国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル:Student

August 14, 2021 The Breakthrough Junior Challenge

Hello everyone! This is Afaf Alaa second year. Summer vacation has started and I hope everyone is enjoying it to the fullest. I am relaxing and sleeping a lot as I did a lot of hard work and spent many sleepless nights when I was in school. Especially when I participated in a video-making competition two months ago. I will walk you through my video-making journey.

International contest named “The Breakthrough Junior Challenge”. This contest requires making a three-minute video explaining a concept in life science, physics, or mathematics. This year, to celebrate 60 years since the moon landing, space exploration was also in the topic. I participated in this contest because I wanted to achieve something and gain experience. Since many of the students participate in domestic competitions, I wanted to do something different. So, I chose this competition.

I broke down the video-making process into four steps. The first is to decide the topic and understand it well. The second is to make a storyboard for the video. The third is shooting all the needed scenes. Finally, editing the video. I had about two months to complete those steps.

The first stage was a hard one for me. I knew well that I love topics about space, so I searched about many topics in space exploration. However, everything was too interesting and I couldn’t choose just one topic. I tried linking two interesting topics. However, my physics teacher Ito sensei advised me not to do that as it is just a three minutes video so it will be too much information and confusing.  It was very hard for me to select just one topic. After a lot of research, I found a topic that is very interesting that I could visualize my video and my explanation when I read about it. It was about space debris or space “trash”. I decided on that and made more research. This step took more time than I expected. I thought It would take a week. However, it took about one month.

The deadline was coming near. I had to be very quick with the following steps. I had already visualized my video. I made a script and a storyboard. I showed it to another physics teacher Brandon sensei. He suggested cutting some parts because that would take too long. Three minutes was a strict rule in this competition. He checked my script and gave me some advice. Based on that I made my final script by making priorities and recording my time. I finished this process in about a week.

There were only three weeks left to the deadline, and I had many other school projects such as making a website for my Engineering Design class. Things were getting really stressful, but I had to continue. I used a blackboard to do the shooting. I wanted to make it animated so I would put a cut every letter I write. That took a lot of time.  I tried to concentrate well in class and finish my work so I can use all my free time in finalizing my video. I used all the after-class time in the shooting, all night to practice the script and make the hand-made tools for the video. I wake up at 6 am and sleep at 3 am on the weekends. I was in a rush and got less sleep.

I had only one week left for editing. I had to make all the videos I took in two weeks into a three minutes video.  All I had to do is to cut the videos little by little and adjust them with the narrating. I had to also search for free music and free sound effects which also took a lot of my effort. Several times my app crashed and everything I did was gone. That was very frustrating and I felt like giving up.  However, I didn’t give up for two main reasons. First, I had worked so hard for about two months. I felt like if I quit here I will betray myself and crush my self-esteem. I wouldn’t be able to believe that I can achieve anything anymore if I quit. The second and the main reason is that I wanted to make my parents proud of me. My parents have always been my number one supporters. Throughout the video-making process, they would give me calls to encourage me and send me my favorite snack to school. I appreciated that.

 I thought finishing this video will make them very happy and proud. Throughout the sleepless nights, I reminded myself of that and wiped my tears while continuing editing.

I was finally done with the editing the night before the submission deadline. I showed my parents and they were so happy! I did some final adjustments and was ready to submit. However, I realized that there were a lot of other steps needed for the applications. The school number, my address, about six paragraphs I had to write about the importance of science and why I applied, and so on. I had only 2 hours left. I had my video and everything so I had to be very quick with my writing and application process. While I was writing, I felt like I couldn’t make it. However, my teacher Pauline Sensei helped me a lot with grammar checking and guidance. Finally, I was able to submit just 30 minutes before the deadline. I was so relieved and checked my video on YouTube. When I rechecked my time, I felt like I was going to die. The time said three minutes and 1 second. I was devastated. In my app, I had 3 mins and 0.23 seconds. I didn’t think that it would count. I have already submitted my link so I cannot reupload it. Pauline Sensei told me that editing on YouTube itself was possible. So, she helped me cut the 0.23 seconds on YouTube. I could finalize the submission only 15 minutes before the deadline.

I felt so relieved and happy! I have finally achieved something that I can feel proud of. I had a very short time but I didn’t give up! From that video, whenever I feel like I cannot continue, I remind myself that I made this video! That’s what is keeping me going for a while. Many people congratulated me and I even got the chance to share my experience in this journal. I will keep trying my best to elongate my limit and become a stronger person. The results are going to be in November. It is very competitive so I am not expecting anything. But I had a great experience!

Afaf Alaa

Afaf's video

こんにちは、皆さん!2年生のアファフ・アラーです。夏休みを満喫していますか?私は学期中は勉強と徹夜続きだったので、今はリラックスしたり、たくさん寝ています。2か月前に動画を作るコンテストに参加した時は特に大変だったので、その体験について紹介したいと思います。

参加した海外のコンテストの名前は「The Breakthrough Junior Challenge」で、ライフサイエンス、物理、数学に関連するテーマについて解説する3分間の動画を制作するというものでした。今年は人類が月に着陸してから60年が経つ記念すべき年で、宇宙探査もテーマのひとつでした。コンテストに参加しようと思った理由は、何かを成し遂げたかったことと、経験を得たかったからでした。国内のコンテストに参加する学生はたくさんいるので、違ったことをしてみたいと思ってこのコンテストを選びました。

まず、動画制作を4つの工程に分けました。ひとつ目はテーマを選択して深く理解すること、ふたつ目は絵コンテを作ること、みっつ目は必要なシーンの撮影、最後は編集です。期間は約2か月ありました。

ひとつ目の工程はとても苦労しました。宇宙に関することは好きだったので、宇宙探査のテーマを探しましたが、どのテーマも面白そうで、ひとつに絞ることができませんでした。2つの面白いテーマをリンクさせることも試みましたが、物理の伊藤先生が「動画時間が3分しかない。情報量が多すぎるから辞めたほうが良い」とアドバイスをしてくれました。ひとつだけを選ぶのは本当に大変でしたが、たくさんリサーチした結果、面白い上に動画の内容とそれを説明している自分を頭の中で想像できるテーマを見つけました。それが「宇宙ゴミ」でした。テーマを決めたあとはそれについてもっとリサーチしました。この工程は思ったより時間がかかって、1週間ほどかと思っていたら1か月かかりました。

提出期限が近づいていたので、残りの工程を急ぐ必要がありました。動画はすでに頭の中で思い描いていたので、台本と絵コンテを作りました。それをもうひとりの物理の先生、ブランドン先生に見せたところ、時間がかかりすぎるからカットすべき箇所をいくつか提案してくれました。このコンテストでは、動画時間3分は厳守と明記されているのです。さらに、台本をチェックしてもらい、アドバイスをいくつか貰いました。それを元に、取捨選択したり、録音時間を計ったりして台本を修正しました。この過程は約1週間かかりました。

締め切りが3週間後に迫っていましたが、エンジニアリングデザインのウェブサイト制作などのほかのプロジェクトも同時進行していました。とてもストレスのかかる状況でしたが、突き進むしかありませんでした。撮影は黒板を使って行いました。各文字にカットを入れてアニメーションで動きを入れたかったので、とても時間がかかりました。授業中は集中して課題を早めに終わらせることで、動画にかける時間を増やすように頑張りました。放課後の時間は撮影に、夜の時間は台本の練習と小道具制作に費やしました。休日は6時に起きて、3時に寝ました。とても急いでいたので、ほとんど眠れませんでした。

編集に残されていた時間はたったの1週間でした。2週間分の動画を3分の動画にしなければなりませんでした。動画を一つ一つカットして、声に合わせていきました。フリーの音楽や効果音を探すことにも苦労しました。時々アプリがクラッシュして、それまでの作業が消えてしまうこともありました。その時はイライラして諦めたくなりました。諦めなかった理由は2つあります。ひとつはもう2か月近くも努力してきたため、ここで辞めてしまったら自分を裏切ることになって、自尊心に傷がつくと思ったからです。ここで辞めてしまったら二度と何かを達成することはできなくなると思いました。ふたつ目は両親に誇りに思って欲しかったからです。いつも支えてくれる両親は私の1番のサポーターです。動画制作の間も何度も励ましの電話をしてくれたり、大好きなお菓子を送ってくれました。これには本当に感謝しています。

この動画を完成させることで、彼らが喜んでくれて、誇りに思ってくれると思いました。眠れない夜もこれを考えながら涙を拭いて編集を続けました。

提出期限の前夜、ようやく編集が完了しました。両親に見せるとすごく喜んでくれました!コンテストに提出しようとしたら、申請のためにいくつかのステップがあることに気づきました。学校の電話番号や、自分の住所、科学の大切さとコンテストに参加した理由について書く6段落くらいの文章などです。残り2時間しかありませんでした。動画は完成していたので、急いで申請しなければなりませんでした。書きながら間に合わないのではないかと心配になりましたが、ポーリン先生が文法チェックと指導をしてくれました。そして、締め切りの30分前に提出することができました。ほっとした私はYouTubeの動画をチェックすると、死ぬかと思いました。動画時間が3分1秒と表示されていたのです。絶望しました。アプリでは3分と0.23秒となっていたのですが、それがカウントされるとは思っていませんでした。すでに提出していたので、再度アップロードすることはできません。しかし、ポーリン先生がYouTube上で動画を編集できることを教えてくれて、0.23秒削ることを手伝ってくれました。これを完了したのは提出期限の15分前でした。 すごくほっとして嬉しくなりました。ようやく誇りに思えることを達成できたのです。足りない時間の中で諦めませんでした。この動画のおかげで、くじけそうになった時は、このコンテストのことを思い出せばいいのです!ここ最近はそのおかげで頑張ることができています。たくさんの人が褒めてくれて、このジャーナルに体験を掲載することもできました。これからも自分の限界に挑戦して、より成長した人間になるように頑張ります。コンテストの結果は11月に発表されます。とてもレベルが高いので、入選は期待していません。ですが、本当に良い経験となりました。

アファフ・アラー

動画はこちらからご覧ください。

 

 

July 10, 2021

国際理工学科2年の山崎史依です。先月、エンジニアリングデザインの授業の一環として山立会さんにお邪魔し、代表の有本さんのご講話を聞いた後に、羊の毛刈りを体験させていただきました。私が有本さんのお話しで一番印象に残った点は、「なぜ山立会で羊を飼おうと思ったのか」というチャプターでした。私は16年間石川で暮らしていて、石川の魅力を感じたことがありませんでしたし、どうすれば石川県というブランドとして成長できるかも考えませんでした。しかし、有本さんは「特産の肉が無い」・「白山麓に遊べる場所が無い」・「獣害や雪が関係ない」と提示していました。私はそれを聞いて、今までの石川県がやってきたようなすでにある名産品や伝統の押し売りとは違う全く新しく県外の観光客が共感できるアイデアだと感じ、感動しました。

また、有本さんが言っていたようにブランド化するにはアニマルウェルフェアなどのステータスだけでなく、デザインやロゴ、コンセプトが重要という点にも深く共感しました。それに対するアファフさんの提案にも、とっても需要があると思いました。

羊の毛刈りでは、見ているだけだと簡単そうでしたが、実際にやってみるとバリカンが重いうえに振動が自分に伝わってすごく難しかったです。だけど、何度もやって自信をつけるとするすると毛が刈れてとっても気持ちがよかったです。また、やっていくうちにもっとうまくなりたいと思ったり、羊に対しての愛情が生まれました。また機会があれば挑戦したいです。

山崎史依

Hello, I'm Shii Yamazaki, a second-year student of the Department of Science and Technology. Last month, we visited Yamadachi-kai as part of the Engineering Design class. We listened to Arimoto CEO's lecture and experienced sheep shearing. The thing I remember the most from Arimoto-san's lecture was why he decided to start Yamadachi-kai's sheep business. I have lived in Ishikawa for sixteen years, but I never thought about its good points or how the Ichikawa brand could grow. However, Arimoto-san gave the reasons "Ishikawa has no special livestock", "there is no place to play in Hakusanroku", and "sheep are unaffected by wild animals and snow." Hearing this, I realized that it was different from any other local speciality or tradition in Ishikawa prefecture has tried or forced on to tourists. I felt like it is a new perspective that tourists can relate to.

Also as Arimoto-san said, not only are statuses such as animal welfare important to create a new brand, but also design, logo, and concept. I believe the suggestions that Afaf proposed have a lot of demand too.

The sheep shearing looked easy at first, but was actually very difficult because the clipper was heavy and the vibration transmitted to me. However, it felt good when I could smoothly shear the wool off the sheep after I had a lot of practice and got used to it. Also, I fell in love with the sheep and wanted to be become better at it. I want to try again in the future.

Shii Yamazaki

May 26, 2021

 S2の勝方正宗です。コロナ情勢悪化により学生が帰省できなくなったゴールデンウイーク、N&A部では新歓ハイキングを実施しました。

 5月2日(日)の午前は雨のため予定を変更して、白山麓キャンパス内のメーカースタジオで、尾張由輝也コーチからロープワークとナイフを使った竹細工の講習を受けました。ロープワークではもやい結びや自在結び、テグス結びなどの面白い結び方を学びました。これらはエンジニアリングの授業の農作業でも使えるので、習ってよかったです。ナイフを使った竹細工は、竹を加工して箸や皿などいろいろなものができることに驚きました。昼は顧問の潟辺先生の家で先生手作りの美味しいステーキカレーをいただきました。潟辺先生は男前だと思いました。雨の音を聞きながら薪ストーブで暖まり、煙突の効果などについて話し合ったのも面白かったです。

 午後は鳥越の阿手地区にある大日ダムを見学しました。雨の中のダム湖沿いのハイキングは非日常感があり、寒さの中でもとても楽しめました。斜面にあふれ出た雨が作る小滝にわざと頭を入れて髪を濡らし、皆びしょびしょになりながら歩きました。最後は手がかじかみ、靴も濡れて体も冷え切りましたが、温泉で温まったおかげで誰も風邪をひきませんでした。

 夕方から雨が強まり、気温も更に下がってきたので、テントは体育館の2階に張りました。IPadで焚火の動画を映し出しながらのギターの弾き語り、ハンモックで揺られていたのが心地よかったです。皆でポーカーや大富豪などのトランプゲームも楽しみました。今回は雨でしたが、次回は天気のいい日に野外でやってみたいです。夜に小腹が空いたなと思っていたら、看護師の上野さんからおにぎりの差し入れをいただきました。とても美味しかったです。ありがとうございます。

 翌日の3日(月)は嬉しいことに天候が回復し、青空の下、さわやかな涼風に吹かれながら、鳥越城山に登ることができました。山頂からは素晴らしい眺めで、手取川が削ってこの地が形成された様子が一望に見て取れました。途中、尾張コーチから山菜などについてのレクチャーを受けました。尾張コーチは山菜にも知識が豊富で、とても勉強になります。さすが東大農学部出身です。国際高専は素晴らしい自然環境に囲まれていますが、先生方もユニークな人材が集まっていると思います。体育のフィリップ先生はNZ出身で編み物もできます。美大出身の小高先生のビジュアルアーツの授業はとても興味深くためになります。歴史文化の上田先生は元プロテニスプレーヤーという希有の経歴です。そんな先生方の特技をもっと活かし、国際高専の強みをアピールすることで、たくさんの後輩が入学してきて、にぎやかで楽しい学園になると思います。

勝方正宗

 I'm S2 Masamune Katsukata. During the Golden Week holidays, when students could not return home due to COVID-19, the N&A Club held a welcome hiking event for the new members.

 May 2 (Sun) morning was rainy, so we changed our plans and Owari coach taught us rope work and bamboo craft using a knife in the Maker Studio. We learned interesting knots such as the bowline knot, taut-line hitch, and fisherman's knot. These knots will come in handy when doing farm work for Engineering Design class, so I am happy that I learned them. For the bamboo craft, I was surprised that you can make so many things with bamboo. We ate delicious homemade stake curry at Katabe sensei's house. It was super cool of him to make us lunch like that. It was also fun to talk about stuff like the effects of a chimney while listening to the sound of rain in front of a warm fireplace.

 In the afternoon, we viewed the Dainichi dam in the Ate district of Torigoe. Hiking along the reservoir in the rain was an extraordinary experience that I enjoyed very much, even though I was cold. We found a small waterfall and everyone stuck their head in. We were all shivering and our shoes were soaking wet by the time we got back to ICT. But we warmed up in the onsen and no one caught a cold.

 It started to rain harder and the temperature dropped in the evening, so we set up tent in the second floor of the gym. We listened to the sound of Katabe sensei's guitar in front of a fire shown on an iPad, and relaxed in a hammock. It was very nice and cozy. We also enjoyed playing cards. I hope we can camp outside next time. Just as we felt a little hungry before going to bed, nurse Ueno-san brought us some rice balls. They were delicious. Thank you so much.

 Thankfully, the following morning (Monday, May 3) was sunny and we could enjoy blue skies and the cool breeze on our hike up the mountain to Torigoe Castle ruins. The view from the top was beautiful and I could see at a glance how Tedori River carved this landscape. On the way, Owari coach gave us lectures about mountain herbs. He knows a lot about mountain herbs and it was very educational to listen to him. Exactly what you would expect from someone who studied agriculture at Tokyo University. I think that ICT is not only surrounded by wonderful nature, but also has no lack of unique teachers and staff. Philip sensei, the PE teacher from New Zealand can knit. Kodaka sensei, who studied art in university, teaches an interesting and informative Visual Arts class. Ueda sensei, the history teacher actually used to be a professional tennis player. I think we should utilize the teachers' unique talents and advertise ICT's strong points to the world. This way, many new students will come and ICT will become a lively and fun school.

Masamune Katsukata

January 25, 2021 Fusion360 学生コンテスト特賞受賞

              コロナの上に、例年にない大雪で白山麓では外に行くのが億劫な季節になりました。屋内で過ごすのは嫌いなわけではありませんが、私は他の学生のようにゲームが好きというわけでも、得意というわけでもないので、ずっとベッドの上でゴロゴロする日々を過ごしていました。

              そんな私の生活を変えたのが、Fusion360でした。Fusion360は一年生のエンジニアリングデザインの最初で基礎を習うCADソフトです。たまたま後学期のエンジニアリングデザインで再び触る機会があったため、授業のプロジェクト活動の一環でやったのが本格的に触るきっかけとなりました。最初は使い方も忘れていたし、モチベーションもなかったのですが、いつの間にかそれが趣味になっていました。気が付けば夜徹夜をしてやりたくなるほど没頭していました。そんなあるとき、12月の中旬にAutodeskの学生コンテストを見つけました。最初は出場する気持ちはありませんでしたが、私の試作品を見た友達と先生から背中を押され、出場することを決めました。それから一週間ほどしてコンテストに出す作品は作り終え、友達にレンダリングをしてもらい、冬休み中に提出しました。丁度学校に帰ってきた16日にAutodeskから連絡があり、なんと最優秀賞を取ることができました!一月中旬には景品のAutodeskTシャツと1万円以内の本が届き、Youtubeでの結果発表もありました。乗り気じゃない物にはまって、乗り気じゃないコンテストに出たわけですが結果的にチャレンジすることの大切さに気が付かされた経験だったと思います。これからも沢山のコンペに出場していきたいと思います。

国際理工学科1年 山崎史依

TOPICS記事
Fusion 360 学生デザインコンテスト 2020]トップページ
Fusion 360 学生デザインコンテスト 2020Contest 03 結果発表

Due to the unusual amount of snowfall and COVID-19, it has become a terrible season to go outside at Hakusanroku. I don't hate spending time indoors, but I'm not as good at playing games as other students, so I've been messing around in my room all the time.

It was Fusion 360 that changed my life. Fusion360 is CAD software that we learned the basics of at the beginning of the first semester of Engineering Design.  I happened to have the opportunity to use it again in Engineering Design in the second semester, so what I did as part of the project activities in the class gave me the opportunity to use it in earnest.

At first, I forgot how to use it, and I wasn't motivated, but before I knew it, it became my hobby. When I noticed, I was so absorbed that I wanted to stay up all night.

One day, I found an Autodesk student contest in mid-December. At first, I didn't feel like participating, but my friend and teacher who saw my prototype encouraged me and decided to participate. About a week later, I finished making the work for the contest, had my friends render it, and I submitted it during the winter vacation. I was contacted by Autodesk on January 6th when I just returned to school, and I was able to win the best award!

In mid-January, I received gifts from Autodesk: an Autodesk T-shirt and a book worth less than 10,000 yen, and the results were announced on YouTube. I was focused on things that I wasn't enthusiastic about, and I entered a contest that I wasn't enthusiastic about, but as a result, I think it was an experience that made me realize the importance of taking on challenges. I would like to continue participating in many competitions.

Department of Science and Technology First year, Shii Yamazaki

July 8, 2020 Kanazawa

国際理工学科2年 加藤大虎です。

本校は月に一度、自由外出できる土日があります。県内出身の学生は帰省したり、県外や海外出身の学生は金沢に行ったり、それぞれ思うままに貴重な時間を過ごします。今回はその日に皆が良く利用する金沢への外出について紹介します。

待ちに待った久しぶりの外出、6月初旬に3ヶ月ぶりに金沢市街に行きました。 (通常であれば、1か月に一度金沢へいけますが今回はコロナ渦で自粛期間があったため3ケ月ぶりとなりました) 朝、バスに集合する時間は9時で、学校から1時間ほどかけて金沢駅に向かいます。バスの中のすごし方は人それぞれですが、僕は友達としりとりをしたり、山中の景色をボーっと眺めたりします。猿がいたり、稀に鹿やノウサギもいたりして、これを見るのも道中の楽しみの一つです。

到着してからは各自17時まで自由です。目的は様々で、家族と会う人や、買い物、リフレッシュの為、散髪、映画鑑賞や普段学食では食べられないものを食べるなど、人それぞれでした。僕は大好きな映画の「天気の子」と「君の名は」が上映されていたので、同級生と後輩と一緒に2作品を観ました。お昼には久しぶりにお寿司を食べ、日用品の買い物をしました。

大好きな2つの映画を見て感動、美味しいお寿司にまた感動、後は趣味や日用品などを買って最高の金沢外出になりました。コロナウイルスの影響で長らく寮から出ることができていなかったので、久しぶりに外へ行きリフレッシュができて良かったです。しかし、買い物の予定を立てずに行ってしまい時間をロスしたので、次行くときはメモしてから行きます笑

豆情報ですが、瀬女より朝6時台の市営のバスがあるので、そちらを利用すれば朝から金沢を満喫できますよ。そして兼六園や近江市場、鼓門等、観光地をめぐるのもおススメです。

寮生活をすると、外出して買い物や外食をしたり、映画をみたり今まで当たり前に出来ていたことがとても貴重な体験になります。いままでの価値観が変わり少しの事に感謝の気持ちが沸くようになりました。これは寮生活を過ごすからこそ気づいた事だと思います。

それでは、また次のジャーナルでお会いしましょう〜😁

Hi! This is Daiko Kato, I am a second-year student of International College of Technology.

Once a month in this school, we have weekends where students can go out freely. Students from within the prefecture can go back home, while those from outside the prefectures or overseas can go to Kanazawa, so they can do whatever they want and we spend precious time there. In this article, I would like to introduce an outing to Kanazawa that we use often that day.

I went to Kanazawa city for the first time in three months in early June. (Normally, I would be able to visit Kanazawa once a month, but this time I had to refrain from going there due to the corona vortex, so it was the first time in three months.) We met on the bus at 9:00 am and head to Kanazawa station, that was about an hour away from school. Spending time on the bus was different for each person, so I spent my time chatting with my friends, watching the mountains dully, and so on. There are some monkeys sometimes around there, and in rare cases, there are deer, rabbits, and bears. This is one of the fun things on the way.

We are free to go on your own until 5 pm from when we arrived. We can meet our family, go shopping, refresh ourselves, get a haircut, watch a movie, or just enjoy a meal in the restaurants. It was different for each of us, such as eating what we couldn't eat in ICT. My two favorite movies, "Weathering With You" and "Your Name." were showing, so I watched both movies with my friends! At lunch, we had sushi for the first time in a long time and did some shopping for daily necessaries.

I watched my two favorite movies, then I was impressed and I was impressed by the delicious sushi again. The rest of the time I spent on my hobbies and shopping for daily necessities, making it the best Kanazawa outing I've ever had. It was nice to be able to go outside after a long time and get refreshed because I couldn't leave the dormitory for a long time because of the coronavirus. However, I lost my time because I didn't make any plans for my shopping, so next time I go, I'll make a timetable before I go. lol

It is a piece of minor information, but there is a city bus of 6:30 a.m. from Sena, so if you use it, you can fully enjoy Kanazawa from the early morning. I also recommend visiting Kenrokuen, Omityo Market, Tsudumimon, and other tourist spots.

When I live in the dormitory, it would be a very valuable experience to be able to do it until now, for example, go out for shopping, eating out, watching movies, and other things. My sense of value has changed and I started to thank for the little things. I think this is something I've realized because I've spent time in the dormitory.

I'll see you in the next journal. 😁

June 3, 2020 紅はるか芋の苗植え付け

こんにちは!国際理工学科2年の加藤大虎です。白山麓ジャーナル初投稿です。今回は”紅はるか芋の苗植え付け”のお手伝いをしました。とても楽しかったのでジャーナルにてご紹介します。

前日、天気予報では雨模様ということで、ドキドキしていましたが、当日は曇りになり、活動ができ嬉しかったです。
コロナウイルスの影響で、クラブ活動ではなく個人活動という形で、僕を合わせて友人3人と活動に参加しました。

作業内容は、クラブの先生方と地域の方がトラクター作業と苗植えの8割をしてくださり、残り2割を学生が行うというものでした。(コロナ対策として、学生が作業をしている際、先生や地元の方はトラクターの清掃作業に移り、3密を避けました)

苗の植え方は、収量が安定する船底植えという方法で行いました。畝の中央を10cm程掘り、株間40cm程で、そこに斜めに苗づるを寝かせ、茎の部分に土をかけるという植え方でした。

苗を植えている最中に、カメムシのような虫が出てきて驚きました。また、船底植えは、苗を均等に植えるのが思っていたより難しくて、悪戦苦闘しました。
秋になったらエンジニアリングデザインの授業で、今回植えた芋の収穫をするので、自分達が植えた芋の成長が大変楽しみです。昨年は猿に荒らされ、大きな被害を被ったので今年は対策をしっかりしたいです。
新緑の中で作業ができ、とても気持ちよくて楽しかったです。
「白山で採れるさつまいもは、きっと美味しいだろうな😋秋が待ち遠しいな〜😁」

加藤大虎

 

Hi! My name is Daiko Kato and I am a second-year student of international college of technology. This is my first contribution to the Hakusanroku Journal. This time, we helped to plant the "Beni Haruka" potato seedlings. I enjoyed it so much, so that I'm sharing it in here.

The day before, the weather forecast said for rain, so we were nervous about it, but it turned out to be cloudy on the day, so we were happy to be able to carry out our activities.

Due to the effects of the coronavirus, it was not a club activity, but an individual activity, and I participated to the activity with three of my friends.

Eighty percent of the work was done by the club's teachers and local resident, and the remaining 20 percent was done by the students. (As a measure for COVID-19, teachers and local resident moved on to tractor cleanup work while students were working to avoid the “3MITSU”)

We planted the seedlings by used “Funazokoue” that can stable yields. “Funazokoue”: 1. Dig about 10 cm in the center of the ridges. 2. Put the sapling in a diagonal position with about 40cm between the plants. 3. Cover the stems with soil.

While I was planting the seedlings, I was surprised because of I saw a bug that looked like a stink bug. Also, it was more difficult than I expected to plant the seedlings evenly by using “Funazokoue”, so I had a hard time doing it.

In the fall, we will be harvesting the potatoes we grow in our engineering design class, so we are very much looking forward to seeing the growth of the potatoes we planted. Last year, we were ravaged by monkeys and suffered a lot of damage, so we want to take better measures this year.

It was very pleasant and fun to work in the new greenery.

"I'm sure the sweet potatoes picked in Hakusan will be delicious. I can't wait for fall. :)"

Daiko Kato

地元の方に教わりながら苗植え

 

February 25, 2020

こんにちは、国際理工学科二年 瀬戸悠華です。今回はEngineering Design IIでの活動内容をみなさんに紹介したいと思います。

私たちTeam Event は、東二口文弥人形浄瑠璃に関する活動を一年間にかけて行ってきました。地域活性化というテーマのもと、私たちは「ミニ人形製作体験」、物語の「四コマ漫画化」を企画しました。東二口文弥人形浄瑠璃は、担い手の減少、観客の年齢層の固定化が指摘されていました。そこで私たちは、東二口文弥人形浄瑠璃について知らない方々を対象に、興味を持ってもらう入口を提供することを目標に、これらの企画を提案しました。

私は主に、東二口文弥人形浄瑠璃の特徴に関するポスター制作や、ミニ人形製作体験を中心に活動しました。第一回ミニ人形製作体験は、道の駅瀬女の二階をお借りして実施しました。参加者との会話やアンケート結果を通して様々な意見をいただきました。実際に私たちが見落としていた点など多くの意見を聞くことができ、とても参考になりました。二回目は、文弥まつりで実施しました。私も実際に人形浄瑠璃を拝見し、350年以上の歴史や、演じ手の皆さんの人形浄瑠璃に対する熱い思いが伝わってきました。また、いくつかの資料の作成中に、先生方や東二口文弥人形浄瑠璃保存会の方々からご指摘いただき、だれに向けてのメッセージなのか、収集した情報をどのようにまとめ、可視化させるかなど、資料制作において自己成長につなげることが出来たと思います。ありがとうございました。

 地域活性化プロジェクトは、今まで行ってきた校内のプロジェクトとは違い、多くの人々が強く関わってきます。失礼な態度はもちろん、無責任に終えることは許されません。これらは私にとってすごくプレッシャーで、プロジェクトが進むにつれてそのプレッシャーはさらに大きくなっていきました。この負担も地域活性化プロジェクトの一部であると同時に、Engineering Design IIでは、地域活性化プロジェクトの難しさを改めて実感しました。

 今回の一年間のプロジェクトは多くの方々のお力添えをいただいたおかげで成功に終えることが出来ました。多くの人々が関わることで、自分たちが気づけなかったことや地域の方々の率直な意見を得ることが出来ました。この繋がりを通して、多くの方々に白山麓地域の伝統や魅力が発信できればいいなと思います。東二口文弥人形浄瑠璃保存会の皆様、イベント実施の際に関わってくださった皆様、Team Eventのメンバーのみなさんありがとうございました。今後も今回の経験を活かし様々な問題解決活動に取り組み、責任感を養っていきます。

S207 瀬戸悠華

 Hi everyone.  My name is Yuka Seto and I am a second-year student of the Department of Science and Technology. Today, I would like to introduce our project in Engineering Design II.

  We, Team Event, worked on a project about Bunya Ningyo Joruri for a year. Bunya Ningyo Joruri is one part of the culture of the Hakusanroku area. It started more than 350 years ago. Recently, the number of successors decreased and the age of the audience is stable. Under a theme of regional revitalization, we planned to hold mini doll making events and make “4-block manga” of the stories. We planned that because our purpose was to provide chances for people who do not know about Bunya Ningyo Joruri to become interested.

 Mainly, I worked on making posters about the characteristics of Higashi Futakuchi Bunya Ningyo Joruri and the doll making events. We held the first event at the second floor of Sena road side station. Through the conversation with participants and surveys, we got a lot of opinions. Their opinions were so helpful for improving our project. We held the event on Bunya festival. I watched the play of dolls, called Ningyo Joruri. I noticed the puppeteers’ passion and history of Ningyo Joruri. During making several documents, some teachers and puppeteers gave me advice. It was a nice opportunity to think about who I make documents for, how I should summarize information that I correct and how I should visualize them. I am grateful for their valuable advice.

 Regional revitalizations are different from the school projects that we did in Engineering Design I. It is related strongly to a lot of people. Rude and irresponsible attitudes are not allowed. Because the project affects people’s lives, I felt a lot of pressure not to make mistakes. I noticed that this burden is a part of a regional revitalization. In Engineering Design II, I understood how difficult regional revitalizations are.

 We couldn’t finish up this project without people’s help. Having relationships is so important to get advice and opinions that we cannot notice. I hope this wonderful tradition and culture spread more and more. People from Higashi Futakuchi Ningyo Joruri, people who helped us to hold events and members of Team Event, thank you so much. From now on, I will try more problem-solving and take responsibility for being more involved in the community.

S207 Yuka Seto

February 25, 2020 In Engineering Design IIB class

Hi, I am Issada Pracharktam, the student from Thailand who’s now come to study abroad in Japan. I will write about the reflection for the Engineering Design class.  In Engineering Design IIB class, we have done the project under the topic of doing something for the Hakusan area. It was a one year long project, where we had to start from researching the area, finding and narrowing the problem, and think of the solution. My team did work under the topic of event, which focusing on Ningyou Joruri (one of the Hakusan traditional culture). Our goal was to keep and spread the culture to others, especially children. We held a doll making event that has a purpose of letting more people, focusing on children, to know more about the culture. For this project, I have created the 4-blocks manga with the simpler and easier to understand version of the Ningyou Joruri story. This were displayed in the event for the visitors to understand the story too. In total, we have held the event for 2 times, the first one held on 23rd November 2019 and second time on 9th February 2020.

Both events went on smoothly than we had expected. The first event was held at the Michi-no-eki’s second floor. We held the event from 13 to 16 pm. People continued coming one after another for some time. This was something I didn’t expected, I thought people would hardly come. This is the event which we just start, and the culture itself isn’t that famous. So this part we could say that we archive the goal. The event was more tired than I thought. The unexpected amount of visitors and for talking endlessly was quite exhausting.

For the second event, it was the same day as the “Bunya festival”. This day is the day the Ningyo Joruri would be played for once a year. We decided to do a little event for visitors who came to see the play.  This time we held for much shorter time and it was much smaller than the first time, so it wasn’t that tired. After the event, we had a chance to see the play too. Many things in the show were unexpected, the props, like the door sign, the door, were there and easy to recognize what is it. I thought that it would be like impossible to understand the story, but it is not that bad. It is still hard for foreigners to understand, since it was all in Japanese. Maybe we should add some English translated story for foreigners to read.

In overall, it was a good opportunity to be able to experience the Japanese culture. The Ningyou Joruri culture is full with Japanese style, which is not similar to Thai’s at all. There is also some kind of this culture in Thailand, it is called “Nang Talung”. However, Thai’s would use the shadow instead, not the real doll to show. The doll will be behind the screen, and the light will be shine from the back of the doll so that the doll’s shadow would be shown for the audience to see. The first time I heard about the Ningyou Joruri, I reminded of this Thai’s culture. For this project, I felt that I can do something for the local people. I have more confident in myself; especially communication skill. I need to communicate with the local people using Japanese, which help me realize my level of Japanese skill. This is the thing that the more we do the more we improve, so I am glad to have this kind of opportunity.

Issada Pracharktam

こんにちは、プラチャクタム・イッサダーです。タイから日本へ留学してきました。エンジニアリングデザインの授業について振り返ります。エンジニアリングデザインIIBの授業では、白山麓の地域のために何かをすることをテーマにプロジェクト活動をしました。一年間のプロジェクトで、地域のリサーチするところから始まり、見つけた課題を絞り込んで解決法を考えました。私が参加したチームはイベントをトピックに挙げ、白山麓の伝統芸能のひとつである人形浄瑠璃に的を絞りました。私たちのゴールはこの文化を保守し、もっと多くの人に広めることです。特に若い世代に広めることを目標にしました。そのために人形作りのイベントを行いました。このプロジェクトのために、私は人形浄瑠璃の物語を分かりやすくした4コマ漫画を作りました。この4コマ漫画はイベント参加者にストーリーを理解していただくためにポスターにして掲載しました。2019年11月23日と2020年2月9日の計2回のイベントを行いました。

どのイベントも思っていたよりスムーズに進みました。ひとつ目のイベントは道の駅の2階で行いました。13時~16時の開催で、途切れることなく人が訪れてくれました。ほとんど人が来ないと思っていたので、驚きました。人形浄瑠璃はあまり認知度が高くありませんし、初めて開催したイベントだったからです。ですので、このイベントは予想を超える成功だったと言えます。しかし、予想以上の数の方々と話をするのは思っていたよりも大変で疲れました。

ふたつ目のイベントは文弥まつりの当日に行いました。年に一度の人形浄瑠璃上演の日です。この日は演目を観るために来た方々に小さなイベントを開催しました。前と比べて規模が小さかったので、それほど疲れませんでした。イベントの後、私たちも演目を観ることができました。演目の中には想像していないようなものがたくさんありました。様々な小道具や、扉のしるし、扉などがすぐに何かわかりました。物語を理解できるとは思っていませんでしたが、思っていたほど難しくはありませんでした。ですが、すべて日本語で行われるので外国人には難しいと思います。外国人のために英訳した物語を用意したほうが良いかもしれません。

振り返ると、日本の文化に触れる良い経験となりました。人形浄瑠璃はとても日本らしい文化です。タイにも「Nang Talung」という似ている文化がありますが、これは本物の人形ではなく影を使います。人形はスクリーンの裏にあって、観客に見えるように人形が光に照らされるのです。初めて人形浄瑠璃の話を聞いた時、タイのこの文化のことを思い出しました。このプロジェクトを通して、地域の方々のために何か自分にもできることがあると感じました。前よりも自信がつきましたし、特にコミュニケーション能力が伸びました。地域の方と話す時に日本語を使う必要があったので、自分の日本語のレベルを知ることができました。こういうことはやればやるほど上達するので、このような機会があって嬉しかったです。

プラチャクタム・イッサダー

January 8, 2020

皆さん、こんにちは。S2年の鷺島です。今回は私が参加した、プロコンとロボコンに並ぶ高専三大コンテストの一つ、デザインコンペティション(以下デザコン)について書いていきます。

デザコンは幾つかの区分に分かれていますが、私たち白山麓キャンパスの学生が参加できるのは、プレデザコン(高専1から3年生対象)となります。プレデザコンと言っても、分野が空間デザインフィールド(建築の透視図)、創造デザインフィールド(ロゴデザイン)、A Mデザインフィールド(3Dプリント)の3つに分かれており、それぞれの学生の得意分野で取り組むことができます。私自身は創造デザインフィールドを選択して今年の東京大会に参加しました。

今回のテーマは「名取市において、自然がもたらした試練を乗り越える力となった人と人とつながりを、次代へと継承してゆくこと」で、これを題材にしたロゴを作成しました。ここからは、簡単に何を経て完成へと至ったのか書いていきたいと思います。まず最初にしたのはテーマの咀嚼です。とくに今回のテーマは複雑で、最終的には「震災を乗り越えた人のつながりを示す」という一文に縮めました。次がアイデア出し、続いてブラッシュアップに入ります。ここが一番時間がかかる工程で、それぞれ1週間以上かかります。特にブラッシュアップに関しては、1つのロゴの些細な表現の差異を比べながら作業していくので、かなり疲れました。最後に提出資料にまとめれば完成です。どんどんアイデアが形になっていき、最終的に想像以上の作品が完成するのはとても壮観です。この活動を通して、アイデア創出の楽しさを再確認することができました。結果としては特別賞(審査委員会から頂ける賞)を獲得することができて嬉しく思います。

この分野は、アイデア勝負の部分も多く、サポートして頂ける先生たちも付いているので、初心者でも気軽に始められます。気になる人は是非最初の一歩を国際高専で踏み出してみてください。

S科2年 鷺島悠人

Hello everyone. My name is Sagishima and I am a second-year student of the department of science and technology. Today I would like to write about the Kosen Design Competition (DezaCon), which I participated in and is counted as one of the three big Kosen Contests along with the ProCon and RoboCon.

The DezaCon is divided into several divisions. The division that students from the Hakusanroku campus can participate in is the Pre-DezaCon (first- to third-year students). This Pre-DezaCon is further divided into three fields: the Space Design Field (architectural perspective drawing), Creative Design Field (logo design), and AM Design Field. (3D printing) Students can choose which fields they wish to compete in. I selected the Creative Design Field and entered this year's Tokyo tournament.

This year's theme was to create a logo based on the concept "Passing down the bond between people of Natori city who overcame the trial of nature." I would like to briefly describe how I reached my final product. First, I broke down the theme. This year's theme was complex, so I simplified it to the sentence "Display the bond between people who overcame the earthquake." Next, I brainstormed and began the brushing up process. These took the longest amount of time; about one week for each stage. The brush up stage was especially tiring because it was an intricate process of comparing the effects of tiny differences. Finally, I submitted the necessary documents. It was an amazing experience to see my ideas take shape and exceed my expectations. I was able to rediscover the joy of ideation through this experience. Also, my efforts were happily paid off as I received the Special Award. (award from the judging committee)

I recommend this field to newcomers because good ideas can carry you far and there are supporting teachers at ICT. If you are interested, why not test your design skills here at ICT?

S2 Sagishima Yujin

白山麓ジャーナルのトップに戻る

December 24, 2019 バイオマス発電見学

国際理工学科一年の佐藤 俊太朗です。

10月頃に綺麗な紅葉が見れたと思っていたら、既に白山麓キャンパスでは雪が降っているのを確認でき、家で食べるみかんが美味しい季節になってきました。

先日、金沢工業大学が白山麓キャンパスで実験を行っているバイオマス発電と、バイオマス発電の際に発生した熱を利用したイチゴのビニールハウスの見学に参加しました。バイオマス発電には木を粉々にしたチップを使用します。カーボンニュートラルという考え方をもとに木製のチップを使用して発電を行っています。カーボンニュートラルというのは、「二酸化炭素の排出量と吸収量が同じであればエコ」という概念です。二酸化炭素吸収量が少なくなった古い木を燃料に発電し、二酸化炭素吸収量の高い若い木を植林するサイクルを作ります。これによって、森や林で人の手が入った部分が境界線となり、最近白山麓キャンパス周辺で目撃されている熊などの野生動物が人里に下りて来なくなります。今回は実際にキャンパス近くの山に入り、すでに切ってある杉の木から小さく細いものを伐りだして粉砕機に入れてチップを作製しました。木を切るときに初めてチェーンソーを扱わせてもらいました。使用したのは電動のチェーンソーで、これも環境に配慮してのことです。このバイオマス発電が広まれば環境もよくなり、林産業の活性化も見込めます。さらに、山に囲われた地域では地域活性化も見込めると思います。

次にイチゴのビニールハウスです。このビニールハウスの骨組みは保温に優れた木製の物を使用しています。保温にはバイオマス発電で発生した熱を利用しています。このビニールハウスでは受粉を蜜蜂で行っている以外の温度、水量、肥料の量の調整だけでなくLEDを使用して日射量の調整をAIを利用して行っています。実際に今回ビニールハウスに見学に行った際にイチゴ第一号を見せてもらいました。将来、AIやロボットに仕事を任せる時が待っていると改めて実感しました。しかし、AIなどに完全に頼るのではなく技術や知識を絶やさずに記録を残しておくことで数百年後に誰かが気づいて改良、効率化できる方法を探す事が重要だと思いました。今回の見学会で新たな技術に触れられて良い経験になりました。実際にエンジニアリングコンテキスト1Bの授業で習った内容が出てきて理解がより深まりました。

佐藤 俊太朗

Hello, I am Shuntaro Sato who is first year student of department of science and technology.

I thought that I could see beautiful autumn leaves in October, then suddenly I could see snow at the Hakusanroku campus. It has become the season for eating mikans indoors.

The other day, I went on a tour of the biomass power generation that is researched by Kanazawa Institute of Technology. The heat generated during the biomass power generation is sent to a strawberry green house. Biomass power generation consumes a lot of chips of wood. We use it based on the concept of carbon neutral. Carbon neutral is the idea that “if carbon dioxide emissions and absorption are the same, it is eco-friendly”. We make a cycle of planting young trees with high carbon dioxide absorption and generating electricity using old trees with low carbon dioxide absorption. By this, areas of forest which the part where human have touched becomes the border between humans and animals such as bears, monkeys and boars. In addition, we can expect activation of local forestry.
This time, we actually entered a mountain near the campus, cut small thin pieces from the already cut cedar trees, and put them in a crusher to make chips. This was the first time I saw a chainsaw cutting a tree. I used an electric chainsaw, which is also environmentally friendly. If this biomass power generation spreads, the environment will be better and the forestry can be activated. In addition, I think that regional revitalization can be expected in areas surrounded by mountains.

Next is the strawberry greenhouse. The frame of this greenhouse is made of wooden materials with excellent heat insulation. The heat generated from biomass power generation is used for heat insulation. In addition to adjust the temperature, volume of water, and amounts of bees, this greenhouse uses LED lights to adjust the amount of solar radiation. When I went to the greenhouse this time, I was shown the first strawberry. In the future, I realized again that it was time to leave AI and robots to work. However, instead of relying entirely on AI, I thought it was important to find a method that could be recognized and improved by someone after hundreds of years by keeping a record of the technology and knowledge. It was a good experience to be exposed to new technologies at this tour. The contents learned in the class of Engineering Context 1B actually came out and deepened my understanding.

Shuntaro Sato

白山麓ジャーナルのトップに戻る

HOMECampus LifeHakusanroku JournalStudent

PAGETOP