国際高専:国際高等専門学校

1年生がMicrosoftの「Skype-a-Thon」に参加しました First-year students participated in Microsoft's "Skype-a-Thon"

First-year students participated in Microsoft's

2018年11月14日(水)米マイクロソフトが主催するグローバル教育イベント「Skype-a-Thon」が開催され、国際高専の1年生全員が参加しました。「Skype-a-Thon」は遠隔教育や異文化交流をテーマに、米Microsoftが2015年より行っているイベントで、今年は11月14~15日の48時間に渡って、全世界102カ国の子供たちが、「Skype(スカイプ)」で繋がりました。国際高専は米国シアトルのMicrosoft本社と通話し、副社長のアンソニー・サルシト氏と対話授業を行いました。日本からは国際高専の他に、札幌市立新川中学校も参加しました。

アンソニー・サルシト副社長との対話授業は約30分間で、前半に学生による学校紹介があり、後半では質問タイムが設けられました。前半の学校紹介では1年生全員が順番に白山麓キャンパスや地域の紹介、個人で行っているプロジェクトや課外活動について英語で発表を行いました。後半の質問タイムでは、学生がサルシト副社長に「最近注目しているテクノロジーはなんですか?」「社会人になっても趣味の時間を持つにはどうすれば良いですか?」「会社の社長になるために必要はものはなんですか?」など、様々な質問をしていました。対話授業のあと、日本マイクロソフトより本校を訪れたパブリックセクター総括本部文教本部ティーチャーエンゲージメントマネージャーの原田英典さんによる激励の言葉をいただきました。

2018年のSkype-a-Thonは400バーチャル・マイルにつき、MicrosoftがFREE WE School Programを通して世界中の支援を必要としている子供たちに教育リソースを寄付するチャリティーイベントになっており、SDGsの貢献にもつながっています。最終結果は23,629,665バーチャル・マイルでした。

Skype-a-Thonの様子は白山麓ジャーナルにも掲載しています。

HOME1年生がMicrosoftの「Skype-a-Thon」に参加しました

PAGETOP