国際高専:国際高等専門学校

Three Policies 3つの方針について

3つの方針について

国際高等専門学校および金沢工業大学は、学園が定める建学綱領に基づき、
学生、理事、教職員が三位一体となり、学園共同体の理想とする工学アカデミアを形成し、
三大建学綱領の具現化を目的とする卓越した教育と研究を実践し社会に貢献します。

教育目標

「個を輝かせ、他と協働し、新たな価値を創出するグローバルイノベーターの育成」

3つの方針について

本校は、教育目標を達成するために、次の3つのポリシー(アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー)を設定しています。

入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

本校は教育目標を「個を輝かせ、他と協働し、新たな価値を創出するグローバルイノベーターの育成」とし、学生・理事・教職員に対しては学園共同体が共有する価値に基づく信条である「KIT IDEALS」を常に意識、尊重することを求め、自身及び学園共同体の向上発展を目指している。 また、グローバルイノベーターの素養をしっかりと身につけるため、1・2年次は全寮制教育にて人間力の陶冶を行い、3年次には1年間の海外留学を義務づけている。  

本校は、上記理念及び教育方法に共感し、次のような行動ができる人を求めている。

  1. しっかりとした基礎学力を持ち、科学技術やデザイン(課題の発見・解決)、イノベーション(新しい価値の創造)に興味を持つ人 
  2. グローバル社会での活躍に強い関心と探究心を持ち、英語でのコミュニケーション能力を高めようとする人
  3. 主体的に社会や地域に貢献する意欲を持ち、且つ行動する人

本校では、推薦・一般入試以外に、多様な学生を募集するために留学生や帰国子女を対象とする入学試験を実施する。すべての入学試験にて、主体性や協調性、高い向上心を持つ学生を選抜するために個人面接を行う。
選考にあたっては、学力試験、出願書類及び面接により多面的・総合的に評価する。

教育課程の編成方針(カリキュラム・ポリシー)

本校は、グローバルノベーターの素養をしっかりと身につけさせるために、下記を特色とするCDIOイニシアチブ※の理念をカリキュラムに織り込み、学生の主体的な体験を重視するカリキュラムを編成する。また、学修成果の評価については、成果物や試験以外に、活動プロセスや協働状況を評価するために学修ポートフォリオを活用する。

  1. 課題発見・解決力を高める。
    高専入学時から、Open-ended、即ち決まった答えのない問題について解決策を探るプロジェクトを早い段階でスタートさせる。継続的にデザインシンキングを実践する機会を設けて、課題を発見・定義する経験を繰り返し、幅広い研究成果や調査技術を駆使し、課題の解決へと結びつける力を養っていく。 
  2. 科学的思考力、コミュニケーション能力を鍛える。
    他者と協働しながらアカデミックな探究の精神を養うこと、批判的・分析的思考の技術を磨くこと、ディスカッションやディベートを含む効果的なコミュニケーション能力を育成することに努める。 
  3. よりよい社会づくりに積極的に参画する態度を養う。
    地域とのふれあいを意識し、地域社会や自然・環境を調査・研究対象としたプロジェクトを行い、地域貢献を通じて社会の一員としての自覚を醸成する。 
  4. グローバルに活躍できる英語力を培う。
    特に数学、科学、工学における教育伝達の手段として1年次から英語を導入し、徐々に増やしていく。3年次以降はほとんどの授業を英語で行う。
  5. 異なる文化や、多様な価値観を持つ人々と協働する力を身につける。
    文学と芸術に触れる機会や、世界の人々と協働する体験を通じ、創造性と、自身や社会並びに世界に対する深い理解を育む。

卒業認定方針(ディプロマ・ポリシー)

本校は、グローバルに活躍するイノベーターの素養を身につけた実践的・創造的技術者を養成している。
グローバルイノベーターとは、課題を発見する科学的思考力を持ち、最新の工学知識や洞察力を身につけ、創造的な解決策を用いて新しい価値を生み出す人材である。さらに、さまざまな分野の専門家たちと協働し、文化や価値観の多様性を受け入れ、グローバル社会で活躍する力を持ったプロフェッショナルでもある。
新しい価値の発見者“イノベーター”は、工学原理、工学実践を幅広く理解していなければならない。つまり、工学教育改革を目指す国際的組織「CDIOイニシアチブ」の「Conceive、Design、Implement、Operate」というそれぞれの段階を理解し実践する者である。
具体的には、次の能力及び行動規範を身につけることが求められる。

Ⅰ 社会に貢献するリーダーとしての人間力

  1. 革新への挑戦
    信念(高い志・強靭な意志)を持って行動し、失敗に臆することなく粘り強く挑戦し続け、自身やチームを成功へと導くことができる。
  2. 社会的使命感
    地域社会や自然環境に関心を持ち、社会的な課題の解決に使命感を持っている。
  3. リーダーとしての高潔
    グローバルな環境でリーダーシップを発揮する一方で、謙虚さや他者への尊敬、思いやりを持ち、信頼される人格を備えている。

Ⅱ グローバルに活躍できるコミュニケーション能力

  1. コラボレーション
    チームで目標を達成するために、自分の役割と提供できる価値を認識し、積極的に貢献する。
  2. 多様性とアイデンティティ
    多様な文化や価値観を持つ人々と協働するための教養を備えつつ、自身の考えを持っている。
  3. 心を動かす力
    自身の考えを論理的にまとめたうえで、相手の立場や気持ちを考慮しながら効果的に伝えることができる。

Ⅲ イノベーターに相応しい卓越した科学技術力

  1. 価値創出
    幅広い学問領域の探求とデザイン思考の実践により、これまでにない価値を創出することができる。
  2. 自然・社会・産業と結びつけた科学的思考
    科学技術を自然・社会・産業の面から理解・分析し、自分の考えを述べることができる。
  3. 常に学び続ける姿勢
    科学・工学の基礎を土台として、常に新しい知識・技術を獲得する姿勢を持っている。

これらの認識の下、本校の教育理念と教育目的に沿って設定された授業科目や教育プログラムを履修し、基準となる単位数を取得することが卒業の要件である。

HOMEAbout UsOur IdealsThree Policies

PAGETOP