国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル

January 30, 2019

Last week, we heard about the students’ Engineering Design project to create a surprising toy incorporating the use of biomimicry. Several months after their first visit to the Ishikawa Insect Museum to gain inspiration, the students finally finished their first prototypes, and had a chance to present them to their teachers and classmates in class.

The base material for the students’ creations was a Lego EV3 kit, but each group added their own creative flair by 3D printing, laser cutting, and machining additional parts to complete their projects. The results may look unassuming at first glance, but that’s because the students engineered in the element of surprise as well.

An important part of product development is presenting that product to an audience, so during class the students practiced that skill with their own short presentations in English, followed by a short demonstration of their prototypes. Some of the demonstrations went well, but prototypes don’t always work as intended and some projects suffered some technical difficulties. However, these young engineers still have another month to tweak and improve their prototypes before the project deadline, and I can’t wait to see the results!

Ryan Vicencio

2019年1月30日

先週、学生がバイオミミックリーを取り入れたサプライズ要素があるおもちゃをエンジニアリングデザインのプロジェクトとして作っていると聞きました。インスピレーションを得るために石川県ふれあい昆虫館を訪れてから数か月、ようやく最初のプロトタイプが完成しました。そして先日、それらをクラスメイトや先生の前で発表しました。

学生の作品のベースとなるのはLego EV3のキット。そこに各グループがそれぞれ3Dプリンター、レーザーカッター、機械工学を使ってオリジナル要素を加えます。プロトタイプの一見地味に見えるかもしれませんが、それはサプライズ要素が含まれているからです。

製作過程において、他人に見せるプレゼンテーションは不可欠です。したがって、学生たちは授業で発表のスキルと英語プレゼンテーションの練習をしました。発表の後、作品の短いデモンストレーションがありました。上手くいったデモンストレーションもありましたが、プロトタイプには想定外のアクシデントが付きもので、技術的な問題が発生したチームもいました。しかし、我らが若いエンジニア達にはまだプロトタイプの微調整や改善を施す最終期限までの期間が1か月残されています。私も今から楽しみです!

ライアン・ビセンシオ

HOMECampus LifeHakusanroku JournalEngineering Design (ED)January 30, 2019

PAGETOP