国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル:Campus Life

June 7, 2022 Tie-Dye T-Shirt Activity

  My name is Ian Stevenson.
  Now that Golden Week has finished, the campus is getting more colorful. Flowers are blooming, plants are growing and the birds are singing. The students are also becoming more colorful too. After the students returned from Golden Week, there was a tie-dye t-shirt activity. 17 1st and 2nd year students attended the event and made their own t-shirts.

 To prevent accidents, the floor and the tables were covered with newspapers and the students wore gloves. 16 of the students chose to decorate a white t-shirt. After picking up their t-shirt, these of students decided on what pattern – spiral, bullseye, crumple – and colors they wanted to use. Some students further customized their t-shirts with fabric markers. 1 student chose to work with a black t-shirt and used bleach to customize their t-shirt.

 After finishing the t-shirts, they were hung out to dry and let the dye set. The t-shirts were then washed to get rid of any extra dye. 1 day later, the t-shirts were returned to the students in homeroom. After the students got their t-shirts, they posed for a photo on the school grounds.  The students seemed to be enjoying themselves & having fun.

Ian Stevenson

 

 イアン・スティーブンソンです。
 ゴールデンウィークが終わり、キャンパスがより華やかになってきました。花が咲き、植物が育ち、鳥がさえずります。学生たちもよりカラフルになってきました。ゴールデンウィークに帰省していた学生たちが帰寮し、課外活動としてタイダイ染めを行いました。1、2年生17名が参加し、思い思いのTシャツを作りました。

 事故を防ぐために、床や机に新聞紙を敷き、学生たちは手袋を着用しました。16名の学生が染色用に白いTシャツを選び、スパイラル、ブルズアイ、クランプルなど、どんな柄と色にするのかを決めました。中には、布用マーカーを使い、さらにカスタマイズする学生もいました。また、1名の学生は黒色のTシャツを選び、漂白剤で脱色を行いました。

 出来上がったTシャツを乾燥させ、染料を定着させました。その後、余分な染料を取り除くために洗濯をしました。翌日、ホームルームで学生たちにTシャツを返却しました。Tシャツを受け取った後、校庭で記念撮影を行いました。学生たちはとても楽しんでいる様子でした。

イアン・スティーブンソン 

June 2, 2022 パフォーミングアーツⅡ「アフレコ体験」

 こんにちは!白山麓高専事務室の間加田 侑里です。今回はパフォーミングアーツⅡの授業で行われたアフレコ体験についてご紹介します。
 1、2年生が履修するパフォーミングアーツでは、ヴォーカリストであり、ヴォイストレーナーの魚住 知子先生(アーティスト名:大黒 柚依さん)の指導の元、各界で活躍されているゲストをお招きし、音楽や芸術、楽器演奏を通じて、発想力・表現力を養います。時には、プロのボイスパーカッション演奏者、ピアニスト、司会者やメディアプロデューサーの方を講師としてお招きし、様々な分野のパフォーミングアーツを体験します。

 今回は、映像ディレクターの山内 秀範氏をお迎えし、アフレコ体験の授業が行われました。山内氏がご用意したのは、男女が深刻そうに会話し、最後にオチがある約30秒のシーンです。学生たちは2人グループに分かれ、英語または日本語でセリフを考えました。山内氏は「とにかく楽しもう!」と学生たちに声をかけ、課題に取り組むよう促しました。

 本番では、映像と声を合わせるタイミングが非常に難しかったようで、成功するまで何度も収録が行われました。アフレコに成功すると「合わせるのが難しかったけど楽しい!」や「頭をフル回転させないといけなくて大変だった!」と、学生たちから声が上がりました。

 数名の学生がセリフを発する時、身振り手振りで感情を表現していることに感心しました。パフォーミングアーツの授業を通して、様々な体験に触れ、人前で恥ずかしがらずに自己表現力を磨くことが出来るのは、素晴らしいことだと思いました。パフォーマンスをすることに対して臆することのない姿勢を見せた学生たちの今後の活躍が楽しみです。

間加田 侑里

 Hello! This is Yuri Makada from the Hakusanroku office. This time, I would like to introduce the post recording experience in the Performing Arts II class.
 In the Performing Arts classes, 1st and 2nd year students are under the guidance of Ms. Tomoko Uozumi (Artist Name, Yuri Daikoku), a vocalist and voice trainer. Through these classes students develop their imagination, creativity and the skills needed to express themselves. Occasionally, the Performing Arts classes invite guest instructors from various fields. This has included voice percussionists, professional pianists, emcees, and media producers to experience various fields of performing arts.

 This time, we welcomed Mr. Hidenori Yamauchi, a video director, for a post recording experience class. He prepared a 30-second scene in which a man and a woman have a serious conversation with a punchline at the end. The students were divided into groups of two and came up with their lines in either English or Japanese. As the students worked on their assignment, Mr. Yamauchi said, “Let’s have fun!”

 In the actual recording, the timing of matching the voices with the images was very difficult, and the recording was done many times until it was successful. When the recording was successfully completed, the students commented, "It was difficult to match the voices and images, but it was fun!” and "It was hard because I had to concentrate very hard!”

 I was impressed by the way several students expressed their emotions through gestures when delivering their lines. I thought it was wonderful that through the Performing Arts classes, students are exposed to a variety of experiences and can hone their ability to express themselves without being shy in front of others. I look forward to the future activities of these students, who showed an undaunted attitude toward performing.

Yuri Makada

May 26, 2022 Sports Day!

 Hello this is Philip Cadzow, one of the Physical Education teachers at Hakusanroku campus. 
 On Saturday the 14th of May, Hakusanroku campus students and teachers came together to enjoy some sports for Sports day. Rather than set 1st year students against 2nd year students, two teams were made by dividing the students from their 2km running times (PE class running) into two groups and then getting them to choose their own team name. Blue team was sarcastically called ‘Team Name and the red team chose Red Eyes Black Dragon which was potentially after a Yu-gi-yo card.

  Volleyball, Soccer and basketball were for 50 minutes, giving students plenty of opportunity to substitute team mates whenever they got tired. In addition, teachers choose what team they joined and in each team only one teacher could play at a time, so the teachers also had to swap as they got tired.
  In Volleyball the teams were even until 39 points, at which time the Red team started to slowly pull ahead, with more players who were comfortable playing volleyball on their side they came to a 100-80 victory against Blue. In soccer, the technical level of play was much higher than expected and during the 50 minutes of play only 3 points were scored, all by the Red team, leading the Blue team to feel despondent. Luckily their cheer came back to them as they had the dream team for basketball, they quickly doubled the score of Red team (36-67) and held it consistently.

  It was good to see the change in atmosphere from the Blue, and although winning two games, Red team still thought Blue team was too strong. It is nice to be young and to have your mood depend on winning or losing a sports game. The real winners of the day however, was the teachers, who were able to enjoy playing sports all morning. 

Philip Cadzow

 

 こんにちは、白山麓キャンパスで保健体育の担当をしているフィリップ・ケザウです。

 5月14日(土)、白山麓キャンパスでは、学生と教員が共にスポーツを楽しむ「Sports Day」が開催されました。1年生と2年生が対決するわけではなく、体育の授業で行った2km走のタイムから2チームに分け、チーム名を決めてもらいました。青チームは「Team Name」、赤チームは「Red Eyes Black Dragon」という遊戯王カードにちなんだチーム名が名づけられました。

 バレーボール、サッカー、バスケットボールの競技をそれぞれ50分ずつ行い、疲れた時に自由に交代できる機会をたくさん設けました。また、教員たちもどちらかのチームに参加できますが、一度に1名しか参加できないため、教員も疲れたら交代できるようにしました。
 バレーボールでは、39点まで大差なく試合が繰り広げられましたが、赤チームが経験豊富な選手を味方につけ、徐々にリードを広げ、10080で勝ちました。サッカーでは、予想以上に技術レベルが高く、50分間の試合で3点しか入らず、しかもすべて赤チームの得点だったため、青チームは落ち込んでいる様子でした。しかし、バスケットボールでは、青チームがドリームチームを結成し、赤チームの2倍の得点(36-67)を入れ、その後も得点を稼ぎました。

 青チームの雰囲気が変わったのは良かったものの、赤チームは2つの競技で勝ったにも関わらず、「青チームのバスケのメンバーが強すぎた」と思っているようでした。試合の勝敗で気持ちが左右されるなんて、若いっていいなと思いました。しかし、この日の真の勝者は朝からスポーツを楽しむことができた教員たちでした。

フィリップ・ケザウ

May 18, 2022 Making Websites in Computer Skills Class

 Hello everyone. This is Robert Songer, Associate Professor and Computer Skills teacher at Hakusanroku Campus. The weather has been getting warmer and we are starting fresh new classes at ICT—it must be spring! Since this is my first time writing for the Hakusanroku Journal, I would like to give a little introduction of myself and my classes.

 I specialize in computer programming and software engineering subjects in the Department of Science and Technology curriculum. Most of my classes are for the 4th and 5th year students at Kanazawa Campus where they learn things like the Python programming language, software development processes, managing databases, and computer graphics (CG) which is a new topic this year. Sadly, I do not teach at Hakusanroku Campus in the spring semester so I will miss out on enjoying the warm mountain weather and seeing the monkeys in the fields. My classes at Hakusanroku are the Computer Skills classes for 1st year and 2nd year students in the fall. That means I get to drive into the mountains on snowy roads for my early morning classes every week. But I don’t mind! As a native of Michigan State with its cold and snowy winters I am perfectly comfortable in snowy environments.

 In the 1st year Computer Skills class, Professor Ohtsuka and I teach how to make web pages. We introduce the students to HTML, the language of the Worldwide Web. I like to say that the wonderful thing about the Web is that anybody can use the Web to learn about the Web. Even you reading this now in a browser can see the HTML source of this page. On a PC, you can right-click on the page and choose “view source” or “inspect”. Then the browser will show you all the source code that it uses to display the images, colors, and text that you see on the page. Of course, for a complicated page like this one, the source code will be equally complicated if not more!  
 
 In addition to HTML, the 1st year students also learn about CSS which is a scripting language (a kind of simplified programming language) for describing the appearances of a web pages. While HTML defines the structure of the page, such as where to put headings and images, CSS describes the visual properties of elements on the page, such as what color the text should be and how big to make the images. When they working together, HTML and CSS can be quite powerful technologies with seemingly infinite possibilities for building and designing web pages.

 Every day in class, the students practice what they learn on their computers in the Computer Lab. We do hands-on activities on interactive websites designed for learning these web technologies. One of the websites we use is called Code.org (https://code.org) which has a lot of interactive lessons for individuals as well as entire classrooms to use in learning about computer technologies. The lessons show everything students need to see on screen at the same time. Instructions are at the top of the screen, an editor window for writing source code is at the bottom left, and a view window showing the result is at the bottom right. This is a much simpler way to learn compared to the way modern web developers create websites. Usually, a developer will need to use many different software programs at one time and continuously switch between windows while they work. I think the students can really appreciate having everything they need in one window by using Code.org instead.

 After spending most of the semester learning about web page design, the final project is a portfolio website. The students plan and build a website to show off the activities and projects that they do at ICT. They are free to choose what content and layout they want to use for the website while they decide how to express themselves through visual design. In the end, all the students upload their websites to a hosting service called GitHub Pages (https://pages.github.com/) for anybody to see.

  I am impressed to see the students’ creativity and ingenuity at organizing their original ideas on a page. You can see their websites, too! I have collected a couple links to student pages from 2021 to share with you here. Please check them out below and take a look at what the students themselves chose to share about their first year at ICT.

Lucas Kusamoto
https://luca-1011.github.io/Portofolio/index.html
Kan Kinoshita
https://kan-kinoshita.github.io/Portfolio/index.html

Robert Songer

 みなさん、こんにちは。准教授のロバート・ソンガーです。私は白山麓キャンパスではコンピュータスキルズを教えています。暖かくなってきて、国際高専では新学期が始まりました。つまり春ですね。初めて白山麓ジャーナルの記事を書くので、私自身と私が受け持つ授業について少し紹介したいと思います。

 私は国際理工学科のカリキュラムの中で、コンピュータプログラミングとソフトウェアエンジニアリングの分野を担当しています。ほとんどの授業は金沢キャンパスの4、5年生を対象としており、学生はプログラミング言語Pythonやソフトウェア開発、データベースの管理、今年度から新たに加わったコンピュータグラフィック(CG)を学びます。残念ながら、前学期は白山麓キャンパスで授業を受け持っていないので、山で暖かい気候を楽しんだり、野外で猿をみたりすることができません。白山麓キャンパスでの授業は、後学期に行われる1、2年生を対象としたコンピュータスキルズです。つまり、毎週早朝から始まる授業のために、雪道の山を車で運転することになります。でも気になりません!冬は寒く、雪の多いミシガン州出身の私は、雪のある環境でもまったく問題ありません。

 1年生のコンピュータスキルズの授業では、大塚教授と私でWebページの作り方を教えています。そこではWorldwide Webの言語であるHTMLを紹介しています。Webの素晴らしいところは、誰でもWebを使ってWebについて学ぶことができるということです。今、ブラウザでこれを読んでいるあなたも、このページのHTMLソースを見ることができます。パソコンでは、ページを右クリックして「ページのソースを表示」または「検証」を選びます。すると、このページの画像や色、文字を表示するために使っているソースコードをすべて表示してくれます。もちろん、このような複雑なページの場合、ソースコードも同じように複雑になります。

 1年生はHTMLに加えて、Webページのデザインを記述するためのスクリプト言語(簡易プログラミング言語の一種)であるCSSについても学習します。HTMLが見出しや画像の配置などページの構造を定義するのに対し、CSSは文字の色や画像の大きさなど、ページ上の要素の視覚的な特性のために記述します。それが連携する場合、HTMLCSSを一緒に使うことで、Webページの構築やデザインに無限の可能性を秘めた強力な技術となるのです。

 学生たちは授業で学習したことを毎回コンピュータ室で実践しています。Web技術を学習するために作られたインタラクティブなWebサイトで、実践的な活動をします。私たちが使用しているWebサイトの1つであるCode.orghttps://code.org)は、個人だけではなくクラス全体でコンピュータ技術について学べるインタラクティブなレッスンがたくさんあります。このサイトでは、必要な情報すべてを画面上で同時に見ることができます。画面上部には指示、左下にはソースコードを書くためのエディターウィンドウ、右下には結果を示すビューウィンドウが表示されます。これは、Web開発者がWebサイトを作成する方法と比べると、かなりシンプルに学習することができます。通常、開発者は一度にたくさんのソフトを使い、ウィンドウを切り替えながら作業をする必要があります。学生は、代わりにCode.orgを使うことで、必要な情報すべてを1つのウィンドウに表示することができ、作業がやりやすくなると思います。

 後学期の大半を費やしてWebページのデザインについて学んだ後、最終プロジェクトとしてポートフォリオサイトを作成します。学生たちは国際高専で行っている活動やプロジェクトを紹介するWebサイトを企画・構築します。どのようなコンテンツやレイアウトにするか、またビジュアルデザインでどのように自分を表現するかなど、自由に選択することができます。最終的には、GitHub Pageshttps://pages.github.com/)というホスティングサービスにアップロードし、誰でも見ることができるようにします。

 独創的なアイデアを1つのWEBサイトにまとめる学生たちの創造性や創意工夫に感心しています。2021年度、一部の学生が制作したWebサイトを紹介しますので、以下のリンクから、国際高専で彼らが1年生の時に体験した出来事の中で一番伝えたかったことをぜひご覧ください。

草本 留嘉寿さん
https://luca-1011.github.io/Portofolio/index.html
木下 観さん
https://kan-kinoshita.github.io/Portfolio/index.html

ロバート・ソンガー

May 11, 2022 デザイン&ファブリケーションクラブ「新入生クラブ員歓迎会 校内ロボコン」

 こんにちは!初めまして!国際高専2年の泉屋 匠吾です。今年度のデザイン&ファブリケーションクラブの部長を務めています。このクラブではロボットや動画など、様々な要素を持ち合わせたデザインを作っていき、外部へと発信していく活動をしています。
 さて、我々デザイン&ファブリケーションクラブは、新しく入ってきた新入生たちによる校内ロボコンを422日に実施しました!さらに今回は2年生のセルゲレン・サンサル君にも参加してもらいました。みなさん個性ある素晴らしいロボットを作って楽しい大会になりました!
 今年のロボコンは「サッカー」をテーマにしました。ルールはPK形式で5本勝負!LEGO EV3を使って、1年生チームはボールをキックするロボットを作ってもらい、2年生が作ったゴールキーパーロボットの守りを破ります。そしてより多くの点を取ったチームが優勝となります。2人1組の合計5チームによる接戦が繰り広げられ、1年生の太田 晴喜くんと夏木 亮凪くんによるチーム「Mr. Hakusan」が優勝しました!

 現在、国際高専ではNHK高専ロボコンに出場するプロジェクトが進んでいます。出場する選手たちの良い経験になったら幸いだと考えています。これからも各部員たちの活躍を見守っていただけると嬉しいです。これからもよろしくお願いします!

泉屋 匠吾
写真:奥山 眞宙

 Hello! Nice to meet you, I am Shogo Izumiya, a 2nd-year student at ICT. I am the student leader of the Design & Fabrication Club for this school year. In this club, we are working to create designs that use various elements such as robots and videos, and share them to the outside world.
 On April 22nd, the Design & Fabrication Club, held an on-campus robotics competition for the new students! A 2nd-year student, Sergelen Sansar, also participated. Everyone created unique and wonderful robots, and the competition was a lot of fun!
 The theme of this year's robotics competition was soccer. The rules were each team had 5 chances to make a PK and the team with the highest score be the winners. Using LEGO EV3, the 1st-year student team was asked to build a robot that kicks a ball and scores a goal against the goalkeeper robot built by 2nd-year students. The winning team was called Mr. Hakusan and consisted of 1st-year students Haruki Ohta and Ryona Natsuki!

 Currently, ICT is getting ready to participate in the NHK ROBOCON COLLEGE OF TECHNOLOGY. We hope that this will be a good experience for the contestants. We hope that you will continue to follow the activities of our team members. Thank you for your continued support!

Shogo Izumiya
Photo by Mahiro Okuyama

May 9, 2022 歓迎会「ピニャータ」

 こんにちは、白山麓高専事務室の間加田 侑里です。新年度の慌ただしさも落ち着き、気候も暖かくなってきました。
 420日(水)の放課後、ラーニングメンターたちが計画した2年生のセルゲレン・サンサルさん(モンゴルからの留学生)と1年生の歓迎会が開催されました。サンサルさんは1年間入国できず、モンゴルでオンライン授業を受け、今年の3月下旬にようやく日本に入国することができました。

 さて、この日はメキシコで有名な「ピニャータ」で歓迎会が行われました。ピニャータとは、目隠しをした状態で、吊るされている装飾されたくす玉を棒で叩き割り、くす玉の中に入っているお菓子をいち早く広い集めるゲームです。
 今回は8名の学生たちがくす玉を叩き割ることに挑戦しました。目隠しした学生は周囲の声を参考にしながら前後左右に進み、くす玉を叩き割ろうと試みましたが、くす玉が揺れるため叩くタイミングが非常に難しかったようです。くす玉が割れた瞬間、拍手と歓声が沸き、その場が非常に盛り上がりました。そして学生たちは飛び散ったお菓子を一目散に拾い集め、分け合っているのが印象的でした。
 ピニャータを通して、声を掛け合う学生たちの団結力を感じることが出来ました。またメキシコの祝祭文化に触れ、異文化体験を楽しめたのではないでしょうか。今後も様々な異文化に触れ、新しい学びや国際感覚をより多く身に着けられることを期待します。

間加田 侑里

 Hello, this is Yuri Makada from the Hakusanroku office. The hectic new school year has settled down and the weather is getting warmer. 
 On Wednesday, April 20th, after school, the Learning Mentors organized a welcome party for 2nd-year student Sergelen Sansar (from Mongolia) and 1st-year students. Sansar had been unable to enter Japan until recently and he had been taking online classes from Mongolia. In late March of this year, he was finally able to enter Japan after one year.

 At the welcome party students celebrated by breaking open a piñata. Traditionally, piñatas come from Mexico, and they are decorated figures that contain sweets. They are suspended from above and then broken open with a stick swung by a blindfolded person. After a piñata is broken open, the sweets spill out, and people collect them as quickly as possible.  
 This time, 8 students took on the challenge of smashing the piñata. The blindfolded students tried to smash it by moving back and forth, left and right, listening to advice from their classmates. It was very difficult to find the right moment to smash the piñata because it was swinging back and forth. The moment the piñata was broken, there was a burst of applause and cheers, and the scene became very exciting. It was impressive to see the students picking up all the scattered sweets and sharing them.
 Through the welcome party, I was able to feel the unity of the students who tried to help to each other break the piñata. I believe that the students were able to learn about a traditional Mexican game and enjoy a cross-cultural experience. And I hope that the students will continue to experience various different cultures and learn new things and gain more international perspectives in the future.

Yuri Makada

 ピニャータの様子をご覧ください。
 I hope you enjoy the piñata video.

April 28, 2022 ネイチャー&アドベンチャークラブ 新入クラブ員歓迎会 高倉山ハイキング

 


 Hello! My name is Philip Cadzow.
 With modern life it’s easy and expected to be sitting indoors somewhere, be it your job, school, or transport somewhere. It’s hard to get up on a Saturday morning to go for a 13km walk up a hill, with weather expected to rain, and swampy ground that covers your shoes with mud. Yet without something challenging, different, or risky to bring some fun into life, it’s easy to focus too much on the little things and get caught up in your own thinking. Getting out and into nature is a beautiful way to get some exercise, a breath of fresh air, and to also clear your head. We started off the day with some gear checks as it looked like it might rain later, and a group challenge called the human knot where they had to untangle themselves. We then set out on the hike heading down the road to the post office, across the cycle bridge, and then into the trees.

 The view from along the forest road is quite spectacular to start off with, as it looks down a steep cliff into the blue river below. And then the hill started going up... a good way up we took a break. What I love most about the outdoors, is what the effect of being in a natural environment has on groups of people. Take a group of students into this environment and they will be able to bond together as a group much faster than if they were in a room at school. Even better, throw a challenge like escaping over an electric fence (rope held by teachers) and you get to see problem solving skills, group dynamics, and the shared joy of success.

 The track from that point was on the same path as a small river, so there was no escaping muddy wet feet. As a teacher there is something soothing to the soul in watching students calling out in despair as the mud uncomfortably squelches into their shoes. Revenge for bad behaviour in class. nature is wonderful. We washed our shoes in a stream and then continued on until the trail came to an end. The top wasn’t our goal for today, so we sit like gargoyles on rocks and logs to eat lunch. Turning around and starting down feels hard, I don’t like going down as much as I do going up. Going up feels like adventure and every step brings a better view, so it’s hard not to feel a little failure when turning around. The way down passed quickly and the energy in the group faded out by the last kilometre of the walk. Perfect timing as we reached the big stairs and people started thumping down in comfort. The students no doubt would be heading to the onsen soon. It didn’t end up raining. A good day.

Philip Cadzow

 こんにちは、フィリップ・ケザウです。
 現代の生活は、仕事であれ、学校であれ、交通機関であれ、屋内で安楽に座っていられることが当たり前になっています。ですから、土曜日の朝に早起きして、13 kmの丘を登り降りするのは大変なことです。まして、天気予報が雨で、ぬかるみで靴が泥まみれになることが予想される日なら尚更です。しかし、人生に楽しみをもたらすには、挑戦的な、日常と異なる、あるいは多少は危険な何かが必要です。そうでなければ私たちは些細なことに囚われ、たいした理由もなくマイナス思考に巻き込まれてしまうでしょう。外に出て自然の中へ入っていくことは、体を動かし、新鮮な空気を吸い、頭をすっきりさせたりするための素敵な方法なのです。降雨が予想されたため、私たちはシューズやレインウエアなどのギアチェックから一日を始めました。続いて、学生たちはウォーミングアップとして、手(と心)をつなぐ「人間知恵の輪」に取り組みました。それから郵便局への道を下り、自転車橋を渡って、新緑の中へ向かうハイキングに出発しました。

 最初の林道沿いからの眺めは、急な崖の上から青い川を遥かに見下ろして非常に壮観です。そして上りに差し掛かります。整備された道路を上ってから私たちは休憩を取りました。私がアウトドアで一番好きなのは、自然環境の中に身を置くことが人間に与える影響です。学生のグループをこうした環境に連れて来ると、彼らは教室にいるときよりも、はるかに迅速にグループとしてまとまります。さらに電気柵ゲーム(引率教員が張っているロープに触れずに、また、くぐることもせずに学生全員がロープを越えて逃げる)といった課題を投げかけることで、学生たちが「問題解決・団結・成功体験」の喜びを共有する姿を見ることができます。

 そこから先は雪溶け水が小川のように流れる道で、泥まみれの靴の中で足が濡れてしまうことから逃がれることはできませんでした。泥水が靴に押し込まれる不快さに絶望して叫ぶ学生たちを眺めることには、教師としての魂を心地よくさせる何かがあります。すなわち、授業中の学生たちのちょっといたずらな振る舞いへのささやかなリベンジ!自然は素晴らしい! 私たちはきれいな流れを見つけて靴を洗い、再び歩き続けて目標地点に到達しました。今回の目標地点は山頂ではありませんから、岩や丸太の上にガーゴイル(キリスト教会などの屋根に飾られている、モンスターを模した彫像の雨樋)のように座って昼食をとりました。さて、振り返ると下りは大変です。私は、上りほど下りは好きではありません。上ることは冒険のように感じられ、すべてのステップがより良い眺めをもたらします。しかし、振り返って下るときには、少しの失望も感じないようにするのは難しいです。下り道はすぐに過ぎ去ってしまい、学生たちのエネルギーは最後の1キロまでにみるみる消えていきました。私たちが学校の大階段に到着し、学生たちがその快適さにワクワクし始めたときの完璧なタイミングです。学生たちは間違いなくすぐに温泉に向かうでしょう。結局、雨が降ることはなく、良い一日でした。

 フィリップ・ケザウ

April 27, 2022 Road to Kanazawa

Hello, my name is Sergelen Sansar, and I came to ICT this year from Mongolia. I’m studying in the 2nd year, which means I studied a whole year online.
 In 1st year before I started taking classes online, I was preparing to go to Japan and really had high hopes to go. As April 1st, 2021 got closer, my hopes got higher, and eventually the classes started. I was sitting behind a computer more than ever from early morning to evening. Online classes are not as exciting as a classroom. Also, it is kind of hard to communicate because I have the power to mute my microphone and be silent.
 After the Olympics, I thought I might have a chance to go to Japan because Japan was very strict before the Olympics but then the COVID-19 cases increased. I lost hope and felt languish daily.
 I remember studying so hard in January because I did absolutely nothing during the winter break. Most of my projects were on the due date and the final exams were getting close. In February I was at home doing nothing and in March, I did some Japanese language practice. But suddenly, I allowed to enter to Japan in late March.
 I came to Japan just before the school started on March 30th, 2022. It was great to see mountains covered in snow from the airplane. When the airplane landed in Narita, it felt like I skipped the spring and went straight to summer. The air was hot and humid, and felt heavier to breathe. I rode the Shinkansen from Tokyo to Kanazawa which was an amazing experience and it was quick. When I got closer to Kanazawa I saw more mountains and went through more tunnels. The Kanazawa weather felt good because it was cool and kind of similar to Mongolia’s weather, also I saw snow. I met Fumi Sano, a staff member at the Kanazawa station, she took me to the Kokusai Hotel, where I began my three days of isolation. The day before I went to KIT, I was so excited to go out and meet my classmates and teachers.
 When I saw my classmates in the KIT bookstore, I was awestruck. I asked Ryuto, “what was your impression when you first saw me?” He said, “You are freaking tall.”
 Now I’m living with all of them and it's fun to be in a dorm with friends.

Sergelen Sansar

 
 こんにちは、私の名前はセルゲレン・サンサルです。今年、モンゴルから国際高専に来ました。私は2年生ですが、1年間モンゴルでオンライン授業を受けていました。
 オンライン授業を受け始める前は日本へ行けると思っていたので準備をしていました。202141日が近づくにつれ、私の期待は大きくなるばかりでしたが、日本に入国が出来ないまま授業が始まってしまいました。朝から晩までパソコンに向かう日々が続きました。オンライン授業は対面授業より刺激的なものではありません。また、マイクをミュートにして無音にすることができるので、コミュニケーションも取りにくいです。
 オリンピックが始まる前、日本は新型コロナウイルス感染防止対策の規制が厳しかったので、オリンピックが終わったら日本に行けると思っていましたが、その後感染が拡大してしまいました。私は希望を失い、毎日苦しみを感じました。
 冬休みは特に何もしていなかったので、猛勉強していたのを覚えています。ほとんどのプロジェクトが期日を迎え、期末試験も近づいてきました。2月は家で何もせず、3月は日本語の練習をしていました。しかし突然、3月下旬に日本は留学生を受け入れはじめたのです。
 私は学校が始まる直前の330日に日本へ入国しました。飛行機から見える雪がかかった白い山が綺麗でした。成田空港に降り立つと、空気は蒸し暑く呼吸に重みを感じたので、春を飛び越えて夏にスリップした気分になりました。それから東京から金沢まで新幹線に乗車したのですが、とても良い経験で時間はあっという間でした。金沢に近づくにつれ、山が増え、多くのトンネルを通過しました。金沢の天気はとても涼しく、モンゴルの天気と似ていて気持ちよかったですし、雪も見ることが出来ました。金沢駅で職員の佐野 文さんにお会いし、国際ホテルに連れってもらい、3日間の隔離生活が始まりました。隔離が終わったら金沢工業大学でクラスメイトや教員達に会えることがとても楽しみでした。
 隔離終了後、金沢工業大学のブックセンターでクラスメイトを見かけたとき、心が打たれました。私は龍斗くんに「初めて僕を見たときどう思った?」と聞いたら「背がめちゃくちゃ高いね!」と言われました。
 今はみんなと過ごすことができ、寮で友達と過ごすことがとても楽しいです。

セルゲレン・サンサル

April 21, 2022 ラーニングセッション

 こんにちは。白山麓高専事務室の間加田 侑里です。
 1年生17名が入寮し、早3週間が経ちました。1、2年生はすっかり打ち解け合い、学生生活に少しずつ慣れてきた様子です。そこで、今回はラーニングセッションのオリエンテーションで12年生合同の協力型ゲーム大会が行われましたので、紹介します。

 ラーニングセッションとは、毎週月曜日~金曜日の1930分~2130分の間、授業の予習・復習などを行う時間です。ラーニングメンターのアン・イソベル・タン先生、アピラク・サンゲンチャイ先生、ジョムキット・ジュジャロエン先生3名が学生たちの課題をサポートします。また、教員によるサポートだけではなく学生同士が助け合い、お互いに学び合ったりもしています。

 Hello. This is Yuri Makada from the Hakusanroku office.
 It has been three weeks since 17 1st year students moved into the dormitories, and the 1st and 2nd year students seem to have gotten used to each other and to student life. I'm going to write about the cooperative game competition for 1st and 2nd year students that was held during Learning Session orientation.

 Learning Sessions are a time for students to prepare for and do review for their classes. They are held from 19:30 to 21:30 every Monday through Friday. Three Learning Mentors, Anne Isobel Tan sensei (Associate Lecturer), Apirak Sang-ngenchai sensei (Associate Lecturer), and Jomkit Jujaroen sensei (Associate Lecturer), help students with their assignments. In addition to support from the Learning Mentors, students also help and learn from each other.

昨年のラーニングセッションの様子はこちらです。
Click here to see a Learning Session from last year.



 4月7日(木)、2022年度第1回目となるラーニングセッションでは、2種類のゲームが行われました。
 まずは「Spaghetti Towers」という、スパゲッティとマシュマロ(どちらも賞味期限切れのものを使用)を使い、どれだけ高く積み上げることができるかを競い合うゲームが行われました。12年生合同の6チームに分かれ、各チームに2束のスパゲッティと約30個のマシュマロが用意されました。制限時間30分の中で作戦を立てながら制作に取り掛かりました。
 安定性を考えながら1個のマシュマロに数本のスパゲッティを刺して慎重にタワーを制作するチームや、マシュマロに11本スパゲッティを刺し、バランスも取りつつ高さを重視するチームなど戦略方法は様々でした。ゲーム終了時間が迫るにつれて全チームに焦りが見え始め、タワーが傾き崩れてしまうチームからは悲鳴が聞こえました。最終的には木下チームが1m20cm のタワーを制作することに成功し優勝しました。

 その後「Tea Bag Toss」という、地面に置いたマグカップにティーバッグ(賞味期限切れのものを使用)を投げ入れ、投げた位置から距離を測定し、最も長い距離を競い合うゲームが行われました。各チームにティーバッグが5個用意されました。
 まず学生たちはリビングコモンズの1階と2階(高さ約6m)に向かいました。マグカップを1階に設置し、2階からティーバッグを何度も投げ入れました。時間が経過するにつれ、ただ1つのティーバックを落とすだけではなく、各チームは戦略を練り始めました。ティーバッグを5個まとめて結び、重さを利用し垂直に落とすチーム、ティーバッグを壁にリバウンドさせてマグカップに入れようと試みるチーム、空気抵抗を軽減するためにティーバッグのタグを外すチームなど、様々なアイデアが生まれました。ほとんどのチームは約6mの距離を達成することができましたが、残り1分で草本チームが8m12cm先のマグカップに投げ入れることに成功し、見事優勝しました。

 On Thursday, April 7th, the first Learning Session of 2022 featured two different cooperative games.
 The first game was Spaghetti Towers, in which teams competed to build the highest tower using marshmallows and spaghetti (these foods were expired). The students were divided into 6 teams made up of 1st and 2nd years, and each team was provided with 2 bundles of spaghetti and about 30 marshmallows. The students had 30 minutes to plan and make their towers.
 Strategies varied from team to team. Some teams tried to build the highest tower by using multiple sticks of spaghetti to connect each marshmallow. Other teams tried to build the highest tower by using only 1 or 2 sticks to connect each marshmallow. As the game drew to a close, all teams began to show signs of impatience, and screams of excitement could be heard from the teams whose towers were about to fall over. In the end, the Kinoshita team succeeded in building a 1.2m tower and won the competition.

 The second game was called Tea Bag Toss. In this game, participants tried to toss or drop a tea bag (these were expired) into a mug placed on the ground. If they were successful they measured the distance the tea bag travelled and tried again from a further distance. Each team was provided with five tea bags.
 First, the students headed to the first and second floors of the Living Commons (about 6m in height). Mugs were set up on the first floor and tea bags were repeatedly tossed / dropped from the second floor. As time passed, instead of just dropping a teabag, each team began to develop a strategy. Various ideas were generated, one team tied five tea bags together and used that weight to drop them more accurately. Another team bounced the tea bags against a wall in an attempt to get them into their mug. Still another team removed the tags from their tea bags to reduce air resistance before trying to toss them into their mug. Most teams were able to achieve a distance of about 6 meters, but with one minute remaining, the Kusamoto team succeeded in throwing the teabag into a mug from a height of 8.12m and they won the competition.

 48日(金)、「Scavenger Hunt」というラーニングメンターたちが用意した写真をヒントに、校内中に隠されているステッカーを探すゲームが行われました。今回も12年生合同の新たな6チームに分かれました。開始の合図とともに我先にと各チームが一斉に走り出し、ステッカーを探し始めました。ここでは2年生が先陣を切り、1年生に校内を案内しながらステッカーの場所を探すという頼もしい場面が見受けられました。
 ステッカーが隠されていた場所は、カフェテリア、教室、体育館など広範囲にわたったのですが、その中でも学生たちが一番混乱していた場所は図書スペースでした。ヒントの写真を頼りに、ステッカーが隠されている本を隅々まで探したため、様々な本の配置場所を十分把握することができたのではないでしょうか。
 集めたステッカーを合わせるとパズルが現れ、一番早く解くことが出来た草本チームには、ラーニングメンターたちから景品としてお菓子が贈られました。

 この2日間のオリエンテーションを通して、12年生の仲がさらに深まり、チームで戦略を考え、協力し合うことで、コミュニケーションの重要性を学べたのではないでしょうか。また、ゲームを通して校内のことをよく知ることができ、楽しそうにミッションをこなす学生たちの笑顔が輝かしかったです。

 On Friday, April 8th, a Scavenger Hunt was held to find stickers hidden throughout the school using photo clues provided by the Learning Mentors. Once again, 1st and 2nd year students were divided into six new teams. As soon as the start signal was given, the teams started searching for the stickers. Here the 2nd year students took on a leadership role and guided the 1st year students around the school, helping them to find the stickers.
 The stickers were hidden in a wide range of locations including the cafeteria, classrooms, gymnasium, etc... The most confusing area for the students was the library space. The students were able to get a good grasp of where the various books were located as they searched the book shelves for the hidden stickers. To do this the students relied on the photo clues.
 When they put the stickers they collected together, a puzzle appeared. The Kusamoto team solved the puzzle first and received candy from the Learning Mentors as a prize.

 Through the two days of orientation, I believe that the 1st and 2nd year students got to know each other even better. Also, they learned the importance of communication by working together as a team in order to come up with strategies and cooperating with each other. Through these team building activities, students were also able to learn a lot about the school and their smiles shone brightly as they completed the activities.

間加田 侑里
Yuri Makada

March 28, 2022 3Dコンテンツ制作プロジェクト

 こんにちは。白山麓高専事務室の間加田 侑里です。
 2月の課外活動期間に行われたプロジェクトを紹介します。このプロジェクトでは、アメリカ製3D画像撮影カメラ「Matterport」を使用し、学生たちが校内の撮影を行い、建物をオンラインで閲覧できる3D空間化しました。Matterportとは「リアルな空間を3DVR空間化するカメラ」で、これで撮影した3D空間をWeb上やVRゴーグルを使用し、自由に移動することができるため、いつでもキャンパス見学が可能となります。まずは実際に制作したものをご覧ください。

校舎: https://my.matterport.com/show/?m=MLkmuWVrTgC&play=1
学生寮:  https://my.matterport.com/show/?m=SaYCk8b1ZpL&play=1
カフェテリア:  https://my.matterport.com/show/?m=1X3iUM4Vpna&play=1

 実際に出来上がった3D空間を操作するとわかる通り、ポイント間の移動はスムーズにでき、その場に足を運んでいるかのような臨場感溢れる仕上がりとなっています。写真や動画リンクを埋め込むことで、校舎のさまざまな箇所に関連したコンテンツを見せることができます。この3D空間を作成するために、約2週間掛けて、700か所以上の校舎の撮影を行いました。

 このプロジェクトには1年生の泉屋 匠吾さん、柿田 紗蘭さん、橋谷 龍斗さん、三輪 恵万さん、2年生の勝方 正宗さん、酒井 瞭さん、戸塚 裕基さんが参加しました。作成した3D空間は、本校のWebサイトから見られるようになりますが、他にも進学説明会などでの学校紹介で使用する予定です。学生たちは、自分たちが入学前に白山麓キャンパスの施設内でどのような生活が送れるのか、学生寮のレイアウトなど、事前に知りたかったことを思い出しながら、教室班、コモンズ斑、体育館・寮班の3チームに分かれ、それぞれ撮影とコンテンツ制作に取り組みました。
 撮影ポイントにも学生のアイデアを盛り込みながら撮影を進めました。コンテンツ制作では、学生たちが各教室やポイントに取り入れたい授業中の写真や動画、イベントが記載されている白山麓ジャーナル、校内を説明するための動画制作にも取り組みました。
 学生たちが撮影し終え、出来上がった3D空間を楽しそうに探検している様子が印象的でした。Withコロナで国内の移動やキャンパス見学の機会が制限されている今だからこそ、3D空間を利用したバーチャルツアーは、移動を伴わずオンライン上で手軽にキャンパスを見学することができるので、今の時代に非常に有効な手段だと思いました。 

間加田 侑里

 Hello. This is Yuri Makada from the Hakusanroku office.
 I would like to introduce a student project that took place in February. In this project, students took pictures of the campus using "Matterport," a 3D imaging camera. It is an American camera that converts real space into 3DVR space, and with this the photographed 3D space can be freely navigated on the web or using VR goggles, allowing visitors to tour the campus at any time. First, please take a look at what we have actually produced.

School building: https://my.matterport.com/show/?m=MLkmuWVrTgC&play=1
Student dormitory: https://my.matterport.com/show/?m=SaYCk8b1ZpL&play=1
Cafeteria: https://my.matterport.com/show/?m=1X3iUM4Vpna&play=1

  As you can see when you navigate the actual 3D space, you can move smoothly from point to point, and the result is so realistic that you feel as if you are visiting the place. By embedding photos and video links, we can show content related to various parts of the school building. To create this 3D space, the students spent about two weeks photographing more than 700 locations in school buildings.

  First-year students Shogo Izumiya, Saran Kakita, Ryuto Hashiya, and Ema Miwa, and second-year students Masamune Katsukata, Ryo Sakei, and Yuki Totsuka participated in this project. The 3D space they created will not only be available on the school's website, but will also be used to introduce the school at information sessions and other events. The students were divided into three teams (classroom group, Commons group, and gymnasium/dormitory group) and each team took pictures and created content. They remembered what they wished they had known in advance before they came to ICT, such as what kind of life they could expect at Hakusanroku Campus and the layout of the dormitories before entering the school. Each group then began to film and create content about their area.
 The filming proceeded with students' ideas incorporated into the filming points. In content creation, the students also worked on producing photos and videos of classes that they wanted to incorporate into each location, a Hakusanroku Journal article with information about events, and videos about the school.
 It was impressive to see the students enjoying exploring the 3D space that they had created. With life during the COVID-19 pandemic, the opportunity to travel and visit the campus is now limited, so a virtual tour using a 3D space is an easy way to see the campus online without traveling. I thought it was a very effective tool in this day and age.

Yuri Makada

【3DVRコンテンツ関連トピック】
◆バーチャル・キャンパスツアー

HOMECampus LifeHakusanroku JournalCampus Life

PAGETOP