国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル

November 14, 2018 Skype-a-Thon with Vice-president of Microsoft

 

On November 14 (WED), Microsoft held its annual global education event "Skype-a-Thon." Skype-a-Thon is a 48 hour charity event in which Microsoft connects classrooms all over the world. See here for more information about Skype-a-Thon. ICT participated as one of the two schools from Japan out of 102 countries and first-year students connected with Vice-president Anthony Salcito at Microsoft headquarters in Seattle, USA. Also, Teacher Engagement Manager Education Group Public Sector Hidenori Harata from Microsoft Japan visited us at Hakusanroku campus. The skype session was about 30 minutes long and was divided into two parts. In the first half, students took turns introducing the Hakusanroku campus, local community, personal projects and extracurricular activities in English. Vice-president Salcito listened intently, occasionally commenting on the students' presentation. A list of their presentation is as follows:

  • Introduction of Hakusanroku campus

  • Position of ICT and distance from Seattle

  • Projects using the 3D printer and laser cutter

  • Activities in Engineering Design

  • Extracurricular Activities at local junior high school festival

The second half was Q&A with Vice-president Anthony Salcito. Students asked questions such as "What innovative technologies are you paying special attention to?", "How do you make time to enjoy your hobby?" and "What kind of skills do I need if I want to become vice-president of a multinational company?" Despite being on a 48 hour marathon event, Vice-president Salcito answered these question sincerely and in length. You can listen to his answers in the video. After the Skype session, Mr. Harata also gave a speech to the students, talking about work life balance that was touched upon in the session saying "Recently, the boarder between work and personal time is blurring. I sometimes join a meeting from home while I'm playing with my kids. I bed you sometimes play games while you do your homework."

The students seemed stimulated from talking with the Vice president of Microsoft. I hope the experience of speaking with a top-runner of the IT industry will give them confidence and help them in the future.

Jonathan

 

2018年11月14日 マイクロソフトの副社長とスカイプで対話授業「Skype-a-Thon」

1114日(水)米マイクロソフトのグローバル教育イベント「Skype-a-Thon」に1年生全員が参加しました。「Skype-a-Thon」の概要についてはこちらをご覧ください。国際高専は米国シアトルにあるMicrosoft本社と「Skype(スカイプ)」で通話し、副社長のアンソニー・サルシト氏と約30分間の対話授業を行いました。また、日本マイクロソフト株式会社からはパブリックセクター総括本部文教本部ティーチャーエンゲージメントマネージャーの原田英典さんも白山麓キャンパスに来校しました。対話授業は前半と後半に分けられ、前半では学生が順番に白山麓キャンパスや地域の紹介、個人で取り組んでいるプロジェクトや、課外活動について英語で発表しました。サルシト副社長は、学生の活動に感心した様子で、度々感想の言葉を述べていました。紹介の内容は以下の通りです。

  • 白山麓キャンパス紹介

  • ICTの位置、シアトルからの距離

  • 3Dプリンターやレーザーカッターを使ったプロジェクトの紹介

  • エンジニアリングデザインの活動紹介

  • 課外活動で訪れた地元中学校の文化祭での活動

後半ではアンソニー・サルシト副社長への質問タイムが設けられ、学生は「最近注目しているテクノロジーはなんですか?」「社会人になっても趣味の時間を持つにはどうすれば良いですか?」「会社の社長になるために必要なものはなんですか?」などの質問をしていました。48時間のスカイプマラソンの途中にも関わらずサルシト副社長は真摯にこれらの質問に回答し、学生はその内容に聞き入っていました。内容については動画でご確認ください。対話授業終了後、原田英典氏からも激励の話があり、「近年は仕事のプライベートの時間の境界線が薄れてきている。私も子供と遊びながら会議をすることもある。君たちも勉強しながらゲームをすることもあるんじゃない?」と、特に学生の関心が強かったライフワークバランスについて語ってくれました。

学生たちはマイクロソフトの副社長と会話ができたことに興奮している様子でした。IT世界のトップランナーと英語で対話できたことが経験と自信につながり、アンソニー・サルシト氏と原田英典氏の話がどのように学生たちに影響を与えるのか楽しみです。

ジョナサン

November 13, 2018 Storytelling at Hakurei Elementary School

One of the important ICT principles is involvement with the local community and being good neighbors. As part of this policy, Pauline Baird and I go to Hakurei Elementary School 2 times a month to tell the students stories in English. The students are split into 2 groups, grades 1 to 3 and grades 4 to 6. I teach one group and Pauline teaches the other group and the next time we go to Hakurei we switch groups.

So far we have told the students the following stories; The Enormous Turnip, Six Dinner Sid, Edward the Emu, I Want My Hat Back, The Hare and the Tortoise and The Little Engine That Could.  It’s quite enjoyable as the students are eager to be involved in the storytelling and to act out the story. It’s a way to help them and their classmates understand the story.

Next year I hope to bring ICT students to Hakurei Elementary School to help tell the stories. This way the students can become more involved in the local community and use their English skills to teach others English. If you have any suggestions for stories we should tell, please let Pauline or I know.

Ian Stevenson

2018年11月13日 白嶺小学校で絵本読み教室

国際高専の大きな理念のひとつに、近隣の住民との交流があります。この理念のもと、ポーリン・ベアード先生と一緒に月に2度、白嶺小学校へ出かけて絵本の読み聞かせ授業をしています。子供たちは1~3年生と4~6年生の2グループに分けられ、ポーリン先生と私が毎回交代して教えています。

これまで読んだ本は「おおきなかぶ」「Six Dinner Sid」「Edward the Emu」「どこいったん」「うさぎと亀」「The Little Engine That Could」です。子供たちが授業に積極的に参加して、物語を演じてくれるので、とても楽しいです。演じることで、自身とクラスメイトの理解を助けることにもなります。

来年はICTの学生も白嶺小学校へ連れてきたいです。彼らも絵本の読み聞かせをすることで地域との交流を深め、英語スキルを伸ばすきっかけになります。読み聞かせにおすすめの本があれば、私かポーリン先生にぜひ教えてください。

イアン・スティーブンソン

November 9, 2018

KTB, the Japanese teacher here. First, congratulations to first-year student Hinata for passing the paper test for English Proficiency grade two! Today, Yuka and Ichika joined us as we set out to take her ID photo needed for the interview test. On the drive back through the tinted mountains, we stopped at the café "Detza" in Torigoe for some sweets. Our conversation varied from all the era names in Japanese history (which Ichika has memorized), how to say Bangkok's formal name (in Thailand they learn it by song), the girls' future and looking forward to skiing in the winter. 

Students are becoming increasingly busy in this second semester. However, today became a pleasant lull in their busy life. Lately, the girls are practicing for their performance in music class. I hear they are practicing morning, evening and nighttime, using most of their free time between classes and the learning session. What will their performance be like? On the drive back they spoke about their plans to go to Universal Studios Japan. They seemed reenergized by the time we got back to school, saying the sugar will help them through the learning session.

(*"Detza" is next to the Torigoe Ikkou Ikki History Museum. The people who run the place are parents of my daughter's classmate. Their baked sweets are so delicious you'll want to squeal.)

Yutaka Katabe

2018年11月9日

国語科のKTBです。S科1年生の日菜さんが英検2級の1次試験に見事合格!2次の受検に必要な証明写真撮影のため、悠華さん、イチカさんも一緒に鶴来まで出かけました。紅葉に彩られた山を眺めながらのドライブの帰り道、鳥越のカフェ「デッツア」で女子(+おじさん1名)会と相成りました。美味しいスイーツをいただきながら、縄文から平成までの日本の時代名称(イチカさんは全部暗記しています)、タイ語での「バンコク」の長い正式名称(タイの子らは歌で覚えるそう)、将来のことから冬のお楽しみのスキーまで、話に花が咲きます。

後期に入ってから勉強でますます忙しい毎日ですが、「忙中閑あり」で楽しいひとときとなりました。彼女たちが最近がんばっているのは、音楽の授業での発表会に向けての練習です。朝練・夕練・夜練と、授業とラーニングセッション以外の時間を目一杯活用して取り組んでいるそうです。どんな発表になるでしょうか。帰りの車中でも、長期休暇になったら3人でUSJに行きたいねと盛り上がります。行きの車中では眠そうでしたが、「糖分補給で夜のラーニングセッション頑張ります。」と元気いっぱいに帰校しました。

(※「デッツア」さんは、鳥越道の駅・一向一揆歴史館隣にあります。KTB娘のご学友のご両親が経営されています。焼き菓子が吃驚するほど美味しいですよ。)

潟辺 豊

November 6, 2018 Yaki-imo Party

It has been more than six months since I began living at the cottage at Hakusanroku campus. Since then, I have experienced spring, summer and autumn, and am dreading how much snow we will get this year while I enjoy the beautiful tinted mountains. In Japan, we call autumn "the season of appetite", and as such, we held a yaki-imo party on October 28. ICT students, teachers and local people harvested and the roasted sweet potatoes we planted in April. It was a large and lively party with 20 local people and 25 ICT teachers and family members, a total of 45 people.

My biggest mistake was to eat lunch before the party because I thought there were only yaki-imo sweet potatoes. On the contrary, local people prepared "Kachiri", a local cuisine of potatoes boiled in sugar and soy sauce, seasoned rice, local mountain herb tempura, shiitake mushrooms, boar meat, huge Iwana fish, and dough rapped around thin bamboo sticks. We roasted these over the fire and there even were marshmallows for dessert. These seemed to make the international teachers especially happy.

I enjoyed speaking with the local people even more than eating the delicious food they brought. I was especially grateful for their advice about how to capture kame-mushi (stink bugs). Pour a little water and detergent into a plastic bottle and drop the kame-mushi into it with chopsticks. I will definitely try this.

Finally, I would like to express my gratitude to Yamazaki sensei of ICT and Yamashita-san of KIT for planning and preparing such an enjoyable event.

Shinobu Ohara

 

2018年11月6日 焼き芋大会

今年の4月から白山麓キャンパスのコテージに住み始めて半年以上が経ち、春、夏、秋と3つの季節を経験してきました。今年はどのくらい雪が積もるのかと不安を覚える冬を前に現在、紅葉の美しい秋を楽しんでいます。秋と言えば「食欲の秋」ということで、1028日(日)焼き芋大会に参加しました。国際高専の学生、教員と地元の方々とで4月に耕した休耕田で栽培したサツマイモやジャガイモを収穫し、焼き芋にしました。地元の方々が20名、国際高専の教職員、教職員の家族が25名の総勢45名の参加で大いに盛り上がりました。

焼き芋だけだと思い、13時開始と言うことで昼食を食べて行ったのが大失敗。地元の方々が「かっちり」と呼ばれるじゃがいもを砂糖醤油で煮た郷土料理や炊き込みご飯や山菜の天ぷらを作って持って来て下さったり、瀬戸区で栽培されたしいたけ、いのししのお肉、巨大岩魚、パン生地を細い竹に巻いたものなどをご持参いただき、その場で焼いていただきました。マシュマロも串にさし炙って食べました。これには、外国人教員が特に喜んでいた様子でした。

美味しくいただいただけではなく、地元の方々との会話も楽しみました。特にカメムシの捕獲の仕方を教えて頂いたのは有難かったです。ペットボトルに水と洗剤を少しいれ、割箸でそのペットボトルにカメムシを落とし入れると簡単に捕獲できるとのことでした。是非、試してみようと思います。

このような楽しいイベントを企画して頂き、前日よりご準備頂きました国際高専の山崎先生、金沢工業大学の山下さんに感謝致します。

大原しのぶ

November 5, 2018 Best Time of the Year?

River crossing from route 178

    The other day I was returning to Hakusan from Kanazawa. The car in front of me was driving very slowly! So, I decided to take the back roads instead of route 157 to get back my apartment. It was the best decision I have made all month! Not only did I get home faster but the view on the backroads was amazing. The rice has been harvested and the area felt very wide and open. I had my window down and the mountain air was crispy and cool. I also had a hot cup of coffee with me. The combination of the open fields, the perfect air, and the hot drink made me very nostalgic. In my home, we love this time of year. Actually, most people like Autumn the best for the same reasons I mentioned above. It truly made me feel like Hakusan is becoming my second home. So, if you have the time, I highly recommend that you grab a hot drink and go for a drive on the backroads of route 178. Lower your windows, get cozy, sip your hot drink slowly and take in the scenery. The experience is simply amazing.

Edward Basquil Jr.

 

2018年11月5日 最高の季節?

先日、金沢から白山のアパートへ帰っていた時の話です。前を走っていた車がとても遅かったので、いつもの157号線ではなく、裏道を使うことにしました。これが大正解でした!早く帰られただけではなく、極上の景色に出会うことができました。米の収穫が終わり、開けた田園風景が広がっていました。私は窓を開けて、冷たく新鮮な山の空気を味わいました。温かいコーヒーもありました。見渡す田園風景、きれいな空気、温かい飲み物の組み合わせが、私の故郷を想い起こさせました。私の故郷も、この季節はとてもきれいなのです。地元の皆も口を揃えて秋が1番好きだと言います。今日のこの景色のおかげで、本当に白山が私の第2の故郷になったように感じました。皆さんも時間があれば、温かい飲み物を持って裏道178号線をドライブしてみることをお勧めします。窓を開けて、椅子に深く腰掛け、温かい飲み物を飲みながら、ゆっくり風景を味わうのです。最高の体験です。

エドワード・バスクェル・Jr

November 1, 2018 Fighting Robots

Hello, it's Jonathan the camera guy. Today, I would like to introduce this week's activity in the Engineering Design class. You can read more about Engineering Design here. It is the course where students use design thinking and engineering skills to make things for society. This week, we are building robots using Lego Mindstorms. Lego Mindstorms is a platform for robots that can be programmed and built using Lego blocks, motors, gears, sensors, tires, etc.

This week's Engineering Design class was divided into two parts. In the first part, students were given a list of challenges to program their robot; such as "turn exactly 90 degrees", "move forward and bring back a box" or "move along a fixed path." Mindstorms has a visualized programming interface, and users can program their robot simply by connecting orders on a computer and uploading them to the robot. Students could do the challenges in any order they wished. There was much trial and error. However, students completed the challenges one by one thanks to Mindstorms' user-friendly interface.

Mindstorms' interface is visually intuitive

The second part was more interactive. The goal was to build and program a robot to fight Sumo wrestling style. Students were given 45 minutes to build and program their robot. Afterwards, they would hold a single elimination tournament. Students quickly began preparing their robots for battle. Many students added weapons to the front, while some worked on reworking the tires. 45 minutes passed in no time, and many students rushed to finish up their programs. Students could not control the robots after the battle started and they had to predict and program their robots as best they could. Students completed their robots and the tournament began.

Student working on robot

It was interesting to see the individual strategies each student came up with for exterior and movement. Some students programmed their robot to advance forward, while others took a more "clever" approach and programmed their robot to back off to the side and flank the opponent. You can see a couple of the battles in the video below. As you can see, things do not always go as planned. The robot that won the tournament looks innocent without any added weaponry. However, its secret is in the tire mechanism. The builder explained that working with the gear ratio of the motor and tires, he was able to create a robot that moves slow but powerfully. After the tournament, students gave a presentation on their robot and about what they would do differently next time.

I asked the students about the class and many answered that they enjoyed it. It was an intense schedule, but a fulfilling one. Ogawa sensei, who is in charge of the class, explained that Mindstorms is a perfect way to prepare students for more complex programming and robot building in the future. This technology can be utilized to create robots for manufacturing lines, rescue robots, etc. in the future. There is a distinct muscle in the brain for programming robots the way you wish them to move and I believe this class was a fun and effective way to tap into that field. Thanks for watching. See you next time.

Jonathan

2018年11月1日 戦うロボット

こんにちは、ジョナサンです。今日は今週のエンジニアリングデザインの授業内容を紹介したいと思います。エンジニアリングデザインは学生がデザインシンキングや、ものづくりの技術を使って社会に役に立つものを作ることを学ぶ科目です。今週はLEGO Mindstormsを使ってロボットの製作をしました。LEGO Mindstormsはロボットのプラットフォームで、ブロック、モーター、ギア、センサー、車輪などを使ってロボットを組み立て、プログラミングを使って動かすことができます。

今週の授業は2つのパートがありました。前半では、「90度回転する」「前進して箱を掴み取る」「設定された道を進む」など、いくつかの課題が提示され、学生は達成すべくロボットのプログラミングに取り組みました。Mindstormsのプログラミングは視覚的にわかりやすいインターフェースなので、ユーザーはパソコン上で命令をつなぎ合わせることによってロボットの動きを設定することができます。学生は好きな順番で課題に取り組む事ができました。Mindstormsに挑戦するのは初めての1年生でしたが、直感的なインターフェースのおかげで試行錯誤しつつも、ひとつずつ課題をこなしていました。

後半はもっとインタラクティブな活動でした。課題は相撲形式で戦うロボットの製作およびプログラミングです。学生には製作時間45分が与えられ、その後、勝ち抜き形式のトーナメントが行われました。学生の中には、ロボットの正面に武器となる突起物を作る学生や、車輪周りを改造する学生もいました。作業に熱中していると45分はあっという間に過ぎ、最後の1分までプログラミングを急ぎました。試合が始まると学生はロボットを操作することはできなくなるので、試合の展開を予想しながらプログラミングを組む必要がありました。全員のロボットが完成し、いよいよトーナメントが始まりました。

学生によってロボットの見た目や、動きの戦術が多種多様で、見応えのある試合がたくさんありました。前進して相手を押し出すための動きをプログラミングした学生もいれば、後方へ下がって相手をやり過ごしてから側面を突く頭脳プレイを見せる学生もいました。いくつかの試合の動画を載せました。見てわかるように、なかなか計画通りにいかないものです。優勝したロボットは一見武器もついておらず平凡ですが、秘密は車輪周りにあります。製作者によると、ギア比を変えることによってゆっくり進むがパワフルなマシンを作れるとのことです。大会後は各学生が自分のロボットの解説と、改善すべき点を紹介していました。

学生に授業の感想を聞くと好意的な返答がたくさんありました。作業量が多く、ハードスケジュールだったが、充実感があったようです。担当のオガワ先生に聞いたところ、「Mindstormsはもっと複雑なプログラミングやロボット製作の導入として最適で、この技術は製作ラインのロボットや、人命救助ロボットなどに応用できる」と話してくれました。ロボットを思うように動かすには独特の知識とスキルがあるという風に感じました。この授業はその分野への導入として、非常に有効だったと思います。それでは、またお会いしましょう。

October 25, 2018 Just keep swimming

Assalmu alikom! I enjoyed my summer vacation back home in Egypt with family and friends. It was so exciting to see as many as I could of all of them. I was also lucky to have the chance to see different places and enjoy taking pictures like the ones you see at the bottom. Beautiful! Right? When I showed these pictures to friends in Japan they liked them, but not the same way I did. To me, the pictures had more meaning than just beautiful seen like those millions of beautiful pictures you can see on internet at any time.   The pictures hold knowledge that I gained, memories and experiences that I went through. It is always fun to know and learn more. Just watching is totally different from learning. No matter how long you stay in front of TV watching great swimmers win the races, you will never be able to be able to win the race or just swim yourself before trying.

Swimming is a very similar sport to how our brain process information and gain knowledge. Swimming is one of few sports that people of all ages can enjoy. Babies can start learning how to swim from day 1. Similarly, babies start gaining knowledge of all types from the very first moment in life. Our brains are like muscles and knowledge is like water. The more children get familiar to water and enjoy being in water the easier it is for them to swim.

We teachers, parents, or a society in whole are expected to provide the free chances for our children to enjoy water or knowledge gaining. But, can children be good swimmers by only being in water and enjoying it? They may be able to swim occasionally. But, can they be good or professional swimmers without enough and proper training for their muscles, they need to practice and struggle at some points to get better. Struggles and challenges are what make us better swimmers. We can always take our children to the pool, but it has to be their decision if they just want to enjoy swimming, or be professional swimmers.

It has been almost 7 months since ICT Hakusanroku campus opened and the new educational program has started, students might feel things are getting more challenging, and more effort is needed to be done. To my promising ICT students, I know you are now in the water all by yourself worried about the depth of water. Do not worry, all of us your teachers are all around watching, following your progress, and ready to jump in and help whenever needed.  Remember!  When life gets you down, do you want to know what you got to do...……… There is one thing to be done as my favorite anime character Dory said   “JUST KEEP SWIMMING!”

At one point you will reach your goals! 

Nagwa Fekri Rashed

Arabic famous quote “Seek knowledge from cradle to the grave”

 

2018年10月25日 泳ぎつづけてごらん

アサラーム・アライクン!故郷エジプトで家族と友達と夏休みを満喫してきました。ひとりでも多くの知人に会えたことも楽しかったです。様々な場所を訪れたり、下に載せたような写真もたくさん撮ったり、とてもラッキーでした。綺麗な写真でしょう?この写真を見せた日本の友達も気に入っていました。しかし、私と彼女らでは、見え方が違います。私にとって、この写真はインターネットに溢れている綺麗な写真と違って、意味を持ちます。私が得た知識や、思い出や、記憶が含まれている写真なのです。新しいことを学ぶのは、いくつになっても楽しいものです。ただ見ることと、実際に体験することは全然違います。どんなに長い時間テレビの前でプロの水泳選手が金メダルを獲るところを見ても、自分で挑戦しなければレースに勝ったり、泳げるようにはなったりはしません。

水泳というスポーツは、脳が情報を知識へと変換するプロセスに非常によく似ています。水泳は全ての世代で楽しむことができる数少ないスポーツです。赤ちゃんも生まれた日から泳ぐ練習をはじめることができます。同じように、赤ちゃんも生まれた瞬間から知識の蓄積を始めます。脳が筋肉で、知識が水なのです。子供が水に慣れれば慣れるほど、水中にいるのが楽しくなり、泳ぐのも得意になります。

私たち先生、親、そして社会全体が子供に知識の水を楽しむ機会を提供することが期待されています。しかし、子供はただ水中にいて楽しむだけで良い水泳選手になれるでしょうか?多少泳げるようになるかもしれませんが、きちんと筋肉トレーニングや、練習や、苦労をしないと上達してプロの水泳選手になることはできないでしょう。苦労や挑戦することを重ねて、強い水泳選手になるのです。プールに子供を連れていくことはいつでもできますがですが、ただ泳ぐことを楽しむのか、プロの水泳選手を目指すのかは、子供自身が決めなければなりません。

まもなくICTの白山麓キャンパスとその新しい教育プログラムが開校してから7か月が経とうとしています。学生は少しずつ授業の内容が難しくなって、もっと努力する必要があると感じているかもしれません。私の期待を背負うICTの学生へ伝えたい言葉はこれです。あなたたちは水の中にたったひとり、水の深さに不安を覚えていることでしょう。心配しないで。私たち先生があなたを見守っています。あなたたちの成長を見ています。必要があれば飛び込んで助けます。これだけは覚えていてください!人生の生きがいを失った時、どうすれば良いかわからなくなった時、私の大好きなアニメのキャラクターのドリーが言ったこの言葉を思い出してください。「泳ぎつづけてごらん!」

いつか必ず目指したゴールにたどり着きます!

ナグワ・ラシィド

アラビア語の有名な言葉「ゆりかごから墓場まで知識を追いなさい」

October 24, 2018 The Kobi Kronicles

One day this semester, the school placed a roving avatar robot-like vehicle on the front lawn. It is quite interesting just to see it move up, down, and across the grass all day long. It operated peacefully, until Kobi, the resident, 10-year old maltese-pomeranian came along!

One September morning, Kobi and I went out for our walks later than 7:30 am, when the robot was in operation. As soon as he saw the machine, he bolted towards it.

When he caught up with it, he began trying to use his little paws to catch it. The machine kept moving. It was a sight to behold --dog versus machine. Not to be outdone, Kobi darted around to the left and to the right, touching it here and there. It was something to see.

I couldn’t let him off his leash for fear he may injure himself or wreck the machine but he could not get enough of playing with it.

I am not sure what the machine is meant to do, but I have been thinking. What if I learn some programming and what not? An what if I make a toy, the automated kind? What if the students help me? I think this is a good idea and what better place to do it than at ICT. Stay tuned!

Pauline Baird

 

2018年10月24日 コビ物語

最近、巡回するロボットような機械が白山麓キャンパスの正面の芝生に配置されました。一日中芝生の上を前後左右に動く姿は面白いです。それまでは平和に動いていたのですが、ある日、10歳のマルチーズ・ポメラニアン、コビに見つかってしまいました!

ある9月の朝、コビと私は、7時半と少し遅めの散歩へ出かけました。その時間帯、ロボットはすでに稼働していたのです。動く姿を見た瞬間、コビはロボットに向かってすっ飛んでいきました。

ロボットに追いつくと、まずは前足を使って捕まえようとしました。しかし、ロボットは動き続けます。見ごたえのある戦いでした。犬対ロボットの対決です。負けじとコビは右へ左へ、ロボットをところどころ触りながら走り回りました。皆さんにも見せてあげたかったです。

コビが怪我をしたり、ロボットを壊したりするのが心配で、リードをはずすことはできませんでしたが、コビは一向に遊ぶことに飽きる気配はありませんでした。

そのロボットが何のために配置されているのかわかりませんが、私がプログラミングを覚えたらどうでしょう?あのような自動で動くおもちゃを作ることができるでしょうか?学生は手伝ってくれるでしょうか?面白そうなアイデアですし、ここICTなら実現するかもしれません。続報を楽しみに!

ポーリン・ベアード

October 18, 2018 Kaga Yuzen Workshop Part Two at Hakusanroku

On Saturday, we held our follow-up Kaga Yuzen workshop in collaboration with Kobo Hisatsune. You can read about "Kobo Hisatsune" and our career design trip in Yamazaki sensei's journal from October 9. For our second workshop, Hisatsune sensei and staff visited us at the Hakusanroku campus.

 

Hisatsune sensei visited us at Hakusanroku campus.

 

The workshop began with students giving presentations on new ideas they came up with for Kaga Yuzen. There were many interesting ideas such as creating designs for license plates and glass corridors. Hisatsune sensei commented that "Experience comes with the tradeoff of flexibility. Fresh minds and ideas are always welcome."

Student explaining ideas they came up with for Kaga Yuzen.

In this workshop, students and teacher actually dyed a picture on a piece of fabric. The people of Kobo Hisatsune provided an assortment of designs to choose from as well as dyeing material. The pictures were outlined with thin lines that can be washed off with water after the coloring is complete.


 

At first, the cloths looked like white pages of a coloring book. However, we soon discovered that it was not that simple. First, the liquid dye soaks into the fabric, so it is difficult to sustain the colors inside the lines of the picture. Second, utilizing this characteristic is a fundamental technique in Kaga Yuzen; adding a second color for more depth of field or a realistic look. For example, the Kobo Hisatsune staff demonstrated how adding yellow to the tips of green leaves gave them a more natural look.

Yellow on the tips give leaves a more realistic look.

Each student used different colors and dyed the cloths differently. Even if they chose the same designed cloth, the pictures looked totally different. Hisatsune sensei remarked that he enjoys observing how everyone thinks and percepts color differently.

Same picture but looks totally different.

Kaga Yuzen dye does not come off with water. After rinsing the cloths and drying them, the color is permanent. After a couple of hours, everyone had their own Kaga Yuzen handkerchief.

Everyone's finished product.

 

Everyone seemed to enjoy the workshop and I hope it does not end here. Both sides promised to collaborate in the future, and I am looking forward to which ideas the students came up with may actually come true.

Jonathan

 

2018年10月18日 友禅染教室

土曜日、工房久恒との加賀友禅コラボレーション第2弾、友禅染教室が白山麓キャンパスで開催されました。前回のキャリアデザイン活動での工房訪問については、10月9日の山崎俊太郎先生の記事をお読みください。今回は久恒先生が白山麓キャンパスへ来て、学生と先生が参加できる教室を開いてくれました。

友禅染教室の前に、学生による「加賀友禅を若者達により広く理解してもらうための提言」の発表が行われました。加賀友禅デザインの車のナンバープレートや、加賀友禅空中回廊など、面白いアイデアがたくさんありました。久恒先生は「同じ道を長年やっていると経験と引き換えに固定概念が生まれてしまう。若者の柔軟なアイデアをぜひ参考にしたい」と語ってくれました。

続く友禅染教室では、学生と先生が、実際に白い生地に描かれた絵を染めることに挑戦しました。絵にはいくつか種類があり、参加者は気に入ったものを選んでいました。絵は薄い線が描かれており、完成したあとに水でゆすぐと消えるようになっています。

一見すると、ぬり絵に色を塗っているように見えますが、実際にはそれほど簡単ではありませんでした。まず、染料が布に染みるので、線の内側に色を留めるだけでも非常に気を使います。しかも、あえて染みさせてグラデーションを作ることによって奥行きや、本物らしさを表現する手法もあります。例えば、緑の葉っぱの先に黄色を加えるともっと自然に見えるのです。

学生は皆違う色を使って染めていました。同じ絵柄を選んだ者同士でも、染め方によってまったく違って見えました。「色の捉え方、考え方が人によって違うので、様々な発想を見ることができて面白い」と久恒先生が語ってくれました。

友禅染は水でゆすいでから乾燥させると色が定着します。全員無事にオリジナルの友禅染手ぬぐいが完成しました。皆、友禅染教室を楽しんでいたように見えました。工房久恒とのコラボレーション企画がこれで最後にならないように期待しています。近い未来、学生のアイデアが工房久恒との協力のもと、実現する日を楽しみにしています。

ジョナサン

October 16, 2018 Singing in Performing Arts class

 

Hakusanroku campus does not have a music class. However, as you can see, we are singing! Hello, it's Jonathan, the camera guy. Today, I would like to introduce our latest activity in the Performing Arts class.

In Performing Arts, students learn to express themselves through various mediums such as art and music. Currently, we are learning to sing under the instruction of Yuri Daikoku sensei, a professional vocalist and voice trainer. In the video, you can listen to the students singing "Do-Re-Mi" from the movie "The Sound of Music."

Daikoku sensei is a jazz singer, and we also sang classics such as "Fly Me to the Moon" and "Tennessee Waltz." For these songs, students and teachers took turns singing.

After the class, I asked Daikoku sensei about teaching music at ICT. She explained "It is different from teaching at a music school where all the students are already interested in singing. My major goal is to avoid any students disliking music. Also, I admire Hakusanroku campus' atmosphere. People enjoy expressing themselves freely."

Personally, I was surprised at how little hesitance the students showed singing in front of the group. There may be credit due to the teachers and atmosphere. However, I believe that they are definitely becoming individuals of high caliber.

Jonathan

2018年10月16日 歌で表現力を養う

白山麓キャンパスには音楽の授業がありません。しかし、ご覧のように本日は歌っています。こんにちは、ジョナサンです。今回はパフォーミングアーツの活動について紹介したいと思います。

パフォーミングアーツの授業では、音楽や芸術を通じて、発想力・表現力を養います。現在は、ヴォーカリストであり、ヴォイストレーナーの大黒友理先生の指導のもと、歌を通じて表現力を高める活動をしています。動画では映画「サウンド・オブ・ミュージック」の「ドレミの歌」を歌っている様子を聴くことができます。

大黒先生はジャズ歌手で、この授業では「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」や「テネシーワルツ」などの名曲も歌いました。これらの歌では、学生がひとりずつ前へ出て、順番に歌いました。

大黒先生にこの授業で意識している点を尋ねたところ、「すでに音楽に興味があってミュージックスクールに来る生徒を教えるのとは違う。1番意識しているのは音楽が嫌いにならないようにすること」「白山麓キャンパスの自由に表現できる雰囲気が素晴らしい」と語ってくれました。

個人的な感想として、人前で堂々と歌う学生がかっこよく見えました。先生の指導や雰囲気のおかげもあるかもしれませんが、表現力と同時に、器も大きくなっていると感じます。

ジョナサン

 

HOMECampus LifeHakusanroku Journal

PAGETOP