、後ろに車がいるかどうかを常に確認しなければなりません。

私の場合、5年以上バイクに乗っていた経験があったため、全ての技能試験コースを受ける必要はありませんでした。そのためコースはかなり短かったのですが、迂闊にも3回も不合格になってしまいました。

Here are the tips to pass the test:

  1. Make sure that you wearing full-gear of motorcycle protection like a Helmet (Take the new one with you don’t use the old helmet for the test), Groves, Jacket with armor pads, Pants, and Motorcycle shoes (sneaker is ok for the test)
  2. Before you do a test, you will have a one-ish hour during lunchtime to look at the track. Use this time to remember and walk down on the path to get used to it.
  3. Before the test, try to predict or simulate in your head as you ride on the track.
  4. Don’t panic if you forget the path. Just stop and ask the staff.
  5. Do not forget to check your bike before getting on it. Point your finger in the front, side, and back of the bike
  6. Check behind the bike before kicking the stand and swing your leg on.
  7. Adjust the mirror before starting the engine.
  8. Check LEFT - RIGHT mirror and BEHIND every time before you move the bike.
  9. At the stop line(止まれ)always stop right before the line.
  10. Every time you take a turn, you have to ride follow the arrow sign on the road (Don’t ride cut or over)
  11. Single lane is two road lanes split for motorcycles. 
  12. If you ride on Multi-lane roads, don’t ride in the middle.
  13. After turning left or right, keep riding on the left side.
  14. Don’t forget to turn your signal every time you change the lanes.
  15. Ask YouTube-sensei if you are not sure what to do for each mission and I hardly recommend watching all of the videos of people doing the ride tests.

 ここでは技能試験に合格するためのヒントをご紹介します。

  1. バイクに乗車するためにはフル装備の準備が必要です。例えば、ヘルメット(古いものではなく、新しいものを準備してください。)グローブ、アーマーパット入りのジャケット、オートバイク 用の靴(試験ではスニーカーでも可)。
  2. 技能試験を受ける前に1時間ほどの昼食タイムがあるので、その間にコース内を歩いて進路を覚え、慣れておきましょう。
  3. 試験を受ける前に、コース走行のことを頭の中で予測しシミュレーションをしておきましょう。
  4. コースを忘れても慌てず、立ち止まって、スタッフに聞きましょう。
  5. バイク乗車前に、前後左右を指で指しながら確認しましょう。
  6. バイクの背後を確認してからサイドスタンドを蹴り、バイクにまたがりましょう。
  7. エンジンを掛ける前に、ミラーの調節をしましょう。
  8. バイクを発進させる前に左右のミラーと背後を毎回確認しましょう。
  9. 停止線(止まれ)では線の手前で毎回停止しましょう。
  10. 曲がるたびに、道路上の矢印表示に従って走行しましょう。(ハンドルの切りすぎやラインの超えすぎに注意です。)
  11. 片側一車線は、左側に寄って走行しましょう。
  12. 片側二車線では左側の車線を走行すると共に、その車線内でも左側寄りを走行しましょう。
  13. 右左折後は左側を走行しましょう。
  14. 車線変更をする際に、必ず合図を出しましょう。
  15. 各ミッションで何をすべきか分からない場合は、YouTube先生に聞いて下さい。また、技能試験をしている人のビデオを全て見ることをお勧めします。

I hope this journal might help you at some points.
Thank you and Ride to meet you.

この記事が参考になれば幸いです。
ありがとうございました、そして Ride to meet you.

Apirak Sang-ngenchai
アピラク・サンゲンチャイ

November 15, 2021 Sports Festival!

Hello, this is Jonathan. On November 13 (Sat), we held our annual Sports Festival in the Kanazawa Campus gym. This year is the final year with all four departments (Electrical and Electronic Engineering, Mechanical Engineering, Global Information and Management, and Science and Technology), and the students decided to divide the teams by department instead of by class as they usually do. The four teams competed in three sports: dodgeball, table tennis and soft volleyball. Each sport was played simultaneously in different venues between KIT's two gyms, so sadly I could not watch the entirety of any one game. However, going to each venue, I noticed that they all had good sportsmanship, determination and much laughter in common. At the closing ceremony, President Lewis Barksdale commented that he was happy to see all five years gathered together and having fun during this occasion. The three winning teams of each sport received a box of snacks and you can see the results below.

 Dodgeball

  1. Department of Electrical and Electronic Engineering
  2. Department of Global Information and Management
  3. Department of Mechanical Engineering

Table Tennis

  1. Department of Science and Technology
  2. Department of Global Information and Management
  3. Department of Mechanical Engineering

Soft Volleyball

  1. Department of Electrical and Electronic Engineering
  2. Department of Mechanical Engineering
  3. Department of Science and Technology

 

こんにちは、ジョナサンです!11月13日(土)、毎年恒例のスポーツフェスティバル(旧球技大会)が金沢キャンパスの体育館で開催されました。今年は4つの学科(電気電子工学科、機械工学科、グローバル情報学科、国際理工学科)が揃う最後の年となり、特別に恒例のクラス対抗のチーム分けではなく、学科対抗でチームを分けました。競技はドッジボール、卓球、ソフトバレーの3種目で、各チームはメンバーの中から出場選手を選びました。それぞれの競技は第1と第2体育館で同時に行われたため、すべての試合を観戦することは叶わなかったのですが、いずれの会場もスポーツマンシップを重んじ、真剣勝負しながらも笑い声が絶えない素敵な雰囲気でした。閉会式でルイス・バークスデール校長も「久しぶりに全学生が集まって、みんなの楽しむ顔が見れてよかった」と話しました。また、賞品としてそれぞれの競技の上位3チームにはお菓子の詰め合わせが贈られました。結果は以下の通りです。

ドッジボール

  1. 電気電子工学科
  2. グローバル情報学科
  3. 機械工学科

卓球

  1. 国際理工学科
  2. グローバル情報学科
  3. 機械工学科

ソフトバレー

  1. 電気電子工学科
  2. 機械工学科
  3. 国際理工学科

November 8, 2021 Halloween

みなさんこんにちは!白山麓高専事務室の間加田侑里です。段々と肌寒くなり、白山麓キャンパス周辺の紅葉が美しく見られ始めるようになってきました。

 さて、11月1日にハロウィンイベントが行われました。ハロウィンでは学生や教員達が仮装をしたまま授業を行っており、いつもと違った楽しい雰囲気でした。そして放課後にはハロウィンコスチュームパレードが開催され、学生や教員達は緊張しながらも堂々としたウォーキングを見せ、とても華やかなパレードとなりました。パレード後にはコンテストが行われ、最も怖い、最も面白い、最もかっこいい/可愛いコスチュームに景品が贈られました。

Hello everyone! This is Yuri Makada from the Hakusanroku office. It's starting to get chilly and the autumn leaves around the Hakusanroku campus are starting to look beautiful.

On November 1st, many students and teachers dressed up in costumes for the Halloween event, which created a special and fun atmosphere. After school, the Halloween Costume Parade was held. The students and teachers were nervous but walked majestically, making it a very brilliant parade. After the parade, we had a contest for the scariest, the funniest, the coolest/cutest costumes, and the winners received a prize.

 

また「ランゲージ&カルチャー」のクラブ員達はジャック・オー・ランタン作りを行いました。約5kgあるカボチャを1時間以上かけてくり抜いてデザインされ、素晴らしい作品に仕上げました。ろうそくを入れて完成したぼんやりと光るジャック・オー・ランタンに思わず見とれました。

        間加田侑里

The Language and Culture club members also made jack-o'-lanterns. They spent more than an hour hollowing out a pumpkin weighing about 5 kg. After this, students carved designs and faces into their pumpkins. Then a candle was put inside each jack-o'-lantern, creating a beautiful and spooky glow from within.

        Yuri Makada

October 29, 2021 高専祭 オンライン開催

こんにちは!白山麓高専事務室の間加田侑里です。白山麓ジャーナル初投稿です。今回は高専祭について書きたいと思います。

56回高専祭が、1016日(土)に開催されました。昨年に引き続き、新型コロナウィルスの影響によりオンラインでの開催となりました。今回のテーマは「FINAL~次の世代へ~」です。これは、金沢高専で入学した学生から、国際高専になって入学した学生へと繋げていく年となったことによるものです。

今年は高専祭実施本部を白山麓キャンパスに構え、金沢キャンパスの高専祭実行委員5年生と白山麓キャンパス1,2年生の高専祭実行委員が共に運営を行いました。白山麓キャンパスの1,2年生は開会式と抽選会、閉会式のみ会場で参加しましたが、その他は他の学生と同様にオンラインでの参加となりました。

オープニングに、校長挨拶、同窓会会長挨拶、学校表彰が行われ、その後、クイズ大会、自慢芸、予想あてクイズ、研究発表(J5,M5,S1,S2)と続き、校長先生の抽選による抽選会が行われ、クロージングという流れで実施されました。

クイズ大会では、Zoom上にて雑学や白山麓キャンパスの建物内に関してのクイズなど日々の観察力も重視される問題が出題されました。自慢芸では学年各自が事前に撮影した各自のパフォーマンス動画を校長先生、向井先生、小髙先生が審査員を務めました。パフォーマンス映像を見終えた審査員たちは感銘を受け拍手されたり、笑ったり、一時はざわついたりとさまざまな反応が見られました。研究発表で「パソコンの乱数についての研究」について発表された国際理工学科2年バジュロ 琉海ジェームズさんに感想を伺うと、「意外と乱数を作るのは単純にみえたが複雑でした。無事研究を終え達成感を感じています。」とホッとした表情を浮かべていました。

高専祭実行委員会は円滑に進行するために、素早く音響調節の問題を解決したり、各部門への連絡をしたりするなど走り回っており、オンライン配信ならではの難しさから戸惑う点も多々あったように見受けられました。しかし今年の学園祭が最後となる5年生の高専実行委員のたくましさにより、次の世代へと気持ちを繋ぐことが出来ていたように感じられました。

間加田 侑里

Hello everyone! This is Yuri Makada from the Hakusanroku campus office. This is my first journal entry. Today I would like to write about the school festival.

The 56th School Festival was held on Saturday, October 16th. Like last year’s event, it was held online due to concerns about COVID-19. The theme of this year’s festival was “FINAL – To the Next Generation” because this is the final school festival for students who entered KTC before it became ICT.

This year, the festival headquarters was at the Hakusanroku campus, and the 5th year members of the Kanazawa Campus School Festival Executive Committee and the 1st and 2nd year members of the Hakusanroku Campus School Festival Executive Committee managed the festival together. The 1st and 2nd year students from the Hakusanroku campus participated in person in the opening ceremony, lottery and closing ceremony. The rest of the festival events were held and attended online.

The opening ceremony was followed by speeches from the president and the chairperson of the alumni association. After this was the award ceremony. Then came various competitions, quizzes, student research presentations, and the president chose winners in the festival lottery. Finally, the festival came to an end with the closing ceremony.

The quizzes were held on Zoom and included questions about the buildings of the Hakusanroku campus and trivia about daily life. In the student talent competition, President Barksdale, Professor Mukai and Professor Kodaka acted as judges for the students’ videos that they had made beforehand. The judges were impressed by the videos and applauded the students’ efforts. When I asked Mr. Vashro, a 2nd year student, about his research on random numbers in computers, he said, “Making random numbers seemed surprisingly simple, but it was complicated. I feel a sense of accomplishment after successfully completing my research.”

In order to ensure the smooth running of the festival, the school festival executive committee quickly resolved problems with sound adjustment and contacted each department. However, thanks to the efforts of the 5th year students, who were attending their final school festival, the ICT students learned a lot from them to continue and develop the school traditions for the next generation.

Yuri Makada

HOMECampus LifeHakusanroku Journal

PAGETOP