国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル:Local Community

June 26, 2020 鷲走ヶ岳 登山

Hello, it's Jonathan the cameraman. On June 21 (Sun), the Nature & Adventure Club finally held its first activity of the year in the form of a hike to the top of Wasso-ga-take. Due to COVID-19, clubs here at Hakusanroku Campus were restricted from doing any group activities. This restriction was lifted on the 19th and this was our first weekend after it. Our first chance was a beautiful sunny Sunday and we jumped to the opportunity.

The Nature & Adventure Club is one of Hakusanroku Campus's three clubs and focuses on interacting with the local community and nature surrounding the school. Twelve first and second year students, Yamazaki-sensei, Katabe-sensei, Philip-sensei, Owari coach, and myself gathered at the campus entrance at 8:30 am for total of 17 people. Wasso-ga-take is a mountain a couple of miles southwest of Hakusanroku campus near Tedori Lake. We started our hike from Higashi-Futakuchi. It was sunny. However, the trees protected us from the sun and most of the climb was through the cool shady woods.

We reached the top of Wasso-ga-take a little before noon and enjoyed the view over lunch. This peak is 1096m high and we could see green mountains and even Mt. Hakusan in the distance. After lunch, we split into two groups as we descended. One group went straight down and the other group, who wanted more, made a detour to a second mountain called Shironuki-yama (891m). Here, we could see Tedori Lake below. We regrouped and walked down through the woods, arriving at Higashi-Futakuchi around 2:30 pm.

Mountain climbing is one of the Nature & Adventure Club's main attractions and I was glad to finally get one done. Today's climb also gave new students a taste of what it is like, which they can use to decide whether they want to participate in the Mt. Hakusan climb planned on July 5. It seemed like the students enjoyed their walk through the woods and I hope they take up the challenge. Until then, see you!

Jonathan

こんにちは、カメラマンのジョナサンです!6月21日(日)にネイチャー&アドベンチャークラブが今年最初の活動、鷲走ヶ岳登山をしました。新型コロナウィルスの影響で白山麓キャンパスはすべてのクラブ活動が禁止されていました。これが6月19日に解除され、さっそく次の週末を抑えたところ、スカっと晴れた青空に恵まれたので出動になった次第です。

ネイチャー&アドベンチャークラブは白山麓キャンパスの3つのクラブのひとつで、周辺地域や自然と触れ合う活動を行っています。参加したのは1,2年の学生が12名、山崎先生、潟辺先生、フィリップ先生、尾張コーチ、私を含めた合計17名です。鷲走ヶ岳は白山麓キャンパスの南西に位置する山で、手取湖の近くです。当日は8:30に集合して東二口の登山口からスタートしました。日差しは強かったですが、道のほとんどは涼しい森の中だったため、心地よい木漏れ日の中を進むことができました。

鷲走ヶ岳の山頂に到着したのは12時少し前で、お昼ご飯を食べながら素敵な景色を眺めることができました。ここの標高は1096mで周辺の緑の山々と遠くに白山も望むことができました。帰りは二手に分かれて下山を開始しました。ひとつはまっすぐ降りるグループで、もうひとつは白抜山という2つ目の山(891m)を経由して降りる「まだ物足りない」グループです。1時間ほどで到着した白抜山の頂上からは手取湖が眼下に見えました。その後は前のグループと合流し、再び森の中を東二口まで下りました。下山は14:30頃でした。

山登りはネイチャー&アドベンチャークラブのメインイベントのひとつなので、ようやく始動できてほっとしています。今回の登山のもうひとつの目的は新入部員に登山を体験させ、7月に予定されている白山登山に参加するかどうかの判断材料にしてもらうことです。自分が見ていた学生たちは楽しそうに歩いていたので、参加してくれたらいいな、と期待しています。その時にまたお会いしましょう。それでは!

ジョナサン

May 8, 2020

白山麓高専事務室の本田です。この白山麓ジャーナル初投稿です。私は片道30km離れた国際高専の金沢キャンパス周辺に住んでいます。通勤には車を使いますが、天気の良い日は早起きをして自転車通勤もします。今年は、暖冬の影響で、例年より早く3月末から自転車通勤を開始することができました。金沢キャンパスと白山麓キャンパスでは、気温差は3~5℃程度あることから、金沢キャンパス周辺ではすっかり葉っぱばかりになった桜も、白山麓キャンパス周辺ではまだ綺麗に咲いているものが見れます。今後は、桃色の景色から新葉の緑の風景に変わり、生き生きとした自然の生命力を貰う事ができるようになるはずです。また、通勤途中にはたまに、野生動物にも出会います。これまでには、ヘビやサル、タヌキなどの小動物の他、カモシカやイノシシも道路脇から出てくることがあり、驚きます。

I'm Hironori Honda from the Hakusanroku campus office. This is my first journal entry. My house is about 30 kilometers from here, near the ICT Kanazawa campus. Usually I commute by car. However, on sunny days I like to wake up early and ride my bicycle to school. This winter was warm and I was able to begin the season early in late March. The temperature difference between Kanazawa is three to five degrees so cherry blossoms are still blooming near Hakusanroku campus. Soon the pink flowers will change to green leaves and gift us with the energy of Mother Nature. I sometimes cross paths with wild animals such as snakes, monkeys, raccoons, and larger animals such as serows and boars. It's quite a surprise when they appear out of the on the road.

 

 このような素晴らしい自然を体感できることも、白山麓キャンパスで勤務する楽しみになっています。ただし、クマには絶対会いたくありませんが・・・。It's exciting experiences like this in Mt. Hakusan's nature that makes riding to Hakusanroku campus worth it. The only animal I never want to meet is a bear….

February 25, 2020

こんにちは、国際理工学科二年 瀬戸悠華です。今回はEngineering Design IIでの活動内容をみなさんに紹介したいと思います。

私たちTeam Event は、東二口文弥人形浄瑠璃に関する活動を一年間にかけて行ってきました。地域活性化というテーマのもと、私たちは「ミニ人形製作体験」、物語の「四コマ漫画化」を企画しました。東二口文弥人形浄瑠璃は、担い手の減少、観客の年齢層の固定化が指摘されていました。そこで私たちは、東二口文弥人形浄瑠璃について知らない方々を対象に、興味を持ってもらう入口を提供することを目標に、これらの企画を提案しました。

私は主に、東二口文弥人形浄瑠璃の特徴に関するポスター制作や、ミニ人形製作体験を中心に活動しました。第一回ミニ人形製作体験は、道の駅瀬女の二階をお借りして実施しました。参加者との会話やアンケート結果を通して様々な意見をいただきました。実際に私たちが見落としていた点など多くの意見を聞くことができ、とても参考になりました。二回目は、文弥まつりで実施しました。私も実際に人形浄瑠璃を拝見し、350年以上の歴史や、演じ手の皆さんの人形浄瑠璃に対する熱い思いが伝わってきました。また、いくつかの資料の作成中に、先生方や東二口文弥人形浄瑠璃保存会の方々からご指摘いただき、だれに向けてのメッセージなのか、収集した情報をどのようにまとめ、可視化させるかなど、資料制作において自己成長につなげることが出来たと思います。ありがとうございました。

 地域活性化プロジェクトは、今まで行ってきた校内のプロジェクトとは違い、多くの人々が強く関わってきます。失礼な態度はもちろん、無責任に終えることは許されません。これらは私にとってすごくプレッシャーで、プロジェクトが進むにつれてそのプレッシャーはさらに大きくなっていきました。この負担も地域活性化プロジェクトの一部であると同時に、Engineering Design IIでは、地域活性化プロジェクトの難しさを改めて実感しました。

 今回の一年間のプロジェクトは多くの方々のお力添えをいただいたおかげで成功に終えることが出来ました。多くの人々が関わることで、自分たちが気づけなかったことや地域の方々の率直な意見を得ることが出来ました。この繋がりを通して、多くの方々に白山麓地域の伝統や魅力が発信できればいいなと思います。東二口文弥人形浄瑠璃保存会の皆様、イベント実施の際に関わってくださった皆様、Team Eventのメンバーのみなさんありがとうございました。今後も今回の経験を活かし様々な問題解決活動に取り組み、責任感を養っていきます。

S207 瀬戸悠華

 Hi everyone.  My name is Yuka Seto and I am a second-year student of the Department of Science and Technology. Today, I would like to introduce our project in Engineering Design II.

  We, Team Event, worked on a project about Bunya Ningyo Joruri for a year. Bunya Ningyo Joruri is one part of the culture of the Hakusanroku area. It started more than 350 years ago. Recently, the number of successors decreased and the age of the audience is stable. Under a theme of regional revitalization, we planned to hold mini doll making events and make “4-block manga” of the stories. We planned that because our purpose was to provide chances for people who do not know about Bunya Ningyo Joruri to become interested.

 Mainly, I worked on making posters about the characteristics of Higashi Futakuchi Bunya Ningyo Joruri and the doll making events. We held the first event at the second floor of Sena road side station. Through the conversation with participants and surveys, we got a lot of opinions. Their opinions were so helpful for improving our project. We held the event on Bunya festival. I watched the play of dolls, called Ningyo Joruri. I noticed the puppeteers’ passion and history of Ningyo Joruri. During making several documents, some teachers and puppeteers gave me advice. It was a nice opportunity to think about who I make documents for, how I should summarize information that I correct and how I should visualize them. I am grateful for their valuable advice.

 Regional revitalizations are different from the school projects that we did in Engineering Design I. It is related strongly to a lot of people. Rude and irresponsible attitudes are not allowed. Because the project affects people’s lives, I felt a lot of pressure not to make mistakes. I noticed that this burden is a part of a regional revitalization. In Engineering Design II, I understood how difficult regional revitalizations are.

 We couldn’t finish up this project without people’s help. Having relationships is so important to get advice and opinions that we cannot notice. I hope this wonderful tradition and culture spread more and more. People from Higashi Futakuchi Ningyo Joruri, people who helped us to hold events and members of Team Event, thank you so much. From now on, I will try more problem-solving and take responsibility for being more involved in the community.

S207 Yuka Seto

February 25, 2020 In Engineering Design IIB class

Hi, I am Issada Pracharktam, the student from Thailand who’s now come to study abroad in Japan. I will write about the reflection for the Engineering Design class.  In Engineering Design IIB class, we have done the project under the topic of doing something for the Hakusan area. It was a one year long project, where we had to start from researching the area, finding and narrowing the problem, and think of the solution. My team did work under the topic of event, which focusing on Ningyou Joruri (one of the Hakusan traditional culture). Our goal was to keep and spread the culture to others, especially children. We held a doll making event that has a purpose of letting more people, focusing on children, to know more about the culture. For this project, I have created the 4-blocks manga with the simpler and easier to understand version of the Ningyou Joruri story. This were displayed in the event for the visitors to understand the story too. In total, we have held the event for 2 times, the first one held on 23rd November 2019 and second time on 9th February 2020.

Both events went on smoothly than we had expected. The first event was held at the Michi-no-eki’s second floor. We held the event from 13 to 16 pm. People continued coming one after another for some time. This was something I didn’t expected, I thought people would hardly come. This is the event which we just start, and the culture itself isn’t that famous. So this part we could say that we archive the goal. The event was more tired than I thought. The unexpected amount of visitors and for talking endlessly was quite exhausting.

For the second event, it was the same day as the “Bunya festival”. This day is the day the Ningyo Joruri would be played for once a year. We decided to do a little event for visitors who came to see the play.  This time we held for much shorter time and it was much smaller than the first time, so it wasn’t that tired. After the event, we had a chance to see the play too. Many things in the show were unexpected, the props, like the door sign, the door, were there and easy to recognize what is it. I thought that it would be like impossible to understand the story, but it is not that bad. It is still hard for foreigners to understand, since it was all in Japanese. Maybe we should add some English translated story for foreigners to read.

In overall, it was a good opportunity to be able to experience the Japanese culture. The Ningyou Joruri culture is full with Japanese style, which is not similar to Thai’s at all. There is also some kind of this culture in Thailand, it is called “Nang Talung”. However, Thai’s would use the shadow instead, not the real doll to show. The doll will be behind the screen, and the light will be shine from the back of the doll so that the doll’s shadow would be shown for the audience to see. The first time I heard about the Ningyou Joruri, I reminded of this Thai’s culture. For this project, I felt that I can do something for the local people. I have more confident in myself; especially communication skill. I need to communicate with the local people using Japanese, which help me realize my level of Japanese skill. This is the thing that the more we do the more we improve, so I am glad to have this kind of opportunity.

Issada Pracharktam

こんにちは、プラチャクタム・イッサダーです。タイから日本へ留学してきました。エンジニアリングデザインの授業について振り返ります。エンジニアリングデザインIIBの授業では、白山麓の地域のために何かをすることをテーマにプロジェクト活動をしました。一年間のプロジェクトで、地域のリサーチするところから始まり、見つけた課題を絞り込んで解決法を考えました。私が参加したチームはイベントをトピックに挙げ、白山麓の伝統芸能のひとつである人形浄瑠璃に的を絞りました。私たちのゴールはこの文化を保守し、もっと多くの人に広めることです。特に若い世代に広めることを目標にしました。そのために人形作りのイベントを行いました。このプロジェクトのために、私は人形浄瑠璃の物語を分かりやすくした4コマ漫画を作りました。この4コマ漫画はイベント参加者にストーリーを理解していただくためにポスターにして掲載しました。2019年11月23日と2020年2月9日の計2回のイベントを行いました。

どのイベントも思っていたよりスムーズに進みました。ひとつ目のイベントは道の駅の2階で行いました。13時~16時の開催で、途切れることなく人が訪れてくれました。ほとんど人が来ないと思っていたので、驚きました。人形浄瑠璃はあまり認知度が高くありませんし、初めて開催したイベントだったからです。ですので、このイベントは予想を超える成功だったと言えます。しかし、予想以上の数の方々と話をするのは思っていたよりも大変で疲れました。

ふたつ目のイベントは文弥まつりの当日に行いました。年に一度の人形浄瑠璃上演の日です。この日は演目を観るために来た方々に小さなイベントを開催しました。前と比べて規模が小さかったので、それほど疲れませんでした。イベントの後、私たちも演目を観ることができました。演目の中には想像していないようなものがたくさんありました。様々な小道具や、扉のしるし、扉などがすぐに何かわかりました。物語を理解できるとは思っていませんでしたが、思っていたほど難しくはありませんでした。ですが、すべて日本語で行われるので外国人には難しいと思います。外国人のために英訳した物語を用意したほうが良いかもしれません。

振り返ると、日本の文化に触れる良い経験となりました。人形浄瑠璃はとても日本らしい文化です。タイにも「Nang Talung」という似ている文化がありますが、これは本物の人形ではなく影を使います。人形はスクリーンの裏にあって、観客に見えるように人形が光に照らされるのです。初めて人形浄瑠璃の話を聞いた時、タイのこの文化のことを思い出しました。このプロジェクトを通して、地域の方々のために何か自分にもできることがあると感じました。前よりも自信がつきましたし、特にコミュニケーション能力が伸びました。地域の方と話す時に日本語を使う必要があったので、自分の日本語のレベルを知ることができました。こういうことはやればやるほど上達するので、このような機会があって嬉しかったです。

プラチャクタム・イッサダー

February 4, 2020 English Café

Hello everyone. I’m James Taylor from the English Department at ICT. We’re coming towards the end of our second year at Hakusanroku Campus. The Hakusanroku area is a beautiful and interesting place to live, and we are very lucky that the residents of what used to be known as Oguchi Village have welcomed us into their community.

As a way of strengthening relations between the school and the community, and as a way of thanking local residents for being so welcoming, members of the English Department have engaged in various community outreach activities. Ed and Ian (and Pauline in 2018) go to Hakurei Elementary School to read stories to the children, Pauline teaches an English class to some local residents, and I have been working on translating exhibits at the Hakusan Folk Museum in Shiramine.

Last week, Pauline and I started a new event: English Café, which was held at Oguchi Community Centre. Thirteen members of the community, including elderly residents, mothers with very young children, and staff at the Community Centre, came along to chat, get to know each other, and learn some English over a cup of tea. The hour went very quickly, with much laughter, and everybody left looking forward to the next English Café.

We’re very grateful to the staff of the Community Centre for their hard work in helping to organise the event, and to the local residents who participated. I’m looking forward to the next English Café, too!

James Taylor

こんにちは。英語科のジェームス・テイラーです。いよいよ白山麓キャンパス2年目が終わります。白山麓はとても面白くて、きれいな場所です。そして、この旧尾口村の人たちは国際高専の私たちにとても優しくしてくれます。それを感謝する為に、英語科の先生たちはいろんな地域連携のアクティビティをやっています。イアン先生とエド先生は白嶺小中学校に絵本を読みに行ったり、ポーリン先生は高専で近所の人に英会話を教えたり、僕は白峰にある白山ろく民族資料館の展示している日本語を英語に翻訳をしています。

今月、僕とポーリン先生は尾口公民館で「イングリッシュ・カフェ」という新しいイベントを始まりました。尾口村の高齢者、小さな子供を連れてきたお母さんたち、公民館のスタッフを含めて、13人が参加しに来てくれました。お茶を飲みながら、英語を勉強していました。皆たくさん笑って、そして帰りに「次の楽しみ」って言ってくれました。

尾口公民館のスタッフのおかげで順調にいけました。そして参加してくれた地域の人たちにもありがたいです。僕も次のイングリッシュ・カフェを楽しみにしています!

ジェームス・テイラー

January 28, 2020 Inviting Spaces

Soft music, conversation, and coffee, anyone? Recently, ICT students, faculty, and visitors have been spending more time in the space above the stairs. It’s an inviting space thanks to Mr. Rikichi Izumiya. Now a meeting point where informal conversations happen around 4:30 pm each day, the brand-new coffee corner—with its shiny machine, bar height table and stools, and a pair of comfy seats facing the roadside view of Sena—provides what the water cooler did in most office spaces—a  place to socialize.

It is becoming normal to see several first- and second-year students make and sip their hot chocolate and coffee at leisure, linger over their laptops, seemingly stress-free. Coffee time is an additional time to engage with others over a drink in a place that is not the cafeteria. Students make use of this inviting space after lunch and dinner as well. Some students boast about drinking their coffee “black.” Not a coffee drinker of any caliber, I surmise that drinking black coffee is a marked status in the coffee-drinking world! ICT students have arrived!

While this space on top of the stairs is among the newest addition to our comfort here at ICT, it would be remiss of me not to mention another space that is inviting. It is the small classroom 3, next to the Living Commons. On Tuesdays, each week, members of the Hakusan community can be found there laughing and having fun. It’s been more than a year since the community members have been enjoying English language conversation classes on the Campus. Having community members, of whom two are senior citizens, is a reminder that our learning community is diverse. And local people are a part of our learning community. These citizens certainly demonstrate what live-long learning can look like and what reciprocity by the school can be. I facilitate Life-long learning using stories. The community members and I enjoy reading aloud from children’s books and sometimes accompanying movies. To date, we have finished reading at least eight children’s books. We enjoy learning new words, expressions, and sounds as much as we like to laugh, and talk about holidays, culture, and food!

Having the coffee corner and the community conversation class at ICT enhance our ongoing efforts in making our valuable learning community thrive.

Pauline Baird

心地よい音楽、楽しい会話のお供にコーヒーはいかがですか?最近の国際高専の学生、教職員、お客様が大階段の上の空間で過ごす時間が増えています。泉屋利吉さんが作った癒しの空間のおかげです。カジュアルな会話をする場所として毎日16時半頃からこの新しいコーヒーコーナーが利用されています。新品のコーヒーメーカー、バーカウンターの高さのテーブルとスツール、瀬女の景色を望む大きな窓の前の座り心地の良い椅子、一般的にはウォータークーラーだけが設置してありそうなところに複数のサーバー…社会人の憩いの場です。

最近の1~2年の学生がここでココアやコーヒーを飲みながらパソコンで作業をする姿はストレスフリーに見えます。コーヒータイムという時間を追加したおかげでカフェテリア以外の場所で他人と交流できるようになりました。何人かの学生はコーヒーを「ブラック」で飲むと自慢気に言います。コーヒーには詳しくありませんが、察するにコーヒーの世界ではブラックを飲むことはひとつのステータスなのでしょう!

国際高専の真新しい癒しの空間である階段上のコーナーについて話したのですから、もうひとつの癒しの空間について話さないわけにはいきません。リビングコモンズ横のClassroom 3です。毎週火曜日、白山麓地域の方々とここで笑顔の絶えない楽しい時間を過ごしています。白山麓キャンパスでこの英会話教室を始めてから1年以上が経ちました。参加しているメンバーのうち2人は高齢者で、新しいことを学ぶことに年齢は関係ないことを思い出させてくれます。参加しているのは地域の方々です。学校が生涯学習に一役買えることを身をもって証明してくれました。私の授業では絵本を使って英語を教えます。声に出して読んだり、時には映画を使って楽しく勉強しています。現在、8冊の絵本を読み終えました。新しい単語や表現を覚えることも、笑って休日の過ごし方や文化の違い、食べ物の話をするのも大好きです。

コーヒーコーナーと英会話教室のおかげで国際高専での毎日が楽しく、よりよい学びの場を盛り上げていくやる気が湧いてきます。

ポーリン・ベーアド

December 24, 2019 バイオマス発電見学

国際理工学科一年の佐藤 俊太朗です。

10月頃に綺麗な紅葉が見れたと思っていたら、既に白山麓キャンパスでは雪が降っているのを確認でき、家で食べるみかんが美味しい季節になってきました。

先日、金沢工業大学が白山麓キャンパスで実験を行っているバイオマス発電と、バイオマス発電の際に発生した熱を利用したイチゴのビニールハウスの見学に参加しました。バイオマス発電には木を粉々にしたチップを使用します。カーボンニュートラルという考え方をもとに木製のチップを使用して発電を行っています。カーボンニュートラルというのは、「二酸化炭素の排出量と吸収量が同じであればエコ」という概念です。二酸化炭素吸収量が少なくなった古い木を燃料に発電し、二酸化炭素吸収量の高い若い木を植林するサイクルを作ります。これによって、森や林で人の手が入った部分が境界線となり、最近白山麓キャンパス周辺で目撃されている熊などの野生動物が人里に下りて来なくなります。今回は実際にキャンパス近くの山に入り、すでに切ってある杉の木から小さく細いものを伐りだして粉砕機に入れてチップを作製しました。木を切るときに初めてチェーンソーを扱わせてもらいました。使用したのは電動のチェーンソーで、これも環境に配慮してのことです。このバイオマス発電が広まれば環境もよくなり、林産業の活性化も見込めます。さらに、山に囲われた地域では地域活性化も見込めると思います。

次にイチゴのビニールハウスです。このビニールハウスの骨組みは保温に優れた木製の物を使用しています。保温にはバイオマス発電で発生した熱を利用しています。このビニールハウスでは受粉を蜜蜂で行っている以外の温度、水量、肥料の量の調整だけでなくLEDを使用して日射量の調整をAIを利用して行っています。実際に今回ビニールハウスに見学に行った際にイチゴ第一号を見せてもらいました。将来、AIやロボットに仕事を任せる時が待っていると改めて実感しました。しかし、AIなどに完全に頼るのではなく技術や知識を絶やさずに記録を残しておくことで数百年後に誰かが気づいて改良、効率化できる方法を探す事が重要だと思いました。今回の見学会で新たな技術に触れられて良い経験になりました。実際にエンジニアリングコンテキスト1Bの授業で習った内容が出てきて理解がより深まりました。

佐藤 俊太朗

Hello, I am Shuntaro Sato who is first year student of department of science and technology.

I thought that I could see beautiful autumn leaves in October, then suddenly I could see snow at the Hakusanroku campus. It has become the season for eating mikans indoors.

The other day, I went on a tour of the biomass power generation that is researched by Kanazawa Institute of Technology. The heat generated during the biomass power generation is sent to a strawberry green house. Biomass power generation consumes a lot of chips of wood. We use it based on the concept of carbon neutral. Carbon neutral is the idea that “if carbon dioxide emissions and absorption are the same, it is eco-friendly”. We make a cycle of planting young trees with high carbon dioxide absorption and generating electricity using old trees with low carbon dioxide absorption. By this, areas of forest which the part where human have touched becomes the border between humans and animals such as bears, monkeys and boars. In addition, we can expect activation of local forestry.
This time, we actually entered a mountain near the campus, cut small thin pieces from the already cut cedar trees, and put them in a crusher to make chips. This was the first time I saw a chainsaw cutting a tree. I used an electric chainsaw, which is also environmentally friendly. If this biomass power generation spreads, the environment will be better and the forestry can be activated. In addition, I think that regional revitalization can be expected in areas surrounded by mountains.

Next is the strawberry greenhouse. The frame of this greenhouse is made of wooden materials with excellent heat insulation. The heat generated from biomass power generation is used for heat insulation. In addition to adjust the temperature, volume of water, and amounts of bees, this greenhouse uses LED lights to adjust the amount of solar radiation. When I went to the greenhouse this time, I was shown the first strawberry. In the future, I realized again that it was time to leave AI and robots to work. However, instead of relying entirely on AI, I thought it was important to find a method that could be recognized and improved by someone after hundreds of years by keeping a record of the technology and knowledge. It was a good experience to be exposed to new technologies at this tour. The contents learned in the class of Engineering Context 1B actually came out and deepened my understanding.

Shuntaro Sato

白山麓ジャーナルのトップに戻る

December 21, 2019 加賀友禅

 こんにちは。1年生担任の木原です。今年も早いもので、あと残りわずかとなりました。学生のみんなが心待ちにしている冬休みが終わると、あと一か月ほどで授業が終了します。学生の皆さんはここでの寮生活の間、授業以外にも放課後の部活動や課外活動を通して様々な経験をしてきました。今日は20191年生にとっては最後の課外活動となった加賀友禅体験について紹介します。

 本校では最先端の科学技術を学ぶだけではなく、古典的な芸能や美術にもふれあい、優れたイノベーターの育成を目指しています。その一環として本年度は924日に加賀友禅の工房久恒を工場見学させていただきました。そこでは加賀友禅が持つ優美な世界観や巧みな技法、また着物の伝統を守っていく大変さや新たな市場を開拓する工夫など、様々なお話をうかがいました。学生はその後、それぞれに感じたことや考えたこと、また伝統工芸が現在直面している問題に対する自分なりの解決策をまとめ、久恒さんにレポートを提出しています。

 そして今回、1221日に実際に加賀友禅の絵付けを体験させてもらいました。学生の皆さんはそれぞれが気に入った図柄に、思い思いの色で絵付けをしていました。同じ図柄を選んでも、学生によって全く違った色付けが生まれ、みんなの個性やセンスがよく表れた作品が完成しました。工学を学ぶ学校の中で、一生懸命真面目に美術に取り組んでいる1年生。担任としてみんなの将来がとても頼もしいと感じた時間でした。

 Hello, this is Kihara, the first-year homeroom teacher. Time flies and this year is almost over. After the long awaited by students winter break, classes will finish in almost one month. Students have grown from their experience living here, not only through classwork, but also through club activities and extracurricular activities. In today's journal, I would like to talk about the first-year student's last event this year.

 At ICT, we aim to foster exceptional innovators not only through high tech science and technology, but also through classical and traditional art. Following this objective, we visited the Kaga-yuzen Hisatsune Kobo workshop on September 24. There, we learned about the graceful world of Kaga-yuzen, its craftsmanship, the difficulty of protecting traditional kimonos, and the ingenuity put into cultivating a new audience. We also discussed possible solutions to the issues traditional art faces and presented them to Mr. Hisatsune.

 On December 21, I finally had my chance to try Kaga-yuzen dyeing. Each student chose a picture of their liking and colored it. Even if the students chose the same picture, the finishing result was totally different depending on the colors and pattern they used. Each piece of work reflected their taste and personality well. We spend most of our time studying engineering here at ICT. Therefore, the pleasant sight of our first-year students engrossed in art gave me a feeling of confidence for their future.

November 29, 2019 Soba Festival

A few weeks ago, there was a soba festival here in Hakusan. At the festival, they had a variety of delicious local foods. There were many stands selling soba, beef, pork, takoyaki, melonpan, oysters, and even expensive Noto beef! I got to try deer meat for the first time in the form of a sausage!

The ICT students were helping at the festival as well! The second year students worked on Saturday and the first year students worked on Sunday.

 When I went on Sunday, I saw many of the students working hard at a variety of tasks, including guiding cars to vacant parking spaces and emptying and replacing the trash cans when full. It was quite refreshing to see the students in a different setting, as part of the local community! Many students seemed exhausted after the day of work and several told me that it was indeed very hard and tiring work.

I'm glad the students have the chance to participate in local community events and I look forward to seeing such interaction again in the future!

Anne Isobel Tan

今月の始め、ここ白山麓でそば祭りがありました。そば祭りでは地元の美味しい食べ物がたくさんありました。たくさんの露店が立ち並び、そば、牛肉、豚肉、たこ焼き、メロンパン、牡蠣、高級な能登牛まで!私はソーセージという形で、人生で初めて鹿肉を食べました!

国際高専の学生もお祭りを手伝っていました!土曜日は2年生、日曜日は1年生がボランティアをしました。私が行った日曜日は学生たちが駐車場の整理、ゴミ箱の入れ替えなど様々な業務をこなしており、普段とは違う地元のイベントを手伝う姿が見られて新鮮でした。大変な仕事だったようで、終わったあと疲れたと言っていました。

学生たちがボランティアする機会があってよかったです。これからも地元のイベントに参加する機会が増えることを願っています。

アン・イソベル・タン

 

November 21, 2019 手取川ダム見学

現在1年生が履修しているEngineering Context IBでは、エネルギーを題材にした授業が行われています。毎回様々な発電技術や各国のエネルギー政策を取り上げながら、技術には光と影があることを踏まえた技術者倫理を学生たちは学んでいます。

この授業の一環で、白山麓キャンパスの近くにあるJPower手取川第一発電所の見学を行いました。この見学会は今年で2回目ですが、年々バージョンアップされています。JPowerの田中所長から、最初にダムカードが配られ、ダムの分類と手取川ダムの特徴をわかりやすく解説して頂きました。手取川ダムは日本で4番目のロックフィル型ダムで、運転開始から40年、水力発電のみならず洪水調整、上水道用水、工業用水など様々な役割を担っています。1時間ほどの講義の後、ダムの上部に移動し、巨大なダムの迫力を体感しました。気温が低く小雨が降る生憎の天気でしたが、美しい紅葉に彩られた手取湖を眺めながら、ユーモア溢れる田中所長のお話を楽しく聴講することができました。

山崎俊太郎

In the first-year student's "Engineering Context IB" class, we are currently studying about energy. Each class we pick up various power generation technology and different countries' energy policies, and discuss the good and bad of technological advancement from an ethical stand point.

Recently, we took a trip to the JPower Tedori River Dam 1 near the Hakusanroku campus. This was our second visit to the dam. However, it is evolving each year. First, Mr. Tanaka, the chief manager of JPower, distributed dam cards and gave a lecture about different types of dams and the characteristics of Tedori River Dam. Tedori River Dam is the fourth rock-fill dam in Japan and has served not only as a water-power generator, but also as adjustment for floods, and provider for waterworks and construction water. After the lecture, we moved to the top of the huge dam to see the spectacular view. Sadly, it was chilly and drizzling, but we enjoyed the beautiful panorama of Tedori Lake decorated with colored autumn mountains as we listened to Mr. Tanaka's humorous explanation.

Shuntaro Yamazaki

HOMECampus LifeHakusanroku JournalLocal Community

PAGETOP