国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル

June 10, 2021

 昨年度は、ここ白山麓キャンパスが開校されてから、初めての大雪に見舞われましたが、4月には桜が開花し始め、ツバメも入学式に間に合わせたかのように飛来してきたことが非常に印象深いです。冬には2階ガラスまで達していた屋根雪による積雪は、4月末になっても消えることなく、大雪であった名残を見ることができます。その雪も5月連休に入る頃には、雨でようやく姿を消しました。

 そして、現在5月も半ばを過ぎましたが、早くも梅雨入り?と思わせる天候が続いています。通勤途中には手取川に添って10キロ以上に渡り、霧が谷間に浮かんでいる姿は、まるで霊峰白山から降りてきた龍を連想させ、神秘的な情景を見ることもありました。

 授業や地域活動の交流で知り合う地元の方は、自然や歴史にまつわる話がとても豊富で興味深いものがあり勉強になります。新学期が始まり学生達は、このような四季折々の豊かな自然と、そこに住む人の生活に触れ、他では感じる事のできない貴重な学校生活を始動しました。

小髙 有普

    Last year, we experienced the largest amount of snow so far at Hakusanroku Campus. That's why when the cherry blossoms began to bloom and the swallows showed up just in time for the entrance ceremony in April, it gave such a strong impression that spring had finally arrived. The snow from the roof that piled up all the way up to the second floor windows was still there at the end of April; a reminder of the heavy snow. However, even that melded with the rain before the Golden Week holidays in May.

    It is currently mid-May as I write this and we are experiencing constant rain that makes me wonder if rainy season  already started. The misty gorge of Tedori River, which runs more than ten kilometers alongside my commuting route, reminds me of a dragon descending from the Hakusan Mountains.

    I am always fascinated by the stories about nature and history local people tell us during class or interactions with the community. Students are living in a place with four beautiful seasons and valuable experiences, here in Hakusanroku.

Arihiro Kodaka

 

HOMECampus LifeHakusanroku JournalCampus LifeJune 10, 2021

PAGETOP