国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル:Extracurricular Activity

January 8, 2020

皆さん、こんにちは。S2年の鷺島です。今回は私が参加した、プロコンとロボコンに並ぶ高専三大コンテストの一つ、デザインコンペティション(以下デザコン)について書いていきます。

デザコンは幾つかの区分に分かれていますが、私たち白山麓キャンパスの学生が参加できるのは、プレデザコン(高専1から3年生対象)となります。プレデザコンと言っても、分野が空間デザインフィールド(建築の透視図)、創造デザインフィールド(ロゴデザイン)、A Mデザインフィールド(3Dプリント)の3つに分かれており、それぞれの学生の得意分野で取り組むことができます。私自身は創造デザインフィールドを選択して今年の東京大会に参加しました。

今回のテーマは「名取市において、自然がもたらした試練を乗り越える力となった人と人とつながりを、次代へと継承してゆくこと」で、これを題材にしたロゴを作成しました。ここからは、簡単に何を経て完成へと至ったのか書いていきたいと思います。まず最初にしたのはテーマの咀嚼です。とくに今回のテーマは複雑で、最終的には「震災を乗り越えた人のつながりを示す」という一文に縮めました。次がアイデア出し、続いてブラッシュアップに入ります。ここが一番時間がかかる工程で、それぞれ1週間以上かかります。特にブラッシュアップに関しては、1つのロゴの些細な表現の差異を比べながら作業していくので、かなり疲れました。最後に提出資料にまとめれば完成です。どんどんアイデアが形になっていき、最終的に想像以上の作品が完成するのはとても壮観です。この活動を通して、アイデア創出の楽しさを再確認することができました。結果としては特別賞(審査委員会から頂ける賞)を獲得することができて嬉しく思います。

この分野は、アイデア勝負の部分も多く、サポートして頂ける先生たちも付いているので、初心者でも気軽に始められます。気になる人は是非最初の一歩を国際高専で踏み出してみてください。

S科2年 鷺島悠人

Hello everyone. My name is Sagishima and I am a second-year student of the department of science and technology. Today I would like to write about the Kosen Design Competition (DezaCon), which I participated in and is counted as one of the three big Kosen Contests along with the ProCon and RoboCon.

The DezaCon is divided into several divisions. The division that students from the Hakusanroku campus can participate in is the Pre-DezaCon (first- to third-year students). This Pre-DezaCon is further divided into three fields: the Space Design Field (architectural perspective drawing), Creative Design Field (logo design), and AM Design Field. (3D printing) Students can choose which fields they wish to compete in. I selected the Creative Design Field and entered this year's Tokyo tournament.

This year's theme was to create a logo based on the concept "Passing down the bond between people of Natori city who overcame the trial of nature." I would like to briefly describe how I reached my final product. First, I broke down the theme. This year's theme was complex, so I simplified it to the sentence "Display the bond between people who overcame the earthquake." Next, I brainstormed and began the brushing up process. These took the longest amount of time; about one week for each stage. The brush up stage was especially tiring because it was an intricate process of comparing the effects of tiny differences. Finally, I submitted the necessary documents. It was an amazing experience to see my ideas take shape and exceed my expectations. I was able to rediscover the joy of ideation through this experience. Also, my efforts were happily paid off as I received the Special Award. (award from the judging committee)

I recommend this field to newcomers because good ideas can carry you far and there are supporting teachers at ICT. If you are interested, why not test your design skills here at ICT?

S2 Sagishima Yujin

白山麓ジャーナルのトップに戻る

December 21, 2019 加賀友禅

 こんにちは。1年生担任の木原です。今年も早いもので、あと残りわずかとなりました。学生のみんなが心待ちにしている冬休みが終わると、あと一か月ほどで授業が終了します。学生の皆さんはここでの寮生活の間、授業以外にも放課後の部活動や課外活動を通して様々な経験をしてきました。今日は20191年生にとっては最後の課外活動となった加賀友禅体験について紹介します。

 本校では最先端の科学技術を学ぶだけではなく、古典的な芸能や美術にもふれあい、優れたイノベーターの育成を目指しています。その一環として本年度は924日に加賀友禅の工房久恒を工場見学させていただきました。そこでは加賀友禅が持つ優美な世界観や巧みな技法、また着物の伝統を守っていく大変さや新たな市場を開拓する工夫など、様々なお話をうかがいました。学生はその後、それぞれに感じたことや考えたこと、また伝統工芸が現在直面している問題に対する自分なりの解決策をまとめ、久恒さんにレポートを提出しています。

 そして今回、1221日に実際に加賀友禅の絵付けを体験させてもらいました。学生の皆さんはそれぞれが気に入った図柄に、思い思いの色で絵付けをしていました。同じ図柄を選んでも、学生によって全く違った色付けが生まれ、みんなの個性やセンスがよく表れた作品が完成しました。工学を学ぶ学校の中で、一生懸命真面目に美術に取り組んでいる1年生。担任としてみんなの将来がとても頼もしいと感じた時間でした。

 Hello, this is Kihara, the first-year homeroom teacher. Time flies and this year is almost over. After the long awaited by students winter break, classes will finish in almost one month. Students have grown from their experience living here, not only through classwork, but also through club activities and extracurricular activities. In today's journal, I would like to talk about the first-year student's last event this year.

 At ICT, we aim to foster exceptional innovators not only through high tech science and technology, but also through classical and traditional art. Following this objective, we visited the Kaga-yuzen Hisatsune Kobo workshop on September 24. There, we learned about the graceful world of Kaga-yuzen, its craftsmanship, the difficulty of protecting traditional kimonos, and the ingenuity put into cultivating a new audience. We also discussed possible solutions to the issues traditional art faces and presented them to Mr. Hisatsune.

 On December 21, I finally had my chance to try Kaga-yuzen dyeing. Each student chose a picture of their liking and colored it. Even if the students chose the same picture, the finishing result was totally different depending on the colors and pattern they used. Each piece of work reflected their taste and personality well. We spend most of our time studying engineering here at ICT. Therefore, the pleasant sight of our first-year students engrossed in art gave me a feeling of confidence for their future.

December 12, 2019 全国高校生コマ対戦を終えて

S科1年ロボコンチームの畠中 義基です。

2019年11月23日(土)に愛知県で行われた、第7回全国高校生コマ大戦 名古屋モーターショー場所に出場してきました。出場メンバーは、僕と、同じく国際理工学科1年の佐藤俊太朗と杉晃太朗の3人で1チームとして参加してきました。僕たちがコマの大会に出場することになったのは、9月の下旬に先生に勧められたことからでした。出場が決まってから約2か月間放課後にコマの製作と研究を何度も繰り返し約80個のコマを製作しました。最初のほうは、回転時間があまり伸びず嫌になることもありましたが、何とかやり遂げることができました。僕が最後までやり遂げることができたのは、同じデザイン&ファブリケーションクラブのプロコンチームが全国高等専門学校プログラミングコンテストで本選に出場するなど、結果を残している中で、ロボコンチームは、何も結果を残してないということに何か結果を出さないといけないと思っていたからです。大会の結果は予選敗退(7勝3敗)でした。負けた3試合は、すべて自分の失投(コマの投げミス)によるものだったのですごく悔しいです。もっと練習をしておけばよかったとすごく後悔しています。この負けを次のコマ大戦やほかの活動に活かしていきたいと思います。

畠中 義基

My name is Yoshiki Hatanaka. I'm a first year student of the Department of Science and Technology.

On November 23 (Sat), I participated in the 7th National High School Spintop Battle Tournament (Koma-taisen) at Nagoya Motor Show. Fellow first year students and teammates Shuntaro Sato and Koutaro Sugi also participated in this tournament. We learned about this tournament from our couch in the end of September. For two months after school, we manufactured and analyzed over 80 spintops. In the beginning, we could not improve our spining time and I felt like giving up at times. However, we stayed strong and pushed through to the end. The reason we were able to continue is because the ProCon team from the same Design and Fabrication Club participated in the National Kosen Programming Contest and we as a team felt pressure to achieve a result of our own. We were eliminated in the preliminary round with a record of seven wins and three losses. The three games we lost were due to a miss throw from myself, which was very frustrating. I regret that I didn't spend more time practicing spinning the tops. We plan to use this experience in future spintop tournaments and other activities.

Yoshiki Hatanaka

 

白山麓ジャーナルのトップに戻る

November 13, 2019 Climbing Mt. Sanpoiwatake

Hello, it's Jonathan, the camera man. On October 21, a group of students from the Hakusanroku campus climbed Mt. San-po-iwa-take. (三方岩岳) Sanpoiwatake is a mountain on the Hakusan-Shirakawago White Road. The White Road runs from Hakusanroku to Shirakawago in Gifu prefecture and is a popular tourist spot, especially in the autumn. The leaves were beautiful shades of red, yellow and green as we made our way up the path. This event was a collaboration with the Oguchi Community Center and some members of the local community joined us in the climb. Shinichi Hiramatsu is a specialist of this area and gave lectures about trees and animals. It took about an hour to reach the top, where we rested and ate lunch. Hiramatsu-san pointed out that we could see Mt. Hakusan's peak from Sanpoiwatake. Altogether, it was a refreshing and fun way to spend a beautiful autumn day.

Jonathan

こんにちは、ジョナサンです。10月21日(月)、白山麓キャンパスの学生と一緒に白山白川郷ホワイトロードにある三方岩岳(さんぽういわたけ)を登りました。ホワイトロードは石川県と岐阜県を結ぶ有料道路で、人気の観光名所です。特に紅葉の季節にたくさんの方が訪れます。三方岩岳の登山口はホワイトロードの途中にあります。この日は美しい赤、黄色、緑の景色の中、登山を楽しむことができました。今回の登山は尾口公民館と合同で行われ、現地のメンバーも同行しました。白山の自然に詳しい平松新一さんも同行者のひとりで、歩きながら学生に動植物のレクチャーをしていました。1時間ほどで頂上に到着し、そこで昼食を食べました。三方岩岳からは白山の頂上、御前峰を望むことができ、美しい景色を見てリフレッシュできる日となりました。

ジョナサン

September 17, 2019 Club Day

Hello, it's Jonathan the camera man. On September 11th (Wed) and 12th (Thu), the three clubs at ICT held their special club day. Each club could choose what activity they wanted to do during these two days. The three clubs at ICT: The Nature & Adventure club, the Language & Culture club, and the Design & Fabrication club discussed what they wanted to do and here is what they decided.

Nature & Adventure club

The Nature & Adventure club went on a two-day camping trip. On Wednesday, students and teachers moved to a log cabin on the mountainside of Chugu. They setup tent, smoked fish and sausages, made a fire, and barbecued rice, vegetables, and meat. They also carved cups and chopsticks out of bamboo and made a "drum-can bath" out of a oil drum. You can see some of their reactions in the video below. The students enjoyed these experiences, many of which were for the first time. On Thursday, they moved to Senami-gawa river to try river trekking. This trip was almost canceled due to the rainy weather forecast. However, the teachers held their decision to the last minute and thankfully the weather turned in our favor.

Language & Culture club

The Language & Culture club's main focus is learning about different cultures. On Wednesday, they did T shirt dyeing at ICT. Students tied various colored T shirts with rubber bands and dipped them in color dye to create unique patterns. Some students tried removing color with whitening. It was always fascinating to watch the students unravel the T shirt and see how it turned out.

On Thursday, the group traveled to Toyama prefecture to experience Henna Tattooing. Henna Tattoo is a traditional tattoo that is not permanent. Students took time to practice before tattooing themselves and each other. Both activities were artistic and gave students a chance to express themselves.

Design & Fabrication club

The design & Fabrication club consists of multiple groups working toward different robot or programming contests. Therefore, most of their time during the club days was spent working on their project. On day two, the programming team conducted an experiment. Their device detects an approaching car and lights up to warn pedestrians and the driver. It took a lot of positioning, wiring, and many attempts, however the team was finally able to successfully make everything work. The group consisted of only first-year students and I was impressed that they reached a successful result. 

That is my report of the ICT club days.

こんにちは、ジョナサンです。9月11日(水)~9月12日(木)国際高専の3つのクラブがそれぞれ話し合って決めた活動を行う「クラブ活動の日」を決行しました。国際高専ではネイチャー&アドベンチャークラブ、ランゲージ&カルチャークラブ、デザイン&ファブリケーションクラブの3つのクラブがあります。このジャーナルでは2日間のそれぞれのクラブの活動をまとめました。

ネイチャー&アドベンチャークラブ

ネイチャー&アドベンチャークラブは2日間のキャンプへ出かけました。キャンプ地は中宮の山中にある小屋で、1日目は採った竹で箸やコップ作り、テント組み立て、チーズかまぼこやソーセージの燻製焼き、薪割りとたき火作りなどを体験しました。作ったたき火で飯盒のご飯を炊いて、肉や野菜でバーベキューも行いました。さらに、ご飯のあとはドラム缶風呂も体験できました。リアクションは動画をご覧ください。想像以上に気持ち良く、入った者が皆幸せの顔になりました。これらの体験の多くは学生にとって初めてとなる貴重な経験でした。2日目も天候に恵まれ、瀬波川で沢登りに挑戦しました。今回のキャンプは天気予報が雨だったため危うく中止になる可能性がありましたが、先生方が最後まで決断を粘ったために決行することが叶いました。

ランゲージ&カルチャークラブ

ランゲージ&カルチャークラブは様々な文化について学ぶクラブです。1日目はTシャツ染め体験をしました。Tシャツを輪ゴムや洗濯ばさみで縛り、様々な色の染料につけてからほどくと独特の模様な残るという仕組みです。逆に縛ってから漂白剤を振りかけて色を抜く手法もあり、どんな模様になるのかわくわくしながらほどく学生たちがいました。

2日目は富山県射水市へ移動してヘナタトゥー体験を行いました。ヘナタトゥーは5000年の歴史があるとも言われている永続的ではないタトゥーの一種です。学生たちはしばらく練習したあと、自分の手や腕などに模様を描き始めました。中にはお互いに描き合う学生もいました。今回は非常にアーティスティックな活動が多く、学生たちは自己表現の場がたくさんある2日間でした。

デザイン&ファブリケーションクラブ

ロボットコンテストやプログラミングコンテストを目標に活動するデザイン&ファブリケーションクラブは2日間を利用してプロジェクトの仕上げに専念し、2日目にはプロコンチームが実験できる段階まで進みました。この装置は車の接近をセンサで感知して歩行者やドライバーに光って知らせる仕組みで、最初は配線や接続などで苦戦しましたが、試行回数を重ねて最後は成功させることができました。このチームはほとんど1年生で構成されており、限られた時間と経験でこの成果にたどり着いたことが素晴らしいと思います。

以上、クラブ活動の2日間のレポートでした。

September 12, 2019 Volunteer work at the Ultra Marathon

Hello, it's Jonathan the camera man. On, September 8th, Hakusan city held its annual Hakusan Shirakawa-go Ultra Marathon and seven students from ICT's Hakusanroku campus volunteered as staff members for the 44 km water station. The Ultra Marathon is 100 km long, so 44 km is only almost half way. However our water station near ICT was the first stop after crossing the mountain and runners happily stopped to drink, eat, or refresh themselves. We had beautiful skies, which meant is was also extremely hot. Students served cool drinks and poured water on runners, which many requested. There were more than 2000 participants in the Ultra Marathon and three from ICT: our Robocon and Engineering Design teacher Ise-sensei, our PE teacher Philip-sensei, and Honda-san from the Hakusanroku office. The students cheered on the runners and the water station ran smoothly throughout the race thanks to their hard work.

こんにちは、ジョナサンです!2019年9月8日(日)白山市恒例の白山白川郷ウルトラマラソンが開催され、国際高専から7名の学生がボランティアとして白山麓キャンパスから近い44キロ地点の給水所を手伝いました。ウルトラマラソンは100キロを走る競技で、白川郷から山越えを果たした選手たちが続々と給水所でスポーツドリンクなどの冷たい飲み物を飲んだり、地元のみそを使用した豚汁を食べたりしました。天気は青空広がる晴れで、日差しが非常に暑い一日となりました。希望した選手に冷たい水をかけるステーションがあり、ほとんどの人が首筋や腕にかけてもらい「気持ちいい!」と声を上げていました。学生たちは「頑張れ」「飲み物あります」「冷たい水かけます」と次々通る選手たちに声をかけていました。国際高専からはロボコン部とエンジニアリングデザイン担当の伊勢先生、体育のフィリップ先生、事務室の本田さんの3名が出場しました。学生の頑張りのおかげで給水所はスムーズに機能し、たくさんの選手に力を与えました。

September 5, 2019 Mt. Hakusan

Hello, it's Jonathan the camera man. On September 1, we held our Mt. Hakusan climbing excursion. Originally, we planned to go in early July. However, each attempt was canceled due to bad weather. September 1 was our last chance this year, and the weather turned out perfect!

We all gathered in front of Hakusanroku campus at 5 am. Student participants were first-year students Ritsuki Tanaka, Yoshiki Hatanaka, Sora Hayashi, and second-year students Shunsuke Katsumata, Kokoro Aoki, Yuya Kida. Facilitating teachers were Taisei Ise,  Shuntaro Yamazaki, and Philip Cadzow, 10 members total including myself. Also, Yutaka Katabe sensei joined and accompanied us for our descent.

For ICT, we drove to Betto-deai, which is one of the starting points to climb Mt. Hakusan from the Ishikawa prefecture side. Mt. Hakusan is 2702 meters high and accounted as one of Japan's three most famous mountains. We began our climb at 6:10. The path from Betto-deai is primarily an assent of stone steps. The air was cool and pleasant but I could soon see sweat glistening on the necks of the students as we walked in a straight line through the forest. After several hours of climbing, the trees grew shorter and gave way to shrubs as we reached Kuroboko-Iwa. (black protruding rocks) From here, were could see the peak across a wide terrain with a wooden walkway.

We arrived at Murodou, the final stop before the climb to Gozen-ga-mine at 9:30. The mountain peak was in sight but many were tired and we still had the final slope to conqueror. Philip sensei was an exception and had enough strength to even carry Shunsuke and both their backpacks a part of the way. Students huffed and puffed as we climbed the final path. At 10:15, we had reached Gozen-ga-mine, the highest peak of Mt. Hakusan!

 

There are seven ponds along the top of Mt. Hakusan and walking along the path by them is an old tradition. We decided to follow this costume and began our pilgrimage. The terrain was unlike anything on ground level and there was a strange mystical feeling around. Since we were not climbing anymore and had fulfilled our goal, students had much more strength to appreciate the beautiful scenery and mountain flowers. We returned to Murodou by 12:25, ate lunch, and descended the mountain by 3 pm. Students and teachers spoke with each other on the way down. Many were tired and aching but also satisfied. My limbs still hurt from the aftermath but I am already eager to climb that mountain again. It was an experience I look forward to revisiting.

Here are some random clips I had the energy to take out my camera and tape.

こんにちは!ジョナサンです。9月1日に国際高専の白山登山を行いました。計画では7月に行われるはずでしたが、悪天候によって度重なる延期を受け、この日が最後のチャンスとなりました。願いが天に通じたのか、理想的な天候のもと実施することが叶いました!

集合は白山麓キャンパスに朝5時、参加者は田中立輝(1年)畠中義基(1年)林青空(1年)勝又舜介(2年)青木心路(2年)喜田湧也(2年)の6名、教職員は伊勢大成、山﨑俊太郎、フィリップ・ケザウ、私の合計10名のチームとなりました。下山前には潟辺豊先生も合流しました。

白山は高さ2702mで日本三大名山にも数えられています。白山麓キャンパスから石川県側の登山口のひとつ、別当出合まで車で移動しました。登山を開始したのは6:10。登山道は石で造った階段が多く、序盤は森林の中を進んでいきました。早朝の空気は冷たく気持ち良かったですが、すぐに学生の首に汗がにじむのが見えました。休憩を挟みつつ数時間経った頃、木々は低い茂みに変わり、黒ボコ岩と呼ばれる場所にたどり着きました。ここからは弥陀ヶ原と呼ばれる広い平原の向こうに山頂を目にすることができます。しかし、丘をひとつ越える必要があり、まだ道のりが残っています。

最後の休憩場所、室堂へ到着したのは9:30でした。多くの者が疲労していましたが、最後の力を振り絞って御前峰までのラストスパートを開始しました。体育のフィリップ先生は例外で、おねだりした学生と2人分のリュックを背負って階段を上余裕を見せつけました。息を切らして山頂に到着した時刻は10:15で、全員が無事登頂に成功しました!

白山山頂部には7つの池があり、昔からこれらを巡る風習があります。山頂部の地形は別世界のようで、神秘的な雰囲気でした。山頂へ到着した安心感とこれまでと違う平坦な道に学生たちも周りの風景を楽しんだり、高山植物の写真を撮ったりする余裕が生まれました。池めぐりを終えて室堂に戻ったのは12:25で、下山前に昼食をとりました。下山中は学生と先生が話し合う姿が見られ、和やかな雰囲気のまま15:00に無事下山することができました。疲れや身体の痛みなどがありましたが、学生や先生の表情は明るく満足げでした。私もいまだに脚が痛いですが、早くも次に登れる機会を楽しみにしています。大変楽しい経験でした。

August 25, 2019 インターンシップを終えて

国際理工学科2年の本丸日菜です。今回私は81日に行われたTeamLabのワンデイインターンに参加してきました。

このインターンシップは東京のTeamLabの本社オフィスで行われました。オフィスに着いて初めて入った際、ポップでかわいらしいデザイン柄の床や机の天板がメモ用紙として書き込める机やアート作品が描かれた天板の机が置かれており、イメージしていた一般的なオフィスとは全く違い、とても驚きました。

インターンシップで行った主な活動内容は、社員の方からの企業説明、ワークショップ等でした。周りの参加者の方は皆、大学生や大学院生であり、他に高専生や高校生は参加していなかったため、はじめはとても緊張しました。実際にワークショップグループになったとき自分のグループは大学の2回生や3回生が多く不安でしたが、学校生活での授業や課外活動での取り組みにリンクすることが多くあったため自信をもって活動に参加することができました。グループワークで学んだことは、マネジメント志望の人、エンジニア志望の人、デザイナー志望の人が一つの班になった際にどのように取り組んでいくのかということでした。実際にTeamLabでは、カタリスト、テクノロジー、クリエイティブの3つの専門の役職の人がチームとなり一つの製品を完成させるために協力しているそうです。これは私が今参加している高専プロコンの課題部門のチームでも生かせることだなと思いました。ソフトウェア班、ハードウェア班、マネジメントに分かれている課題部門のチームでは一つの製品を完成させるためにそれぞれの班が個々に取り組んでいます。私はプレゼンテーションや資料の制作が得意なためマネジメントをしていますが、プログラミングや回路などのソフトウェア班やハードウェア班が行っていることは自分には出来ません。本選に向かって私たちの作品は日々完成に近づいてますが、ここまで完成することができたのはソフトウェア班とハードウェア班の1年生のおかげだなと思いました。それぞれの得意なことを生かすためにもそれぞれの班が協力してこれからも頑張っていけないといけないなと改めて感じました。

このインターンシップで学べたことは多くあります。今回のインターンシップに参加をさせてくれた自分の家族や先生方への感謝を忘れず、このインターンシップで学んだことや経験を生かして今後の学校生活に取り組んでいきたいです。

My name is Hinata Honmaru and I am a second-year student of the Department of Science and Technology. On August 1st, I participated in a one day internship held by TeamLab. 

This internship was held at TeamLab's main office in Tokyo. When I entered the office for the first time, I was surprised at the bright and cute design of the floor, and the various decks with top boards that you can write on or have artistic designs. It was very different from my image of a office.

The main activities of the internship were lectures by the worker and workshops. The other participants were all university students or graduate students and I was nervous at first to be the only Kosen (technical collage) student. I was especially nervous when I realized my workshop group was mostly sophomore and junior year students. However, there were many things linked to classwork and extracurricular activities at ICT and I was able to participate confidently. This activity taught me how students of management, engineering, and design interact and work together in a group. Actually, at TeamLab three groups of specialists: catalyst, technology, and creative work together as a team on every product. I believe I can use this knowledge in my Kosen Robocon team. Our team is divided into the software team, hardware team, and management. Each team works individually to create the final product. I am good at creating presentations and paperwork so I do the management. I cannot do the programming and circuit making that the software and hardware team are doing. We are working together everyday to finish our project and I am grateful for the first-year students of the software and hardware team. We could not have come this far without them. I relearned the importance of collaborating and using what we are good at.

There was much to learn from this internship. I will always be grateful for my family and teachers who let me participate in this program. I hope to utilize what I learned and experienced in my life at ICT.

July 4, 2019 祝!高専プロコン予選突破!

こんにちは、デザイン&ファブリケーションクラブの副顧問の伊藤です。今日は国際高専の全国高等専門学校プログラミングコンテスト参加について報告します(タイトルで盛大にネタバレしてますが)。全国高等専門学校プログラミングコンテスト(以下、高専プロコン)は全国の高専が参加するプログラムと、ICT作品のコンテストです。課題部門、自由部門、競技部門に分かれており、それぞれのテーマに沿って審査が行われます。今年度は白山麓キャンパスのデザイン&ファブリケーションクラブから課題部門と競技部門にそれぞれ1チームずつ参加しました。課題部門のテーマは昨年と同じく「ICTを活用した地域活性化」で、競技部門は「踊って舞って回って」という囲碁のような陣取りゲームが種目です。10月に都城高専で行われる本戦に参加するためには、予選の書類審査を突破しなければなりません。特に課題部門は例年60弱の応募に対して20チームしか通れない狭き門です。競技部門でも書類審査があります。その予選を何と、両部門で突破することができたのです。

課題部門チームは本丸さん(S2)、井上くん(S1)、塩谷くん(S1)、杉くん(S1)、田中くん(S1)の5名、競技部門チームは勝又くん(S2)、青木くん(S2)、深山くん(S2)の3名です。2年生と1年生だけのチームで上級生がメインの他の高専と渡り合うことは難しいかな、と当初は考えていたのですが、本当に一所懸命に頑張ってくれたので想像以上の結果を出してくれました。夜11時くらいまで残って資料作成している日が続いた時は、本当に間に合うのか?と思ってしまうこともありましたが、その努力が報われました。本当におめでとう、と言いたいです。ただ、本戦はこれからです。今一度気を引き締めて、本戦に向けて作品の完成度を上げていってほしいと思います。頑張れ!

私は高専生であるうちに何かしらの全力を出せる体験を学生にさせてあげたいと考えています。勉強であれ、スポーツであれ、趣味の活動であれ、全力を尽くすことが現在の自分の限界と、さらには伸びしろがわかると考えているからです。高専プロコンや全国高専ロボコンなどのコンテストはそのわかりやすい一例です。例え全力を出し尽くしても、敗けてしまう事もあります。ですが、全力を出した事、その経験が大事なのです。そして、学生達には全国の高専の高いレベルを肌で感じてほしいと思います。

最後に、資料作成の際に様々なアドバイスを頂いたり、遅くまで残って学生の活動をサポートして頂いた、デザイン&ファブリケーションクラブの顧問の伊勢先生や金沢キャンパスの藤澤先生、田村先生にもこの場を借りてお礼申し上げます。

高専プロコンwebサイト
http://www.procon.gr.jp/

伊藤 周

Hello. It's Ito, deputy coach of the Design & Fabrication club. Today I would like to announce that ICT has qualified for the National Kosen Programming Contest! The National Kosen Programming Contest (Kosen Procon) is a program in which Kosen schools (technical collages) participate and compete using information and communication technology. The contest is divided into three sections: the challenge section, free section, and competitive section. Each section is judged based on its individual theme. This year, two teams from the Hakusanroku campus Design & Fabrication club entered the challenge section and competitive section. The challenge section's theme is the same as last year: "regional revitalization using information and communication technology." In the competitive section, teams will compete at an original game called "Dance, dance, and twirl" similar to the territory capturing board game Igo. To participate in the national competition in October at Miyakonojo College, we first had to pass the document elimination stage. The challenge section is especially difficult because there are over 60 entries every year with only 20 seats available. Despite this, ICT was able to advance to the nationals in both sections!

The challenge section team consists of five students, Honmaru (S2), Inoue (S1), Shioya (S1), Sugi (S1), and Tanaka (S1) and the competitive team consists of the three students, Katsumata (S2), Aoki (S2), and Miyama (S2). At first I was worried that our challenge section team, which is mostly made up of first-year students, would struggle to compete against other teams that commonly consist of older students. However, they have put a lot of effort into the preparation and exceeded my expectations with their results. There were some days spent creating documents until 11 pm and I was sometime afraid we would not finish on time, but thankfully their efforts were came through. I express my congratulations to them. However, the true battle is yet to come. The team's next goal is to focus once more and finish the final product until the competition. Good luck!

My role, is to provide students an opportunity to try their hardest at something while they are students here. Whether that be academics, sports, or a hobby, I believe challenging yourself to the limit helps you understand your limits and find room for expanding them. The Kosen Procon or National Kosen Robocon tournaments are good examples. You can try your hardest and still lose. However, it's the experience of trying your hardest that is most important. It's also an opportunity for students to see the high level work of other Kosen schools.

Lastly, I would like to thank Ise sensei, the head coach of the Design & Fabrication club, and Fujisawa sensei and Tamura sensei of Kanazawa campus for providing us with advice for the documents and staying after hours to support the students.

Kosen Procon Website:
http://www.procon.gr.jp/

Ito Meguru

June 6, 2019 Farming Experience

On May 26 (SUN), the Nature & Adventure club conducted a farming experience in collaboration with members of the local community. Early Sunday morning, students gathering to plant potatoes in the field right across from the Hakusanroku campus. This event was conducted in collaboration with local farmers who willingly agreed to demonstrate and for us to use a patch of their fields. Students first plowed the field by turning over, watering, and mixing fertilizer in the soil. Next the local farmers demonstrated planting the potatoes, which the students followed in suit. This year we planted regular potatoes and sweet potatoes, both which we plan to harvest later this year. Many students have never farmed before and seemed to enjoy the experience. After planting the potatoes, students volunteered to weed a neighboring field before finishing the experience and heading to the onsen to clean up and a long-awaited lunch.

I was impressed by the students enthusiasm and feel lucky that the Hakusanroku campus is surrounded by such rich nature. I mean the farm is right across from the school; literally a one minute walk away! Students take advantage of this short distance to find time and take turns watering the field. It was also interesting to observe the students' reaction to the local farmers explaining that monkeys sometimes dig up and eat the potatoes right before harvest. They threatened and cursed the monkeys saying "I will never surrender my precious potatoes to you!", in fear of the thought of them stealing the result of their hard work. The experience really gave them a firsthand perspective of being a farmer. I asked the local farmers about our students' farming, who simply answered "They're OK. Everyone's a beginner at some point" with a big laugh. I look forward to the future of this relationship with the local community and especially to harvest season.

Jonathan

2019年5月26日(日)Nature & Adventure クラブによる農業体験が地元農家の方々の協力のもと行われました。日曜日の早朝に白山麓キャンパスの向かいにある畑に集合してじゃがいもとさつまいもを植えました。今回の農業体験は地元の方々が畑や道具などを快く貸してくれたことによって実現しました。学生たちはまず畑を耕すところから始めました。シャベルなどを使って土を混ぜてから、水をかけて、最後に肥料を加えました。土づくりをしたあとは、地元の方々の指導のもと芋の苗を植えました。今回植えたじゃがいもとさつまいもは秋に収穫して食べる予定です。ほとんどの学生は農作業の経験がなく、初めての経験を楽しんでいるようでした。芋を植えたあとは隣の畑の雑草取りを手伝ったあと、温泉で汗を流してから昼食をとりました。

学生たちが農作業を楽しんでいる姿を見て、白山麓キャンパスが自然豊かな場所に位置していることに感謝しました。なんてったって畑があるのは学校の目の前、徒歩1分の距離ですからね!距離が短いおかげで、学生たちは時間を見つけて水やりなどを交代して行っているようです。農家の方々の「猿はずる賢く、収穫しようと思った前日に限って芋を掘り起こして食べることがある」という言葉に対する学生たちの反応も面白かったです。「猿たちに自分たちの芋を渡すものか!」と本当に農家の人になったように畑の心配をしていました。自ら体験したことによって農家の人たちの気持ちがよくわかるようですね。今回の農作業を指導してくれた農家の方々に学生の働きっぷりを伺うと「まあまあだな。誰もが最初は初心者だ」と嬉しそうに答えていました。これからもこのような地元の方々との交流が続くことを願いつつ、収穫期を楽しみにしようと思います。

ジョナサン

HOMECampus LifeHakusanroku JournalExtracurricular Activity

PAGETOP