国際高専:国際高等専門学校

Hakusanroku Journal 白山麓ジャーナル:Club Activities

October 20, 2020 Mt.Hakusan Climb

こんにちは、カメラマンのジョナサンです。2020年10月18日(日)、ネイチャー&アドベンチャークラブの白山登山に同行してきました。白山は石川県と岐阜県にまたがる標高2702mの活火山で、富士山と立山と並んで日本三霊山のひとつです。ネイチャー&アドベンチャークラブでは白山登山が恒例行事となっていますが、今年は9月の予定日が台風と重なってしまって18日が最後のチャンスだったのですが、ありがたいことに天候にも恵まれて実施ができました。私たちは早朝5時に玄関前に集合し、登山口の別当出合へ移動しました。前日17日に白山の初冠雪が報道されたためか、たくさんの登山客が来ていました。

準備ののち、6時半に登山を開始しました。早朝の空気は冷えていましたが、中飯場に到着する頃には上着を脱ぐほどに温まっていました。甚之助避難小屋付近では紅葉が始まった山々のパノラマが見られるようになり、学生たちは双眼鏡やカメラを使って眼中に収めていました。参加した学生のほとんどが初の白山登山で、苦しい時間もありましたがペースを調節したり声を掛け合いながら奮闘しました。黒ボコ岩を越えた弥陀ヶ原からはスカッと晴れた空をバックに御前峰が見えました。室堂に近づくと雪の出現とともに本格的に冷えてきました。全員防寒具を装着して最後の登りに臨みました。

室堂の先は気温が一気に氷点下に下がりました。風も強くなり、体感気温は真冬の雪山のようでした。頂上に到着した私たちを待っていたのは雪化粧がされた御前峰と、能登半島まで見渡せる澄み切った空でした。登頂時刻は11時頃でした。寒さで体力の消耗が激しかったので滞在時間が限られていましたが、学生たちは景色を見たり、叫んでみたりして石川県のてっぺんを堪能しました。室堂に戻ってからは昼食をとり、下山しました。黒ボコ岩まで戻ると気温も上がり、涼しいと思えるようになりました。別当出合に到着したのは15時半頃で、最後の集合写真を撮りました。辛かった者、余裕だった者、楽しかった者、様々でしたが全員が日常生活を離れ、普段見れない景色、できない体験をした貴重な一日となりました。

ジョナサン

Hello! It's Jonathan, the camera man. On October 18, 2020, the Nature & Adventure Club held their annual Mt. Hakusan climb. Mt. Hakusan means "white mountain" in Japanese and is located across Ishikawa prefecture and Gifu prefecture. It is 2702m high and is one of Japan's three sacred mountains along with Mt. Fuji and Mt. Tateyama. The Nature & Adventure Club was scheduled to climb Hakusan in September but this was canceled because of a typhoon. October 18 was our last chance and we were rewarded for our patience with perfect skies. We gathered at front entrance of the Hakusanroku Campus at 5 am and drove to Betto-deai, the starting point on the Ishikawa prefecture side. It just snowed for the first time this year on the day before, and the parking lot was full of climbers, possibly prompted by the news.

We began our assent around 6:30 am. It was chilly at first but warmed up as the sun came up. The leaves were beautifully colored with many reds, oranges, and yellows. After Jinnosuke Cabin, the scenery opened up and we could see the panorama of mountains surrounding Hakusan. Students enjoyed this view, some with cameras and binoculars. For most of the students, this was their first time climbing Mt. Hakusan and the going was not always easy. However, students pushed on at their own pace. After Kuroboko-iwa, we could see the white peak across from Mida-ga-hara, with a blue sky background. The temperature began to decline as we approached Murodo. There, we geared up and made the final climb to the peak, Gozen-ga-mine.

The temperature dropped below 0 degrees celsius past Murodo and wind felt like a blizzard in mid winter. When we finally reached the top around 11 am, we were greeted by a freshly coated Gozen-ga-mine and blue skies so clear that you could see Noto peninsula in the distance. We enjoyed the awesome view as long as we could bear. Some students even began shouting for the fun of it. After returning to Murodo, we all ate lunch and began our decent. Temperatures finally rose again after Kugoboko-iwa and we could appreciate to cool breeze. We arrived at Betto-deai around 3:30 pm, concluding our trip with a group photo. The students' reactions to the experience differed. Some enjoyed it, some found it easier than they expected, and some vowed to never do it again. In any case, it was an unique opportunity to see new sites and try something new.

Jonathan

October 7, 2020 Music Club

国際高専は部活として三つクラブがあります。入学生はネイチャー&アドベンチャーかランゲージ&カルチャーかデザイン&ファブリケーションのクラブを選んで、いろんな活動をします。白山麓ジャーナルでみたことあると思います。今年からはもう一つのクラブができました。吹奏部というクラブです。

吹奏部は国際理工学科2年生の井上武虎くんの発議で始まりました。井上くんは学校から許可をもらって、他の参加したい学生を見つけて、そして学生主事の瀧本先生のおがけで金沢キャンパスから楽器をもらいました。

7月初旬にやっと吹奏部の部員が初めて集まれました。井上くんは2年生の松浦祐大くんにクラリネットの組み立て方と吹き方を教えてあげました。大変そうだったけど、松浦くんは頑張りました!その間に、2年生の田中杏奈さんが一人でトロンペットを学び始めました。

吹奏部のメンバーだけが音楽能力を持っているわけではありません。ピアノ、ギター、ウクレレが出来る学生もいます。残念ながら僕は音楽能力が全くないので、音楽能力がある人と一緒にいるのはとても楽しいです。国際高専の学生たちはいろんな才能があるのは素晴らしいことです。国際高専ではSTEM教育はもちろん重要ですが、学生のクリエーティブ能力を育成することもとても大切だと思います。

ジェームス・テイラー(英語科)

Students at ICT are required to join a club when they enter the school: Design & Fabrication, Language & Culture, or Nature & Adventure. I’m sure you’ve read about those clubs’ activities in previous journal entries. This academic year, however, we have a new club: Music Club.

Music Club was started on the initiative of one of our second-year students, Taketora Inoue. He gained permission to start the club, found two other students who wanted to join, and we were able to procure some instruments from Kanazawa Campus thanks to the Dean of Students, Takimoto-sensei.

At the start of July, we were finally able to have our first Music Club get-together. Taketora taught Yuudai Matsuura how to put a clarinet together and how to blow into it. It looked like hard work! Meanwhile, Anna Tanaka began teaching herself the trumpet.

It’s not just the students in Music Club who have musical ability though. We have students who can play the piano, guitar, ukulele – and those are just the ones I’ve seen! As someone with no discernible musical talent, I’m always interested to watch people play instruments, and I think it’s great that we have students at ICT with different interests and talents. Of course, STEM education is very important here at ICT, but it’s also important to nurture our students’ artistic abilities too.

James Taylor (English Department)

August 27, 2020 Movie Night

The English Language and Culture Club held their first event on July 29th. To celebrate finishing the first semester and their final exams hosted a movie night with snacks. This was the culmination of a four-week process, where the students did the following tasks

  1. Selected the movie they wanted to watch
  2. Made announcements about the movie in homeroom
  3. Questioned their classmates about the snacks they wanted
  4. Designed, made, customized and posted movie posters to promote movie night
  5. Made a flyer with information about the four main characters and the actors playing them

Finally, on the 29th, at 7:00, Mao, Shii, Afaf and Shiori gathered in the Learning Commons to set out the snacks and set up the movie. About 10 1st and 2nd year students joined them to celebrate the end of the semester and exams, eat snacks and watch the movie, Get Out. Get Out is a 2017 horror movie that was chosen by many organizations and publications as one of the ten best films of the year, nominated for four Academy Awards and won the Academy Award for Best Original Screenplay.

Ian Stevenson

ランゲージ&カルチャークラブが今年度初となるイベントを7月29日に開催しました。前学期の期末試験終了を祝して開催されたムービーナイト(スナック菓子あり)です。準備としてメンバーは4週かけて以下のことをしました。

  1. 観たい映画の選出
  2. ホームルームで映画の告知
  3. クラスメイトから食べたいスナック菓子のアンケート調査
  4. 上映する映画のポスターのデザイン、制作、飾りつけ
  5. 主要登場人物4人の情報を載せたチラシの制作

最後に、29日の朝7時に、真央さん、史依さん、アファフさん、詩織さんがラーニングコモンズに集まってお菓子と映画のセッティングをしました。1,2年生合わせて約10名が集まって学期と試験の終わりを祝って映画「ゲット・アウト」とお菓子を堪能しました。「ゲット・アウト」は2017年のホラー映画で、多方面からその年のベスト映画トップ10に選ばれており、4つのアカデミー賞にノミネートされ、脚本賞を受賞しています。

イアン・スティーブンソン

 

June 26, 2020 鷲走ヶ岳 登山

Hello, it's Jonathan the cameraman. On June 21 (Sun), the Nature & Adventure Club finally held its first activity of the year in the form of a hike to the top of Wasso-ga-take. Due to COVID-19, clubs here at Hakusanroku Campus were restricted from doing any group activities. This restriction was lifted on the 19th and this was our first weekend after it. Our first chance was a beautiful sunny Sunday and we jumped to the opportunity.

The Nature & Adventure Club is one of Hakusanroku Campus's three clubs and focuses on interacting with the local community and nature surrounding the school. Twelve first and second year students, Yamazaki-sensei, Katabe-sensei, Philip-sensei, Owari coach, and myself gathered at the campus entrance at 8:30 am for total of 17 people. Wasso-ga-take is a mountain a couple of miles southwest of Hakusanroku campus near Tedori Lake. We started our hike from Higashi-Futakuchi. It was sunny. However, the trees protected us from the sun and most of the climb was through the cool shady woods.

We reached the top of Wasso-ga-take a little before noon and enjoyed the view over lunch. This peak is 1096m high and we could see green mountains and even Mt. Hakusan in the distance. After lunch, we split into two groups as we descended. One group went straight down and the other group, who wanted more, made a detour to a second mountain called Shironuki-yama (891m). Here, we could see Tedori Lake below. We regrouped and walked down through the woods, arriving at Higashi-Futakuchi around 2:30 pm.

Mountain climbing is one of the Nature & Adventure Club's main attractions and I was glad to finally get one done. Today's climb also gave new students a taste of what it is like, which they can use to decide whether they want to participate in the Mt. Hakusan climb planned on July 5. It seemed like the students enjoyed their walk through the woods and I hope they take up the challenge. Until then, see you!

Jonathan

こんにちは、カメラマンのジョナサンです!6月21日(日)にネイチャー&アドベンチャークラブが今年最初の活動、鷲走ヶ岳登山をしました。新型コロナウィルスの影響で白山麓キャンパスはすべてのクラブ活動が禁止されていました。これが6月19日に解除され、さっそく次の週末を抑えたところ、スカっと晴れた青空に恵まれたので出動になった次第です。

ネイチャー&アドベンチャークラブは白山麓キャンパスの3つのクラブのひとつで、周辺地域や自然と触れ合う活動を行っています。参加したのは1,2年の学生が12名、山崎先生、潟辺先生、フィリップ先生、尾張コーチ、私を含めた合計17名です。鷲走ヶ岳は白山麓キャンパスの南西に位置する山で、手取湖の近くです。当日は8:30に集合して東二口の登山口からスタートしました。日差しは強かったですが、道のほとんどは涼しい森の中だったため、心地よい木漏れ日の中を進むことができました。

鷲走ヶ岳の山頂に到着したのは12時少し前で、お昼ご飯を食べながら素敵な景色を眺めることができました。ここの標高は1096mで周辺の緑の山々と遠くに白山も望むことができました。帰りは二手に分かれて下山を開始しました。ひとつはまっすぐ降りるグループで、もうひとつは白抜山という2つ目の山(891m)を経由して降りる「まだ物足りない」グループです。1時間ほどで到着した白抜山の頂上からは手取湖が眼下に見えました。その後は前のグループと合流し、再び森の中を東二口まで下りました。下山は14:30頃でした。

山登りはネイチャー&アドベンチャークラブのメインイベントのひとつなので、ようやく始動できてほっとしています。今回の登山のもうひとつの目的は新入部員に登山を体験させ、7月に予定されている白山登山に参加するかどうかの判断材料にしてもらうことです。自分が見ていた学生たちは楽しそうに歩いていたので、参加してくれたらいいな、と期待しています。その時にまたお会いしましょう。それでは!

ジョナサン

June 3, 2020 紅はるか芋の苗植え付け

こんにちは!国際理工学科2年の加藤大虎です。白山麓ジャーナル初投稿です。今回は”紅はるか芋の苗植え付け”のお手伝いをしました。とても楽しかったのでジャーナルにてご紹介します。

前日、天気予報では雨模様ということで、ドキドキしていましたが、当日は曇りになり、活動ができ嬉しかったです。
コロナウイルスの影響で、クラブ活動ではなく個人活動という形で、僕を合わせて友人3人と活動に参加しました。

作業内容は、クラブの先生方と地域の方がトラクター作業と苗植えの8割をしてくださり、残り2割を学生が行うというものでした。(コロナ対策として、学生が作業をしている際、先生や地元の方はトラクターの清掃作業に移り、3密を避けました)

苗の植え方は、収量が安定する船底植えという方法で行いました。畝の中央を10cm程掘り、株間40cm程で、そこに斜めに苗づるを寝かせ、茎の部分に土をかけるという植え方でした。

苗を植えている最中に、カメムシのような虫が出てきて驚きました。また、船底植えは、苗を均等に植えるのが思っていたより難しくて、悪戦苦闘しました。
秋になったらエンジニアリングデザインの授業で、今回植えた芋の収穫をするので、自分達が植えた芋の成長が大変楽しみです。昨年は猿に荒らされ、大きな被害を被ったので今年は対策をしっかりしたいです。
新緑の中で作業ができ、とても気持ちよくて楽しかったです。
「白山で採れるさつまいもは、きっと美味しいだろうな😋秋が待ち遠しいな〜😁」

加藤大虎

 

Hi! My name is Daiko Kato and I am a second-year student of international college of technology. This is my first contribution to the Hakusanroku Journal. This time, we helped to plant the "Beni Haruka" potato seedlings. I enjoyed it so much, so that I'm sharing it in here.

The day before, the weather forecast said for rain, so we were nervous about it, but it turned out to be cloudy on the day, so we were happy to be able to carry out our activities.

Due to the effects of the coronavirus, it was not a club activity, but an individual activity, and I participated to the activity with three of my friends.

Eighty percent of the work was done by the club's teachers and local resident, and the remaining 20 percent was done by the students. (As a measure for COVID-19, teachers and local resident moved on to tractor cleanup work while students were working to avoid the “3MITSU”)

We planted the seedlings by used “Funazokoue” that can stable yields. “Funazokoue”: 1. Dig about 10 cm in the center of the ridges. 2. Put the sapling in a diagonal position with about 40cm between the plants. 3. Cover the stems with soil.

While I was planting the seedlings, I was surprised because of I saw a bug that looked like a stink bug. Also, it was more difficult than I expected to plant the seedlings evenly by using “Funazokoue”, so I had a hard time doing it.

In the fall, we will be harvesting the potatoes we grow in our engineering design class, so we are very much looking forward to seeing the growth of the potatoes we planted. Last year, we were ravaged by monkeys and suffered a lot of damage, so we want to take better measures this year.

It was very pleasant and fun to work in the new greenery.

"I'm sure the sweet potatoes picked in Hakusan will be delicious. I can't wait for fall. :)"

Daiko Kato

地元の方に教わりながら苗植え

 

February 10, 2020 Skiing in Ichirino

Hello, it's Jonathan, the camera man. Finally! We got enough snow to go skiing! This winter has been strange with record-breaking warm weather. However, the skies smiled upon us for this weekend's ski excursion. After morning classes on Saturday February 8, members of  the Nature & Adventure club geared up and we drove to Ichirino Ski Resort, which is about a ten minutes from the Hakusanroku campus. Most of the students were skiing for the first time or had not skied in a while. Owari coach began with some lesson and the members were enjoying zooming down the mountainside in no time. We spent the afternoon enjoying skiing and the students voiced their hopes to go again this season. I'm glad that everyone liked skiing more than they expected. After all, we are living in the Mt. Hakusan foodhills.

Jonathan 

こんにちは!カメラマンのジョナサンです。ようやくスキーが滑れるほど雪が降ってくれました!今年は記録的な暖冬でしたが、先週はようやく雪に恵まれて予定通りスキーに行けました。2月8日(土)の午前中の授業のあと、ネイチャー&アドベンチャークラブのメンバーがスキーウェアに着替えて玄関前に集合しました。行き先は白山麓キャンパスから車で10分ほどのところにある一里野スキー場です。ほとんどの学生がスキー初心者だったので、尾張コーチのレッスンからスタートしました。上達も早く、あっという間に気持ち良く斜面を滑る学生たちの姿がありました。スキーを楽しんだ学生から「めっちゃ楽しい」「来週も行きたい」という声が上がったので嬉しくなりました。せっかく白山の麓のキャンパスに住んでいるんですもの、ウィンタースポーツも楽しんで欲しいです。来週も行けることを祈っています。

ジョナサン

白山麓ジャーナルのトップに戻る

January 8, 2020

皆さん、こんにちは。S2年の鷺島です。今回は私が参加した、プロコンとロボコンに並ぶ高専三大コンテストの一つ、デザインコンペティション(以下デザコン)について書いていきます。

デザコンは幾つかの区分に分かれていますが、私たち白山麓キャンパスの学生が参加できるのは、プレデザコン(高専1から3年生対象)となります。プレデザコンと言っても、分野が空間デザインフィールド(建築の透視図)、創造デザインフィールド(ロゴデザイン)、A Mデザインフィールド(3Dプリント)の3つに分かれており、それぞれの学生の得意分野で取り組むことができます。私自身は創造デザインフィールドを選択して今年の東京大会に参加しました。

今回のテーマは「名取市において、自然がもたらした試練を乗り越える力となった人と人とつながりを、次代へと継承してゆくこと」で、これを題材にしたロゴを作成しました。ここからは、簡単に何を経て完成へと至ったのか書いていきたいと思います。まず最初にしたのはテーマの咀嚼です。とくに今回のテーマは複雑で、最終的には「震災を乗り越えた人のつながりを示す」という一文に縮めました。次がアイデア出し、続いてブラッシュアップに入ります。ここが一番時間がかかる工程で、それぞれ1週間以上かかります。特にブラッシュアップに関しては、1つのロゴの些細な表現の差異を比べながら作業していくので、かなり疲れました。最後に提出資料にまとめれば完成です。どんどんアイデアが形になっていき、最終的に想像以上の作品が完成するのはとても壮観です。この活動を通して、アイデア創出の楽しさを再確認することができました。結果としては特別賞(審査委員会から頂ける賞)を獲得することができて嬉しく思います。

この分野は、アイデア勝負の部分も多く、サポートして頂ける先生たちも付いているので、初心者でも気軽に始められます。気になる人は是非最初の一歩を国際高専で踏み出してみてください。

S科2年 鷺島悠人

Hello everyone. My name is Sagishima and I am a second-year student of the department of science and technology. Today I would like to write about the Kosen Design Competition (DezaCon), which I participated in and is counted as one of the three big Kosen Contests along with the ProCon and RoboCon.

The DezaCon is divided into several divisions. The division that students from the Hakusanroku campus can participate in is the Pre-DezaCon (first- to third-year students). This Pre-DezaCon is further divided into three fields: the Space Design Field (architectural perspective drawing), Creative Design Field (logo design), and AM Design Field. (3D printing) Students can choose which fields they wish to compete in. I selected the Creative Design Field and entered this year's Tokyo tournament.

This year's theme was to create a logo based on the concept "Passing down the bond between people of Natori city who overcame the trial of nature." I would like to briefly describe how I reached my final product. First, I broke down the theme. This year's theme was complex, so I simplified it to the sentence "Display the bond between people who overcame the earthquake." Next, I brainstormed and began the brushing up process. These took the longest amount of time; about one week for each stage. The brush up stage was especially tiring because it was an intricate process of comparing the effects of tiny differences. Finally, I submitted the necessary documents. It was an amazing experience to see my ideas take shape and exceed my expectations. I was able to rediscover the joy of ideation through this experience. Also, my efforts were happily paid off as I received the Special Award. (award from the judging committee)

I recommend this field to newcomers because good ideas can carry you far and there are supporting teachers at ICT. If you are interested, why not test your design skills here at ICT?

S2 Sagishima Yujin

白山麓ジャーナルのトップに戻る

December 12, 2019 全国高校生コマ対戦を終えて

S科1年ロボコンチームの畠中 義基です。

2019年11月23日(土)に愛知県で行われた、第7回全国高校生コマ大戦 名古屋モーターショー場所に出場してきました。出場メンバーは、僕と、同じく国際理工学科1年の佐藤俊太朗と杉晃太朗の3人で1チームとして参加してきました。僕たちがコマの大会に出場することになったのは、9月の下旬に先生に勧められたことからでした。出場が決まってから約2か月間放課後にコマの製作と研究を何度も繰り返し約80個のコマを製作しました。最初のほうは、回転時間があまり伸びず嫌になることもありましたが、何とかやり遂げることができました。僕が最後までやり遂げることができたのは、同じデザイン&ファブリケーションクラブのプロコンチームが全国高等専門学校プログラミングコンテストで本選に出場するなど、結果を残している中で、ロボコンチームは、何も結果を残してないということに何か結果を出さないといけないと思っていたからです。大会の結果は予選敗退(7勝3敗)でした。負けた3試合は、すべて自分の失投(コマの投げミス)によるものだったのですごく悔しいです。もっと練習をしておけばよかったとすごく後悔しています。この負けを次のコマ大戦やほかの活動に活かしていきたいと思います。

畠中 義基

My name is Yoshiki Hatanaka. I'm a first year student of the Department of Science and Technology.

On November 23 (Sat), I participated in the 7th National High School Spintop Battle Tournament (Koma-taisen) at Nagoya Motor Show. Fellow first year students and teammates Shuntaro Sato and Koutaro Sugi also participated in this tournament. We learned about this tournament from our couch in the end of September. For two months after school, we manufactured and analyzed over 80 spintops. In the beginning, we could not improve our spining time and I felt like giving up at times. However, we stayed strong and pushed through to the end. The reason we were able to continue is because the ProCon team from the same Design and Fabrication Club participated in the National Kosen Programming Contest and we as a team felt pressure to achieve a result of our own. We were eliminated in the preliminary round with a record of seven wins and three losses. The three games we lost were due to a miss throw from myself, which was very frustrating. I regret that I didn't spend more time practicing spinning the tops. We plan to use this experience in future spintop tournaments and other activities.

Yoshiki Hatanaka

 

白山麓ジャーナルのトップに戻る

November 13, 2019 Climbing Mt. Sanpoiwatake

Hello, it's Jonathan, the camera man. On October 21, a group of students from the Hakusanroku campus climbed Mt. San-po-iwa-take. (三方岩岳) Sanpoiwatake is a mountain on the Hakusan-Shirakawago White Road. The White Road runs from Hakusanroku to Shirakawago in Gifu prefecture and is a popular tourist spot, especially in the autumn. The leaves were beautiful shades of red, yellow and green as we made our way up the path. This event was a collaboration with the Oguchi Community Center and some members of the local community joined us in the climb. Shinichi Hiramatsu is a specialist of this area and gave lectures about trees and animals. It took about an hour to reach the top, where we rested and ate lunch. Hiramatsu-san pointed out that we could see Mt. Hakusan's peak from Sanpoiwatake. Altogether, it was a refreshing and fun way to spend a beautiful autumn day.

Jonathan

こんにちは、ジョナサンです。10月21日(月)、白山麓キャンパスの学生と一緒に白山白川郷ホワイトロードにある三方岩岳(さんぽういわたけ)を登りました。ホワイトロードは石川県と岐阜県を結ぶ有料道路で、人気の観光名所です。特に紅葉の季節にたくさんの方が訪れます。三方岩岳の登山口はホワイトロードの途中にあります。この日は美しい赤、黄色、緑の景色の中、登山を楽しむことができました。今回の登山は尾口公民館と合同で行われ、現地のメンバーも同行しました。白山の自然に詳しい平松新一さんも同行者のひとりで、歩きながら学生に動植物のレクチャーをしていました。1時間ほどで頂上に到着し、そこで昼食を食べました。三方岩岳からは白山の頂上、御前峰を望むことができ、美しい景色を見てリフレッシュできる日となりました。

ジョナサン

October 11, 2019

萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝貌の花

                            山上憶良『万葉集』より

 こんにちは。国語科のKTBです。秋も深まって参りました。

 下の写真をご覧ください。手前に花を咲かせているのは秋の七草の一つ、藤袴(フジバカマ)です。乾燥すると桜餅のような甘い香りを放ち、万葉の時代から親しまれてきた花ですが、今では準絶滅危惧種に指定される貴重な花です。写真の右上にもご注目ください。藤袴の蜜を求めて飛来するアサギマダラです。藤袴の蜜を選んで吸うのには理由があります。蜜に含まれるピロリジジンアルカロイド(毒性を持つ)を摂取することで鳥に捕食されないようにするため、また、ピロリジジンアルカロイドから雄蝶がフェロモンを作るためです。

 この写真は、924日に白山麓キャンパス向かいの畑で撮影したものですが、今はもうアサギマダラたちはここにはいません。彼らは旅する蝶なのです。5月の終わりに南方から飛来した蝶たちが産卵して短い生涯を終えます。そして、ここで生まれ育って蜜をたっぷり吸った蝶たちが、10月の初めに産卵のために南へ向かって飛び立ちます。『白山のアサギマダラ』(石川県白山自然保護センター、2016年)によりますと、このあたりでマーキングした蝶が、京都や山口、高知、鹿児島、沖縄などで再捕獲されています。最も遠かったのは、1857km離れた日本の最西端、沖縄の与那国島だそうです。

 昨年には、ネイチャー&アドベンチャー部の尾張由輝也コーチのお父様の尾張勝也氏がこちらでマーキングした蝶を、1,000km彼方の喜界島において、ご夫婦で再捕獲なさっています。素敵な話ですね。

 ネイチャー&アドベンチャー部でもアサギマダラのマーキングは企画していたのですが、残念ながら台風15号のために中止となってしまいました。来年は部員たちがマーキングした蝶たちを、南の島で誰かに再捕獲していただけると嬉しいですね。

潟辺 豊

Hello, KTB from the Japanese department here. Autumn is upon us at Hakusanroku.

Check out the pictures above. The flower in the foreground is called Fujibaka (藤袴), one of the "Aki no Nanakusa" (seven plants of autumn). When dried, it has a sweet scent like cherry blossom mochi and is a historically popular flower since the age of Manyo. Currently, it is one of the nearly endangered species list. Notice the butterfly in the photo. It's an "Asagimadara" sucking nectar from the Fujibaka flower. The Asagimadara butterfly chooses to suck Fujibaka nectar for a reason. The pyrrolizidine alkaloid (poisonous) within the nectar prevents birds from eating it. Also, male butterflies use it to create pheromone.

These pictures were taken on September 24 at the field across from the campus. However, there are no more Asagimadara in this area now. They are a traveling specie. They fly up from the south in the end of May to lay their eggs and live out their short lives. Then the Asagimadara born here will feed on the nectar and fly off to lay their eggs in the south. According to "Asagimadara in Mt. Hakusan" (Ishikawa Prefecture Mt. Hakusan Nature Preservation Center, 2016), butterflies marked here have been seen in Kyoto, Yamaguchi, Kochi, Kagoshima, and Okinawa. The farthest recorded one was found in Yonaguni-jima, the west farthest island of Japan, 1857 kilometers away.

Last year, Katsuya Owari, the father of Yukiya Owari, our Nature & Adventure club coach, marked a butterfly here and recaptured the same butterfly in Kikai-jima island with his wife, more than 1000 kilometers away; an astounding story.

We planned an Asagimadara marking event in the Nature & Adventure club but it was sadly canceled due to Typhoon No.15. I hope next year someone on a southern island will find butterflies we set loose here.

Yutaka Katabe

HOMECampus LifeHakusanroku JournalClub Activities

PAGETOP