国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル

April 28, 2022 ネイチャー&アドベンチャークラブ 新入クラブ員歓迎会 高倉山ハイキング

 


 Hello! My name is Philip Cadzow.
 With modern life it’s easy and expected to be sitting indoors somewhere, be it your job, school, or transport somewhere. It’s hard to get up on a Saturday morning to go for a 13km walk up a hill, with weather expected to rain, and swampy ground that covers your shoes with mud. Yet without something challenging, different, or risky to bring some fun into life, it’s easy to focus too much on the little things and get caught up in your own thinking. Getting out and into nature is a beautiful way to get some exercise, a breath of fresh air, and to also clear your head. We started off the day with some gear checks as it looked like it might rain later, and a group challenge called the human knot where they had to untangle themselves. We then set out on the hike heading down the road to the post office, across the cycle bridge, and then into the trees.

 The view from along the forest road is quite spectacular to start off with, as it looks down a steep cliff into the blue river below. And then the hill started going up... a good way up we took a break. What I love most about the outdoors, is what the effect of being in a natural environment has on groups of people. Take a group of students into this environment and they will be able to bond together as a group much faster than if they were in a room at school. Even better, throw a challenge like escaping over an electric fence (rope held by teachers) and you get to see problem solving skills, group dynamics, and the shared joy of success.

 The track from that point was on the same path as a small river, so there was no escaping muddy wet feet. As a teacher there is something soothing to the soul in watching students calling out in despair as the mud uncomfortably squelches into their shoes. Revenge for bad behaviour in class. nature is wonderful. We washed our shoes in a stream and then continued on until the trail came to an end. The top wasn’t our goal for today, so we sit like gargoyles on rocks and logs to eat lunch. Turning around and starting down feels hard, I don’t like going down as much as I do going up. Going up feels like adventure and every step brings a better view, so it’s hard not to feel a little failure when turning around. The way down passed quickly and the energy in the group faded out by the last kilometre of the walk. Perfect timing as we reached the big stairs and people started thumping down in comfort. The students no doubt would be heading to the onsen soon. It didn’t end up raining. A good day.

Philip Cadzow

 こんにちは、フィリップ・ケザウです。
 現代の生活は、仕事であれ、学校であれ、交通機関であれ、屋内で安楽に座っていられることが当たり前になっています。ですから、土曜日の朝に早起きして、13 kmの丘を登り降りするのは大変なことです。まして、天気予報が雨で、ぬかるみで靴が泥まみれになることが予想される日なら尚更です。しかし、人生に楽しみをもたらすには、挑戦的な、日常と異なる、あるいは多少は危険な何かが必要です。そうでなければ私たちは些細なことに囚われ、たいした理由もなくマイナス思考に巻き込まれてしまうでしょう。外に出て自然の中へ入っていくことは、体を動かし、新鮮な空気を吸い、頭をすっきりさせたりするための素敵な方法なのです。降雨が予想されたため、私たちはシューズやレインウエアなどのギアチェックから一日を始めました。続いて、学生たちはウォーミングアップとして、手(と心)をつなぐ「人間知恵の輪」に取り組みました。それから郵便局への道を下り、自転車橋を渡って、新緑の中へ向かうハイキングに出発しました。

 最初の林道沿いからの眺めは、急な崖の上から青い川を遥かに見下ろして非常に壮観です。そして上りに差し掛かります。整備された道路を上ってから私たちは休憩を取りました。私がアウトドアで一番好きなのは、自然環境の中に身を置くことが人間に与える影響です。学生のグループをこうした環境に連れて来ると、彼らは教室にいるときよりも、はるかに迅速にグループとしてまとまります。さらに電気柵ゲーム(引率教員が張っているロープに触れずに、また、くぐることもせずに学生全員がロープを越えて逃げる)といった課題を投げかけることで、学生たちが「問題解決・団結・成功体験」の喜びを共有する姿を見ることができます。

 そこから先は雪溶け水が小川のように流れる道で、泥まみれの靴の中で足が濡れてしまうことから逃がれることはできませんでした。泥水が靴に押し込まれる不快さに絶望して叫ぶ学生たちを眺めることには、教師としての魂を心地よくさせる何かがあります。すなわち、授業中の学生たちのちょっといたずらな振る舞いへのささやかなリベンジ!自然は素晴らしい! 私たちはきれいな流れを見つけて靴を洗い、再び歩き続けて目標地点に到達しました。今回の目標地点は山頂ではありませんから、岩や丸太の上にガーゴイル(キリスト教会などの屋根に飾られている、モンスターを模した彫像の雨樋)のように座って昼食をとりました。さて、振り返ると下りは大変です。私は、上りほど下りは好きではありません。上ることは冒険のように感じられ、すべてのステップがより良い眺めをもたらします。しかし、振り返って下るときには、少しの失望も感じないようにするのは難しいです。下り道はすぐに過ぎ去ってしまい、学生たちのエネルギーは最後の1キロまでにみるみる消えていきました。私たちが学校の大階段に到着し、学生たちがその快適さにワクワクし始めたときの完璧なタイミングです。学生たちは間違いなくすぐに温泉に向かうでしょう。結局、雨が降ることはなく、良い一日でした。

 フィリップ・ケザウ

HOMECampus LifeHakusanroku JournalCampus LifeApril 28, 2022 ネイチャー&アドベンチャークラブ 新入クラブ員歓迎会 高倉山ハイキング

PAGETOP