国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル

March 1, 2021 課外活動とデザイン&ファブリケーションクラブ最終発表会

2021225日(木)、国際高専の白山麓キャンパスで課外活動とデザイン&ファブリケーションクラブの最終発表会が行われました。1,2年次生が学ぶ白山麓キャンパスでは、毎年2月は外部講師を招いた課外活動やワークショップが多数行われています。しかし、今年はコロナ禍で講師を呼ぶことが困難だったため、先生方による様々な課外活動が企画されました。発表会の前半ではそれぞれの課外活動に参加した学生がその内容や成果物を紹介しました。

ピニャータ作りでは、メキシコで有名な紙製のくす玉人形を作りました。ピニャータは中にお菓子を詰めて目隠しをした人が棒で叩いて壊します。ラーニングメンターの指導のもと、色とりどりのピニャータを作った学生たちは「初めて作ったので楽しかった」「壊すのが楽しかった」「かわいそうだった」と感想を述べました。Arduinoグループは4名の学生が参加しました。2名は段ボールからセンサーで開閉するごみ箱、1名は動きを真似するロボットアーム、1名はコインを入れるとお菓子を排出する機械をそれぞれ製作しました。レーザーカッター&3Dプリンターグループは5名の学生が参加し、メーカースタジオの機材を使ってアクリルのキーホルダーやスマホを入れると立体的に光るランプなどを作りました。ペーパーランプグループは3名の学生が参加し、1枚の紙でランプシェードを製作した。学生たちは工夫を凝らした様々なデザインのランプを参加者に見せていました。

次はネイチャー&アドベンチャークラブの先生方が企画したスノーハイキングの紹介で、参加した学生は5名でした。スノーハイキングでは伝統的なカンジキを履いて雪山を散策しました。途中尾張コーチによる動物の足跡講座やブナオ山観察舎で地元の自然を体験しました。学生から「雪の中を歩くのが新鮮だった」「写真を撮って自然を満喫できた」「雪の斜面を滑るのが楽しかった」などの感想がありました。また、同グループのウッドワークを行った学生たちが、作った木製のラックを紹介しました。

続いて、ものづくりを行うデザイン&ファブリケーションクラブのメンバーがそれぞれ個人やグループで行った活動について語りました。

徳山奏太さん、バシュロ琉海・ジェームズさん(両方1年)の2人はバンドを組んでギター演奏とソフトウェアを使って作曲した音楽を披露しました。勝方正宗さん(1年)はUnityの勉強のために取り組んだスマホアプリの制作と、今後制作予定のゲームアプリについて語りました。戸塚裕基さん(1年)はPythonを使って制作した辞書プログラムを紹介しました。これは入力した単語の意味を表示し、データが存在しない単語は質問をして記憶するプログラムで、顧問の伊藤周先生は「プログラム何行あるの?」「けっこうすごい」と個人プロジェクトの完成度に舌を巻いていました。山崎史依さん(1年)は参加したFusion 360のコンテストの制作過程と感想について述べました。

飛行ロボコンに参加したのは酒井瞭さん、田窪洋佑さん、中里優斗さん、戸塚裕基さん(全員1年)で、リーダーの酒井さんが活動内容と大会結果について述べました。また、チームワークの問題点、無駄な行動、リーダーシップの失敗、知識不足などの反省点と、次年度に向けての改善案を次々挙げました。これには伊藤先生が「我が身を振り返られる人は伸びる」と言葉を贈りました。また、酒井さんは個人でも行っているドローン製作についても紹介しました。

徳山美結さん(2年)はデザイン能力を伸ばすために行った「街を強くする一滴のデザイン」と題されたルフタチャレンジ2020、高専祭のポスター制作、プレデザコン、カラーコーディネーター検定試験など、様々なチャレンジについて語りました。佐藤俊太朗さん(2年)、山崎史依さん、戸塚裕基さん、キルパラーニ・アニッシュさん(1年)が参加するガンダムプロジェクトでは製作途中の実物大のコックピット型VR機について紹介しました。リーダーの佐藤さんは滑り出しが良かったものの、ほかのプロジェクトや学業によってメンバーの時間が削られてしまったことと、途中で材料費が尽きてしまって金属を木材に変更したことの苦労を語りました。このプロジェクトは未完成となったが、メンバーはCADによる設計、Unityによるゲーム制作、素材の組み方などのノウハウを学ぶことができました。最後は畠中義基さん、杉晃太朗さん(2年)、田窪洋佑さん(1年)が参加する廃炉創造ロボコンチームでした。このロボコンでは福島原発の調査を行うロボットを製作し、アピールビデオを応募します。リーダーの畠中さんは大会のルール、製作過程、ロボットの詳細、応募した動画、学んだことを紹介しました。伊藤先生は「これだけしっかり動くのに、なんで賞がもらえなかったのかわからない」とフォローのコメントをこぼしました。

締めのあいさつとして、伊藤先生は「今年の1,2年生は本当に精力的に頑張ってくれました。発表できる成果があることが大変素晴らしい。D&Fクラブの顧問は大変だが、皆さんの才能と情熱と努力の結果が最後に見られることが一番嬉しい」と講評を贈りました。

ジョナサン

February 15, 2021 Is Thrifty Living a Global Thing?

Thrift is a concept that promotes reusing, recycling, up-cycling, and avoiding waste. The students in the 3rd year studied how about people practiced thrift. Our topics included: Hidden Cultural Foodways, Thrifty Living: The Parent’s Stories and Thrifty Living; Vermont and Canada.

Nagwa-sensei introduced food in Egypt. Pauline from Guyana talked about the Transatlantic Slave Trade and its impact on Guyanese foods. Students tried to make a dish of items they were given (on paper). They named the dish by themselves and later learned how Guyanese used the ingredients to prepare a one-pot dish called Cook-up Rice from leftovers.

Ian introduced students to the words associated with thrift, such as: tightwad, stingy, spendthrift,  Portmanteaus. The students tried to figure out the meanings of freegan = free+vegan; shopaholic= Shop +alcoholic. Students voted based on their spending practices. One was named the thriftiest (always keeps receipts), and another the biggest spendthrift.

Our guest on video was Mrs. Diana Stevenson (Ian-sensei’s mother), who shared her stories of practicing thrift after WWI in Scotland, where she grew up.

https://www.youtube.com/watch?v=83AEaiH4ctI

In pre-recorded video interviews with Pauline-sensei, we listened to Mr. Frank Tan and Mrs. Betty Tan (Anne sensei’s parents), who taught us about thrift in the Philippines, Taiwan, and the USA, respectively.

Our other overseas guest was Miss Zeona from South Africa living in Switzerland. She introduced the history of South Africa, its economy and inequities. Students learned about wealth distribution and the use of a traditional banking system called STOKVEL. Lastly, Keith Ikoma-sensei shared how is thrifty or not. Stephanie Reynolds – sensei talked about being thrifty in Vermont. Students learned about garage sales and thrift shopping. Additionally, she shared how she up-cycles her clothing. Stephanie taught the students how to knit using chopsticks!

Students completed journals that included:

  • A Summary from Cornell notes
  • What you knew and/or didn’t know before
  • What surprised you and/or questions arising from the lesson

Excerpts from Journal Entries:

Student A: “We have watched several videos on stories of teacher’s parents. First, it was Ian-sensei’s mother. She experienced tough times when food supply and other things were running out. She needed to be thrifty on lots of things. Ration was also being used to make sure that everybody got supplies equally. She still uses some of these techniques today. Second, it was Anne sensei’s parents. They also have some experiences where they were having thrift in life. Her mom once was given the big shoes and pants in order to save some money when she was a child. Now they’re careful when they go shopping. I didn’t know about the ration thing that existed to help people, and I think it’s a great idea to organize things. I was not that surprised to know that they all have experienced thrift in life because there are lots of problems long time ago, especially after the war.”

Student B: “I heard about Ian sensei’s mother. What she did during the war contributed to her saving money food or anything. She said that she kept wrappers, and ribbons for gifts. I do so even now. When I buy something, the shop gives me good quality bags ribbons and wrappers.  I use them when I have to bring something somewhere or wrap something or so do some decorations. I think this action is really good because it doesn’t waste money to buy them and it helps avoid global warming. I didn’t know the word tightwad and miser they mean greedy I want to use these words from today.”

Student C: I know in South Africa white people are being given preferential treatment and have power in each country in Africa. However, it is more than I could have imagined. I am very surprised because in Japan we don’t have distinction for something, so it was hard to imagine to distinguish but other countries have distinction culture. I have never heard of STOKVEL, too. In Japan, we don’t have that kind, so living in Africa is probably difficult, but I want to live there because I went to America. I got culture shock. I want to see every country and touch directly with their culture.

Student D: With Miss Pauline, we cooked our own dish. I made Mixed Fish Rice dish. I really hate to call this this “Chinese.” I really hate this, but I know this has a good taste. I also mixed words and explained why my dish is a mixing dish. Everyone voted for the thriftiest and the spendthrigt. What are the good points for thrift or what is a bad point for thrift? The good point is to save money and the bad point is to be greedy or too economical. For me, I don’t have money, so I am not thrifty.

Pauline Baird

節約はグローバル?

節約とはリユーズ、リサイクル、アップサイクル、そして無駄遣いを避けることです。3年生の授業で、節約について勉強しました。トピックは文化に隠されたフードウェイ*と倹約生活です。

(*社会科学では、食道は食物の生産と消費に関連する文化的、社会的、経済的慣行です。フードウェイとは、多くの場合、文化、伝統、歴史における食物の交差点を指します。)※ウェキペディアより

ナグワ先生はエジプトの食文化について紹介しました。ガイアナ出身のポーリン先生は大西洋奴隷貿易とそれがガイアナ共和国に与えた影響について話しました。学生は(紙で)渡されたモノを使って料理を作ることに挑戦し、自分たちで料理名を付けました。その後、残り物をひとつの鍋で作るCook-up Riceというガイアナ料理について学びました。

イアン先生は節約と関連する英単語を紹介しました。Tightwad, stingy, spendthrift, Portmanteausなどです。その後、学生はfreegan (free+vegan)とshopaholic (Shop+alcoholic)の2つの単語の意味を推理しました。学生は自分たちのお金の使い方の癖ごとに投票し、ひとりはthrifiest(レシートを集める者)、もうひとりは最強のspendthriftに任命されました。

ゲスト講師としてビデオ出演してくれたのはダイアナ・スティーブンソンさん(イアン先生のお母さま)で、第一次世界大戦後の子供の頃のスコットランドでの節約生活について語ってくれました。

以前にポーリン先生が撮影した動画で、フランク・タンさんとベティ・タンさん(アン先生の両親)からそれぞれフィリピン、台湾、そしてアメリカでの節約生活について聞きました。

もうひとり、海外からビデオ出演してくれたゲストは南アフリカ人で現在スイスにお住まいのZeonaさんでした。彼女は南アフリカの歴史、経済、そして不平等について語ってくれました。学生は富の分配と、STOKVELという伝統的なバンキングシステムについて学びました。最後にキース・イコマ先生が節約の定義について、ステファニー・レイノルズ先生はバーモント州でのガレージセールや節約できるショッピング術についてそれぞれ語ってくれました。ステファニー先生は加えて、割り箸を使って洋服をアップサイクルできる裁縫術を伝授しました。

学生は以下を含んだジャーナルを完成させました。

  • コーネル式ノートの要約
  • すでに知っていたこと/知らなかったこと
  • 驚いたこと/授業に対する疑問

ジャーナルの一部を紹介します。(英語記事最後)

ポーリン・ベアード

 

 

February 9, 2021 Snow Hiking

2021年26日(土)、白山麓キャンパスの特別活動としてスノーハイキングを行いました。このイベントはNature and Adventure Clubの尾張コーチの企画運営によるものです。参加者はアファフさん、本田さん、勝方さん、酒井さん、中里さん(全員1年生)、尾張コーチ、潟辺先生、フィリップ先生、ナグワ先生と私です。朝9時に白山麓キャンパスを出発し、20分ほどのところにある岩間林道入り口に車を駐車しました。そこからカンジキを履いてハイキングを開始しました。途中、尾張コーチによるカンジキ歩行や動物の足跡観察のレクチャーが行われました。見晴らしの良い尾根に出たところで休憩、春の兆しを感じる日光浴をしながら、気持ちの良いひと時を過ごしました。11時過ぎに目的地であるブナオ山観察舎に到着し、双眼鏡を覗いたりイヌワシなどの剥製を観察しました。今シーズン初めて実施したスノーハイクは、全員が安心して楽しむことができたため、来年度以降Nature and Adventure Clubの定例イベントにしていこうと思います。

On February 6 (Sat) 2021, a group of students and teachers went snow hiking near Hakusanroku Campus. This event was organized by Owari coach of the Nature & Adventure Club. Participants were Afaf, Honda, Katsukata, Sakei, Nakazato (all first-year students), Owari coach, Katabe sensei, Philip sensei, Nagwa sensei, and myself. We departed from ICT at 9 am and parked near the entrance to Iwama Rindo, which is about a 20 minute drive from Hakusanroku Campus. We put on our snow shoes and began hiking. On the way, Owari coach gave advice about how to walk with snow shoes and how to observe various animal tracks. There was a nice ridge with a beautiful view and we stopped to take a group photo and enjoy the warm sun. It was a our first glimmer of spring. We arrived at our destination, the Binao Mountain Observatory, and spent time looking through the binoculars and observing the stuffed animals on display such as the golden eagle. I'm glad students were able to safely enjoy this year's first snow hike. Hopefully it can be an event we do every year.

 

 

山崎俊太郎
Shuntaro Yamazaki

写真提供:酒井遼(1年)Photos by Ryo Sakei (first year)

February 3, 2021 Things I love about living and working in Hakusanroku

We are approaching the end of our third year of ICT’s new curriculum and new campus. There are many things I love about living and working in Hakusanroku. One of them is the history and culture of this area. I always like to find out about the places I live, and I’ve been trying to do that here by getting involved in the community. I hold monthly English Café events at the local Community Centre, and I made an English translation of the exhibitions at the Hakusan Folk Museum in Shiramine.

Another way of learning about the history and culture of Hakusanroku is through our school’s library, which has some old books about the local area. When browsing one day I pulled a fascinating bilingual book off the shelf: ‘Villages of Tedori River Gorge: The final curtain descends on a way of life, its traditions, and ancient culture’ by Morton W. Huber.

It turns out that Morton Huber was a Professor of Environmental Science at KIT in the 1970s and in his spare time used to travel up to Hakusanroku to paint, draw, and take photographs. This book was published in 1976 and in it Dr. Huber writes about the way of life and culture of people in Hakusanroku, including ningyou jyoruri puppet shows from Higashi-futakuchi and Fukaze, hinoki crafts from Fukaze, and silkworm raising and tree growing in Kuwajima. He also writes at length about the Tedori Dam that was due to be built and many of these villages, and their culture, were due to be lost. As a result, the book has an underlying nostalgia and sadness, along with Dr. Huber’s beautiful photographs and sketches, which evoke a rural way of life that has mostly been lost, but glimpses of which can still occasionally be seen.

I searched for Dr. Huber online and found that he is still alive – aged 97! I think it would be very interesting if his old employer, KIT, got in touch to tell him about the new campus they built in a part of the world that he loved so much.

James Taylor (English Department)

いよいよ国際高専の新しいカリキュラムの3年目が終わります。白山麓に住んで働くといろんないいことがあります。その中の一つはこの地域の歴史と文化です。僕はいつも住んでいる場所のことを詳しく知りたいですから、ここにもコミュニティでいろんな活動をしています。月に1回尾口公民館で「イングリッシュカフェ」というイベントをやったり、白峰にある白山ろく民族資料館に展示してる日本語を英語版を翻訳しました。

そして、国際高専の図書館は白山麓の歴史や文化についての古い本がたくさんあります。ある日、僕はとても面白いバイリンガルな本を1冊見つけました。それは、モートン・ヒューバー先生の「手取峡谷の村落 終幕の下りるとき」という本です。

モートン・ヒューバー先生は1970年代に金沢工業大学で環境工学の教授として働きました。その間に、スケッチや水彩画や白黒の鉛筆画や写真の作品を作るためによく白山麓まで来ました。この1976年に出版された本にモートン・ヒューバー先生は白山麓の歴史と文化を説明します。特に東二口と深瀬の人形浄瑠璃、深瀬のヒノキ笠、桑島の養蚕と山林の木の育ちが注目されています。その時代は手取りダムを作ることが決めたけど、工事はまだ始まってない時でしたから、この本はなくなる文化や生活振りのノスタルジーと残念な気持ちで書いてあると思います。モートン・ヒューバー先生の絵は今の時代にあまり見えない田舎の生活を見せる絵です。でも、現在の白山麓では昔の生活振りが残っているところが時々見えます。

モートン・ヒューバー先生をインターネットで調べたら、まだ97歳で元気にアメリカで暮らしているそうです。モートン・ヒューバー先生が昔働いた大学から「大好きな白山麓に新しいキャンパスが建てました」の連絡があったら面白いと思います。

ジェームス・テイラー(英語科)

January 25, 2021 Fusion360 学生コンテスト特賞受賞

              コロナの上に、例年にない大雪で白山麓では外に行くのが億劫な季節になりました。屋内で過ごすのは嫌いなわけではありませんが、私は他の学生のようにゲームが好きというわけでも、得意というわけでもないので、ずっとベッドの上でゴロゴロする日々を過ごしていました。

              そんな私の生活を変えたのが、Fusion360でした。Fusion360は一年生のエンジニアリングデザインの最初で基礎を習うCADソフトです。たまたま後学期のエンジニアリングデザインで再び触る機会があったため、授業のプロジェクト活動の一環でやったのが本格的に触るきっかけとなりました。最初は使い方も忘れていたし、モチベーションもなかったのですが、いつの間にかそれが趣味になっていました。気が付けば夜徹夜をしてやりたくなるほど没頭していました。そんなあるとき、12月の中旬にAutodeskの学生コンテストを見つけました。最初は出場する気持ちはありませんでしたが、私の試作品を見た友達と先生から背中を押され、出場することを決めました。それから一週間ほどしてコンテストに出す作品は作り終え、友達にレンダリングをしてもらい、冬休み中に提出しました。丁度学校に帰ってきた16日にAutodeskから連絡があり、なんと最優秀賞を取ることができました!一月中旬には景品のAutodeskTシャツと1万円以内の本が届き、Youtubeでの結果発表もありました。乗り気じゃない物にはまって、乗り気じゃないコンテストに出たわけですが結果的にチャレンジすることの大切さに気が付かされた経験だったと思います。これからも沢山のコンペに出場していきたいと思います。

国際理工学科1年 山崎史依

TOPICS記事
Fusion 360 学生デザインコンテスト 2020]トップページ
Fusion 360 学生デザインコンテスト 2020Contest 03 結果発表

Due to the unusual amount of snowfall and COVID-19, it has become a terrible season to go outside at Hakusanroku. I don't hate spending time indoors, but I'm not as good at playing games as other students, so I've been messing around in my room all the time.

It was Fusion 360 that changed my life. Fusion360 is CAD software that we learned the basics of at the beginning of the first semester of Engineering Design.  I happened to have the opportunity to use it again in Engineering Design in the second semester, so what I did as part of the project activities in the class gave me the opportunity to use it in earnest.

At first, I forgot how to use it, and I wasn't motivated, but before I knew it, it became my hobby. When I noticed, I was so absorbed that I wanted to stay up all night.

One day, I found an Autodesk student contest in mid-December. At first, I didn't feel like participating, but my friend and teacher who saw my prototype encouraged me and decided to participate. About a week later, I finished making the work for the contest, had my friends render it, and I submitted it during the winter vacation. I was contacted by Autodesk on January 6th when I just returned to school, and I was able to win the best award!

In mid-January, I received gifts from Autodesk: an Autodesk T-shirt and a book worth less than 10,000 yen, and the results were announced on YouTube. I was focused on things that I wasn't enthusiastic about, and I entered a contest that I wasn't enthusiastic about, but as a result, I think it was an experience that made me realize the importance of taking on challenges. I would like to continue participating in many competitions.

Department of Science and Technology First year, Shii Yamazaki

HOMECampus LifeHakusanroku Journal

PAGETOP