国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル:Campus Life

May 30, 2019 Student Interview

こんにちは、ジョナサンです。今日のジャーナルでは、1年の田中立輝さんにICTに入ったきっかけなどをインタビューしました。

田中 立輝
国際理工学科1年 東京都出身

―国際高専に入学したきっかけは何ですか?

 きっかけはおととしと去年のサマーキャンプに参加したことです。その前は地元の高専を受験することも考えていましたが、国際高専のキャンパスを見てこっちのほうが良いと思いました。

―どういったところが良いと思ったのですか?

 英語も勉強できるし、金沢工業大学が隣接していて設備が充実しているから、自分の夢に近づけると思ったんです。

―立輝さんの夢とは?

 「自動病巣診断システム」を作るのが夢です。AIが自動で患者さんを診断するシステムです。

―どうしてその夢を持ったのですか?

 中学2年生の時に「コンビニのおにぎりの値段がなぜ安いのか?」という授業があったんです。理由としては大量に作られているからでしたが、その陰では大量に捨てられていることを知りました。捨てられるおにぎりを届けることが出来たら餓死せずに済んだ人がたくさんいると考えているうちに海外で医療に関わりたいと思うようになったんです。そのため大学院に進学して世界で活躍できる力を身につけたいと思ったのです。

―国際高専に入学して1か月が経ちましたが、学校生活はいかがですか?

 共感できる友人が多いです。ここは専門性のある学校なので、家に3Dプリンターを持っている人や、ドローンを組み立てている人など、ものづくりに興味がある人が集まっています。その人たちから学ぶこともありますし、話をしていても楽しいです。
 勉強は忙しいけれど、やっていて楽しい宿題もあります。例えばこの間はボールペンの素材を観察して、なぜこの部分にこの素材が使われたのかを考えてレポートを書く宿題がありました。このように考えさせられる宿題もあります。

―英語での授業もたくさんありますが、いかがですか?

 日本語で習っていても難しいSTEM科目を英語でやるので難しいです。でも周りには海外で生活して英語をメインに使ってきた仲間もいるので、質問をしたり、分からない所を教えてもらうこともできます。また、出来るだけノートを英語で取って慣れる様にしています。

―寮生活はいかがですか?

 もともと寮生活というか、大人がいない生活に憧れがありました。兄が寮に住んでいて、訪ねた時にいいなぁって思っていました。最近は夜に寮のみんなでカップ麺を食べるのが流行っています。

―休日は何をしていますか?

 宿題が多いので宿題をしたり、のんびり過ごしている人が多いです。僕は時間がある時は友達とドローンを飛ばしたり、学校の前にある道の駅でそばを食べたりしています。

―白山麓に学校があることについてはいかがですか?

 学校の周りはいわゆる限界集落で、過疎化が進んでいる地域です。白山麓に住みはじめて、その現状を知ることができました。社会問題を身近かに感じることで、課題解決のためのアイデアが湧きやすい環境だと思います。

―最後に、いま受験を控えている中学生にメッセージはありますか?

 進学先を考える時、やりたいことみつけて学校を選ぶべきです。じゃないと楽しくない。僕も兄も目標ができてから成績が伸びたので、やりたいことを見つけて、目標を持って頑張れば成績を伸ばせると思います。

May 23, 2019

こんにちは。国語科のKTBです。白山麓ジャーナル三回目の執筆です。私は、アナログレコードを今でも買い続けています。ほとんどは、アコーステイックギターやエレクトリックギターのシンプルな伴奏に歌が入っているものです。以前に友人から、そんなにギターが好きなのにどうして自分で弾かないの?と言われたことがきっかけで、自分でも弾くようになりました。かなり年をとってから始めたので、なかなか上達しません。いつかジョアン・ジルベルトのように……と思いながら、「ジョアン遙かなり」のまま人生終わりそうです。人前では緊張して指が震えてしまうので、いつもは自宅で愛する妻に囁くように歌っています。(……妻の耳には届いていないようですが。)

さて、S科1年生の佐藤俊太朗くんが、ギターにチャレンジしたいということで、部活動のない放課後に、夕食までの短時間ですが一緒に練習することになりました。最初は、簡単なコードひとつ押さえるのも大変でしょうが、少しずつ積み重ねていけば、白山麓の二年間で私より上達するものと期待しています。若者の伸びしろ畏るべしですから。

人生は、ギターがある人生と、ギターがない人生の二種類です。(あ、でも六月になったら、庭に薔薇咲く人生と咲かない人生とか、雪になったら、スキーがある人生とない人生とか、おでんに車麩が……とか、ちょっとした大切なものはいっぱいありましたっけ。)

閑話休題、一本のギターが佐藤くんの人生に潤いを与えてくれるものになれば幸いです。 気長に続けていきましょう。

潟辺 豊

佐藤くん、なかなかきまっているじゃあないですか、前途有望です。

 

Hello. It's your Japanese teacher, KTB. This will be my third entry for the Hakusanroku journal. One of my joys to this day is buying analog records. I usually choose simple accompaniment music by acoustic guitar or electric guitar. One day a friend asked me "If you like guitar music so much, why don't you play it yourself?" so I decided to give it a try. It's been a slow progress since I started so late. My initial goal was to become like Joao Gilberto but I'm afraid he will always be in the far distance throughout my lifetime. I get anxious in front of an audience, so I mostly only play love songs for my lovely wife. (Alas, apparently they do not reach her ears)

It turns out that 1st-year S department student Shuntaro Sato is also interested in learning the guitar, so we decided to find time to practice together before dinner on days with no club activities. At first, even the simplest cords may seem difficult. However, I believe with patience, he can surpass my level in the two years here at Hakusanroku. Do not underestimate the speed of young learners.

There are two types of lifestyles. Those with a guitar and those without. (Oh wait, but in June there are the lifestyles of with or without roses in the garden, and when it snows there are with and without skiing, and Oden and Kurumabu, and… Apparently life is actually filled with a lot of important stuff.)

Back to the subject, I hope this single guitar can add entertainment to Sato-kun's everyday life. Take it easy and keep at it.

Yutaka Katabe

May 18, 2019

Phillip and I have started a 3 times a week morning running club. On Mondays, Wednesday and Saturdays we meet outside the gym at 7:20 and run 3 times around the campus. This is about a 2km run and takes 10 to 15 minutes. All faculty members and students have been invited to participate and sometimes they do. Usually there are between 2 and 6 runners and a mix of students and teachers.

On the run we chat about what is going on at school and outside of school. So besides physical exercise, it’s also social exercise. Maybe in the future, we will take some students to run in a 5km road race.

Ian Stevenson

最近フィリップ先生と早朝ランニングのクラブを始めました。月水土の週3回、7時20分に体育館の前で集合して、キャンパスの周りを3周走っています。だいたい2キロの距離で、10~15分くらいかかります。先生と学生にも声をかけて、日によって2~6人のランナーが参加しています。

走りながら学校や様々なことをお喋りしますので、体だけではなく、会話のトレーニングにもなりますよ。いつか学生と一緒に5キロのロードレースに出場したいですね。

イアン・スティーブンソン

April 26, 2019 Wild Vegetable Tempura

Hi, it's Jonathan, the camera man. I hope everyone is looking forward to a wonderful golden week holiday. On April 24, the last Wednesday before the break, ICT held a Wild Vegetable Tempura party at Hakusanroku campus. The Nature & Adventure club members picked the wild vegetables ("sansai" meaning "mountain vegetable" in Japanese) last Sunday as part of their club tryout activity. Read about this in Yamazaki sensei's journal below. Local members of the community gathered to prepare and cook the sansai. Mr. Owari, the coach of the Nature & Adventure club, also demonstrated his wildlife skills by cleaning and slicing an Iwana fish. (Iwana are local river fish of the Hakusanroku area.) Some of the students challenged themselves at this art, and you can see their results in the video below. Both the sansai tempura and sashimi/fried Iwana were extremely delicious, and vanished in no time.

After the party, Shinichi Hiramatsu, who is an expert of the nature and wildlife of Hakusan, conducted a lecture about the wild vegetables, animals, and nature of the area. He explained in detail about when to find each wild vegetable and the best way to cook it. He also displayed bones and animal fur of local animals. The lecture was not short. However, I could see the fascination of the students throughout Mr. Hiramatsu's talk. I also noticed their enthusiasm sparked Mr. Hiramatsu in turn, as he spoke in depth about each specie. Altogether, the party was a great success and I believe we will see an increase in the Nature & Adventure club members. As Mr. Owari said at the end, Hakusanroku campus is actually located in a very special place. There is rich nature and wildlife literally five to ten minutes outside our doorstep. I hope the students enjoy and make the best of their two years here at Hakusanroku.

やあ、ジョナサンです。皆さんも楽しいゴールデンウイークを計画していることと願っております。4月24日(水)に、国際高専の白山麓キャンパスで山菜天ぷらパーティーが開かれました。この山菜は先日Nature & Adventure clubのメンバーがキャンパス近隣で集めてきたものです。詳しくはぜひ下の山崎先生のジャーナルを読んでください。地元の方も集まって、採った山菜をおいしく調理してくれました。Nature & Adventure clubのコーチ、尾張さんはイワナを華麗にさばいてみせ、学生もこれに挑戦しました。(イワナは白山麓エリアで獲れる地元の川魚です。)動画では、学生が魚の皮を剥ぐ挑戦をしています。山菜の天ぷらも、イワナの刺身と揚げ魚も驚くほど美味しく、あっという間に無くなりました。

パーティーのあとは、白山の自然に詳しい平松新一さんによる講義を行いました。採れた山菜の詳細やおいしい調理方法、骨や毛皮を見せながらの白山に住む動物の説明など、長時間の講義にも関わらず平松先生の話に興味津々の学生の姿を見ることができました。学生の良い食いつきに、平松先生も話に熱が入っていました。今回の特別活動を経て、Nature & Adventure clubに入部する学生が増えるのではないかと思います。非常に楽しい時間でした。締めの言葉で尾張さんも言っていましたが、この白山麓キャンパスは、他ではなかなか出会えない豊かな自然が5~10分移動するだけで見ることができる、実はとても特別な場所にあるのです。興味を持った学生がこの2年間を十分に楽しめることを期待しています。

Jonathan
ジョナサン

April 23, 2019 Wild Vegetable Picking

 白山麓キャンパスでは今年度からNature and Adventure ClubDesign and Fabrication ClubLanguage and Culture Clubというクラブが結成され、すべての学生が少なくとも1つに所属することになりました。Nature and Adventure Clubの顧問は私と潟辺先生(国語)、フィリップ先生(体育)、山下さん(事務局)の4人に加えて、野外活動のインストラクターで自生熟代表でもある尾張由輝也氏がコーチとなりました。4月は仮入部期間ということで、学生は各クラブを自由に覗いて自分に適したクラブを選択することになっています。

 Nature and Adventure Clubでは、4月21日に体験入部企画として山菜採りを行いました。9名の学生達とともに、キャンパス近隣の野山で尾張コーチの講義を交えながら、山菜採りを行いました。タラノメ、コシアブラ、コゴミなど、都市生活ではなかなか目にすることのできない山菜がたくさん収穫でき、学生たちは、白山麓の自然を学び、満喫した様です。採れた山菜は4月24日に開催予定の特別活動「自然教室」で天ぷらにして全学生ならびに地元住民の方々に振舞われる予定です。

 Nature and Adventure Clubでは、5月以降、農作業、登山、沢登り、ホタル観察、天体観察、釣り、野生動物観察、収穫祭、スキーなど様々なメニューを地域住民とともに用意し、白山麓キャンパスならではの活動にして行く予定です。

 From this fiscal year, Nature and Adventure Club, Design and Fabrication Club, and Language and Culture Club have been established on the Hakusanroku campus, and all students will belong to at least one of them. The advisors of Nature and Adventure Club are me and Prof. KATABE (Japanese), Prof. Philip (Physical Education), and Mr. Yamashita (Secretariat). In addition, Yukiya Owari, an outdoor activity instructor and a representative of Jiseijyuku, is a coach. In April, students are free to go through each club and choose the club that suits them.

 On April 21, wild vegetable picking was held as an experience joining program. We conducted wild plant picking together with nine students at mountains near the campus with Owari coaches. Students learned and enjoyed the nature in Hakusanroku, with lots of wild vegetables such as Taranome, Kosiabura, Kogomi and so on that are not commonly seen in urban life. The harvested wild vegetables will be tempura in a special activity "Nature classroom" scheduled on April 24, and will be served for all students and local residents.

 Nature and Adventure Club will carry out various menus such as farming, mountain climbing, canyon walking, fireflies observation, astronomical observation, fishing, wildlife observation, harvest festival, skiing and so on with local residents, which will be distinctive activities in Hakusanroku campus.

山崎俊太郎
Shuntaro Yamazaki

April 8, 2019 Special STEM Week!

Hello, it's Jonathan the camera man. Last month before spring break, ICT held it's special extracurricular activity week in the Innovation Hub. The Innovation Hub is the building next to ICT that contains the Institute for Regional Revitalization and Innovation (IRRA) of Kanazawa Institute of Technology (KIT) and is the site for innovation targeting the local community and rural areas in collaboration with various corporations and KIT students.

During March 4 to 13, ICT invited professors from KIT and forerunners in various professional fields to conduct special classes on themes such as art, science, engineering, and design. I was able to visit some of these special classes and see all the interesting and cool things students were doing before the end of the school year. Here's my report.

Robotics

On March 4, the course "Learning how to create a sustainable society from evolution" was held by honorary professor Ryoji Suzuki and professor Ryuichi Sato. In this course, students learned about current robot technology with ideas inspired from animals and wildlife. The students already experienced making robots with LEGO EV3 using biomimicry in Engineering Design this semester, and this class took that experience one step further by introducing various examples of robots actually used in our society to create a sustainable world.

AI

The class on Match 5 was titled "A fun way to utilize AI" and was held by Takayuki Fukuda (KIT) and Takuya Umeki (KRI). In this class, students learned about artificial intelligence that can learn text and images. In the second half, students and teachers were divided into two teams for an ideathon in which they used the AI to actually design and create a program. Team A created a AI that can determine the mood of someone from their facial expression. Students took pictures of themselves with various faces, which they fed to the AI to be studied and learned. Team B created a system that recognized the weather outside and projected a different atmosphere on the classroom wall for a more attractive study environment. Similarly, they gave the AI various images of sunny and rainy weather. Both systems worked surprisingly well considering the limited time each team had.

Photography and Art

The course "Art and self expression using photography" was held for two days, March 7-8, by Yuichiro Ito of CIVILTOKYO. Mr. Ito is a designer based in Tokyo and is was one of the forerunning professionals ICT invited as instructors for this special week. After a unique introduction using photographs to set the stage, the class went right to work. Students were divided into pairs to create a photo art book. There were no restrictions and students were free to express themselves anyway they chose. Students were excited with the interesting assignment and went about designing their ultimate art book. Some students took and edited photos in Photoshop, while others created works of art using post-its, or a blackboard and chalk. On the afternoon of the second day, students gave presentations of their photo art books, which you can view in the videos below.

Design and Storytelling

On March 11, we were joined by Takayuki Ishii and Keita Furusawa of Shitateya-to-Shokunin. This class was titled "The Force of Storytelling." It began with an introduction of what a story is and how to tell one. Then, students were divided into two teams, to create their own story. Each team was given a persona from the Japanese anime "Doraemon", and were given the task to dig into their personalities to find a conflict or problem worthy of story development. Students brainstormed and narrowed down ideas for their characters, and created a story with an original "futuristic Doraemon item." You can watch their final presentations in the video below.

Biology

The final special course was conducted by associate professor Junichi Sagara of KIT. This course was titled "Let's experience DIY bio research. Genetic analysis using BentoLab." Students learned how to examine the DNA of various plants using BentoLab and Mr. Sagara gave lectures on the history of genetic modification and its ethical problems and restrictions. Also, university students joined each group and Hakusanroku students had a chance to interact with their older and more advanced seniors in the biology field.

Conclusion

Altogether, I believe the special classes were an enormous success. They were short bursts of in-depth learning experiences in a wide range of design and engineering fields. They were interesting, new, and taught by forerunners or specialists of that field. It was a fresh and stimulating experience for the students, which I would not be surprised to see having an impact on what path they decide to follow in the future. Also, I was happy to see many signs of growth from the students. Many of the Photoshop skills students used to create the photo books were learned in Computer Skills class. Each team used the design thinking methods in their groups, which they used countless times over the year. They were quick and organized when creating a presentation, dividing the team members up depending on their skills. It was like seeing a team of superheros who fought threw many battles together and understand each other's strength and weaknesses. I don't believe the students really realize this growth themselves, but these are important skills for innovators of the future. Go go superheros of ICT!

Jonathan

 

2019年4月8日 3月の特別課外週間

こんにちは、カメラマンのジョナサンです。3月の春休み前、白山麓キャンパスの学生を対象に特別課外活動がイノベーションハブで開催されました。イノベーションハブは国際高専と通路でつながっている建物で、金沢工業大学の地方創生研究所の拠点です。金沢工業大学の学生や企業が協働して地域連携や技術研究を行う場所になっています。

34日~13日の約一週間、ここに金沢工業大学の教授や複数の分野のプロフェッショナルを招待して、アート、サイエンス、エンジニアリング、デザインの知識や経験を積んで、関心を高めることを目標とする課外活動が行われました。これらの特別な授業にいくつかお邪魔させてもらったので、その時の様子について書きたいと思います。

ロボティクス

34日に行われた「生物の進化に学ぶ持続可能社会」は金沢工業大学の鈴木良次名誉教授と佐藤隆一教授が登場し、自然界や生物の仕組みや応用した最新のロボティクス研究についての講義が行われました。白山麓キャンパスの学生はすでにエンジニアリングデザインでバイオミミクリーを使ったロボットをLEGO EV3で作る活動をしており、その経験を踏まえて、持続可能社会のために実際に使用されているロボットの例を取り上げながら知識をさらに深める内容となっていました。

AI

3月5日の「楽しくAIを活用する方法」は金沢工業大学の福田崇之さんと、金沢総合研究所の梅木拓也さんによって行われ、学生は文章や画像を学習することができる人工知能について学びました。後半では学生と先生が2つのチームに分けられ、実際にAIを使ってプログラムを作るアイデアソンが行われました。学生のチームは、自分たちの様々な表情の写真を撮ってAIに読み込ませ、表情から感情を読み取るプログラムを作りました。先生のチームは様々な天気の写真を読み込ませることによって、外の天気を感知してそれに応じた環境を教室の壁に表示するプロジェクターのシステムをデザインしました。限られた時間の中で作ったにも関わらず、それぞれのAIは驚くほど正確に機能しました。

写真とアート

37日~8日の2日間行われた「写真を通したアートによる自己表現」の授業は、CIVILTOKYOの伊藤佑一郎さんが講師を務めました。伊藤さんは東京で活動するデザイナーで、国際高専が招待したその分野のプロフェッショナルのひとりです。写真を使ったユニークな自己紹介のあと、さっそく本題に入りました。この2日間の目標はペアを組んでオリジナルのアート・フォトブックを作ること。制限などは特になく、学生は自由に自己表現することができました。面白い課題を与えられた学生は究極のフォトブックの制作に全力で取り組みました。写真を撮ってPhotoshopで編集するペアもいれば、紙や黒板を使ってアートを作る学生もいました。2日目の午後には発表会が行われました。動画にまとめましたので、ぜひご覧ください。

デザインとストーリー

311日は仕立て屋と職人の石井挙之さんと古澤恵太さんを講師に迎え、デザインとシナリオ構成を学ぶ「物語の破壊力を体感!」の授業が開催されました。前半では自己紹介やシナリオ構成についての講義がされ、後半では学生が2つのチームに分けられ、オリジナルのシナリオ構成に挑戦しました。ドラえもんの登場人物からペルソナをひとりを選び、そのキャラクターが持つ課題・問題・障壁を洗い出し、それに関連したオリジナルの道具が登場するドラえもんのエピソードを作りました。内容については動画をご覧ください。

生物

最後の特別授業は金沢工業大学の相良純一准教授による「DIYバイオを体験してみよう!BentoLabによる遺伝子解析実験 ~植物DNAの抽出と制限酵素処理、電気泳動実験~」と題され、学生はBentoLabを使った遺伝子解析実験や、相良准教授による遺伝子組み換えの歴史やその規制についての学習をしました。各グループに大学生も参加し、生物学の先輩と交流する機会にもなりました。

感想

全体を通して、この課外活動週間は大成功に終わったと感じました。1日という太く短い学習体験は刺激的で、様々なデザインやエンジニアリングの分野を広く触れる機会になりました。それぞれの分野のプロフェッショナルを呼んだことによって、学生にとっても新鮮で面白く、関心が持ちやすかったです。将来のビジョンにも影響があってもおかしくないと思います。さらに、これらの活動を通して学生の成長を感じました。例えば、アート・フォトブックを作る時に使ったPhotoshopはコンピュータスキルズで学んだものだし、チーム活動をする時に自然とデザインシンキングの手法を使っていました。また、それぞれの得意分野を活かして効率よく役割分担を行う学生たちは、まるで幾つもの戦線を共に潜り抜けてきたスーパーヒーローのジャスティスリーグのようでした。おそらく、学生たちは意識すらしていないと思いますが、これらのスキルは他人と協働する未来のイノベーターには不可欠なものです。頑張れ、白山麓のスーパーヒーロー達!

ジョナサン

March 29, 2019 Reflection on the first year at Hakusanroku campus

Final exams finished on February 28th, followed by the special courses by invited instructors from March 4th to the 13th. The closing ceremony was on the 14th and graduation on the 15th. Now, all students have returned to their families and Hakusanroku campus is unusually quiet.

It has been a dense experience this year with many ups and downs ever since the first-year students first arrived on March 30th last year.

On March 11th, we celebrated this academic year's final birthday with sushi. Starting with our first birthday party in May, we have celebrated every student's birthday with ice cream or pizza depending on their request. I am looking forward to how the students will celebrate the new students' birthdays from 2019.

As we quietly await the arrival of our new students, I also look forward to seeing the students interact in various activities including the three new club activities starting in April:

  1. Nature & Adventure
  2. Design & Fabrication
  3. Language & Culture

Shinobu Ohara

 

2019年3月29日 白山麓キャンパス初年度を終えて

2月28日で後期末試験が終了し、3月4日から13日までは外部講師を招いての課外活動、14日終業式、15日卒業式の後、学生達はそれぞれ保護者のもとへと帰省中のため、現在、白山麓キャンパスは、ひっそりとしている。

1年前の2018年3月30日、新入生たちが入寮して以来、楽しい事も大変だったことも含め密度の濃い1年だった。

3月11日、本年度最後のバースデーパーティをお寿司で祝った。昨年5月に最初のバースデーパーティをして以来、バースデーボーイ(ガール)のリクエストに応えて、アイスクリームやピザでお祝いをしてきた。2019年度は新入生を迎え、どんなバースデーパーティを学生達が企画してくれるのか、今から楽しみにしている。

3月31日新入生を迎えるまで、あと少しひっそりとした白山麓キャンパスで過ごしながら、4月より発足される3つのクラブ活動:

1) Nature & Adventure 

2) Design & Fabrication 

3) Language & Culture

や、その他様々な活動を通して、学生達の更なる活発な姿をみられることを今から楽しみにしている。

 

大原しのぶ

March 27, 2019 Smash Brothers Nostalgia

When I was in college my close friends and I had a routine we followed every week. We would finish school or work and then meet at my friend’s house. My friend, Ryan, had gym equipment in his basement. We would go to his house to workout about three times a week. More importantly, Ryan had a T.V. and a gamecube. So, after working out we would often gather around the T.V. and play “Super Smash Brothers Melee.” It was a fun way to end our day of hard work.

This happened over twelve years ago! However, recently I have been joining the learning mentors and the students after learning session. About once a week, we gather and play the newest Smash Brothers game. It is really great to see everyone laughing and having fun, just like when I was in college. I really find it interesting that even though the technology and my life has changed a lot the atmosphere still feels the same. I think video games are usually seen as a waste of time or something negative that students do. However, this time has reminded me that all tools can be used for good or bad purposes. In this case, I can really see how video games bring people together.

Edward Basquill Jr.

2019年3月27日 スマッシュブラザーズノスタルジア

私が大学生の時、仲の良い友達と毎週行う恒例行事がありました。まず、学校か仕事が終わると友達の家に集合します。友達のライアンは家の地下室にトレーニングルールを持っていて、私も週に3回は彼の家に行って筋トレをしていました。もっと重要なことに、ライアンはテレビとゲームキューブも持っていたのです。運動したあとは、よくテレビを囲んで大乱闘スマッシュブラザーズをプレイしました。頑張った一日を締めくくる楽しい時間でした。

これは12年以上前の話!しかし、最近私はラーニングメンターと学生たちとラーニングセッションのあとに集まっています。週に1度ほど、私たちは集まって最新作のスマッシュブラザーズをプレイしています。全員が大笑いして、楽しそうにするのを見るのはとても嬉しくなります。まるで大学生のあの頃に戻ったようです。こんなにも時代が進んで、私自身の身の回りの環境が変化しても、私を取り巻く空気は変わらないんですね、不思議です。テレビゲームを時間の無駄、あるいは学生にとって悪影響を及ぼすと思っている人も多いと思います。しかし、すべての道具は善用も悪用もできるのです。みんなと過ごした楽しい時間がそれを教えてくれました。私たちにとって、テレビゲームが人と人をつなげる役割を担うのです。

エドワード・バスクェル・Jr

March 12, 2019

Hello everyone. I’m James Taylor, one of the English teachers at ICT.

We’re just a few days away from the end of the academic year – our first as ICT and our first at Hakusanroku Campus. I’m sure all the students, staff and faculty are eager for the spring vacation to start, but the end of the year is the perfect time to look back on what we have done and achieved over the past 12 months, as well as to consider how we can improve in our future efforts.

Personally, I have experienced many new things during the past year. I have taught a writing course; shared a class with three other teachers; helped facilitate an international conference; participated in a Design Thinking workshop for visiting students; been a guest on a live radio show; started recording my own radio show; seen monkeys, snakes and birds of prey from my living room window – all for the first time. I’ve also had the chance to work closely with colleagues from other disciplines, with whom I don’t think I would’ve had much interaction with on any other campus.

I’m looking forward to the holiday, but I’m also looking forward to meeting our new first year students at the end of March and seeing how our second year students get on as they prepare to go to New Zealand. It’ll be interesting to see how they, and ICT in general, develop over the next year.

Cheers!

 

2019年3月12日

こんにちは。国際高専で英語を教えているジェームス・テイラーです。

そろそろ国際高専と白山麓キャンパスの一年目が終わります。学生、スタッフ、教員のみなさんは春休みを楽しみにしていると思いますが、今の時期は1年間にやったことやできたこと、そしてこれからどうやってもっと良くできるのを考える時期です。

今年、僕はいろんな新しい経験がありました。英語のライティングの授業を教えて、他の3人の先生と一緒に授業をして、国際学会のボランティアをして、見学に来た学生のデザインシンキング体験のファシリテーターをして、生放送のラジオ番組に出演して、自分のラジオ番組を作り始めて、リビングから猿や蛇、タカやワシを見ました。そして、白山麓キャンパスのおかげで英語の先生だけではなく、他の科目の先生との交流が増えました。

僕も春休みを楽しみにしていますけど、新しいい1年生に会うのも、2年生の成長を見るのも、国際高専の発展を見るのが楽しみにしています。

March 12, 2019 Harvest Season

It is that time of the year when all students all over Japan are busy taking exams and tests of all kinds. Taking tests is not a fun experience to go through for anyone. Especially when the results of what people do on a test paper for only 50 or 90 minutes can affect their future in a good or bad way. It is a dramatic life turning point. Results of tests should be seen only as one of many signs of skill and knowledge mastery. Passing or getting good scores in tests should not be a goal or the sole way of judging achievements. I believe that tests can be used as a learning experience not a goal to aim for on its own.

Different from most of the schools, the ICT educational program is not test-centered. Besides exams, there are many other ways that we use here to measure learning progress and skills development. I had a lot of fun last week watching students` various presentations either in Biology or Engineering Design courses. In Biology, students researched new or studied topics on their own. Seeing many of them confidently presenting gave me an impression on how much they enjoyed the researching experience. The amount of knowledge they found out and were excited to share cannot be measured on a piece of paper.  The Engineering Design products that students made grew and improved from their original ideas. The students' understanding also grew and improved. The amount of skills gained from those kind of experience is unmeasurable.

In Chemistry, the course that I teach, students were busy mastering that interesting yet challenging knowledge and content through group discussions, experiments, projects, notetaking and problem solving. While deepening their understanding of basic chemistry concepts, students improved learning skills that will stay with them for their life time. They are getting better in lots of learning skills as taking effective notes, or accessing the chemistry textbook, the English language of the book is college level and can be tough even for native English speakers. Besides books, tests and projects, students were also required to build up a chemistry portfolio that shows learning evidence and their reflection and comments on their own learning process. I was so happy to read their comments and reflections, it helped me also to know their interests better. They seem to recognize their strength and weaknesses, which will help them improve even more over next school year. The effort that they made was helping their learning skills ripen as a fruit on a tree that is getting ready for a harvest. Reaching aimed goals is a great pleasure. Seeing results of your efforts relieves all the stress and pressure the person has gone through time. 

Pictures down here show students enjoying presenting and trying the card or board games they created to participate in the “The Element Game Innovators” competition. The best three games will be available in the Learning Commons for the future students to enjoy playing.

 Nagwa Fekri Rashed

2019年3月12日 収穫期

この時期は日本中の学生が様々な種類のテストを受けています。テストを受けるというのは楽しい体験ではありません。特に、1枚の紙と50分~90分の結果次第では自分の将来に大きな影響を与える場合はなおさらです。人生の大きな分岐点です。テストの結果はあくまでスキルや知識の熟達を測る指数のひとつであるべきです。テストで良い点数を取ることや、合格したりすることが目標になってしまったり、成果を測る唯一の方法になってはなりません。私はテストが学習のための手段であり、テストが目標になるべきではないと思います。

多くの学校と違って、国際高専の教育はテスト中心ではありません。テスト以外にもたくさんの方法を使って学生の進行度やスキルの熟達具合を測ります。先週、学生たちは生物とエンジニアリングデザインで発表を行いました。私も楽しく拝見させてもらいました。生物では、学生たちは授業で学んだ内容や興味のあるテーマについてリサーチと発表を行いました。楽しそうに発表している姿を見ると、リサーチすることを楽しんでいる印象を受けました。彼らが自分たちで発見し、発表という形で共有したいと思った知識はテスト用紙で測れるものではありません。エンジニアリングデザインの成果物は学生のアイデアから生まれ、学生の手によって形になりました。製作を行う中で、学生たちのものづくりに対する知識と経験も同様に成長しました。これらのプロジェクトから得られた技術や経験も計り知れません。

私が教える化学の授業では、学生たちは面白くも難しい知識の修得をグループディスカッション、実験、プロジェクト、ノート取り、課題解決によって行ってきました。化学の基本的なコンセプトの理解を深めつつ、生涯役に立つような学習スキルを体得しました。ノート取りや化学の教科書の使い方が上達しています。使用している英語の教科書は大学レベルのもので、ネイティブスピーカーも苦戦する可能性があるにも関わらず、です。教科書、テスト、プロジェクト以外に、学生は自身の上達の証拠とその感想を記載した化学のポートフォリオの作成を義務付けました。彼らの感想を読むと、同時に興味がある分野もわかるのでとても嬉しくなります。学生たちはそれぞれ自分の長所と短所を把握しているようなので、来年はそれを活かしてさらに成長してくれることでしょう。彼らが学習スキルを実らせるために行った努力は、果実園が収穫期を迎えるかのごとく熟成させたことでしょう。設定した目標を達成することは快感です。努力が実を結ぶことを目にすればそれまでのストレスやプレッシャーを全て消し去ってくれます。

載せた写真には、学生たちがプレゼンテーションを行ったり、「ザ・元素ゲーム・イノベーター選手権」のために製作したカードやボードゲームを試遊したりしている姿が写っています。もっとも高評価だった3つのゲームはラーニング・コモンズに設置され、今後入学する学生も楽しむことができるようになります。

ナグワ・ラシィド

HOMECampus LifeHakusanroku JournalCampus Life

PAGETOP