国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル

March 13, 2021

اَلْسَّلَامُ عَلَيْكُم As-salamu Alikom.

وَعَلَيْكُمُ اَلْسَّلَام Wa Alikomu as-salam

 That is how to greet people in Arabic language. It is the salutation in Islam, that means you can use it with Muslim people whether they are Arabic language speakers or not.  “As-salamu Alikom”, means “peace be upon you!”, Wa Alikomu as-salam, means “And peace be upon you, too”

  Wishing people to have peace and live in peace is a meaningful wish. We learned throughout this difficult time that peace is not only the opposite of war. To live without pain, disease, and fear is peaceful. The 2020 academic year is coming to an end, our year three students couldn’t travel to New Zealand to study at Otago Polytechnique as planned because of the pandemic. They may have missed chances and experiences living and studying in another country. However, they have a peaceful life over here in the university`s International House. Part of the courses are held online with Otago Polytechnique, other courses were designed carefully by professors at ICT to help students get as much experience and learning as possible. Language and Culture course is an example of those courses. I and prof. Dr. Alaa Hussien were invited to introduce Arabic language to year 3 students last week.

 Students seemed to enjoy learning about Arabic language, and its importance as the first or a second language of more than 1.9 billion people around the world. They practiced basic Arabic daily conversation amongst themselves and with us. They were excited to know about different Arabic cultural perspectives such as calls for prayers, calligraphy, and arabesque. They were also surprised to listen to music pieces played using Arabic musical instruments and know how the music key is different in that part of the world.

This week, Students learned about food hidden cultures of both Egypt by myself and Guyana by Prof.Dr. Pauline Baird. They also watched previously recorded interviews about personal stories of Diana Stevenson (Prof. Ian Stevenson`s mother). She is an American citizen originally from Scotland. She shared her experiences on the subject of thrift during and after the world war II. I personally learned a lot from that video.

 Traveling to different countries might not be as easy as it used to be these days, but those places can be a lot closer and more accessible than what we think. I advise all of my students to keep digging down and look for all the opportunities to know and understand other cultures and ways of life. That is one main reason and meaning we are here in this life. As one of my favorite verses in Quran says "O Mankind, We created you from a single pair of a male and a female and made you into nations and tribes, so that you may know one another. Verily the most honored of you in the sight of God is he who is the most righteous of you" (Quran 49:13).

Nagwa Fekri Rashed

*This journal was written in February

اَلْسَّلَامُ عَلَيْكُم アッサラーム・アライクム

وَعَلَيْكُمُ اَلْسَّلَام ワ・アライクム・アッサラーム

これがアラビア語のあいさつです。イスラム圏の挨拶なので、アラビア語を話さないイスラム教徒にも通じます。意味は「アッサラーム・アライクム」は「あなたに平和があらんことを」、「ワ・アライクム・アッサラーム」は「あなたにも平和があらんことを」です。

他人に平和と平穏を祈る行為は素晴らしいことです。この大変な時期を通じて、平和とはただ単に戦争が無い状態ではないことがわかりました。苦しみ、病気、不安なしに生活できることこそ平和です。2020年度が終わりを迎え、新型コロナウィルスのパンデミックで、3年生は結局ニュージーランドのオタゴポリテクニクに留学できませんでした。彼らは外国で暮らしながら勉強する機会を奪われてしまったのです。その代わり、国際交流会館で穏やかに過ごしています。オタゴポリテクニクの授業をオンラインで受けながら、国際高専の先生が丁寧に組んだ専用の科目を受講して、可能な限り経験と知識を獲得しています。そのひとつがLanguage and Cultureの科目です。先日、アラー・ホセイン教授と私がゲストとして呼ばれて、3年生にアラビア語を紹介しました。

アラビア語を学ぶ学生たちは楽しそうでした。アラビア語を習得すると世界中の1.9億人と会話できます。授業では基本的な日常会話の練習を学生同士と私たち先生と行いました。学生たちが特に興味を示したのはアラブ世界の祈り、文字、唐草模様などの文化的観点でした。他にはアラブ楽器を使った音楽を聴いて、こちらとキーが違うことにとても驚いていました。

今週は私とガイアナ共和国出身のポーリン・ベアード教授がそれぞれエジプトとガイアナの隠された食文化について教えました。他にも以前録画したダイアナ・スティーブンソン(イアン・スティーブンソン教授のお母さま)のインタビューのビデオを見ました。彼女はスコットランド出身のアメリカ人で、第二次世界大戦後の倹約生活について実体験を語ってくれました。このビデオから私も学ぶものがたくさんありました。

近頃は他国へ旅行するのが以前より難しくなってしまいましたが、それらの場所は考えているより身近な存在になりえます。学生へのアドバイスとして、これからもほかの文化や生活の仕方を体験・理解する機会を探し続けることを勧めます。この世に生まれた意味のひとつだからです。コーランの大好きな一説ではこのように記されています。『人々よ、我々はあなた方を男と女に創造し、あなた方を様々な部族にした。互いを知りあうことができるように。あなた方のうち、神の御前で最も愛されるのは、最も敬虔な人々である』(49:13

ナグワ・ラシィド

*このジャーナルは2月に執筆されました。

March 9, 2021 Sports Day

Hi, it's Jonathan, the camera man. Today I would like to share some pictures I took for the Sports Day event held on February 22 in the Hakusanroku Campus gym. This was the second sports day event held at Hakusanroku Campus this year. The first and second year students enjoyed the first one some much that we planned a second one. Check this entry if you want to read about the first Sports Day. 

こんにちは、ジョナサンです!今日は2月22日に白山麓キャンパスの体育館で行われた1・2年生のスポーツデイ(第2弾)の成績と写真を掲載したいと思います。前回のスポーツデイについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。種目はバスケットボール。サッカー、バレーボール、バドミントンで、1日で4つすべてプレイしました。

This time students and teachers competed in basketball, soccer, volleyball, and badminton. All in one day! Here are the results and pictures.

Basketball

First year vs Second year
Score 8-9

Teachers vs Students
Score 18-4

Soccer

First year vs Second year
Score 9-8

Teachers vs Students
Score 0-2

Volleyball

First year vs Second year
Score 12-25, 15-25

Teachers vs Students
Score 25-19, 16-25

*Badminton was mixed and I could not keep track of the individual records.

Since this was the final event with the current second year students, Matsushita sensei ended the event by saying "Today was a hard schedule but you all played very well. I'm glad this was the final event we spent time together, and I am very very proud of you."

現2年生と白山麓キャンパスで過ごす最後のイベントだったため、終わりのあいさつで学科長の松下先生が「今日はとてもハードでしたが、みんなよく頑張りました。皆さんのことを誇りに思います」と言葉を残しました。

ジョナサン

 

March 1, 2021 課外活動とデザイン&ファブリケーションクラブ最終発表会

2021225日(木)、国際高専の白山麓キャンパスで課外活動とデザイン&ファブリケーションクラブの最終発表会が行われました。1,2年生が学ぶ白山麓キャンパスでは、毎年2月は外部講師を招いた課外活動やワークショップが多数行われています。しかし、今年はコロナ禍で講師を呼ぶことが困難だったため、先生方による様々な課外活動が企画されました。発表会の前半ではそれぞれの課外活動に参加した学生がその内容や成果物を紹介しました。

ピニャータ作りでは、メキシコで有名な紙製のくす玉人形を作りました。ピニャータは中にお菓子を詰めて目隠しをした人が棒で叩いて壊します。ラーニングメンターの指導のもと、色とりどりのピニャータを作った学生たちは「初めて作ったので楽しかった」「壊すのが楽しかった」「かわいそうだった」と感想を述べました。Arduinoグループは4名の学生が参加しました。2名は段ボールからセンサーで開閉するごみ箱、1名は動きを真似するロボットアーム、1名はコインを入れるとお菓子を排出する機械をそれぞれ製作しました。レーザーカッター&3Dプリンターグループは5名の学生が参加し、メーカースタジオの機材を使ってアクリルのキーホルダーやスマホを入れると立体的に光るランプなどを作りました。ペーパーランプグループは3名の学生が参加し、1枚の紙でランプシェードを製作した。学生たちは工夫を凝らした様々なデザインのランプを参加者に見せていました。

次はネイチャー&アドベンチャークラブの先生方が企画したスノーハイキングの紹介で、参加した学生は5名でした。スノーハイキングでは伝統的なカンジキを履いて雪山を散策しました。途中尾張コーチによる動物の足跡講座やブナオ山観察舎で地元の自然を体験しました。学生から「雪の中を歩くのが新鮮だった」「写真を撮って自然を満喫できた」「雪の斜面を滑るのが楽しかった」などの感想がありました。また、同グループのウッドワークを行った学生たちが、作った木製のラックを紹介しました。

続いて、ものづくりを行うデザイン&ファブリケーションクラブのメンバーがそれぞれ個人やグループで行った活動について語りました。

徳山奏太さん、バシュロ・琉海ジェームズさん(両方1年)の2人はバンドを組んでギター演奏とソフトウェアを使って作曲した音楽を披露しました。勝方正宗さん(1年)はUnityの勉強のために取り組んだスマホアプリの制作と、今後制作予定のゲームアプリについて語りました。戸塚裕基さん(1年)はPythonを使って制作した辞書プログラムを紹介しました。これは入力した単語の意味を表示し、データが存在しない単語は質問をして記憶するプログラムで、顧問の伊藤周先生は「プログラム何行あるの?」「けっこうすごい」と個人プロジェクトの完成度に舌を巻いていました。山崎史依さん(1年)は参加したFusion 360のコンテストの制作過程と感想について述べました。

飛行ロボコンに参加したのは酒井瞭さん、田窪洋佑さん、中里優斗さん、戸塚裕基さん(全員1年)で、リーダーの酒井さんが活動内容と大会結果について述べました。また、チームワークの問題点、無駄な行動、リーダーシップの失敗、知識不足などの反省点と、次年度に向けての改善案を次々挙げました。これには伊藤先生が「我が身を振り返られる人は伸びる」と言葉を贈りました。また、酒井さんは個人でも行っているドローン製作についても紹介しました。

徳山美結さん(2年)はデザイン能力を伸ばすために行った「街を強くする一滴のデザイン」と題されたルフタチャレンジ2020、高専祭のポスター制作、プレデザコン、カラーコーディネーター検定試験など、様々なチャレンジについて語りました。佐藤俊太朗さん(2年)、山崎史依さん、戸塚裕基さん、キルパラーニ・アニッシュさん(1年)が参加するガンダムプロジェクトでは製作途中の実物大のコックピット型VR機について紹介しました。リーダーの佐藤さんは滑り出しが良かったものの、ほかのプロジェクトや学業によってメンバーの時間が削られてしまったことと、途中で材料費が尽きてしまって金属を木材に変更したことの苦労を語りました。このプロジェクトは未完成となったが、メンバーはCADによる設計、Unityによるゲーム制作、素材の組み方などのノウハウを学ぶことができました。最後は畠中義基さん、杉晃太朗さん(2年)、田窪洋佑さん(1年)が参加する廃炉創造ロボコンチームでした。このロボコンでは福島原発の調査を行うロボットを製作し、アピールビデオを応募します。リーダーの畠中さんは大会のルール、製作過程、ロボットの詳細、応募した動画、学んだことを紹介しました。伊藤先生は「これだけしっかり動くのに、なんで賞がもらえなかったのかわからない」とフォローのコメントをこぼしました。

締めのあいさつとして、伊藤先生は「今年の1,2年生は本当に精力的に頑張ってくれました。発表できる成果があることが大変素晴らしい。D&Fクラブの顧問は大変だが、皆さんの才能と情熱と努力の結果が最後に見られることが一番嬉しい」と講評を贈りました。

ジョナサン

February 15, 2021 Is Thrifty Living a Global Thing?

Thrift is a concept that promotes reusing, recycling, up-cycling, and avoiding waste. The students in the 3rd year studied how about people practiced thrift. Our topics included: Hidden Cultural Foodways, Thrifty Living: The Parent’s Stories and Thrifty Living; Vermont and Canada.

Nagwa-sensei introduced food in Egypt. Pauline from Guyana talked about the Transatlantic Slave Trade and its impact on Guyanese foods. Students tried to make a dish of items they were given (on paper). They named the dish by themselves and later learned how Guyanese used the ingredients to prepare a one-pot dish called Cook-up Rice from leftovers.

Ian introduced students to the words associated with thrift, such as: tightwad, stingy, spendthrift,  Portmanteaus. The students tried to figure out the meanings of freegan = free+vegan; shopaholic= Shop +alcoholic. Students voted based on their spending practices. One was named the thriftiest (always keeps receipts), and another the biggest spendthrift.

Our guest on video was Mrs. Diana Stevenson (Ian-sensei’s mother), who shared her stories of practicing thrift after WWI in Scotland, where she grew up.

https://www.youtube.com/watch?v=83AEaiH4ctI

In pre-recorded video interviews with Pauline-sensei, we listened to Mr. Frank Tan and Mrs. Betty Tan (Anne sensei’s parents), who taught us about thrift in the Philippines, Taiwan, and the USA, respectively.

Our other overseas guest was Miss Zeona from South Africa living in Switzerland. She introduced the history of South Africa, its economy and inequities. Students learned about wealth distribution and the use of a traditional banking system called STOKVEL. Lastly, Keith Ikoma-sensei shared how is thrifty or not. Stephanie Reynolds – sensei talked about being thrifty in Vermont. Students learned about garage sales and thrift shopping. Additionally, she shared how she up-cycles her clothing. Stephanie taught the students how to knit using chopsticks!

Students completed journals that included:

  • A Summary from Cornell notes
  • What you knew and/or didn’t know before
  • What surprised you and/or questions arising from the lesson

Excerpts from Journal Entries:

Student A: “We have watched several videos on stories of teacher’s parents. First, it was Ian-sensei’s mother. She experienced tough times when food supply and other things were running out. She needed to be thrifty on lots of things. Ration was also being used to make sure that everybody got supplies equally. She still uses some of these techniques today. Second, it was Anne sensei’s parents. They also have some experiences where they were having thrift in life. Her mom once was given the big shoes and pants in order to save some money when she was a child. Now they’re careful when they go shopping. I didn’t know about the ration thing that existed to help people, and I think it’s a great idea to organize things. I was not that surprised to know that they all have experienced thrift in life because there are lots of problems long time ago, especially after the war.”

Student B: “I heard about Ian sensei’s mother. What she did during the war contributed to her saving money food or anything. She said that she kept wrappers, and ribbons for gifts. I do so even now. When I buy something, the shop gives me good quality bags ribbons and wrappers.  I use them when I have to bring something somewhere or wrap something or so do some decorations. I think this action is really good because it doesn’t waste money to buy them and it helps avoid global warming. I didn’t know the word tightwad and miser they mean greedy I want to use these words from today.”

Student C: I know in South Africa white people are being given preferential treatment and have power in each country in Africa. However, it is more than I could have imagined. I am very surprised because in Japan we don’t have distinction for something, so it was hard to imagine to distinguish but other countries have distinction culture. I have never heard of STOKVEL, too. In Japan, we don’t have that kind, so living in Africa is probably difficult, but I want to live there because I went to America. I got culture shock. I want to see every country and touch directly with their culture.

Student D: With Miss Pauline, we cooked our own dish. I made Mixed Fish Rice dish. I really hate to call this this “Chinese.” I really hate this, but I know this has a good taste. I also mixed words and explained why my dish is a mixing dish. Everyone voted for the thriftiest and the spendthrigt. What are the good points for thrift or what is a bad point for thrift? The good point is to save money and the bad point is to be greedy or too economical. For me, I don’t have money, so I am not thrifty.

Pauline Baird

節約はグローバル?

節約とはリユーズ、リサイクル、アップサイクル、そして無駄遣いを避けることです。3年生の授業で、節約について勉強しました。トピックは文化に隠されたフードウェイ*と倹約生活です。

(*社会科学では、食道は食物の生産と消費に関連する文化的、社会的、経済的慣行です。フードウェイとは、多くの場合、文化、伝統、歴史における食物の交差点を指します。)※ウェキペディアより

ナグワ先生はエジプトの食文化について紹介しました。ガイアナ出身のポーリン先生は大西洋奴隷貿易とそれがガイアナ共和国に与えた影響について話しました。学生は(紙で)渡されたモノを使って料理を作ることに挑戦し、自分たちで料理名を付けました。その後、残り物をひとつの鍋で作るCook-up Riceというガイアナ料理について学びました。

イアン先生は節約と関連する英単語を紹介しました。Tightwad, stingy, spendthrift, Portmanteausなどです。その後、学生はfreegan (free+vegan)とshopaholic (Shop+alcoholic)の2つの単語の意味を推理しました。学生は自分たちのお金の使い方の癖ごとに投票し、ひとりはthrifiest(レシートを集める者)、もうひとりは最強のspendthriftに任命されました。

ゲスト講師としてビデオ出演してくれたのはダイアナ・スティーブンソンさん(イアン先生のお母さま)で、第一次世界大戦後の子供の頃のスコットランドでの節約生活について語ってくれました。

以前にポーリン先生が撮影した動画で、フランク・タンさんとベティ・タンさん(アン先生の両親)からそれぞれフィリピン、台湾、そしてアメリカでの節約生活について聞きました。

もうひとり、海外からビデオ出演してくれたゲストは南アフリカ人で現在スイスにお住まいのZeonaさんでした。彼女は南アフリカの歴史、経済、そして不平等について語ってくれました。学生は富の分配と、STOKVELという伝統的なバンキングシステムについて学びました。最後にキース・イコマ先生が節約の定義について、ステファニー・レイノルズ先生はバーモント州でのガレージセールや節約できるショッピング術についてそれぞれ語ってくれました。ステファニー先生は加えて、割り箸を使って洋服をアップサイクルできる裁縫術を伝授しました。

学生は以下を含んだジャーナルを完成させました。

  • コーネル式ノートの要約
  • すでに知っていたこと/知らなかったこと
  • 驚いたこと/授業に対する疑問

ジャーナルの一部を紹介します。(英語記事最後)

ポーリン・ベアード

 

 

February 9, 2021 Snow Hiking

2021年26日(土)、白山麓キャンパスの特別活動としてスノーハイキングを行いました。このイベントはNature and Adventure Clubの尾張コーチの企画運営によるものです。参加者はアファフさん、本田さん、勝方さん、酒井さん、中里さん(全員1年生)、尾張コーチ、潟辺先生、フィリップ先生、ナグワ先生と私です。朝9時に白山麓キャンパスを出発し、20分ほどのところにある岩間林道入り口に車を駐車しました。そこからカンジキを履いてハイキングを開始しました。途中、尾張コーチによるカンジキ歩行や動物の足跡観察のレクチャーが行われました。見晴らしの良い尾根に出たところで休憩、春の兆しを感じる日光浴をしながら、気持ちの良いひと時を過ごしました。11時過ぎに目的地であるブナオ山観察舎に到着し、双眼鏡を覗いたりイヌワシなどの剥製を観察しました。今シーズン初めて実施したスノーハイクは、全員が安心して楽しむことができたため、来年度以降Nature and Adventure Clubの定例イベントにしていこうと思います。

On February 6 (Sat) 2021, a group of students and teachers went snow hiking near Hakusanroku Campus. This event was organized by Owari coach of the Nature & Adventure Club. Participants were Afaf, Honda, Katsukata, Sakei, Nakazato (all first-year students), Owari coach, Katabe sensei, Philip sensei, Nagwa sensei, and myself. We departed from ICT at 9 am and parked near the entrance to Iwama Rindo, which is about a 20 minute drive from Hakusanroku Campus. We put on our snow shoes and began hiking. On the way, Owari coach gave advice about how to walk with snow shoes and how to observe various animal tracks. There was a nice ridge with a beautiful view and we stopped to take a group photo and enjoy the warm sun. It was a our first glimmer of spring. We arrived at our destination, the Binao Mountain Observatory, and spent time looking through the binoculars and observing the stuffed animals on display such as the golden eagle. I'm glad students were able to safely enjoy this year's first snow hike. Hopefully it can be an event we do every year.

 

 

山崎俊太郎
Shuntaro Yamazaki

写真提供:酒井遼(1年)Photos by Ryo Sakei (first year)

HOMECampus LifeHakusanroku Journal

PAGETOP