国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル:Campus Life

November 6, 2019 Halloween

学生のハロウィン仮装(女子)

Hello, it's Jonathan, the camera man. Last week was Halloween, and many students dressed up to enjoy the occasion here at Hakusanroku campus. Halloween is an interesting event because it takes place on a regular school day. As you can see in the pictures below, teachers also dressed up and taught classes in their costumes. The Language and Culture club carved jack-o'-lanterns which were put on display in the Living Commons to ramp up the mood during learning session after dark. Ed sensei, who is famous for his sweets baking, cooked a delicious pumpkin cake with frosting. I hope next year's Halloween is as exciting as it was this year.

Jonathan

こんにちは、ジョナサンです。先週10月31日はハロウィンということで、たくさんの学生が仮装を楽しみました。ハロウィンの面白いところは通常の授業日に行われることで、下の写真のように、先生方も仮装をして授業を教えていました。また、ランゲージ&カルチャークラブはジャコランタンを作って、リビングコモンズに飾ってハロウィンの雰囲気を高めました。スイーツ作りが得意なエド先生も美味しいかぼちゃのケーキを焼いてみんなに振る舞っていました。来年のハロウィンも同じように盛り上がればいいな、と今から楽しみにしています。

ジョナサン

October 30, 2019

国際理工学科一年の佐藤 俊太朗です。先日、寮の温泉である比咩の湯のコースターを作りました。ある日、温泉のレストランにコースターがないことに気付いてスタッフに尋ねたところ、「ないのでぜひ作って欲しい」と頼まれました。素材はメーカースタジオにあった木材とコルク材で、エンジニアリングデザインで習ったレーザーカッターを使って2日で作りました。デザインはシンプルに校章と「比咩の湯」と「ICT×KIT」の文字をいれました。大きさは直径90mmすることで比咩の湯にあるガラスのコップからビールジョッキまで全ての容器が置けるようにしました。比咩の湯にコースターを持っていったところ、すごく喜んでくれたので嬉しかったです。比咩の湯に訪れた際には是非見てみてください。

佐藤 俊太朗

I'm Shuntaro Sato, first year student of the Department of Science and Technology. Recently, I made a coaster for the school's onsen, Hime-no-yu. One day, I realized there were no coasters in the onsen's restaurant and asked the staff there. He asked me to make some so I decided to do so. The coasters are made of wood and cork. They took two days to make using the laser cutter in the Maker Studio. The design is simply the words "Hime-no-yu" and "ICT x KIT". The size is 90mm so that it can hold any glass or beer bug. When I gave the coasters to the Hime-no-yu staff they were very grateful so I was happy. Please check them when you go to Hime-no-yu.

Shuntaro Sato

October 23, 2019 Spending Long Fall Nights Watching Movies

Mamoru Mukai

Summer has gone and fall has come to our campus. In fall, the nights are long, dark, quiet, cool, and with a lot of stars in the sky. People say that the fall nights are the best time to study or to read books. However, we don’t want to spend the fall nights only studying, we need fun sometimes also. So I recommend to you a kind of entertainment for the fall nights: watching movies.

You can experience many things by watching movies: life, friendship, happiness, sadness, loneliness, anger, history, fashion, music, etc. You can also travel many places in the movies. You observe many types of people or lives in the movies.

Today, I would like to recommend seven movies that I think are good for ICT students. Most of these movies are not new but good movies don’t have to be new. And you know how old I am.

The seven recommended movies are as follows:

  • Billy Elliot(リトルダンサー)
  • Nuovo Cinema Paradiso(ニューシネマパラダイス)
  • Plein Soleil(太陽がいっぱい)
  • The Shining(シャイニング)
  • City Lights(街の灯)
  • E.T.E.T.
  • Chariots of Fire(炎のランナー)

Billy Elliot is the movie about a boy who is devoted to ballet and tries to be a professional ballet dancer. The boy’s acting is marvelous. Nuovo Cinema Paradiso is an Italian movie. The story is about a middle aged movie director’s memory of his childhood and his friendship with a movie projector operator. It is a beautiful story.

Plein Soleil is a French and Italian movie released in 1960. The main character, Tom, kills his rich friend and tries to take the place of the friend. He steals all of his friend’s estate and girlfriend. Young Alain Delon (French actor) is great and his fashion in the movie is still cool today.

I think the Shining is one of the best horror movies that has ever been made. It was written by Stephen King and stars Jack Nicolson. A man who was hired as a hotel manager is possessed by the evil sprit of the former hotel owner. It is scary and there are several scenes that are startling.

Charles Chaplin directed and stared in City Lights in 1931. A homeless man sacrifices himself and helps a poor flower girl pay for her eye operation. The last scene is touching.

E.T. is an interesting story about some children’s friendship with a child extra-terrestrial (E.T.) The E.T. is so cute and the story is full of adventures and dreams. The movie was a big hit all over the world in 1982.

Chariots of Fire is a story about Cambridge University students who were track and field athletes and participated in the Olympics in Paris in 1924. Whenever I hear the words “Chariots of Fire”, I always remember a piece of music in the movie “titles”. This movie has a lot of beautiful places such as the Cambridge University campus, the town of Cambridge, and fields of Scotland, etc.

I hope ICT students will have a chance to watch the movies introduced in this article at the ICT campus during the fall nights.

I indeed love movies. I have been a movie fan for more than 50 years since I was a junior high school student. From movies, I have learned about many kinds of lives, loves, ideas, languages, cultures, and people. I’m sure the movies have helped open my eyes toward many things.

The fall nights at Hakusanroku campus are long, dark, quiet, cool, and with a lot of stars in the sky. It will be a great time to learn many things from movies.

秋の夜長を映画を観て過ごす

向井 守

夏が去り、私たちのキャンパスに秋がやってきました。秋は夜が長く、暗く、静かで、涼しくそして空に星がきらめきます。秋の夜は勉強するのに最適だと人は言います。しかし、せっかくの秋の夜を勉強だけで過ごしたくありません。時にはお楽しみも必要でしょう。私は秋の夜長の娯楽として映画鑑賞をおすすめします。

 映画を観ることで様々なことを経験できます。たとえば、人生、友情、幸せ、悲しみ、さびしさ、怒り、歴史、流行、音楽などなどです。映画の中でいろんな所に旅行できます。映画の中でいろいろな人々や人生を観察することができます。

今日、私は7本の映画をすすめしたいと思います。これらの映画はICTの学生に良い作品だと思います。私が推薦するほとんどの映画は新作ではありません。新しい映画が素晴らしいとは限りませんし、私が何歳かは皆さん知っているでしょう。以下が7本の映画です。

  • Billy Elliot(リトルダンサー)
  • Nuovo Cinema Paradiso(ニューシネマパラダイス)
  • Plein Soleil(太陽がいっぱい)
  • The Shining(シャイニング)
  • City Lights(街の灯)
  • E.T.E.T.
  • Chariots of Fire(炎のランナー)

Billy Elliotはバレエにのめりこみ、そしてプロのダンサーになろうとする少年の物語です。この少年の演技力が見事です。

Nuovo Cinema Paradisoはイタリア映画で中年の映画監督が子供時代の映画上映技師との友情を思い出すという美しい物語です。

Plein Soleilはフランス、イタリアの合作で1960年の作品です。主人公のトムは金持ちの友人を殺害し彼になりかわり友人の財産を横取りするのです。若きアランドロンが素晴らしく彼のファッションは60年後の今でもカッコいいんです。

Shiningは今まで作られたホラー映画の中で最も優れた作品の一つではないかと思います。スティーブンキングの原作でジャックニコルスンが主演しています。ホテルの管理人として雇われた男に元のホテルオーナーの霊がのりうつるんです。恐いですしドキッとするシーンがいくつかあります。

チャールズチャップリンは1931年にCity Lightsを制作、主演しました。ある浮浪者が自己を犠牲にして貧しい花売り娘を助け目の手術費を作るという物語です。ラストシーンが感動的です。

E.T.はおもしろい物です。子供と地球外生物E.T.との友情です。そのE.T.が可愛く物語は冒険と夢にあふれています。1982年の大ヒット作品です。

Chariots of Fireはケンブリッジ大学の学生で1924年のパリオリンピックに出場した陸上競技選手たちの物語です。私はこの映画の題名を聞くたびに映画の主題曲”titles"を思い出します。この映画にケンブリッジ大学のキャンパス、街並み、そしてスコットランドの野原などの美しい光景がたのしめます。

秋が夜長のキャンパスでICTの学生が今日紹介した映画をみる機会があるといいのですが。私は映画が大好きです。中学生の頃からの映画ファンなのでもう50年以上になるでしょうか。映画から様々な人生、愛、考え方、言葉、文化、そして人々を学んできました。映画は色々なところに私の目を開くことに役立ちました。

白山麓キャンパスの秋の夜は長く、暗く、静かで、涼しく、そして空には星がきらめきます。映画から色々なことを学ぶ絶好のチャンスです。

October 11, 2019

萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花

                            山上憶良『万葉集』より

 こんにちは。国語科のKTBです。秋も深まって参りました。

 下の写真をご覧ください。手前に花を咲かせているのは秋の七草の一つ、藤袴(フジバカマ)です。乾燥すると桜餅のような甘い香りを放ち、万葉の時代から親しまれてきた花ですが、今では準絶滅危惧種に指定される貴重な花です。写真の右上にもご注目ください。藤袴の蜜を求めて飛来するアサギマダラです。藤袴の蜜を選んで吸うのには理由があります。蜜に含まれるピロリジジンアルカロイド(毒性を持つ)を摂取することで鳥に捕食されないようにするため、また、ピロリジジンアルカロイドから雄蝶がフェロモンを作るためです。

 この写真は、924日に白山麓キャンパス向かいの畑で撮影したものですが、今はもうアサギマダラたちはここにはいません。彼らは旅する蝶なのです。5月の終わりに南方から飛来した蝶たちが産卵して短い生涯を終えます。そして、ここで生まれ育って蜜をたっぷり吸った蝶たちが、10月の初めに産卵のために南へ向かって飛び立ちます。『白山のアサギマダラ』(石川県白山自然保護センター、2016年)によりますと、このあたりでマーキングした蝶が、京都や山口、高知、鹿児島、沖縄などで再捕獲されています。最も遠かったのは、1857km離れた日本の最西端、沖縄の与那国島だそうです。

 昨年には、ネイチャー&アドベンチャー部の尾張由輝也コーチのお父様の尾張勝也氏がこちらでマーキングした蝶を、1,000km彼方の喜界島において、ご夫婦で再捕獲なさっています。素敵な話ですね。

 ネイチャー&アドベンチャー部でもアサギマダラのマーキングは企画していたのですが、残念ながら台風15号のために中止となってしまいました。来年は部員たちがマーキングした蝶たちを、南の島で誰かに再捕獲していただけると嬉しいですね。

潟辺 豊

Hello, KTB from the Japanese department here. Autumn is upon us at Hakusanroku.

Check out the pictures above. The flower in the foreground is called Fujibaka (藤袴), one of the "Aki no Nanakusa" (seven plants of autumn). When dried, it has a sweet scent like cherry blossom mochi and is a historically popular flower since the age of Manyo. Currently, it is one of the nearly endangered species list. Notice the butterfly in the photo. It's an "Asagimadara" sucking nectar from the Fujibaka flower. The Asagimadara butterfly chooses to suck Fujibaka nectar for a reason. The pyrrolizidine alkaloid (poisonous) within the nectar prevents birds from eating it. Also, male butterflies use it to create pheromone.

These pictures were taken on September 24 at the field across from the campus. However, there are no more Asagimadara in this area now. They are a traveling specie. They fly up from the south in the end of May to lay their eggs and live out their short lives. Then the Asagimadara born here will feed on the nectar and fly off to lay their eggs in the south. According to "Asagimadara in Mt. Hakusan" (Ishikawa Prefecture Mt. Hakusan Nature Preservation Center, 2016), butterflies marked here have been seen in Kyoto, Yamaguchi, Kochi, Kagoshima, and Okinawa. The farthest recorded one was found in Yonaguni-jima, the west farthest island of Japan, 1857 kilometers away.

Last year, Katsuya Owari, the father of Yukiya Owari, our Nature & Adventure club coach, marked a butterfly here and recaptured the same butterfly in Kikai-jima island with his wife, more than 1000 kilometers away; an astounding story.

We planned an Asagimadara marking event in the Nature & Adventure club but it was sadly canceled due to Typhoon No.15. I hope next year someone on a southern island will find butterflies we set loose here.

Yutaka Katabe

October 3, 2019 特別なお客さん

Living in the Hakusanroku area is always interesting. Every day we get to enjoy the wonderful scenery that surrounds the campus. Other teachers have written Journal entries about that.

We regularly get guests coming to look around our school, usually from businesses, universities, other schools, plus of course prospective students and their families on our Open Campus and Summer School programmes.

Occasionally we get some unexpected visitors. In the last year and a half we’ve had regular visits from the monkeys who live in the neighbourhood, and a few visits from a Japanese serow and wild boar. In August we had our most surprising visitor: a black bear, sitting in the tree just a few metres from my living room, having a snack.

Since then, we’ve been much more careful when and where we go out. Like I said, life in Hakusanroku is interesting!

James Taylor

白山麓に住むのはとても面白いです。他の先生方が白山麓ジャーナルにきれいな景色についてのことを書きました。

この白山麓キャンパスに来客者はよく見学のために来ます。この人たちはほとんど会社、大学、学校から来ています。そして、もちろんキャンパス見学会とサマープログラムに参加するために中学生と家族が来ます。

でも、「特別のお客さん」が来ます。この「特別のお客さん」は野生動物です。白山麓キャンパスができてから1年半によく猿が来ていますが、カモシカもイノシシも時々来ます。今年の8月中旬に一番面白い動物を見ました。僕のリビングから10メートルぐらいの木の上に熊がいました。

その日から出かけるときに気を付けています。白山麓の生活は面白いですよ!

ジェームス・テイラー

July 12, 2019

My journal entry for this year would have to be about the running that has been going on in campus. Both in the class and in the mornings. 3 laps. 2km. once a week at the start of class and 3 times before school not obligatory. As rewarding as it has been for the whole class to get better from consistency; the real joy for me has been getting outside in the mornings.

A lot of my personal life has become either inside a room or car, or near a screen. So to have a regular habit of bursting outside; the best being on a beautiful spring morning with flowers blooming and the sun, warm yet not hot, yelling at the world for how huge and exciting the world is – to large droplets of rain dousing me right down to the skin; thudding footsteps of water-logged shoes, and no company from the students. I still enjoy those wet 2kms though; there is truth to the saying ‘you can be cold, wet, and miserable, or just cold and wet’. It’s all in the mind.

The mornings run give me a good time to take the 2km at my own pace and have a small chat with Ian while I run, or encourage the students/others who join. At the end I always feel much better than when I started, and because it’s not that long, the run adds more energy to my day than it takes.

The students who come regularly show a great deal of grit, determination, and self-motivation. I do applaud the other students who choose to sleep, when they have stayed up so late. Yet I think that their situation would be far improved if they were able to get a good amount of sleep and come to running in the mornings.

It is my hope that the morning runs will become a habit, then tradition. I have hopes that maybe even a yearly race could happen. Encouraging the students to take their health into their own hands and away from the screens and chairs so often.

As for Ian, myself, and anyone who has joined; there is a joy of seizing the day together, and it has brightened up my spring by no small amount.

Philip Cadzow

今回の白山麓ジャーナルのテーマは校内ランニングです。体育の授業と早朝の両方。キャンパスを3周。2キロの距離。体育の始めと週に3回で参加は自由です。体力づくりの目的もありますが、個人的には早朝に外へ出るのが1番のご褒美です。

最近はプライベートの時間を部屋か車内、あるいは画面の前で過ごすことが多くなりました。ですので、外へ駆け出して輝く春の朝を、咲き乱れる花々と心地よい日差しの中、果てしなく広くエキサイティングな世界に向かって声を上げる。大粒の雨が全身を濡らし、雨水で重くなった靴が地面を打ち付ける、学生がおらずたった一人で走ったあの日が最高に生きた心地がしました。ずぶ濡れになりましたが、この2キロは楽しかったです。「寒くて濡れていて惨めなこともあれば、寒くて濡れているだけなこともある」とはよく言ったものです。全ては捉え方次第なのです。

早朝ランニングは自分のペースで走る余裕があり、イアン先生と小話をするか、参加した学生に声をかけることができます。走り終わるといつもスタートした時より気分はよくなっていて、それほど長い距離ではないので疲れより、得るエネルギーのほうが大きいです。

頻繁に参加する学生は強い根性、意思、自発性を見せてくれます。参加するより前日の夜遅くまで頑張ったから睡眠を選択する学生の努力を否定はしませんが、しっかり睡眠をとって早朝ランニングしたほうが捗ると思います。

今後、この早朝ランニングが習慣化し、さらには学校の伝統になることを願っています。できれば年に1度校内大会を開催できたら良いとも思っています。ぜひ学生には座って画面ばかり見るより、自発的に自身の健康を気遣って欲しいです。

その間、イアン先生と私、参加した学生たちは魂を呼び覚まして、その日を手中に収める喜びを楽しもうと思います。

フィリップ・ケザウ

June 24, 2019

As we move into a surprisingly not-so-humid-yet rainy season, the students are continuing their experience of living in Hakusanroku. Many students like to take pictures outdoors, fly drones, skateboard with their friends, eat karaage, and more! The Kijitora Coffee Laboratory has limited edition drinks to welcome the summer: an Amaou Strawberry “Fu-nya-ppucino” and fruit sodas. Everyone here up at Hakusanroku is ready to welcome the summer!

The Amaou Strawberry “Fu-nya-ppucino” at Kijitora Coffee Laboratory.

But even as students are enjoying the weather and exploring outdoors, they are still working hard on their studies! In fact, you can often see the students studying together and teaching each other during the evening Learning Sessions. It’s great to see the students learning to cooperate with and support each other.

First year students studying Kikutan (English vocabulary) during Learning Session.

Next week, the ICT Hakusanroku Campus will be very busy! The ICT Global Summer Camp begins on Monday and our teachers are hard at work preparing to welcome the students and give them a taste of engineering design and innovation. We are also looking forward to a few other camps this year. It will be very lively!

Maesa-sensei preparing for the ICT Global Summer Camp.

Anne Isobel Tan

今年の梅雨は驚くほど雨が少なく、不思議とカラッとしています。学生たちは相変わらず元気に白山麓キャンパスライフを送っています。多くの学生は外へ出て、写真を撮ったり、ドローンを飛ばしたり、友達とスケートボードをしたり、から揚げを食べたりして過ごしています。瀬女の道の駅のキジトラコーヒー研究所では、あまおうを使った「ストロベリー・フニャプチーノ」やフルーツソーダ類などの夏季限定のドリンクが次々と発売されています。白山麓では皆が夏を待ち遠しにしているようです。

過ごしやすい気候を楽しみつつ、学生たちは勉学にも励んでいます。夕方のラーニングセッションで学生同士一緒に勉強したり、教え合ったりする光景をよく見かけます。仲間で協力して支え合う姿を見て嬉しくなります。

来週から白山麓キャンパスはとても賑やかになります!月曜日からICTグローバルサマーキャンプが始まるのです。訪問する生徒たちに国際高専のエンジニアリングデザイン教育でイノベーション創出する体験を味わわせようと、先生たちが準備に取り組んでいます。夏にはまた別のキャンプがありますので、とても賑やかになりそうです。

アン・イソベル・タン

May 30, 2019 Student Interview

こんにちは、ジョナサンです。今日のジャーナルでは、1年の田中立輝さんにICTに入ったきっかけなどをインタビューしました。

田中 立輝
国際理工学科1年 東京都出身

―国際高専に入学したきっかけは何ですか?

 きっかけはおととしと去年のサマーキャンプに参加したことです。その前は地元の高専を受験することも考えていましたが、国際高専のキャンパスを見てこっちのほうが良いと思いました。

―どういったところが良いと思ったのですか?

 英語も勉強できるし、金沢工業大学が隣接していて設備が充実しているから、自分の夢に近づけると思ったんです。

―立輝さんの夢とは?

 「自動病巣診断システム」を作るのが夢です。AIが自動で患者さんを診断するシステムです。

―どうしてその夢を持ったのですか?

 中学2年生の時に「コンビニのおにぎりの値段がなぜ安いのか?」という授業があったんです。理由としては大量に作られているからでしたが、その陰では大量に捨てられていることを知りました。捨てられるおにぎりを届けることが出来たら餓死せずに済んだ人がたくさんいると考えているうちに海外で医療に関わりたいと思うようになったんです。そのため大学院に進学して世界で活躍できる力を身につけたいと思ったのです。

―国際高専に入学して1か月が経ちましたが、学校生活はいかがですか?

 共感できる友人が多いです。ここは専門性のある学校なので、家に3Dプリンターを持っている人や、ドローンを組み立てている人など、ものづくりに興味がある人が集まっています。その人たちから学ぶこともありますし、話をしていても楽しいです。
 勉強は忙しいけれど、やっていて楽しい宿題もあります。例えばこの間はボールペンの素材を観察して、なぜこの部分にこの素材が使われたのかを考えてレポートを書く宿題がありました。このように考えさせられる宿題もあります。

―英語での授業もたくさんありますが、いかがですか?

 日本語で習っていても難しいSTEM科目を英語でやるので難しいです。でも周りには海外で生活して英語をメインに使ってきた仲間もいるので、質問をしたり、分からない所を教えてもらうこともできます。また、出来るだけノートを英語で取って慣れる様にしています。

―寮生活はいかがですか?

 もともと寮生活というか、大人がいない生活に憧れがありました。兄が寮に住んでいて、訪ねた時にいいなぁって思っていました。最近は夜に寮のみんなでカップ麺を食べるのが流行っています。

―休日は何をしていますか?

 宿題が多いので宿題をしたり、のんびり過ごしている人が多いです。僕は時間がある時は友達とドローンを飛ばしたり、学校の前にある道の駅でそばを食べたりしています。

―白山麓に学校があることについてはいかがですか?

 学校の周りはいわゆる限界集落で、過疎化が進んでいる地域です。白山麓に住みはじめて、その現状を知ることができました。社会問題を身近かに感じることで、課題解決のためのアイデアが湧きやすい環境だと思います。

―最後に、いま受験を控えている中学生にメッセージはありますか?

 進学先を考える時、やりたいことみつけて学校を選ぶべきです。じゃないと楽しくない。僕も兄も目標ができてから成績が伸びたので、やりたいことを見つけて、目標を持って頑張れば成績を伸ばせると思います。

May 23, 2019

こんにちは。国語科のKTBです。白山麓ジャーナル三回目の執筆です。私は、アナログレコードを今でも買い続けています。ほとんどは、アコーステイックギターやエレクトリックギターのシンプルな伴奏に歌が入っているものです。以前に友人から、そんなにギターが好きなのにどうして自分で弾かないの?と言われたことがきっかけで、自分でも弾くようになりました。かなり年をとってから始めたので、なかなか上達しません。いつかジョアン・ジルベルトのように……と思いながら、「ジョアン遙かなり」のまま人生終わりそうです。人前では緊張して指が震えてしまうので、いつもは自宅で愛する妻に囁くように歌っています。(……妻の耳には届いていないようですが。)

さて、S科1年生の佐藤俊太朗くんが、ギターにチャレンジしたいということで、部活動のない放課後に、夕食までの短時間ですが一緒に練習することになりました。最初は、簡単なコードひとつ押さえるのも大変でしょうが、少しずつ積み重ねていけば、白山麓の二年間で私より上達するものと期待しています。若者の伸びしろ畏るべしですから。

人生は、ギターがある人生と、ギターがない人生の二種類です。(あ、でも六月になったら、庭に薔薇咲く人生と咲かない人生とか、雪になったら、スキーがある人生とない人生とか、おでんに車麩が……とか、ちょっとした大切なものはいっぱいありましたっけ。)

閑話休題、一本のギターが佐藤くんの人生に潤いを与えてくれるものになれば幸いです。 気長に続けていきましょう。

潟辺 豊

佐藤くん、なかなかきまっているじゃあないですか、前途有望です。

 

Hello. It's your Japanese teacher, KTB. This will be my third entry for the Hakusanroku journal. One of my joys to this day is buying analog records. I usually choose simple accompaniment music by acoustic guitar or electric guitar. One day a friend asked me "If you like guitar music so much, why don't you play it yourself?" so I decided to give it a try. It's been a slow progress since I started so late. My initial goal was to become like Joao Gilberto but I'm afraid he will always be in the far distance throughout my lifetime. I get anxious in front of an audience, so I mostly only play love songs for my lovely wife. (Alas, apparently they do not reach her ears)

It turns out that 1st-year S department student Shuntaro Sato is also interested in learning the guitar, so we decided to find time to practice together before dinner on days with no club activities. At first, even the simplest cords may seem difficult. However, I believe with patience, he can surpass my level in the two years here at Hakusanroku. Do not underestimate the speed of young learners.

There are two types of lifestyles. Those with a guitar and those without. (Oh wait, but in June there are the lifestyles of with or without roses in the garden, and when it snows there are with and without skiing, and Oden and Kurumabu, and… Apparently life is actually filled with a lot of important stuff.)

Back to the subject, I hope this single guitar can add entertainment to Sato-kun's everyday life. Take it easy and keep at it.

Yutaka Katabe

May 18, 2019

Phillip and I have started a 3 times a week morning running club. On Mondays, Wednesday and Saturdays we meet outside the gym at 7:20 and run 3 times around the campus. This is about a 2km run and takes 10 to 15 minutes. All faculty members and students have been invited to participate and sometimes they do. Usually there are between 2 and 6 runners and a mix of students and teachers.

On the run we chat about what is going on at school and outside of school. So besides physical exercise, it’s also social exercise. Maybe in the future, we will take some students to run in a 5km road race.

Ian Stevenson

最近フィリップ先生と早朝ランニングのクラブを始めました。月水土の週3回、7時20分に体育館の前で集合して、キャンパスの周りを3周走っています。だいたい2キロの距離で、10~15分くらいかかります。先生と学生にも声をかけて、日によって2~6人のランナーが参加しています。

走りながら学校や様々なことをお喋りしますので、体だけではなく、会話のトレーニングにもなりますよ。いつか学生と一緒に5キロのロードレースに出場したいですね。

イアン・スティーブンソン

HOMECampus LifeHakusanroku JournalCampus Life

PAGETOP