国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル:Engineering Design

October 9, 2019 エンジニアリングデザインⅡ 地元食材PRのための試食会

「エンジニアリングデザインII」の授業で地域の活性化をテーマに課題解決をグループで行っています。「食」をテーマとした2年生4名のチームの活動として、白山麓の地元の食材の魅力を伝える試食会「たべまっし じわもん」を企画し、第1回を106日(日)に道の駅「瀬女(せな)」で開催しました。石川県の方言で「たべまっし=食べてみて」「じわもん=地元でとれた野菜、果物、米などの地物」のことを指します。
授業の一環として食のイベントを企画・運営することは今回が初めてで、夏休み中から学生ごとに役割を分担して、準備を進めてきました。食材の準備だけでなく、必要物品の調達やポスター、チラシの作成など、予想以上に多くの作業がありましたが、地域の方々の多大なご協力のおかげで、無事開催することができました。
 今回は子岩魚の唐揚げ、岩魚のいくら丼、堅豆腐、なめこの味噌汁の4品を提供しました。山菜や岩魚(イワナ)などの白山麓の食材は道の駅瀬女でも売られていますが、実際に食べないことにはその美味しさに気付くこともありません。白山麓の食材を気軽に味わえる場、機会があれば、より多くの人がこの地に足を運ぶきっかけになり、白山麓地域の活性化につながると考えています。
今回は多くの来場者の方に味わって頂き、同時に行った食材の認知度調査のアンケートは130名以上の方に御協力頂きました。
11
2日に行われる2回目の試食会に向けて、アンケート結果を分析するとともに、イベントの運営面や接客の心構えなど反省を行い、より満足度の高いイベントになるよう、準備を進めていきたいと思います。

伊勢 大成

In the Engineering Design II class, we are doing problem solving in groups to draw more people to the local Hakusanroku area. One group consisting of four second-year students chose the theme "food" and conducted a food tasting party "Tabemasshi Jiwamon" on October 6 (Sun) at the Michi-no-Eki "Sena" across the street from ICT. "Tabemasshi Jiwamon" means "try out local food such as vegetables, fruits, or rice" in the Ishikawa dialect. It is the first time we planned and ran a food related event as part of a class and preparations started during summer vacation. Not only did we have to prepare the food, but also necessary utensils, posters, and flyers. There was much more to do than we anticipated. However, everything came together thanks to the assistance of our local helpers.

We served fired Iwana fish, Iwana roe rice bowl, Kata-dofu, and nameko mushroom miso soup. Various local Hakusanroku vegetables and Iwana fish are sold at the Michi-no-Eki but most customers do not know how good they taste. Our group aims to draw people to the area by creating a place that people can casually try Hakusanroku food.

Many people stopped by at our tent to taste the food and we gathered over 130 surveys. The group will analyse these surveys and reflect on their experience to make the second on November 2 event even better.

Taisei Ise

September 27, 2019 Ishikawa Zoo

On September 18, the first-year students visited Ishikawa Zoo as part of their Engineering Design project for the second semester. The Engineering Design class is where students use design thinking and various engineering methods they learned to create innovation. This semester's theme is biomimicry. Each group will find ideas from the animals and use them in their project. I will make sure to keep you updated on their projects.

Many students brought camera's and some of their photos were quite well taken. Here are some of the photos they provided. Enjoy!

9月18日(水)1年の学生がエンジニアリングデザインのためのアイデア探しにいしかわ動物園を訪れました。エンジニアリングデザインはデザインシンキングや様々な手法を使ってモノづくり・コトづくりを行う授業で、2学期のテーマはバイオミミクリーになります。学生たちはいしかわ動物園で発見した動物の特徴を活かしたプロジェクトにグループで取り組みます。この授業の進捗はまた載せたいと思いますのでお楽しみに。

また、何人かの学生は記録のためにカメラを持参しましたが、非常に良く撮れている写真が多数ありましたので、この機会に載せたいと思います。どうぞご覧ください!

September 26, 2019 試食会の準備状況

国際高専では、エンジニアリングデザインⅡという2年生の授業で、地域の課題解決をテーマに活動しています。私たちは、「白山麓の食材のおいしさ」をもっと多くの方々に知ってもらうことを目標に、活動に取り組んでいます。

前期の授業で、地域の食材を味わえる試食会を、106日と112日に道の駅瀬女で開催することを決めました。後期の授業が始まる前から、準備を進めています。

今回は、試食会の準備状況について報告します。

913()、木滑にある()山立会のなめこ工場に、食材の写真撮影と試作用の食材の受け取りに伺いました。なめこ生産担当者様にご対応頂き、なめこ生産の手順や工夫、美味しい食べ方等を教えて頂きました。

914()、道の駅瀬女で㈱白山堂の試食会販売会の見学・補助を行いました。10月の試食会に向け、接客の姿勢や声掛けの工夫等を学びました。

915()、なめこ汁の分量を確認するための試作を行いました。料理の経験があまりない4人でしたが、検索したレシピを参考に調理し、美味しいなめこ汁ができました。なめこ、豆腐、調味料の分量も決定することができました。

920()、ご協力頂く地域の方々と打ち合わせを行いました。これまで多くのイベント運営をされてきた方々で、試食会に向けて多数の助言を頂きました。まだ準備不足な点も多く、イベントの成功に向けて準備を進めていきます。

伊勢 大成

July 2, 2019

“Technology increases at an exponential rate” was, at first, a phrase used to describe the accelerating improvement of computer transistor technology in the 20th century. However, it has come to be a theme for many different technologies in the Digital Age. From horse driven carriages to self-driving cars or from room-sized computers to smartphones that fit in a pocket, simple useful technologies quickly grow into amazing inventions that surpass even the wildest of dreams. These technological marvels can only be made possible through the hard work of scientists, engineers, and innovators with creativity and imagination.

At ICT, the students develop their creativity and imagination by experimenting with some of the innovative devices that school has to offer. Students are challenged to create unique designs and contraptions in their classes, and are able to meet those challenges by utilizing the 3D printers, laser cutters, and the other devices that the school provides.

The newest tool for the students to utilize are small-but-powerful drones, capable of being easily controlled through a smartphone app and able to record both photo and video. The participants of one of ICT’s summer programs had a great time learning about drone technology and exploring their countless possibilities, but it’s not all fun and games! Soon, the 2nd year Computer Skills students will be faced with the daunting task of programming the drones to automatically perform search-and-rescue missions. Hopefully the students can use their knowledge and imagination to tackle this problem and grow as future global innovators.

Ryan J. Vicencio

「テクノロジーは指数関数的に進歩している」は、コンピューターの半導体技術を指すフレーズとして20世紀に使われ始めました。しかし、現在のデジタル時代では、様々なテクノロジーに広く使われるようになっています。馬車から自動運転する自動車、部屋の大きさのコンピューターからポケットに収まるスマートフォン、シンプルで使いやすいテクノロジーは目覚ましい進化を遂げ、私たちの想像を大きく超えていきます。これらは科学者、エンジニア、発明家の大変な努力と想像力があって初めて実現しました。

国際高専では学校の様々な設備を使ってイノベーション創出をしてもらい、学生の想像力を伸ばしています。授業ではユニークなデザインや装置を作る課題が出されます。学生たちは3Dプリンターやレーザーカッター等、学校に設置されているデバイスを利用してこれらの課題を達成します。

最近導入された新しいツールが、小型ながらパワフルなドローンです。これはスマホのアプリで簡単に操縦ができ、写真と動画の両方が撮影可能です。サマープログラムに参加した生徒たちはドローン技術がもたらす無限の可能性を大いに楽しみながら学んでいました。しかし、国際高専の学生に用意された課題は楽しい遊びばかりではありません。まもなく2年のコンピュータースキルズの授業では、プログラミングを使ってドローンに自動で探索およびレスキューミッションを行わせる難関課題が課せされます。学生たちがこれまでの知識と想像力を使ってこの課題を乗り越え、未来のグローバルイノベーターに一歩近づくことを願っています。

ライアン・J・ビセンシオ

June 21, 2019

 エンジニアリングデザインⅡを担当している小高です。今回は国際理工学科2年生へのメッセージを投稿したいと思います。

 米大統領であるトランプ氏の訪日について報じられたのは記憶に新しい。トランプ氏に同行したCNNのテレビ記者の第一報では、「Sumo, golf, and barbecue」(相撲とゴルフと炉端焼き)と日米間の懸案はそっちのけで訪日したトランプ大統領を皮肉った【注1】。

 ところで「炉端焼き」とは、日本の田舎屋風の店舗で店員が魚介類や野菜を炭火で焼いた料理を提供する居酒屋の一形態とインターネット上に説明されています。したがって「炉端焼き」を「barbecue」という言葉で報道すると情報が少々不足している感があります。たとえ「a type of Japanese barbecue-style cooking」としても訳しきれません。記者の伝えたかった事は「息抜き訪問として皮肉るため」となれば、この場合、具体的な料理形態はどうでもいいのでしょう。しかしながら私は、「日本語と英語が対を成すには難しいよね〜」と、このニュースを通じ思ったのでした。

 師走の清水寺で行われる「今年の漢字」企画。1年間の出来事を一文字で表現するものです。公募による応募総数の多い漢字が選ばれるということですが、印象深い出来事を漢字で表す事により、人々が一年を振り返り、次の年に新たな心で向かうための区切りにもなります。一文字で事を表現する「漢字って素晴らしいな〜」と改めて思うのです。

 漢字の組見合わせによる同種の言葉は多彩な表現を可能とします。例えば「雨」。春雨、五月雨、梅雨、冷雨、霧雨、時雨、氷雨、村雨、慈雨、雨音、香雨、酒涙雨、漫ろ雨‥•。「雨」を使用しなくても雨を意味する言葉では、天泣、神立、秋霖、鬼洗い、狐の嫁入りなどなど。雨の呼び名だけでも400以上あるそうです。そこには漢字自体が意味を秘め、情景、状態など日本人が五感で感じる文化的自然観を表現します。漢字を用いた単語は、臭いや、色、音、感情、季節の表現も可能とし、更には、瞬時にこれらを理解可能とするサイン性を持っています。つまり視覚伝達力にも優れているのです。漢字とはなんと多機能なのでしょうか。とてもデザイン性が高い。

 では、この豊かな言語を扱う人のものづくりは他国と同じなのでしょうか?
日本が培ったデザイン力とは、ものづくりにおいて、繊細な手仕事を得意とする、細かな心遣いによるプロダクトアウトである。それを発揮する基盤として豊かな表現言語がものごとへの具体化に導くのです。

 2年生は今、エンジニアリングデザインⅡの授業において、白山麓の価値を見つけるための調査を行っている。調査するという行為は、見える事象の裏に秘めている意味や歴史などを観察するという事が大事なのです。みなさんは日本文化の中で、さらには白山麓という五感を発揮しやすい環境にいるのです。日本人の持つ繊細な感性を磨き多くのことに気付いてください。漢字が秘めている表層以外の意味を捉えられる学生なのだから与えられた課題は高いレベルで達成できるはずです。

日本で学ぶエンジニアリングデザインは他国とは違うのです。
どんどん多くの事を経験し、想像力を創造力に変換していきましょう。

注1:yahooニュース5月29日配信より

小髙 有普

It's Kodaka, the Engineering Design II teacher. In today's journal, I would like to send a message to the second-year students.

Many of you may remember United States President Donald Trump's recent visit to Japan. A CNN reporter described this visit with the phrase "Sumo, golf, and barbecue" as a form of satire to point out how little time was devoted to business. *¹

This word "barbecue" refers to "炉端焼き (Robata-yaki)", which, according to the internet, is a Japanese-style barbecue of fish or vegetables cooked in front of the customer, and usually served in old-fashion Japanese restaurants. As you can see, the single word "barbecue" is somewhat insufficient for accurately describing it. Of course, I am sure all this reporter wanted to do was to mock the visit of being more of a vacation than business, and that the details of the dish are mostly irrelevant. However, this news report made me think about how difficult it is to find a perfect match for Japanese and English words.

Every December, "the kanji of the year" is chosen at Kiyomizu Temple in Kyoto. People can submit one kanji character they feel represents the events of that year and the one with the most submissions is selected. This tradition is a nice opportunity for people to reflect on the passing year and transition into the new one. I am always impressed by kanji's ability to represent so much information in one single character.

The ability to combine two kanjis opens up endless possibilities for numerous words. For example, the kanji "雨 ame (rain)" can be combined to create the words 春雨、五月雨、梅雨、冷雨、霧雨、時雨、氷雨、村雨、慈雨、雨音、香雨、酒涙雨、and 漫ろ雨. There are even words about rain that don't even use the kanji "雨" such as 天泣、神立、秋霖、鬼洗い、and 狐の嫁入り. There are over 400 names of "rain" in the Japanese language. This is because each character has its own meaning and holds Japanese cultural perspectives such as scenes and situations that people can picture in there mind. Using kanji, we can express smell, color, emotion, and seasons. In addition, kanji can transmit this information to the reader instantaneously. How convenient kanjis are! And stylish too.

The next question is "Are the engineers of a country with such an elegant language equally elegant in their engineering?" Japanese design is a product of skillful handwork and attentive consideration for others when crafting something. The rich Japanese language is the foundation for expressive communication and enables more specific communication of details.

The second-year students are currently conducting fieldwork research to discover value here in the Hakusanroku area. The key to research is to observe the deeper meaning or history beyond what's obvious to the eye. You are in Hakusanroku, in an extremely fortunate environment to feel the essence of Japanese culture. Focus on developing your sensitivity and observe the world around you. You are smart enough to notice the hidden meaning beneath the surface of kanji. I'm sure you understand the importance of your given task and can accomplish it at a higher level.

Engineering Design education in Japan is different from that in other countries. Actively absorb experience and transfer it into creativity and productivity.

*¹: Yahoo News May 29

Arihiro Kodaka

June 10, 2019

On June 3, I had a chance to visit the "Engineering Context IIA" class at Hakusanroku campus. Engineering Context, combined with Engineering Design are the core of International College of Technology's "monozukuri" and "kotozukuri" education. The Engineering Context class is unique to the first and second year at Hakusanroku campus, and explores how to utilize various resources, while also teaching the ethical values necessary for an engineer to innovate in the age of SDGs (Sustainable Development Goals). 

The second year students were on their second week of studying the SDGs via cardgames designed by students of Kanazawa Institute of Technology (KIT). To learn more about these special SDGs classes, please read Yamazaki-sensei's journal about last week's Engineering Context IIA. On their second week, the second year students continued learning about the SDGs by playing two additional card games also designed by the KIT students: "Food Salvage" and "ESG Investment Game."

Food Salvage is a card game designed around food loss. Mizuno-san, the facilitator and main designer of this game, explained that around 1.3 billion tons of food is lost every year worldwide, which is approximately one third of the food produced. Also, it was estimated that 6.43 million tons of food was lost in Japan in 2016, which is equal to twice the amount of food aid in the world. However, one in eight people are still starving in the world today. Mizuno-san and the other KIT students designed the game to simulate this and provide an opportunity to learn and think about food loss and how to "salvage" the wasted food. Players take turns drawing food/ingredients cards with the objective of completing a randomly set dish. Each player can discards cards they don't need into the "food box", which other players can retrieve by saying "Salvage!" At the end of each round, the designated cook of the table must create a meal from the discarded cards in the food box.

The second game, ESG Investment Game, is designed to simulate investment. However, it also focuses on ESGs (environment, society, and governance). Players each have money and take turns advancing through the board, buying and investing in various businesses similar to the well-known board game "Monopoly." However, the investments and special cards are designed in consideration to the ESGs and increase awareness in the development of our real world's future. In the final round, the three teams competed in who could develop their world the most. Check the video below to see the results.

I asked the four facilitators how the ICT students preformed and they answered that they had taken the games to several events, but the ICT students were the best players at the games so far. More specifically, they were quick to understand the essentials of the game and come up with effective strategies in a short period of time. Apparently, many players struggle with creating meals out of the food box, but the ICT students effortlessly produced ideas for menus using multiple cards. I found this interesting, as at first glance it looks like they are simply having fun (as you can see in the video). However, my guess is that their ability to innovate and come up with ideas has grown in the past year here at ICT, perhaps without them or me even noticing it. Next week, in the final SDGs focused Engineering Context class, students will create their own original version of the "THE SDGs Action cardgame X (Cross)" designed by Takayuki Shimada and Itsuki Kameda of KIT. I cannot image that there are many schools that take this much effort and time (three whole dedicated classes) to study the SDGs. It is truly a characteristic of ICT and KIT's education.

Jonathan

6月3日(月)「エンジニアリングコンテキストIIA」の授業についてレポートします。「エンジニアリングコンテキスト」は「エンジニアリングデザイン」と合わせて国際高専のモノづくり・コトづくり教育の中核となる授業です。「エンジニアリングコンテキスト」は白山麓キャンパス1~2年次の科目で、国連が定めたSDGs(持続可能な開発目標)が必要とされる時代にイノベーションを起こすための様々な手法や、エンジニアとしての倫理を学びます。

この日の授業では、2年次の学生が金沢工業大学(KIT)の学生が制作したカードゲームを通してSDGsについて学ぶ集中講座の第2回が行われました。このSDGs集中講座について詳しくは先週の「エンジニアリングコンテキストIIA」を紹介した山崎先生の白山麓ジャーナルをご覧ください。2週目となる今日は、KITの学生が制作した2つのカードゲーム「Food Salvage」と「ESG投資ゲーム」をプレイしてSDGsの理解を深めました。

最初にプレイした「Food Salvage」はフードロスがテーマです。メインデザイナーの水野裕太さんによれば日本のフードロスは年間約643万トンで、これは世界の食料援助量の約2倍に相当するものです。さらに、世界のフードロスは年間約13億トンで、これは世界全体で生産された食料のおおよそ3分の1です。しかし、現在でも世界では8人に1人が飢餓で苦しんでいます。KITの学生はこのカードゲームで世界のフードロスの現状をシミュレートし、世界で失われる食糧の理解を深めたり、サルベージ(再利用)する方法を探るのが目的です。各プレイヤーは順番に食材か調味料のカードを引いていき、ランダムに設定された料理の完成を目指します。不要なカードはテーブル中央のフードボックスに捨てますが、他のプレイヤーは「サルベージ!」と宣言することでそれを回収することができます。各ラウンドの最後には指定された料理長がフードボックスにある食材を使って創作料理をひとつ完成させます。

青木啓人さんがデザインしたESG投資ゲームは、有名なボードゲーム「モノポリー」のように投資をしながら「Environment(環境)」「Society(社会)」「Governance(ガバナンス)」について学ぶゲームです。各プレイヤーには所持金が与えられ、マス目を進みながら様々な事業に投資をしていきます。それぞれの事業やスペシャルカードはESGsを考慮してデザインされており、投資による世界の変化を学ぶことができます。最終ラウンドでは、各テーブルがチームとなって、誰が世界をもっとも成長させられるかをチーム対抗で競いました。結果は下の動画でご確認ください。

ファシリテーターとして参加してくれた4人のKITの学生に感想を伺ったところ「今まで様々なイベントでプレイしてもらったが、国際高専の学生が一番上手い」という答えがありました。詳しく聞くと「短時間でゲームの本質を見抜き、効率よく目標を達成するのがとにかく上手い。例えば、フードボックスから料理を作る時によく戸惑う人がいますが、国際高専の学生はたくさんのカードを使ってクリエイティブな料理を作る」のだそうです。動画で見てわかるように、一見楽しそうにプレイしているだけなので、興味深い観察点だと思いました。もしかしたら、この1年間でイノベーターとしてアイデアを生み出す能力が伸びているのかもしれません。来週はSDGs集中講座の最終日になります。この授業ではKITの島田高行さんと亀田樹さんが開発した「THE SDGs Action cardgame X(クロス)」のオリジナルバージョンを制作します。3週に渡る集中講座を行い、これほどSDGsに注力する学校は珍しいと思います。この集中講座は金沢工業大学と国際高専の連携教育の取り組みです。

ジョナサン

May 31, 2019 Studying SDGs in Engineering Context

現在2年生が履修しているEngineering Context IIAでは、SDGs集中講座が行われています。授業のテーマは「技術者倫理としてのSDGs」です。これは、世界の課題である貧困、格差、環境などの問題から国内の課題である人口減少や地方創生に対処する倫理観を養うためのアクティブラーニング型授業です。正解がない複雑な問題に対して、自ら考え判断し行動していく力を養うために、SDGs関連のカードゲームを用いた体験型授業ならびに、SDGsと関連の深い地方創生の実践サイトの見学を実施しています。

 授業で用いたカードゲームは、国内はもとより海外でも運用実績がある以下の3種類です。


1) 2030 SDGs
https://imacocollabo.or.jp/games/2030sdgs/

2) SDGs de 地方創生
https://sdgslocal.jp/cardgame/

3) THE SDGs Action cardgame X(クロス)
https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/0920_sdgscard.html

最初の2つのカードゲームは、環境、経済、暮らし、人口などの指標で表した世の中の状況とプレイヤー自身の目標をいかに両立しながら達成するかを競うものです。これらのゲームでは「誰一人取り残さない」というSDGsの理念を、仮想的な社会の中で疑似体験することができます。自分の目標ばかりに気を取られていると社会状況が悪化してしまうため、利害が異なるもの同士協力し合わなければなりません。そしてそのための交渉力や対話の大切さを学生たちは体験を通して学びました。

3番目のカードゲームは、金沢工大で開発されたもので、SDGsを実践すると必ず直面するトレードオフの問題と、その問題を克服するためのイノベーションについて学ぶ教材です。ゲームを開発された平本先生と金沢工大生に出前授業を実施いただきました。学生たちは、トレードオフ克服のためのアイデアを手持ちのリソースの中から絞り出すことで、イノベーションのための脳トレーニングを体験しました。次回以降、金沢工大生のファシリテータによるオリジナルカードゲームの製作とそのトライアルを行う予定です。

こうしたカードゲームでの学びを実社会と重ね合わせて理解を深めるために、SDGsと関連の深い地方創生実践サイトの見学を行いました。キャンパスから車で20分ほどの上野町にある観光農園「いちごファーム白山」がその訪問先です。この観光農園は、金沢市の北菱電興株式会社が七尾市で実績を積んできたイチゴ栽培と小水力発電技術を、上野町が誘致し、昨年開業したものです。2年目を迎えたイチゴ狩りの人気は高く週末は常に予約で一杯となるほどの盛況ぶりです。県内外からのリピータも多く、上野町の関係人口増加に一役買っています。またビニールハウスの電力は、手取川に流れ込む農業用水を利用した小水力発電で賄われていて、CO2排出抑制に貢献しています。ハウスの温度管理は遠隔からタブレット端末で行えるようになっており、まさにIT農業による働き方改革です。この見学を通して、上野町と金沢市の地域資本の融合と、関係人口の誘致による地方創生の姿を実感することができました。また、こうした地域資本の融合は、国内の地方創生のみならず、多国間連携でも行われるプラクティスです。学生たちはその一端を学んでくれたのではないかと思います。

山崎俊太郎

In the Engineering Contect IIA class, the second-year students are taking a SDGs crash course titled "SDGs as Engineer Ethics." This is a class in which students learn the ethical values necessary to solve global problems such as poverty, inequality, and the environment, and local problems such as depopulation and the need for regional revitalization. We are studying the SDGs using card games and actually visiting sites of regional revitalization to develop our mind and learning how to take action to solve such complicated problems that have no easy answer.

The following are the three card games we used in class. Each have a history of being used in both Japan and overseas.

1) 2030 SDGs
https://imacocollabo.or.jp/games/2030sdgs/

2) SDGs de Regional Revitalization
https://sdgslocal.jp/cardgame/

3) THE SDGs Action cardgame X (Cross)
https://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2018/0920_sdgscard.html

For the first two card games, players try to fulfil the goals of the world indicated by variables such as environment, economy, welfare, and population while balancing their own goals at the same time. This game is designed to give the player the experience of trying to create a world "where no one is left behind (the philosophy of the SDGs)" in a simulated society. If players concentrate too much on fulfilling their personal goals, the condition of the world will deteriorate, so they have to learn to work together with other players who have different motivations. This is also an opportunity for students to practice their negotiation and communication skills.

The third card game was designed by Kanazawa Institute of Technology (KIT). In this game, the player faces tradeoffs each time a SDGs is put into effect and has to learn how to innovate and overcome these consequences. Hiramoto-sensei and the KIT students who designed the game visited us at Hakusanroku campus to conduct a special class. Students developed their innovative mind through coming up with ideas of how to utilize the resources they have to overcome the tradeoff effects. In the next class, we plan to tryout our own original card game with the facilitating KIT students.

To deepen our understanding of the SDGs that we learned from the card games, we decided to visit an actual site of regional revitalization. The "Strawberry Farm Hakusan" is a tourist farm in Kamino-machi about twenty minutes by car from the Hakusanroku campus. This farm was open last year with the cooperation of the Hokuryodenko Co. who have experience with strawberry farming and small-scale hydropower generation. The farm's popularity has grown in the past year to the point of fully booked reservations on the weekends. There are repeating visitors from in and out of Ishikawa prefecture which help draw people to the Kamino-machi area. The electricity of the greenhouse is generated from a waterway nearby and prevents the release of CO2. The greenhouses temperature can be remote-controlled from a tablet and is an example of IT farming of the future. We were able observed firsthand the collaboration between Kamino-machi and Kanazawa city and how it contributes to drawing people to rural areas. The fusion of regional capital is a practice conducted not only national but also as a form of collaboration between nations. This was an opportunity for students to glimpse this form of regional revitalization.

Shuntaro Yamazaki

March 4, 2019 Engineering Design Final Presentation

Hello, it's Jonathan the camera man. In today's journal, I would like to share the first-year students' final presentation for Engineering Design. Engineering Design is a project-based course in which students learn various engineering skills using design thinking. In this semester's Engineering Design, students were divided into teams of three and given the task of creating a toy that surprises adults using biomimicry. Biomimicry is a method of innovation by taking inspiration from nature. Earlier this semester, students visited Ishikawa Insect Museum to get ideas for their projects. Since then, students worked on their projects for several months. In addition to actually making and refining the actual product, students created a timetable and management sheet, planned and designed their concept, budgeted and purchased the material, and created a presentation poster and PowerPoint. The Engineering Design course is the "real meat" of ICT, and students put many hours in working on their project.

On, February 21, students, teachers and staff gathered to watch the teams' final presentation. Each group explained which insect they took inspiration from, told their story of development, and demonstrated their final product. Please check out their presentations if you are interested in the video's below.

I had the several chances to watch the students work on their projects over the course of the months leading up to this presentation. Therefore, I know the effort they put into them, the difficulties they encountered, and how far they improved since their first prototype. The students came a long way and the audience applauded their success. However, as you can see in the videos, they are not perfect. I cannot help but relate to some of the teachers unable to not think they could have done better. This is probably how parents feel about their kids sometime. You know they are capable and the projects were great, so you wish they were even better. The students seemed satisfied and proud of their projects and I am happy they feel a sense of achievement. I also hope that they gained many experience points from this project to grow and learn from. You will cease to grow the moment you are satisfied. I also would like to implement this lesson into my life and always ask myself if I can do better.

Jonathan

2019年3月4日 エンジニアリングデザイン1B 最終発表

こんにちは、カメラマンのジョナサンです。今日の白山麓ジャーナルでは、先日あった1年生のエンジニアリングデザインの最終発表会について書きたいと思います。エンジニアリングデザインは国際高専のものづくりを学ぶ授業で、デザインシンキングを使ってプロジェクト活動をしています。今学期は3つのチームに分かれて、バイオミミクリーを使って大人を驚かすおもちゃを作る課題が出されました。バイオミミクリーは自然界からアイデアを得る手法のことです。今学期始め、学生たちは地元の石川ふれあい昆虫館を訪れ、プロジェクトのためのアイデア収集をしました。その後、数か月間に渡ってチームと一緒にプロジェクト製作をしてきました。実際のおもちゃの制作や改良に加え、タイムテーブルや人材マネジメントシート作り、コンセプト設定やおもちゃのデザイン考察、予算の計算と素材の購入、発表のためのポスターとパワーポイントの制作を行いました。エンジニアリングデザインは国際高専の授業の中でも手を動かす「実技」の場で、各チームはプロジェクトに熱心に多くの時間を費やしました。

2月21日、学生、先生と職員が各チームの最終発表を見るために集合しました。各グループは参考にした昆虫、製作の流れ、デモンストレーションを発表しました。興味がある方はぜひ動画をご覧ください。

私はこの数か月の間、学生たちの活動を定期的に観察してきました。ですので、彼らがこのプロジェクトにつぎ込んだ努力や苦労、最初のプロトタイプからどれほど進歩したか知っています。その努力が実り、プレゼンテーションを終えた学生は大きな拍手に迎えられました。しかし、動画を見ればわかるように、どのチームも完璧ではありません。先生が「そこで満足せずに、もう少し手を加えていればもっと良いものになったのに、惜しい」とついつい考えてしまう気持ちにも共感できます。きっと親心のようなものなのでしょう。学生たちのポテンシャルを知っているからこそ、さらに良いものを求めてしまう。学生たちは満足げで、私も彼らが手応えを感じたことを嬉しく思います。そして、このプロジェクトから経験値をたくさん得たことを祈っています。満足してしまったら、そこで成長はストップしてしまいます。私も人生にこのことを意識しながら常に「もっとできることはないか?」と自問しようと思います。

ジョナサン

January 30, 2019

Last week, we heard about the students’ Engineering Design project to create a surprising toy incorporating the use of biomimicry. Several months after their first visit to the Ishikawa Insect Museum to gain inspiration, the students finally finished their first prototypes, and had a chance to present them to their teachers and classmates in class.

The base material for the students’ creations was a Lego EV3 kit, but each group added their own creative flair by 3D printing, laser cutting, and machining additional parts to complete their projects. The results may look unassuming at first glance, but that’s because the students engineered in the element of surprise as well.

An important part of product development is presenting that product to an audience, so during class the students practiced that skill with their own short presentations in English, followed by a short demonstration of their prototypes. Some of the demonstrations went well, but prototypes don’t always work as intended and some projects suffered some technical difficulties. However, these young engineers still have another month to tweak and improve their prototypes before the project deadline, and I can’t wait to see the results!

Ryan Vicencio

2019年1月30日

先週、学生がバイオミミックリーを取り入れたサプライズ要素があるおもちゃをエンジニアリングデザインのプロジェクトとして作っていると聞きました。インスピレーションを得るために石川県ふれあい昆虫館を訪れてから数か月、ようやく最初のプロトタイプが完成しました。そして先日、それらをクラスメイトや先生の前で発表しました。

学生の作品のベースとなるのはLego EV3のキット。そこに各グループがそれぞれ3Dプリンター、レーザーカッター、機械工学を使ってオリジナル要素を加えます。プロトタイプの一見地味に見えるかもしれませんが、それはサプライズ要素が含まれているからです。

製作過程において、他人に見せるプレゼンテーションは不可欠です。したがって、学生たちは授業で発表のスキルと英語プレゼンテーションの練習をしました。発表の後、作品の短いデモンストレーションがありました。上手くいったデモンストレーションもありましたが、プロトタイプには想定外のアクシデントが付きもので、技術的な問題が発生したチームもいました。しかし、我らが若いエンジニア達にはまだプロトタイプの微調整や改善を施す最終期限までの期間が1か月残されています。私も今から楽しみです!

ライアン・ビセンシオ

January 28, 2019 Biomimicry

Biomimicry: the design and production of solutions that are modeled on elements and ideas found in nature.

The students learned this word during the first half of the semester and have been striving to use biomimicry in their Engineering Design class. The task is to create a toy with some surprising element while using biomimicry.

In order to study biomimicry and find inspiration, the students visited the Ishikawa Insect Museum earlier in the semester. There, they saw specimens of insects from around the world and also observed live insects native to Ishikawa. In The Butterfly Garden, students had the chance to walk among the butterflies as they flew around freely. Yuya even made a few butterfly friends who landed on him and would not leave! Some of the students were even brave enough to touch some of the insects as they observed them. They recorded videos in slow motion, sketched drawings, and took pictures. Hopefully, the students are no longer afraid of insects!

Returning to class, students have been working on incorporating biomimicry into the toys they are designing. With various elements of surprise, it’s been fun to see how the students are taking their observations and coming up with new designs and ideas. One group even put a lot of time into gluing and cutting sheets of paper to create their own paper honeycomb. The students are finishing up their prototypes this week and I can’t wait to see how their ideas turned out!
on him and would not leave! Some of the students were even brave enough to touch some of the insects as they observed them. They recorded videos in slow motion, sketched drawings, and took pictures. Hopefully, the students are no longer afraid of insects!

Anne Isobel Tan

2019年1月28日 バイオミミックリー

バイオミミックリー:自然界に見られる生態やアイデアを参考にして、デザインや解決法を生み出すこと。

今学期の前半、学生たちはこの言葉を習ってからバイオミミックリーをエンジニアリングデザインの授業で取り入れようと奮闘しています。課題はバイオミミックリーを活用してサプライズ要素のあるオモチャを作ることです。

バイオミミックリーの発想を得るために、学生たちは石川県ふれあい昆虫館へ出かけました。そこでは、世界中の昆虫の標本や、石川県に住む昆虫を実際に見て触れることができます。チョウの園では、自由に飛び回る蝶々の中を歩き回ることもできます。湧也さんにいたっては、体にとまってもまったく逃げないほど蝶と仲良くなりました!勇気のある学生は見るだけでなく、実際に昆虫を触って観察していました。その他にも、スローモーション撮影をしたり、スケッチをしたり、写真を撮っていました。昆虫と触れ合って、愛着が湧いたかもしれませんね。

教室に戻ってからは、学生はバイオミミックリーをオモチャに取り入れるデザイン作りをしました。サプライズ要素と一口に言っても色々な形があるので、学生がそれぞれ観察した内容を活かした新しいデザインやアイデアを生み出すのを見るのが面白かったです。中には紙を切り貼りして蜂の巣を作った学生もいました。今週でプロトタイプは完成予定なので、どのようにアイデアが形になるのか見るのが楽しみです!

アン・イソベル・タン

HOMECampus LifeHakusanroku JournalEngineering Design

PAGETOP