国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル

August 21, 2019 ICT Summer School

Hello, it's Jonathan the camera man. I hope everyone is having a wonderful summer. During August 8 (Thu) - 10 (Sat), we held our annual Summer School at Hakusanroku campus. The ICT Summer School is a three day program in which junior high school students come to ICT and experience our school. They stay in the dormitories and eat meals at the cafeteria just like ICT students. Also, the teachers organized a program to experience ICT's engineering education. The 35 participants were divided into six groups with two to three ICT student advisers. Their mission was to design a new experience that will draw tourist to the Hakusanroku area. During the three days they must create three things: a souvenir prototype, a video, and a poster presentation introducing their idea.

Day 1

On the first day, the 35 participants gathered at Hakusanroku campus. After lunch we started with self-introductions and an orientation activity. Each group was given a paper with pictures of locations inside the campus. A secret envelope with stickers inside was hidden at each location and gathering all stickers would reveal a riddle for the groups to solve. We also took a trip to the Michi-no-eki Sena across from ICT. Sena acts as a rest stop for tourist and sells local goods and souvenirs. Participants used this time to inspecting the souvenirs on sale and gather information about the Hakusanroku area from traveling brochures. This information was used to decide the focus for their project later.

In the evening, Maesa-sensei taught the students how to fly drones. These drones would be used to gather video footage of Hakusanroku's beautiful nature at the river on the following day. After learning how to control the drones, each group went outside to take turns practicing. The drones are controlled using a tablet controller and can preform several programmed movements such as flying or landing on you hand. Students were excited to fly the drones and you can see them in the video below. 

Day 2

Day two was the only full day of the program, and a packed one as well. After breakfast we departed for Chugu Nature Conservation Center where students learned about the Nature of Mt. Hakusan by watching a video about the four season, listening to a lecture by local nature specialist Shinichi Hiramatsu, viewing the displays within the conservation center, and taking a short hike into the forest. Next, we moved to a nearby river to enjoy the cool water and take videos with the drones. 

After returning to ICT, participants broke up into two group to work on their video editing and souvenir prototypes. Maesa-sensei explained how to edit videos using Windows Movie Maker while KK-sensei took charge of the rapid prototyping of the souvenirs. Students brainstormed and designed ideas until they decided on one, which they brought to KK-sensei. Prototypes of their ideas were then created in the maker studio using machines such as the laser cutter. After dinner, we returned to finally work on the presentations and posters. ICT student advisers helped the participants generate and organize their ideas using design thinking. Many groups worked late into the night to complete their poster, video, and presentation.

Day 3

The presentations took place on the morning of the third day. Each group introduced their video, idea, and souvenir in English. You can view their presentations in the videos below. Later, there was a poster session where teachers and parents could view the posters and ask questions. Finally, we held our closing ceremony. President Lewis Barksdale congratulated each student and presented them with a certificate for their fine work. Students had lunch together one last time before departing from ICT.

The 35 participants worked hard and the ICT student advisers also learned a lot from taking on the role of teaching them these three days. I am looking forward to seeing our participants in the near future.

Jonathan

こんにちは、ジョナサンです。皆さま良い夏休みをお過しでしょうか。8月8日(木)~10日(土)ICTサマースクールが白山麓キャンパスで開催されました。ICTサマースクールは国内外の中学生が実際に国際高専の学生寮に寝泊まりしながら学校生活を体験できる3日間のプログラムです。また、国際高専のエンジニアリングデザイン教育を体験してもらうために先生方による課題も用意されました。35名の参加者たちは6つのグループに分けられ、各グループに2~3名のICT生の学生アドバイザーが就きました。用意された課題は白山麓に観光客を誘致するようなアイデアをデザインすること。そのためにオリジナルのお土産のプロトタイプ、自分たちで撮影編集した動画、プレゼンテーションのためのポスターの3つを作ります。

1日目

初日は35名の参加者が白山麓キャンパスに集まったあと、自己紹介とオリエンテーションのゲームを行いました。キャンパス内の16か所に封筒が隠され、各グループはヒントを元に探し出して封筒の中にあるシールを紙に貼ります。全て集めるとクイズの問題文が完成する仕組みです。また、白山麓の地域について知るために道の駅「瀬女」に移動して、売られているお土産や置かれているパンフレットから情報収集を行いました。これらの情報はプロジェクトのテーマを決めるための参考にしました。

夕方からはメイサ先生によるドローン飛行練習を行いました。課題のひとつである動画はドローンで撮影した映像を使って作ることになります。ドローンの操縦方法を習ったあと、外へ出て順番に練習をしました。このドローンはタブレット型のコントローラーを使用し、手のひらから離陸・着陸するなど様々なプログラムが組み込まれています。生徒たちはドローン飛行を楽しんでいる様子で、その姿は上の動画で見ることができます。

2日目

2日目は朝から晩まで充実した一日となりました。朝食のあと、さっそく白山自然保護センター中宮展示館へ向けて出発しました。ここでは四季に関するビデオ、自然に詳しい平松新一さんの講話、展示館内の見学、軽いハイキングを通じて白山の自然について学びました。また、その後は隣接する蛇谷川へ移動して、冷たい川の水を楽しんだり、ドローンを飛ばして撮影したりしました。

国際高専へ戻ったあとはビデオ編集とオリジナルのお土産のデザインに取り掛かりました。メイサ先生がWindows Movie Makerを使った動画編集を教え、KK先生がお土産のプロトタイプ制作を指導しました。各グループはブレインストーミングなどを使ってデザインしたいアイデアを選出し、KK先生に提出しました。これらのアイデアのプロトタイプはメーカースタジオにあるレーザーカッターなどの機械を使用して作られました。夕食後はいよいよプレゼンテーションとポスター制作が始まりました。学生アドバイザーはデザインシンキングの手法などの指導を行い、アイデアをまとめる手助けをしました。各グループは熱心に取り組み、活動は夜遅くまで続きました。

3日目

プレゼンテーションは3日目の午前中に行われました。各グループは制作したビデオ、デザインしたアイデア、お土産のプロトタイプを英語で紹介しました。それぞれのプレゼンテーションは下の動画で視聴することができます。発表後はポスターセッションがあり、訪れた保護者や先生がポスターを見たり、質問したりしました。その後は修了式が行われ、ルイス・バークスデール校長が参加者ひとりひとりにその成果を賞して修了証書を手渡しました。最後に皆で昼食をとったあと、白山麓キャンパスをあとにしました。

プログラムを観察していて、参加者たちは2泊3日という短い間にも関わらず、非常に熱心に活動に取り組んだと感じました。また、学生アドバイザーとして参加したICT生も今回はデザインシンキングを教える立場として、両方にとって学びの多い3日間となったと思います。今回の参加者たちと再び会える日を楽しみにしています。

ジョナサン

HOMECampus LifeHakusanroku JournalSchool EventAugust 21, 2019 ICT Summer School

PAGETOP