国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル

October 11, 2021 1・2年生自然教室 三方岩岳ハイキング

 9月21日(火)、1,2年生合同の特別活動として三方岩岳ハイキングが実施されました。参加者は1年生7名、2年生10名、教職員7名の計24名でした。三方岩岳は白山白川郷ホワイトロードの途中にあり、登り約50分、下り約40分のハイキングコースです。

 参加者は朝9時に大型バスに乗り込み、登山口である三方岩駐車場に向け出発しました。バス車内では、ネイチャー&アドベンチャークラブの尾張コーチから、車窓から見える白山麗の様々な自然についてのレクチャーが行われました。途中に見える滝の名称やアバランチシュートと呼ばれる抉れた形の山肌、また生息している動植物についてなど、とても興味深い話が続きました。その中でも、尾張コーチが実際に体験した話に学生は特に興味を示している様子でした。蛇谷渓谷は実際に歩くと名前の由来通りものすごい数の蛇がいたこと、また途中に見える山を横断していた最中に何匹ものクマと連続して遭遇したことなど、普段の生活では経験できない貴重な話を聞くことができました。そして、ホワイトロードに入って10分程のところにある“ふくべの大滝”で少しの休憩と記念撮影の後、10時過ぎから登山を開始しました。

 当日はとても天気が良く、学生はみんな気持ち良さそうに1列になって登っていました。元気が有り余っていたようで、予定よりもかなり早く30分程度で頂上に到着しました。若さとは本当にすごいものだと感心させられました。さらに驚いたことは、このハイキングの前日に白山に登っていた学生がいたことです。全く疲れた様子を見せないその学生の姿が、とても逞しく、大変印象に残った場面でした。その一方で、私を含め数名の教員や学生は山を降りる禍頃には足に力が入らなくなり、震えるひざを見せ合い、笑いながらバスに乗り込んだのも良い思い出となりました。正午過ぎに学校に戻り、その日の活動はすべて終了しました。まだ遊び足りない数名の学生はその後すぐに、尾張コーチとともに近くの川まで遊びに行くという驚異の体力を見せていました。最近のコロナ禍でなかなか外に出ることができない期間が続いましたが、白山麗キャンパス近隣の自然に触れ、身も心もリフレッシュすることができ、また普段の学校生活では見られない学生の一面を垣間見ることができた1日でした。

木原 均

 On September 21 (Tue), the first- and second-year students went on a hiking trip to Sanpoiwatake as an extracurricular activity. Participants were seven first-year students, ten second-year students, seven teachers; a total of 24 people. Sanpoiwatake is located along the Hakusan-Shirakawago White Road and takes about 50 minutes up and 40 minutes back down.

 Everyone boarded a bus at 9 am and departed for the starting point adjacent to Sanpoiwatake parking area. On the way, Owari coach talked about each location of Mt. Hakusan’s nature that we could see out the windows, such as the names of waterfalls, avalanche chutes, and wildlife living in the area. His lecture was fascinating and students especially showed interest in stories that he actually experienced in the area. Episodes such as exploring Jyatani-keikoku (snake valley) and finding out that there actually are many snakes as the name suggests, and encountering multiple bears when traversing the mountains. They were exciting stories none of us had ever experienced. We stopped at “The Great Waterfall of Fukube” about ten minutes into the White Road and took a break and a group photo, and began our climb a little past ten o’clock.

 The weather was perfect and the students hiked along in good spirits. It seemed that they had more than enough energy because we reached the top 30 minutes before schedule. What a wonderful thing youth is. I was additionally surprised to hear that one student had climbed Mt. Hakusan the previous day. He didn’t show any sight of fatigue and stood out in my mind. In contrast, some teachers and myself could feel the strength running out of our legs as we returned to the bus. At the parking lot we showed each other our shaking knees and laughed as we boarded the bus. We returned to the campus at noon and that was the end of the event. However, some students still had energy to burn and turned right around and went swimming in a nearby river with Owari coach. For a while we could not go anywhere due to COVID-19, but this day was an opportunity to refresh our body and mind in the nature near Hakusanroku Campus, and spend time with students somewhere other than a classroom.

Hitoshi Kihara

HOMECampus LifeHakusanroku JournalExtracurricular ActivityOctober 11, 2021 1・2年生自然教室 三方岩岳ハイキング

PAGETOP