国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル

September 22, 2021 檜細工に関する講義とワークショップ

伝統工芸士の香月久代さんとスーザン メイさんを講師にお招きして
約400年前から白山麓に伝わる檜細工のワークショップを1、2年生が体験。

国際高等専門学校では、1、2年生19名の特別活動として、県伝統工芸士の香月久代さんと、香月氏に師事して檜細工の作品作りと情報発信に取り組む白山手取川ジオパーク推進協議会のスーザン・メイさんを講師にお招きし、檜(ヒノキ)細工に関する講義とワークショップを、9月17日(金)13時より、白山麓キャンパスで実施しました。

檜細工は、約400年前に、尾口村深瀬(現在の白山市深瀬)を訪れた旅の僧が農民に檜笠の製法を伝授したことが始まりとされ、1988年に石川県の伝統工芸に指定されています。ヒンナと呼ばれる、檜を薄く細い経木(きょうぎ)にしたものを編む作業は今も手作業で行われ、熟練を要する一方で、従事者のほとんどが高齢者のため、技術の伝承が課題となっています。

スーザンさんによる英語での30分の講義のあと、さっそく、「檜細工コースターの作り方」をもとに、学生たちは、コースターづくりにチャレンジしました。渡されたヒンナはひとり10本。ヒンナは乾いた状態で曲げると折れてしまうため、まず、スプレーで水をかけ、柔らかくしてから織り始めます。日頃、PCを使ったデジタルのものづくりに慣れている学生達ですが、細かい手作業は最初、苦戦をしたようで、織っては解しを繰り返す光景があちこちで観られました。香月さんとスーザンさんは学生たちの進捗状況を観ながら、きめの細かいサポートをひとりひとりに実施。約1時間30分で全員がコースターを完成させました。

「今回みなさんが体験した"網代編み"(あじろあみ)は基本の織り方です。長いヒンナを使えばランチョンマットも作れます」と香月さん。
伝統工芸士から直に学ぶリアルなクラフト体験と、その匠の技に触れられる貴重な機会となりました。

国際高専では、SDGsで地方創生を目指す授業を教育の中心軸に据え、座学だけでなく、地域の方々との世代を超えたコミュニケーションを行いながらながら、学生が地域産業や伝統芸能、伝統工芸に触れられる機会を多く設けています。このたびの檜細工の講義・体験教室もその一環で行われるもので、昨年に続き2回目となります。
今回は手取川ジオパーク推進協議会が連携しているタイのジオパーク推進地域ともzoomで繋ぎ、講義の様子をオンラインで配信しました。

志鷹 英男

On September 17 (Fri), nineteen first- and second-year students participated in a “cypress weaving” seminar/workshop conducted by Ishikawa prefectural traditional craftsman, Hisayo Katsuki and Susan May, who belongs to the Hakusan-Tedori Geopark Promotion Council and studies cypress weaving under Kastuki-san while making and promoting works of her own. The seminar and workshop was held at 1:00 pm at the Hakusanroku Campus.

Cypress weaving is said to originate in Hakusanroku when a traveling monk taught the people of Fukase in Oguchi village (current Hakusan city, Fukase) how to weave an umbrella 400 years ago. In 1988, cypress weaving was certified as an official traditional craft of Ishikawa prefecture. The process of weaving thin cypress strips called “hinna” by hand has continued to this day. However, most of its successors are old age and the sustainability of the technique is becoming an issue.

After Susan-san’s 30 minute lecture in English, students began weaving a coaster. Each student received ten strips of “hinna”, which they sprayed water on before weaving because they break easily when dry. Our young engineers are accustomed to making digital things on their computers, but not so much with their hands, as many of them weaved and undid their work multiple times. Kastuki-san and Susan-san watched the students’ progress and took turns giving them detailed support. Everyone finished their coaster in about an hour and a half.

Katsuki-san explained that “The method we used today is called ‘ajiro-ami’ and is the most basic way of weaving. You can make a placemat if you use longer strips.” It was a valuable experience to learn directly from a traditional craftsman and see her skills.

At ICT, students have the opportunity to experience local industries and traditional arts and crafts, and communicate with different age groups of the community through our education focused on the SDGs and regional revitalization. This cypress weaving workshop is part of that goal and is the second time we have held it at the Hakusanroku Campus since last year. This year we also shared the experience with Thailand’s Geopark Promotional Region, which is associated with Hakusan-tedorigawa Geopark, via Zoom.

Hideo Shitaka

HOMECampus LifeHakusanroku JournalExtracurricular ActivitySeptember 22, 2021 檜細工に関する講義とワークショップ

PAGETOP