国際高専:国際高等専門学校

緊急事態宣言解除に伴う授業運営について

2020年530

新型コロナウイルス拡大による緊急事態宣言が5月14日に解除されました。これを受けて6月以降授業運営の方針につきまして、以下のとおりとします。

金沢キャンパス

・感染リスクの軽減のため、当面は全面的な対面授業は実施せず、各クラス週に1日の登校日を設けます。
・登校日には、対面授業の必要性が高い、実技系科目を中心に実施します。
・登校日以外の日は、遠隔授業を行いますので自宅で受講して下さい。
・各クラスの登校日並びに6月2日以降の時間割は、準備ができ次第、学生の皆様にメール配信致します。

※なお、全面的な対面授業の再開時期につきましては、継続的に検討いたします。
※また、コロナウイルスの再拡大などにより、安全確保に支障が出ると判断した場合には、全面的な遠隔授業に戻す場合があります。

[登校時・校舎内での注意事項]
・登校時・校舎内ではマスクの着用を厳守して下さい。
・手洗いを励行し、教室等の換気をこまめに行って下さい。
・ソーシャルディスタンス及び咳エチケットを意識して行動して下さい。
・健康状態を確認し、毎朝検温を実施して下さい。
・発熱や咳・風邪の症状など体調不良がみられる場合は、登校しないで下さい。また、その旨、学校へご連絡ください。
・登校に際しては、可能な限り公共交通機関の利用を減らし、感染リスクの回避に心がけてください。

白山麓キャンパス

・白山麓キャンパス内での対面授業を実施します。
・教職員との対面での活動を再開します。
・キャンパス内におけるクラブ活動を、担当教員の指示のもと順次再開します。

※キャンパス外での活動については自粛を継続します。
※引き続き教室内では机の距離を離し、喚起対策を実施しながら、出来る限り快適な学生生活が送れるよう配慮します。
※尚、県内の感染者が再び発生するなど、安全確保に支障が生じる事態と判断した場合は、オンライン授業へ再び切り替える場合があります。

[白山麓キャンパスでの活動制限の段階的解除について]

・キャンパス近隣への外出制限を段階的に緩和します。(近隣のお店への訪問等)
・キャンパス施設利用制限を段階的に緩和します。(Maker Studio等の利用)
・一時帰宅については安全面を考慮し現時点ではまだ許可しないものとします。

※尚、県内の感染者が再び発生するなど、安全確保に支障が生じる事態と判断した場合は、外出自粛及びこれまでの安全確保措置を再び講じる場合があります。

[寮生活について]

・引き続き密集を避けるため23名で1ユニットとして寮生活を継続します。

以上

アーカイブ
金沢キャンパスの立ち入り禁止と授業実施方法について

HOME緊急事態宣言解除に伴う授業運営について

PAGETOP