国際高専:国際高等専門学校

特別活動 安全教室 Learning about safety at Tedori Lake

2019年7月24日(水)国際高専の特別活動 安全教室が行われました。安全教室では国際理工学科1年の学生が白山麓キャンパスから車で15分ほどの距離にある手取湖でゴムボートの漕ぎ方などを学びます。この活動は白山ろく少年自然の家の協力のもと行われ、ゴムボートやライフジャケットは同施設のものをお借りしました。同活動には先生やコーチ以外にも去年参加した2年の学生も2名参加しました。

ゴムボートを膨らましてライフジャケットの着用したあと、尾張コーチによるオールの漕ぎ方の指導を受けました。学生たちは1チーム4人に分かれ、手取湖に漕ぎ出していきました。ボートは漕ぎ手が息を合わせないと前に進まず回転してしまうので、最初は苦戦するチームもいましたが、慣れてからは掛け声を合わせて湖面を進みました。この手取湖は石川県の貴重な水源として白山麓から遠くは輪島まで水を供給しています。天気にも恵まれましたが、湖の水は気持ちよくひんやりしていました。休憩してからはボートから落ちた人を引き上げて救助する練習をしました。次週には試験期間が迫っており、学生たちには勉学を忘れてリフレッシュする気分転換となりました。

HOME特別活動 安全教室

PAGETOP