国際高専:国際高等専門学校

防災教室 Evacuation in case of a fire or natural disasters

防災教室を受ける1,2年生

2021年4月5日(月)、1、2年生を対象に、火事や自然災害時の避難方法について説明する防災教室が実施され、元消防監で白山麓キャンパスの事務室所属の山口博文さんが担当しました。講義内容はまず火災が発生する条件を解説したあと、それを予防するための注意点を述べました。全寮制の白山麓キャンパスでは学生が集団生活するため、災害時は散り散りにならず、適切に避難することが重要となります。山口さんは避難場所と避難経路を述べたあと、火元から離れて避難することや、防火扉の存在なども学校の見取り図を元に詳しく解説しました。また、集団で避難する場合は逃げ遅れている人がいないか把握することが鍵となるため、白山麓キャンパスでは学生寮のユニットごとにリーダーを決めています。山口さんはそれぞれのユニットリーダーに「責任を持ってユニットメンバーの存在を意識してほしい」と指示していました。また、学校内に設置されている消火器、消火栓、担架の場所と使い方を図を元に説明しました。

HOME防災教室

PAGETOP