国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル

June 27, 2024 The Weeping Ginkgo Tree

みなさんこんにちは!白山麓高専事務室の間加田 侑里です。
今回はポーリン・ベアード先生からの素敵なポエムをお送りします。どうぞご覧ください。

Hello everyone! This is Yuri Makada from the Hakusanroku office.
Today, I would like to share a wonderful poem written by Pauline Baird sensei. I hope you enjoy it.

Note: The Weeping Ginkgo Tree I encountered grows at the foothills of Mt. Hakusan, near the village of Sena, and is about 500 years old. It is approximately 35 meters high and 9 meters in diameter. The story is told that residents could hear a Goblin crying in the night. The people of my native country Guyana, tell of similar stories relating to trees such as the Physic Nut tree. It is believed that if you cut it on the day called Good Friday, it will bleed (red) like blood. The Komaka Tree (named by the indigenous Amerindian) is said to be where the spirits of the dead live. The same Komaka Tree is sometimes called the Dutchman Tree. It is believed that anyone trying to harm the tree will perish. In Guam and the Marianas, the Taotao Mo’na, or Taotaomona are known as the spirits of ancient giant inhabitants who dwell in the mountains, woods, and forests to protect them. Natives of Guam ask permission to enter the woods or do actions near of beneath the trees. Persons have been pinched by the taotaomona when the violated the rules. I have a research interest in stories about trees around the world.

注釈:私が出会った枝垂れ銀杏は、瀬女近くの白山の麓に生えており、樹齢約500年です。高さは約35メートル、直径は約9メートルです。このストーリーは、夜になると住民はゴブリンの泣き声を聞くことができるという話です。私の故郷であるガイアナの人々も、フィジックナッツの木などの木にまつわる同様の物語を語ります。聖金曜日(イエス・キリストが処刑された日。イースター(復活祭)の前の金曜日のこと)と呼ばれる日にその木を切ると血のように(赤く)流血するといつ言い伝えがあります。コマカの木(先住民族のアメリカインディアによって名付けられた)は死者の精霊が住む場所と言われています。またコマカの木は、ダッチマンの木と呼ばれることもあり、この木に危害を加えようとする者は死んでしまうと信じられています。グアムとマリアナ諸島では、タオタオモナは、山や森、森林に宿りそれらを守る古代の巨大な精霊として知られています。グアムの原住民は、森に入るときや木の近くや下で行動するときは許可を求めてから入ります。ルールに違反した人はタオタオモナにつねられるのです。私は世界中の木々にまつわるストーリーの研究に興味を持っています。

Pauline Baird
ポーリン・ベアード

HOMECampus LifeHakusanroku JournalJune 27, 2024 The Weeping Ginkgo Tree

PAGETOP