国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル:Club Activities

September 14, 2021 ICT探検隊、瀬波川を遡上す

NA部顧問のKTBです。912日(日)にN&A部は瀬波川沢登りを実施しました。瀬波川は白山麓キャンパスから5㎞ほど北を流れる手取川の支流です。手取川本流は白山で崩れた砂が混じって濁りがありますが、瀬波川は澄み切っていてまさに清流です(下の写真で実感していただけると思います)。

部員は1230分の集合後、白山麓少年自然の家へ移動、ヘルメット、ライフジャケットなどの装備を借りて現地へ向かいます。白山里温泉前の駐車場で下車して川原へ、浅瀬に足を浸したところで、尾張コーチから川中での危険についてレクチャーを受けた後、いよいよ沢登りのスタートです。沢登りではコース取りは自由、岩場を歩いたり、泳いだり(とはいえ水温は18℃、そのうちに震えが止まらなくなります)、ロープをつかんで難所を越えたり、学生たちは思い思いのコースを進みます。やがて、小さなプールに翡翠色の清水をたたえた場所へたどり着きました。

ここが本日一番の景勝スポット。学生たちは次々と岩の上からジャンプ。エメラルドのしぶきを跳ね上げながら水中に身を躍らせました。帰りの車中でフィリップ先生から感想を尋ねられた木下観くんは笑顔で、“The coldest experience of my life.”と答えていました。

潟辺 豊

It's KTB, the N&A Club supervisor. On September 12 (Sun), the N&A Club held the annual Senami rivier gorge climbing activity. Senami river is about 5 kilometers from the Hakusanroku Campus, and is a tributary to the larger Tedori river.Tedori river is often muddy with sand broken off from Mt. Hakusan, but Senami river is clear and beautiful (as you can see in the pictures above).

Members gathered at 12:30 pm and moved to Hakusanroku Shonen-no-ie to gear up with helmets and lifejackets. When everyone was ready, we drove to the parking lot in front of Hakusanri Onsen and made our descent to the river bed. After getting our feet used to the water, Owari coach gave a lecture about the dangers in the river before we began our journey. There is no set path for gorge climbing. You can walk along the rocky bank, swim (this however will give you the shivers before long because the water temperature was only 18 degrees celsius), and use ropes to pull yourself along. Each student chose paths that they liked, and we finally reached a small pool of jade green crystal clear water.

This beautiful site was the payoff of our journey. Students took turns jumping of the rocks above, diving into the water with emerald colored splashes. When asked by Philip sensei on the way home, Kan Kinoshita remarked that it was "The coldest experience of my life" with a big grin on his face.  

Yutaka Katabe

 

July 31, 2021 Events in July

ジョナサンです!7月の白山麓キャンパスのイベントを3つ紹介します。

74日(日)、アメリカの独立記念日を祝してBBQ大会が白山麓キャンパスの中庭で開催されました。企画はランゲージ&カルチャークラブで、同キャンパスの全教職員と学生が招待されました。開始時間の14時半に中庭に行ってみるとBBQのグリル以外にも、外国人のラーニングメンターや先生が自作したローンゲーム(芝生の上で行うゲーム)が2つ用意されていました。ひとつはコーンホールという、2人ペアがチームとなって、穴が開いている専用の板に向かって順番に布袋を投げていくものでした。布袋が板に乗ると得点が入り、さらに穴に入れると高得点となります。相手チームより先に21点獲得すると勝ちです。集中力と投擲技術を要するゲームで、時より穴に入ったプレイヤーの歓声が聞こえてきました。もうひとつはアメリカンクラッカーで、紐でつながった2つのゴムボールを3本の横棒目掛けて投げ、巻き付いた棒に応じた得点が貰えます。これは主に男子学生が夢中になって遊び、イベント終盤には上達した学生が連続得点を決めていました。

BBQのほうは料理が得意なエドワード先生が担当し、チーズバーガーとホットドッグをたくさん焼いてくれました。バンズに挟んだバーガーは絶品で、おかわりする学生が続出しました。また、お腹を満たした男子学生が中庭のバスケットコートで試合を始め、エネルギーを発散しました。雨の予報だったが、不思議とイベントの間は一滴も降らず、快適な天候の中、それぞれがゲームや会話を楽しみました。

77日(水)、ラーニングメンター主催のイベント「ストレス発散用の手遊びオモチャ作り教室」が開催されました。これは学期末が近づくにつれ課題が増えている学生に対して、ストレスを発散するためのオモチャを楽しみながら作ろうという目的のイベントで、ラーニングメンターのアン先生、アピラク先生、ジョムキット先生によって計画されました。ひとつは色とりどりの紐を使ったハンドスピナーで、参加した学生と教員がアン先生の指導の下、パチンコ玉を中心にカラフルな紐で模様を織りながら作りました。もうひとつはアピラク先生が担当したスライム作りで、用意した染料を混ぜることでお好みの色のスライムが作れました。さらにこれを風船に入れることで大きな耳たぶのような触り心地のスライムを手を汚さずに持ち歩くことができます。また、オモチャではありませんが、キャンディーケーンをジップロックに入れてトンカチで叩き潰すコーナーもあり、学生は普段のストレスを楽しそうに発散していました。

720日(火)、スイーツ争奪バドミントン大会が白山麓キャンパスの体育館で開催されました。これはスイーツ作りが得意なエドワード先生の企画で、学生に身体を動かして美味しいスイーツを食べてもらうために計画されました。用意されたのはメープルベーコンのドーナッツ、マカロン、カップケーキなどで、学生はバドミントンで先生と試合するとポイントを獲得し、そのポイントをスイーツと交換できるシステムでした。白山麓キャンパスの学生は注意をしないと運動不足になりがちですが、この日は汗を流して、笑顔でスイーツを頬張りました。

以上、7月のイベントでした。今年の7月は連休も多く、学生はリフレッシュしながら学期末試験や課題に臨みます。

ジョナサン

It’s Jonathan, the camera man! I’d like to write about three events that happened this month.

On July 4 (Sun), there was a barbeque party at the Hakusanroku Campus on the lawn next to the basketball court. This event was organized by the Language & Culture Club and all Hakusanroku students and staff were invited. The party started at 2:30 pm and the first thing I noticed was the two lawn games that some of the teaching staff had setup. One was cornhole: a game where two people toss a bag of corn onto a slanted board with a hole. Two teams take turns tossing the bags and you get points when the bag lands on the board or in the whole. The first team to get 21 points wins! I tried it for the first time and found that it asks for both concentration and precision. Getting the bag in the whole seemed impossible at first and I heard players let out shouts of joy from time to time as they got better. The other game was clackers; two plastic balls connected with string. There were three horizontal polls and you get points depending on which one you manage to throw and rap the clacker around. A group of second year students took special interest in this and some almost mastered it by the time the event was over.

I can’t forget about the barbeque itself! Ed sensei (or “Mr. B” as most students call him) took charge of all the cooking and made everyone cheeseburgers and hotdogs to our heart’s content. They were delicious and students devoured them as quick as Ed sensei could make them. Some of the boys burned off that energy right away with a game of basketball. The weather forecast said it was going to rain but the skies held up and we ended up with a not too hot, perfect cloudy day.

On July 7 (Wed), the learning mentors held their “Making Toys to Relieve Stress Workshop” in the Maker Studio. This event was organized as a fun way to help neutralize students’ stress as the semester comes to an end and so comes assignment deadlines. The learning mentors, Anne sensei, Apriak sensei, and Jomkit sensei each took charge of three different booths. Anne sensei taught students how to make hand spinners by weaving different color string around a pinball. Apirak sensei’s booth made various color slimes, which they filled balloons with to create soft squishy toys. Jomkit sensei’s booth didn’t make anything, but instead had bags of candy canes that students could crush with a hammer. All three booths saw multiple visitors and students enjoyed moving their hands and blowing off stress.

It’s fairly easy to fall out of shape due to a lack of exercise at the Hakusanroku Campus. That's why Mr. B organized a special badminton tournament on July 20 (Tue) as a fun way for students to move their bodies and eat some delicious food at the same time. He prepared a ton of sweets such as maple bacon donuts, macarons, and cupcakes. During the tournament, students could challenge any of the teachers to accumulate points, which they could trade in for sweets. It was a casual and fun event with many students laughing and eating sweets.

July was a fun month with many holidays and events. Hopefully students released some stress and prepared themselves for the final exams this week.

Jonathan

July 28, 2021 白山登山

NA部顧問のKTBです。716日(金)にN&A部は白山登山を実施しました。早朝5時に白山麓キャンパスを出発、6時には登山口の別当出合に到着しました。登山届を提出してから、今回は昨年歩いた砂防新道ではなく、よりハードな(そのかわり眺望絶佳かつ混雑のない)観光新道を選びました。学生はS1大石意丸くん、奥山眞宙くん、木下観くん、草本留嘉寿くん、S2勝方正宗くん、酒井瞭くん、中里優斗部長の7名が御前峰山頂を目指します。

観光新道は尾根道ですから、常に眺望が広がり、涼風が背中を押してくれます。ササユリ(花言葉は「上品」)の優しく甘い香りの漂う登山道を部員たちはぐいぐいと元気に登ってゆきます。殿ケ池避難小屋でたっぷりと休憩を取り、1030分には弥陀ヶ原で記念撮影、11時には室堂に到着しました。学生たちはカフェテリアのお弁当に加えて、各自持参したカップ麺を美味しそうに掻き込みます。12時に出発と伝えてあったのですが、1140分には待ちきれず山頂に向けて再出発、1230分には青空に白い雲が吹き乱れる山頂で全員そろって笑顔の記念撮影となりました。

下山は膝への負担を考えて、緩やかな砂防新道を選択しました。天気予報からは途中で雨に降られるのを覚悟して臨んだ山行でしたが、結局、雨には一滴も遭うことなく、部員たちは皆真っ赤に日焼けして帰ってきました。中には翌朝6時に自転車で3時間かけて海へ向かった強者(留嘉寿&優斗)も。

潟辺 豊

KTB, coach of the N&A Club here. The N&A Club held our annual Mt. Hakusan climb on July 16 (Fri). We left the Hakusanroku Campus at 5 am and arrived at the starting point (Betto-deai) at 6. After submitting a climbing registration form, we began our climb. This year we chose the more advanced but more beautiful and less crowded Kanko-shindo instead of the Sabo-shindo that we used last year. Student members that participated were Oishi Imaru, Okuyama Mahiro, Kan Kinoshita, Lucas Kusamoto (S1), Katsukata Masamune, Sakei Ryo, and the captain Nakazato Yuma (S2).

Kanko-shindo is a path along the mountain ridge, so there is always a beautiful view and a cool breeze to push you along. The sweet fragrance of Japanese lilies (language of flower: elegant) surrounded us as we pushed on steadily up the mountain. We rested at Tono-ga-ike shelter hut, took a group photo at Mida-ga-hara at 10:30, and arrived at Murodo at 11 o’clock. Students happily dug into their packed lunch prepared by the cafeteria and cup noodles their brought with them. Initially, we planned to leave at noon, but the students were so eager to get going, so we began our final assent at 11:40. By 12:30, everyone had reached the peak with blue skies and bustling white clouds and showed big smiles for the camera.

To go nice on our knees, we chose the less steep Sabo-shindo on the way down. The weather forecast predicted some rain so we came prepared but never saw a single drop the whole way. Instead, students’ skin was red from sun burn. Still, two invincible students (Lucas and Yuma) had enough strength for a three hour bike ride to the ocean the very next day.

Katabe Yutaka

June 23, 2021 Report from Hakusanroku (June)

ジョナサンです!6月の白山麓キャンパスは気温も上がり、汗ばむ季節になってきました。国際高専1、2年生は校舎の内外で様々な活動に励んでいます。最近あったイベントを3つ、レポートします。

6月1日(火)、エンジニアリングデザインIIAのアグリテック班がMRO北陸放送の取材を受けました。2年生のエンジニアリングデザインでは地域の課題解決を行っており、アグリテック班は前年のプロジェクトを引き継いで、AIによる獣害対策システムを製作しています。今年の2年生の目標はAIが認識した猿を追い払うシステムの実装で、取材の中では白山麓キャンパスと道路を挟んだ向かいの休耕田で地元の方に猿被害の規模や望ましい撃退方法の聞き取りをするシーンや、目指すゴールについて語るシーンが撮影されました。この内容は6月9日(水)の「レオスタ」で放送されました。本プロジェクトは昨年度に一般社団法人電気学会「U-21学生研究発表会」で最優秀賞を受賞しており、その後の成果に注目が集まっています。

6月3日(木)、エンジニアリングデザインIIAのアグリビジネス班の2年生4名が白山麓キャンパスから近い木滑地区でひつじの放牧を行っている山立会にお邪魔して、会社見学とひつじの毛刈り体験をしました。アグリビジネス班は白山麓ブランドのさつまいも「高専べにはるか」の生産・販売プロジェクトを行っており、同じく新規事業立ち上げをした山立会から農業経営のノウハウを学ぶために科目担当の山崎先生がセッティングを行いました。

山立会のひつじ事業は石川県立大学の石田名誉教授の「耕作放棄地放牧で生産されたラム肉の地産地消による地域活性化の課題研究」を引き継ぐ形で誕生したビジネスです。代表の有本勲氏は白山麓特産の肉がないこと、昼間に観光客が遊ぶ場所がないこと、獣害や豪雪の影響を受けないことなどからラム肉に可能性を感じて、事業展開に踏み切りました。有本さんが学生にしてくれたプレゼンではひつじ飼育の出産から出荷までの年間スケジュール、収支計画、5年後に収益500万円を目指す長期目標、必要な畜舎や機械などの設備などを解説し、そのための資金調達で行ったクラウドファンディング、補助金申請、付加価値によるラム肉の単価アップなどを紹介しました。また、ひつじ餌やり体験、毛刈り体験、BBQ用ラム肉販売によって白山麓地域の観光を盛り上げていきたい旨を語りました。学生は簡単に儲からないとわかっていながら様々なチャレンジをする有本さんの話をメモを取りながら真剣に聞いていました。また、プレゼンのあとには10分間の質疑応答の時間があり、熱心な学生が熱心に質問や提案をしていました。

毛刈り体験をした学生は「見ているだけだと簡単そうでしたが、バリカンが重いうえに振動が伝わって難しかった」「何度もやってするすると毛が刈れたときは気持ちよかった」「羊に対して愛情が生まれました」と語っていました。

6月20日(日)、ネイチャー&アドベンチャークラブが鷲走ヶ岳へハイキングに出かけました。鷲走ヶ岳は1,097mの山で、白山麓キャンパスから車で10分ほどのところに登山口があります。メンバーは1、2年生5名、山崎先生、潟辺先生、フィリップ先生、尾張コーチ、私の計10名でした。コースの大部分は森林の中を通っていくため、涼しい日陰に守られて快調に進みました。休憩時には尾張コーチが柑橘系の香りがする「クロモジ」、樹皮が熊によって剝がされた木、コアジサイの花など、山の見どころを解説しました。白山麓キャンパスを出発したのは8時半で、山頂へ到着したのは1115分頃でした。晴れていれば白山が望める場所ですが、この日は雲がかかっていて見えませんでした。早い昼食を食べたあと、白抜山という隣にある891mの山へ登ってから下山しました。学生たちは元気いっぱいで、山道を走ったり、休憩時に木に登ったりして、有り余る体力を存分に発揮していました。来月には白山登山を控えている同クラブメンバーにとって、良い体慣らしとなったようです。

ジョナサン

Hi, it's Jonathan, the cameraman. June has brought warm weather to Hakusanroku and I see more and more people wearing t-shirts as summer approaches. Here are three events that happened in the past month. 

On June 1 (Tue), The Agri-tech team was interviewed by MRO Hokuriku Broadcasting during Engineering Design IIA class. The Agri-tech team has succeeded last year's project, and is creating a system to protect crops from wild monkeys using AI. This year's second year students aim to implement a function to drive away monkeys detected by the system. The television crew filmed scenes of the students asking local farmers about the magnitude of damage on their crops and what they think is the best method to drive monkeys away, and scenes of them explaining their goals of the year. The program was broadcasted on "Leosuta" on June 9 (Wed). Last year's Agri-tech team won the highest award of the "U-21 Institute of Electrical Engineers of Japan" and the level of attention on this project is growing.

On June 3 (Thu), four second year students of the Agri-business teams visited Yamadachikai, which has lately begun herding sheep in Kinameri district near Hakusanroku Campus. The Agri-business team is growing and selling local branded sweet potatoes "Kosen Beni Haruka" and Yamazaki sensei organized this visit to listen to the representative of Yamadachikai talk about his experience staring a agricultural business in Hakusanroku.

Yamadachikai's sheep business began when they were approached by the team of Ishida professor of Ishikawa Prefectural University who was doing research on the possibility of a sustainable business model selling lamb meat herded and sold in the local area. Arimoto-san, the representative of Yamadachikai, accepted this offer after agreeing that Hakusanroku lacked local branded livestock and daytime activities for tourists. Also, sheep are unaffected by the harsh winter season and wild animals in the area, which are difficulties of other products. In the presentation he gave to the students, Arimoto-san explained the annual schedule of selling lamb meat, the company's table of income and expenditure, their long-term goal of a profit of 5 million yen in five years, the necessary facilities they plan to purchase, etc. To accomplish this, Arimoto-san has utilized crowdfunding, applied for financial support from the government, and tried multiple methods to increase the price of their meat. He also plans to contribute to the local tourist scene by letting people feed and shear the sheep, and selling BBQ meat to campers. Arimoto-san understood that making a profit with sheep wasn't going to be easy in Hakusanroku, but he took on the challenge and came up with ideas to create a successful business. The second year students listened intently and took notes. There also was a QA session after the lecture that lasted ten minutes as Arimoto-san and students exchanged ideas.

After the lecture, students tried out shearing the sheep. Later, they commented "It looked easy at first but the electric clipper was heavy and difficult to keep steady due to the vibration, but once I got used to it, it felt good as the wool came off" and "I grew fond of the sheep."

On June 20 (Sun), the Nature & Adventure Club went hiking at Mt. Wasso-ga-take, which is a mountain of an altitude of 1,097 meters with a hiking course about ten minutes by car from Hakusanroku Campus. Participants were five club members, Yamazaki sensei, Katabe sensei, Philip sensei, Owari coach, and myself; a total of ten people. Most of the hiking course is through the forest, which shaded us from the hot sun. During breaks, Owari coach showed us wild herbs such as "Kuromoji", trees that bears had peeled the bark off, and flowers such as koajisai (Hydrangea hirta). We left Hakusanroku Campus at 8:30 am and reached the top of Wasso-ga-take around 11:15. Usually you can see Mt. Hakusan from this point. However, sadly it was hidden by low clouds. We ate an early lunch and headed to a neighboring mountain called Shironuki-yama (891m) before descending back down the trail. Students were full of energy and sometimes ran down the path or climbed trees along the way. Next month, they plan to climb Mt. Hakusan itself so this hike was a nice warm up ahead of time.

Jonathan

May 26, 2021

 S2の勝方正宗です。コロナ情勢悪化により学生が帰省できなくなったゴールデンウイーク、N&A部では新歓ハイキングを実施しました。

 5月2日(日)の午前は雨のため予定を変更して、白山麓キャンパス内のメーカースタジオで、尾張由輝也コーチからロープワークとナイフを使った竹細工の講習を受けました。ロープワークではもやい結びや自在結び、テグス結びなどの面白い結び方を学びました。これらはエンジニアリングの授業の農作業でも使えるので、習ってよかったです。ナイフを使った竹細工は、竹を加工して箸や皿などいろいろなものができることに驚きました。昼は顧問の潟辺先生の家で先生手作りの美味しいステーキカレーをいただきました。潟辺先生は男前だと思いました。雨の音を聞きながら薪ストーブで暖まり、煙突の効果などについて話し合ったのも面白かったです。

 午後は鳥越の阿手地区にある大日ダムを見学しました。雨の中のダム湖沿いのハイキングは非日常感があり、寒さの中でもとても楽しめました。斜面にあふれ出た雨が作る小滝にわざと頭を入れて髪を濡らし、皆びしょびしょになりながら歩きました。最後は手がかじかみ、靴も濡れて体も冷え切りましたが、温泉で温まったおかげで誰も風邪をひきませんでした。

 夕方から雨が強まり、気温も更に下がってきたので、テントは体育館の2階に張りました。IPadで焚火の動画を映し出しながらのギターの弾き語り、ハンモックで揺られていたのが心地よかったです。皆でポーカーや大富豪などのトランプゲームも楽しみました。今回は雨でしたが、次回は天気のいい日に野外でやってみたいです。夜に小腹が空いたなと思っていたら、看護師の上野さんからおにぎりの差し入れをいただきました。とても美味しかったです。ありがとうございます。

 翌日の3日(月)は嬉しいことに天候が回復し、青空の下、さわやかな涼風に吹かれながら、鳥越城山に登ることができました。山頂からは素晴らしい眺めで、手取川が削ってこの地が形成された様子が一望に見て取れました。途中、尾張コーチから山菜などについてのレクチャーを受けました。尾張コーチは山菜にも知識が豊富で、とても勉強になります。さすが東大農学部出身です。国際高専は素晴らしい自然環境に囲まれていますが、先生方もユニークな人材が集まっていると思います。体育のフィリップ先生はNZ出身で編み物もできます。美大出身の小高先生のビジュアルアーツの授業はとても興味深くためになります。歴史文化の上田先生は元プロテニスプレーヤーという希有の経歴です。そんな先生方の特技をもっと活かし、国際高専の強みをアピールすることで、たくさんの後輩が入学してきて、にぎやかで楽しい学園になると思います。

勝方正宗

 I'm S2 Masamune Katsukata. During the Golden Week holidays, when students could not return home due to COVID-19, the N&A Club held a welcome hiking event for the new members.

 May 2 (Sun) morning was rainy, so we changed our plans and Owari coach taught us rope work and bamboo craft using a knife in the Maker Studio. We learned interesting knots such as the bowline knot, taut-line hitch, and fisherman's knot. These knots will come in handy when doing farm work for Engineering Design class, so I am happy that I learned them. For the bamboo craft, I was surprised that you can make so many things with bamboo. We ate delicious homemade stake curry at Katabe sensei's house. It was super cool of him to make us lunch like that. It was also fun to talk about stuff like the effects of a chimney while listening to the sound of rain in front of a warm fireplace.

 In the afternoon, we viewed the Dainichi dam in the Ate district of Torigoe. Hiking along the reservoir in the rain was an extraordinary experience that I enjoyed very much, even though I was cold. We found a small waterfall and everyone stuck their head in. We were all shivering and our shoes were soaking wet by the time we got back to ICT. But we warmed up in the onsen and no one caught a cold.

 It started to rain harder and the temperature dropped in the evening, so we set up tent in the second floor of the gym. We listened to the sound of Katabe sensei's guitar in front of a fire shown on an iPad, and relaxed in a hammock. It was very nice and cozy. We also enjoyed playing cards. I hope we can camp outside next time. Just as we felt a little hungry before going to bed, nurse Ueno-san brought us some rice balls. They were delicious. Thank you so much.

 Thankfully, the following morning (Monday, May 3) was sunny and we could enjoy blue skies and the cool breeze on our hike up the mountain to Torigoe Castle ruins. The view from the top was beautiful and I could see at a glance how Tedori River carved this landscape. On the way, Owari coach gave us lectures about mountain herbs. He knows a lot about mountain herbs and it was very educational to listen to him. Exactly what you would expect from someone who studied agriculture at Tokyo University. I think that ICT is not only surrounded by wonderful nature, but also has no lack of unique teachers and staff. Philip sensei, the PE teacher from New Zealand can knit. Kodaka sensei, who studied art in university, teaches an interesting and informative Visual Arts class. Ueda sensei, the history teacher actually used to be a professional tennis player. I think we should utilize the teachers' unique talents and advertise ICT's strong points to the world. This way, many new students will come and ICT will become a lively and fun school.

Masamune Katsukata

May 19, 2021 Activities in May

Hello, it's Jonathan, the camera man! April has turned into May, and the weather is almost perfect here at the Hakusanroku Campus. I have gathered pictures of the first and second year students and some of their major activities in the past weeks. Enjoy!

こんにちは、カメラマンのジョナサンです!5月に入って、白山麓キャンパスの気温は暑くも寒くもなく、とても過ごしやすいです。今月に入ってから白山麓キャンパスで行われた活動の写真をいくつか載せたいと思います。ぜひご覧ください!

Sports Day

On May 1, the two PE teachers, Takimoto sensei and Philip sensei held a sports event in the gym. Students were not able to return home during the Golden Week holidays, and many events such as this were created to make the days as enjoyable as possible. This time, the sports were badminton and volleyball. In the badminton portion, Philip sensei introduced a new level system. All students start at level one. You level up by defeating someone in your same level or higher, to a max level of four. You can play as many games as you like with anyone you choose. This system seemed to suit the students and the three courts were constantly occupied by players challenging each other. The volleyball portion were games between the students and teachers. I apologize for not taking any pictures of the volleyball portion because I was playing the whole time.

5月1日(土)は保健体育の瀧本先生とフィリップ先生が企画したスポーツデイが体育館で行われました。今年の1,2年生はゴールデンウイーク中に帰省できませんでしたので、代わりに先生や学生が休日を楽しめるように様々なイベントを企画しました。このスポーツデイもそのひとつです。今回の種目はバドミントンとバレーボールでした。バドミントンでは、フィリップ先生が新たな「レベルシステム」を導入しました。このやり方では、参加者全員がレベル1からスタートします。その後、自分と同じか上のレベルの人と対戦して勝利するとレベルがひとつ上がります。制限時間内であれば誰と何回対戦するかは自由です。最高レベルは4で、制限時間内にどこまでレベルアップできるかを競います。この新しいシステムは学生たちに好評のようで、3つのコートは常に楽しそうな学生で埋まっていました。バレーボールの時間では学生と教職員のオールスターチーム同士が対戦しました。私は教職員チームに参加していたため、残念ながら写真はありません。

 

Camping Indoors

On May 2, the Nature & Adventure Club used the whole day to craft, hike, camp, and do all sorts of outdoor stuff. Sadly, the weather forecast was rainy but the club members improvised and enjoyed their first club activity anyway. They did ropework, bamboo crafting, and ate curry and rice for lunch at KTB sensei's house. In the afternoon, they went hiking near Dainichi dam in Torigoe before returning to ICT. Originally, they planned to camp outside on school grounds. However, the rain and wind was too strong and they made the brave choice to camp in the second floor of the gym. Jokes aside, this turned out to be not a bad decision and they spent the evening chatting, listening to KTB sensei's guitar, and playing cards by a digital campfire. (How ICT is that!) One member wrote a journal entry about his experience which you can read here. (Coming soon)

5月2日(日)、ネイチャー&アドベンチャークラブが様々な活動を丸一日かけて行いました。天候は残念ながら雨でしたが、メンバーは予定を修正しながらもアウトドアをエンジョイしました。午前中はロープワークや竹細工体験を行い、その後、潟辺先生の自宅でおいしいカレーをいただきました。午後は鳥越にある大日ダム見学のハイキングツアーを行いました。本来はキャンパス敷地内にテントを張ってキャンプをする予定でしたが、あまりにも雨風がひどかったため、代わりに体育館の2階部分に拠点を移動する英断を下しました。これが意外とグッドアイデアで、良い雰囲気の中、潟辺先生のギターを聴きながらハンモックでくつろいだり、タブレットに映したデジタルのキャンプファイヤーを囲んでトランプで遊んだりして、夜を楽しみました。メンバーのひとりがこの日の活動についてジャーナルを書きましたので、ぜひ読んでみてください。(近日公開)

Original T-shirt Design

On May 3, Ito sensei and Kodaka sensei organized an event to make original design t-shirts. Students used their computers to design and print out the design. Then, they ironed on the transfer paper to the front or back of the t-shirts. Students could choose one black or white t-shirt to design. Some students who had a clear vision finished before lunch. However, others took longer to come up with a design or had trouble transferring the design they chose. In the end, it was an exciting experience and many students voiced their joy in their finished product.

5月3日(月)は、伊藤先生と小髙先生が企画したオリジナルデザインのTシャツを作るイベントが実施されました。学生はパソコンソフトを使って好きなデザインを作り、Tシャツの表か裏にアイロンで転写しました。参加した学生はそれぞれ白か黒のTシャツをひとつ選ぶことができました。すぐにデザインが決まって早く完成した学生は昼食前に終わりましたが、デザインを考えることに時間をかけたり、凝ったデザイン故にアイロンがけに時間がかかったりした学生もいました。完成したTシャツを見て「おおー!」「きれいー!」と声を上げる学生も多く、刺激的な活動になりました。

Engineering Design II A: Plowing with a Tractor

Returning to school, the agri-business team of the second year's Engineering Design class began working in the fields across the street from ICT. This team's goal is to grow sweet potatoes and make a profitable business model selling them. On May 6, they were joined by members of the local community who lent and taught the students how to drive a tractor. Each student took turns using the tractor to plow the plot of land they will use to plant the sweet potatoes. Unsurprisingly, it was the first time for the students to drive a tractor, and they enjoyed the experience as you can see in the pictures and video below.

授業が再開した5月6日(木)、2年生のエンジニアリングデザインのアグリビジネスチームが畑仕事を開始しました。アグリビジネスチームは地元ブランドのさつまいもを栽培・販売して、ビジネスプランの成功を目指します。この日の活動は白山麓キャンパスの向かいにある畑を耕す作業で、地元の方にトラクターを貸していただき、運転を教えてもらいました。学生たちは順番にトラクターに乗りながら、畑を耕していきました。もちろん、全員トラクターに乗るのは初めてで、写真とビデオの表情からも楽しんでいる様子がわかると思います。

 

Tie-Dye T-shirts

The last activity I would like to show you is the tie-dye t-shirt event, held after school on May 12 by the Language and Culture Club, for all first and second year students. Tie-dye is a method of folding, twisting, or crumpling fabric, and applying dye to create unique patterns. Ian sensei and Pauline sensei provided various colors of dye, t-shirts, rubber bands, gloves, aprons, and bleach for those who wished to dye a black t-shirt. The students quickly began choosing colors and methods to design their t-shirt. The instruction manual that came with the dye listed several techniques, and some students even experimented with original ways to use the dye; some improvised with their fingers, makeshift brushes, and pipes. You can see their finished products in the pictures below.

最後に紹介するのは5月12日(水)にランゲージ&カルチャークラブ主催で行われた1,2年生の希望者のためのタイダイTシャツ染め体験です。タイダイ染めは生地を折ったり、ねじったり、くちゃくちゃにしたりしてから固定して染料を加える手法で、独特の模様ができるユニークな染め方です。顧問のイアン先生とポーリン先生は様々な色の染料、Tシャツ、輪ゴム、ビニール手袋、エプロン、黒いTシャツに染めたい学生のための漂白剤を準備しました。付属のマニュアルには様々な手法が解説されており、学生たちは様々な色を組み合わせたり、指や筆やパイプどを使ってオリジナルデザインのTシャツを染め上げました。完成したTシャツは下の写真でご覧ください。

April 27, 2021 A month into the semester

Hi, this is Jonathan, the camera man. To kick off this journal entry, here is a short video of the entrance ceremony when we welcomed our new members to the Hakusanroku Campus. It has almost been a month since the first year students joined us on April 1. At first, many of them were shy, but that has changed in the past weeks. Much of this is thanks to the friendly second year students and teachers.

 

Wednesday is a special day at the Hakusanroku Campus because there are no classes in the afternoon. Learning Session (nighttime school) is optional so students have the leisure to enjoy their free time afterschool. It's interesting to walk around and see all the things students and teachers are up to. Here are some of the things that were going on last Wednesday, April 21.

First, the Design & Fabrication Club held its annual orientation event, the LEGO EV3 Robot Sport Tournament. This is a competition between the first and second year students that are considering to join the club. Each year, they decide on a sport and create a robot to compete in that sport. Here is last year's article. This year's sport was bowling and the students created four teams: one second year boys team, two first year boys teams, and one girls team. Out of the four teams, the second year boys team and girls team both built a more straightforward robot. However, both the first year boys teams came up with something more creative. Team 1a found a loophole in the rules and designed a robot to push the ball through the pins. (However, they were deducted any pins knocked over by the robot body) Team 1b, who ended up winning the tournament, created a belt conveyor to lift and drop the ball towards the pins. It was extremely accurate and got two strikes and 3 spares out of the five frames of the tournament.

Later in the Living Commons, I found Anne sensei, Stephanie sensei, and Pauline sensei gathered with the students for a nail-art party. Pauline sensei would call in anybody and everybody that passed by and as result the area was bustling with students, teachers and even some staff members. It was a sight to see people of all ages and nationalities painting each other's nails. You could tell ICT is a global community.

Also, Wednesday was warm and sunny, the perfect weather for a game of basketball at our outdoor court. Some first and second year students were playing and this attracted Ed sensei, Philip sensei, Apirak sensei, and some other students to start a game. Everybody was having fun and played until the sun went down. Full day classes start again from Thursday so I hope this was a good opportunity for everyone to refresh themselves and get ready to tackle to rest of the week.

Jonathan

*All students at the Hakusanroku Campus have taken a PCR Test. Considering that all of the results were negative, they are given the choice to take off their mask during sports and/or hiking.

※白山麓キャンパスの学生は入寮時にPCR検査を実施し、全員が陰性であることを確認しています。その後も感染防止に細心の注意を払いながら活動していますが、スポーツや登山の際は、安全面からマスクを着用していない場合があります。

こんにちは、カメラマンのジョナサンです。上に掲載した動画は入学式のダイジェスト版です。1年生が入寮した4月1日から約1か月が経ち、すっかり上級生や先生と打ち解けてました。先週の水曜日はそれがよくわかる一日だったので、このジャーナルで紹介したいと思います。水曜日は午後の授業がなく、ラーニングセッション(夜の学校)も自由参加となるため、放課後を自由に使うことができます。水曜日の午後は学校を歩き回ってみると様々な活動が行われていることがあるので面白いです。

4月21日(水)に行われていた活動のひとつが、デザイン&ファブリケーションクラブの恒例行事、LEGO EV3を使ったロボット球技大会です。これは入部希望者の1、2年生による対抗戦で、毎年違う球技を競うロボットを製作します。去年の記事はこちらです。今年の球技はボウリングで、2年生男子チーム、1年生男子2チーム、女子合同チームの計4チームが参加しました。堅実なロボットを作った2年生男子チームと女子チームに対して、1年生男子両チームは独創的なロボットを製作しました。優勝したのはベルトコンベヤでボールを持ち上げてピンに向かって落とす独特の投球フォームの1bチームで、5フレームでストライクを2回、スペアを3回出しました。1aチームはルールの隙を突いてロボットごとボールを押す作戦を決行しましたが、ロボット本体が倒したピンを減点されてしまいました。

リビングコモンズで行われていたのはアン先生とステファニー先生によるネイルアート大会で、ポーリン先生が呼び込み人となり、通りかかる学生や教職員を片っ端から引き込みました。年齢性別国籍構わずお互いの爪を塗り合う光景は、さすがはグローバルコミュニティの国際高専そのものでした。また、中庭のバスケットコートでは暖かい日差しに誘われて1、2年の学生とエド先生、フィリップ先生、アピラク先生が集まって試合を始めました。楽しい時間で汗をたくさん流して、気づけば日が傾いていました。白山麓キャンパスの1、2年生は身も心もリフレッシュし、木曜日からの勉学に臨みます。

ジョナサン

March 1, 2021 課外活動とデザイン&ファブリケーションクラブ最終発表会

2021225日(木)、国際高専の白山麓キャンパスで課外活動とデザイン&ファブリケーションクラブの最終発表会が行われました。1,2年生が学ぶ白山麓キャンパスでは、毎年2月は外部講師を招いた課外活動やワークショップが多数行われています。しかし、今年はコロナ禍で講師を呼ぶことが困難だったため、先生方による様々な課外活動が企画されました。発表会の前半ではそれぞれの課外活動に参加した学生がその内容や成果物を紹介しました。

ピニャータ作りでは、メキシコで有名な紙製のくす玉人形を作りました。ピニャータは中にお菓子を詰めて目隠しをした人が棒で叩いて壊します。ラーニングメンターの指導のもと、色とりどりのピニャータを作った学生たちは「初めて作ったので楽しかった」「壊すのが楽しかった」「かわいそうだった」と感想を述べました。Arduinoグループは4名の学生が参加しました。2名は段ボールからセンサーで開閉するごみ箱、1名は動きを真似するロボットアーム、1名はコインを入れるとお菓子を排出する機械をそれぞれ製作しました。レーザーカッター&3Dプリンターグループは5名の学生が参加し、メーカースタジオの機材を使ってアクリルのキーホルダーやスマホを入れると立体的に光るランプなどを作りました。ペーパーランプグループは3名の学生が参加し、1枚の紙でランプシェードを製作した。学生たちは工夫を凝らした様々なデザインのランプを参加者に見せていました。

次はネイチャー&アドベンチャークラブの先生方が企画したスノーハイキングの紹介で、参加した学生は5名でした。スノーハイキングでは伝統的なカンジキを履いて雪山を散策しました。途中尾張コーチによる動物の足跡講座やブナオ山観察舎で地元の自然を体験しました。学生から「雪の中を歩くのが新鮮だった」「写真を撮って自然を満喫できた」「雪の斜面を滑るのが楽しかった」などの感想がありました。また、同グループのウッドワークを行った学生たちが、作った木製のラックを紹介しました。

続いて、ものづくりを行うデザイン&ファブリケーションクラブのメンバーがそれぞれ個人やグループで行った活動について語りました。

徳山奏太さん、バシュロ・琉海ジェームズさん(両方1年)の2人はバンドを組んでギター演奏とソフトウェアを使って作曲した音楽を披露しました。勝方正宗さん(1年)はUnityの勉強のために取り組んだスマホアプリの制作と、今後制作予定のゲームアプリについて語りました。戸塚裕基さん(1年)はPythonを使って制作した辞書プログラムを紹介しました。これは入力した単語の意味を表示し、データが存在しない単語は質問をして記憶するプログラムで、顧問の伊藤周先生は「プログラム何行あるの?」「けっこうすごい」と個人プロジェクトの完成度に舌を巻いていました。山崎史依さん(1年)は参加したFusion 360のコンテストの制作過程と感想について述べました。

飛行ロボコンに参加したのは酒井瞭さん、田窪洋佑さん、中里優斗さん、戸塚裕基さん(全員1年)で、リーダーの酒井さんが活動内容と大会結果について述べました。また、チームワークの問題点、無駄な行動、リーダーシップの失敗、知識不足などの反省点と、次年度に向けての改善案を次々挙げました。これには伊藤先生が「我が身を振り返られる人は伸びる」と言葉を贈りました。また、酒井さんは個人でも行っているドローン製作についても紹介しました。

徳山美結さん(2年)はデザイン能力を伸ばすために行った「街を強くする一滴のデザイン」と題されたルフタチャレンジ2020、高専祭のポスター制作、プレデザコン、カラーコーディネーター検定試験など、様々なチャレンジについて語りました。佐藤俊太朗さん(2年)、山崎史依さん、戸塚裕基さん、キルパラーニ・アニッシュさん(1年)が参加するガンダムプロジェクトでは製作途中の実物大のコックピット型VR機について紹介しました。リーダーの佐藤さんは滑り出しが良かったものの、ほかのプロジェクトや学業によってメンバーの時間が削られてしまったことと、途中で材料費が尽きてしまって金属を木材に変更したことの苦労を語りました。このプロジェクトは未完成となったが、メンバーはCADによる設計、Unityによるゲーム制作、素材の組み方などのノウハウを学ぶことができました。最後は畠中義基さん、杉晃太朗さん(2年)、田窪洋佑さん(1年)が参加する廃炉創造ロボコンチームでした。このロボコンでは福島原発の調査を行うロボットを製作し、アピールビデオを応募します。リーダーの畠中さんは大会のルール、製作過程、ロボットの詳細、応募した動画、学んだことを紹介しました。伊藤先生は「これだけしっかり動くのに、なんで賞がもらえなかったのかわからない」とフォローのコメントをこぼしました。

締めのあいさつとして、伊藤先生は「今年の1,2年生は本当に精力的に頑張ってくれました。発表できる成果があることが大変素晴らしい。D&Fクラブの顧問は大変だが、皆さんの才能と情熱と努力の結果が最後に見られることが一番嬉しい」と講評を贈りました。

ジョナサン

February 9, 2021 Snow Hiking

2021年26日(土)、白山麓キャンパスの特別活動としてスノーハイキングを行いました。このイベントはNature and Adventure Clubの尾張コーチの企画運営によるものです。参加者はアファフさん、本田さん、勝方さん、酒井さん、中里さん(全員1年生)、尾張コーチ、潟辺先生、フィリップ先生、ナグワ先生と私です。朝9時に白山麓キャンパスを出発し、20分ほどのところにある岩間林道入り口に車を駐車しました。そこからカンジキを履いてハイキングを開始しました。途中、尾張コーチによるカンジキ歩行や動物の足跡観察のレクチャーが行われました。見晴らしの良い尾根に出たところで休憩、春の兆しを感じる日光浴をしながら、気持ちの良いひと時を過ごしました。11時過ぎに目的地であるブナオ山観察舎に到着し、双眼鏡を覗いたりイヌワシなどの剥製を観察しました。今シーズン初めて実施したスノーハイクは、全員が安心して楽しむことができたため、来年度以降Nature and Adventure Clubの定例イベントにしていこうと思います。

On February 6 (Sat) 2021, a group of students and teachers went snow hiking near Hakusanroku Campus. This event was organized by Owari coach of the Nature & Adventure Club. Participants were Afaf, Honda, Katsukata, Sakei, Nakazato (all first-year students), Owari coach, Katabe sensei, Philip sensei, Nagwa sensei, and myself. We departed from ICT at 9 am and parked near the entrance to Iwama Rindo, which is about a 20 minute drive from Hakusanroku Campus. We put on our snow shoes and began hiking. On the way, Owari coach gave advice about how to walk with snow shoes and how to observe various animal tracks. There was a nice ridge with a beautiful view and we stopped to take a group photo and enjoy the warm sun. It was a our first glimmer of spring. We arrived at our destination, the Binao Mountain Observatory, and spent time looking through the binoculars and observing the stuffed animals on display such as the golden eagle. I'm glad students were able to safely enjoy this year's first snow hike. Hopefully it can be an event we do every year.

 

 

山崎俊太郎
Shuntaro Yamazaki

写真提供:酒井遼(1年)Photos by Ryo Sakei (first year)

October 20, 2020 Mt.Hakusan Climb

こんにちは、カメラマンのジョナサンです。2020年10月18日(日)、ネイチャー&アドベンチャークラブの白山登山に同行してきました。白山は石川県と岐阜県にまたがる標高2702mの活火山で、富士山と立山と並んで日本三霊山のひとつです。ネイチャー&アドベンチャークラブでは白山登山が恒例行事となっていますが、今年は9月の予定日が台風と重なってしまって18日が最後のチャンスだったのですが、ありがたいことに天候にも恵まれて実施ができました。私たちは早朝5時に玄関前に集合し、登山口の別当出合へ移動しました。前日17日に白山の初冠雪が報道されたためか、たくさんの登山客が来ていました。

準備ののち、6時半に登山を開始しました。早朝の空気は冷えていましたが、中飯場に到着する頃には上着を脱ぐほどに温まっていました。甚之助避難小屋付近では紅葉が始まった山々のパノラマが見られるようになり、学生たちは双眼鏡やカメラを使って眼中に収めていました。参加した学生のほとんどが初の白山登山で、苦しい時間もありましたがペースを調節したり声を掛け合いながら奮闘しました。黒ボコ岩を越えた弥陀ヶ原からはスカッと晴れた空をバックに御前峰が見えました。室堂に近づくと雪の出現とともに本格的に冷えてきました。全員防寒具を装着して最後の登りに臨みました。

室堂の先は気温が一気に氷点下に下がりました。風も強くなり、体感気温は真冬の雪山のようでした。頂上に到着した私たちを待っていたのは雪化粧がされた御前峰と、能登半島まで見渡せる澄み切った空でした。登頂時刻は11時頃でした。寒さで体力の消耗が激しかったので滞在時間が限られていましたが、学生たちは景色を見たり、叫んでみたりして石川県のてっぺんを堪能しました。室堂に戻ってからは昼食をとり、下山しました。黒ボコ岩まで戻ると気温も上がり、涼しいと思えるようになりました。別当出合に到着したのは15時半頃で、最後の集合写真を撮りました。辛かった者、余裕だった者、楽しかった者、様々でしたが全員が日常生活を離れ、普段見れない景色、できない体験をした貴重な一日となりました。

ジョナサン

Hello! It's Jonathan, the camera man. On October 18, 2020, the Nature & Adventure Club held their annual Mt. Hakusan climb. Mt. Hakusan means "white mountain" in Japanese and is located across Ishikawa prefecture and Gifu prefecture. It is 2702m high and is one of Japan's three sacred mountains along with Mt. Fuji and Mt. Tateyama. The Nature & Adventure Club was scheduled to climb Hakusan in September but this was canceled because of a typhoon. October 18 was our last chance and we were rewarded for our patience with perfect skies. We gathered at front entrance of the Hakusanroku Campus at 5 am and drove to Betto-deai, the starting point on the Ishikawa prefecture side. It just snowed for the first time this year on the day before, and the parking lot was full of climbers, possibly prompted by the news.

We began our assent around 6:30 am. It was chilly at first but warmed up as the sun came up. The leaves were beautifully colored with many reds, oranges, and yellows. After Jinnosuke Cabin, the scenery opened up and we could see the panorama of mountains surrounding Hakusan. Students enjoyed this view, some with cameras and binoculars. For most of the students, this was their first time climbing Mt. Hakusan and the going was not always easy. However, students pushed on at their own pace. After Kuroboko-iwa, we could see the white peak across from Mida-ga-hara, with a blue sky background. The temperature began to decline as we approached Murodo. There, we geared up and made the final climb to the peak, Gozen-ga-mine.

The temperature dropped below 0 degrees celsius past Murodo and wind felt like a blizzard in mid winter. When we finally reached the top around 11 am, we were greeted by a freshly coated Gozen-ga-mine and blue skies so clear that you could see Noto peninsula in the distance. We enjoyed the awesome view as long as we could bear. Some students even began shouting for the fun of it. After returning to Murodo, we all ate lunch and began our decent. Temperatures finally rose again after Kugoboko-iwa and we could appreciate to cool breeze. We arrived at Betto-deai around 3:30 pm, concluding our trip with a group photo. The students' reactions to the experience differed. Some enjoyed it, some found it easier than they expected, and some vowed to never do it again. In any case, it was an unique opportunity to see new sites and try something new.

Jonathan

HOMECampus LifeHakusanroku JournalClub Activities

PAGETOP